« 第87回「茨城の山探検」の実施予定日の件 | トップページ | 第87回「茨城の山探検」オープン山行実施日の件 »

2020.06.23

持方-男体山-小草越~安寺道を周回(2020.6.17)

小草越に今も古い標識が立っている。小草越は岩稜縦走路と山越え道の十字路となっており、岩稜縦走路方向と直角(東方向)に消えかかった文字で「安寺」と書かれています。西側方向は古分屋敷駐車場であるが今は通行禁止となっています。
Img_0599s

古分屋敷-小草越-安寺の山越道は、車道も無かった時代からある生活道路で、こういう山道を歩いて往来していた訳である。
今は登山道としても使われていますが、歩いてみると結構険しい所もあるので大変だったな~と思いました。
私が最初に歩いたのはもう20年以上前なのですが、山行記録を書き残していましたので下記をご覧ください。

  「小草越から奥竜神・持方・男体山」(1997.3.8)
  西金駅から歩いています。この頃はパノラマラインもまだ出来ていません。

それ以来何度か歩いていますが、ほとんど歩く人がいないので踏み跡も薄くなり、また一時は笹薮が濃くなって通過するのが大変でした。
一番最近歩いたのは1.5年前の冬場ですが、笹に花が咲いて枯れてしまいましたので藪が無くなり歩き易くなっています。
今回は夏場で草木が生い茂った状態となる時期ですが、どんな具合かと歩いてみました。1.5年前の山行記録は下記です。

  「小草越~安寺への道(2018.12.28)」

今回歩いたコース
持方駐車場-男体山-大円地越-小草越-林道(横断)-竜神川渡渉(横断)-武生林道(横断)-高崎山巻道-藤兵衛山-持方駐車場

以下写真でご覧ください。

持方駐車場から登山口への道はやはり昔の生活道路で馬頭観音の石碑がある。
Img_0568s

男体山山頂下の東屋。今日は誰にも会わない。
Img_0575s

男体山山頂到着。ここも誰もいない。展望しながら暫し休む。
Img_0577s

Img_0581s 

高鈴山方面の展望。今日は見通しがきく。
Img_0579s

 大円地越までの間はニッコウキスゲが咲いてきれい。
Img_0584s

Img_0590s

大円地越到着。ここに温度計があるが20℃ と涼しい。時間はまだ早いがエネルギー補給の時間として暫し休憩。
Img_0592s

万歩計を見たらぞろ目。珍しい。
Img_0593-2s

小草越に向かう。途中から男体山の風景。
Img_0596s

小草越に到着。古分屋敷方面はロープと黄色のテープで通行禁止。ここに「安寺」への標識がある。
Img_0598s 

安寺への道は間伐作業などのため重機が入り歩き易くなっていました。先は山道となり斜面のトラバース道。誰がつけたかテープもありました。
Img_0607s 

枯れた笹薮の跡。
Img_0610s

竜神川は雨の後なので増水しており、飛び石では渡れず靴でじゃぶじゃぶ、水が入りました。Img_0615s

急斜面を登り武生林道へ。
Img_0617s

高崎山巻道まで登り、藤兵衛山を経由して持方駐車場へ戻りました。
Img_0632s

藤兵衛山の風景
 Img_0633s

途中で見た花など。
Img_0569s  

アラゲキクラゲは収穫しました。干してラーメンに入れて食べています。
Img_0570s

終盤のサイハイラン
Img_0594s

蛇イチゴ
Img_0600-2s

蝶と花
Img_0605-2s

イチヤクソウ
Img_0611-2s

花筏
Img_0613s

ギンリョウソウ
Img_0623s

ムヨウラン(終り)
Img_0628-2s   

 

« 第87回「茨城の山探検」の実施予定日の件 | トップページ | 第87回「茨城の山探検」オープン山行実施日の件 »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 第87回「茨城の山探検」の実施予定日の件 | トップページ | 第87回「茨城の山探検」オープン山行実施日の件 »

フォト
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

いばらきの山日記 INDEX

最近のトラックバック

カテゴリー

  • 山歩き
  • 山登り
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 登山