« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年6月

2020.06.28

第87回「茨城の山探検」オープン山行の記録(2020.6.27 筑波山神社巡り)

筑波山の神社巡りは、検討した結果全部回るには時間的、体力的にも無理なので17末社を巡る事に致しました。

当日は梅雨の晴れ間に恵まれて、筑波山の17末社巡りを無事終了することが出来ました。参加者は13名です。
Img_0781-22500s

山行の概略数値 歩行距離:16.5km 行動時間:8:50 推定累計標高差 1200m

右回りにスタート、最初は三島神社で最後は八幡神社でした。
末社の詳細については下記の山行記録をご覧ください。

 「筑波山の末社参り(2020.2.28&3.13)」

以下山行の様子は写真でご覧ください。

最初の三島神社に到着。祠のある大岩の上からの光景。
Img_0754s

猿田彦神社の新しい祠。
Img_0760s 

登ったり下ったり沢を渡ったりです。
Img_0761s

住吉神社前
Img_0762s

秋葉神社で集合写真
Img_0765-2s

 男女川源流付近の水瀧明神。手や顔を洗うと気持ち良い。
Img_0767s

近くの行者窟に立ち寄り。
Img_0768s

Img_0769s

私の好きな稲田姫神社
Img_0783s

ムヨウランを見つけました。
Img_0784-2s  

写真の待ち行列
Img_0786s  

ついに最後の八幡神社に到着。屋根が銅葺きの新しい祠 です。
Img_0793-2s

Img_0795s 

最後は筑波神社に無事末社巡りが終わったのでお礼参り。皆様お疲れさまでした。
Img_0796s

今回は梅雨の中の晴れ間とは言え、足元は濡れていて滑りやすく、また所々で藪漕ぎもし、尻餅もついたりしましたのでズボンは泥んこでした。(終り)

2020.06.24

第87回「茨城の山探検」オープン山行実施日の件

第87回「茨城の山探検」オープン山行の実施日について、天気予報から仮決めした6月27日(土)に決定いたします。
その他の事項は実施の案内に記載の通りで変更ありません。
参加希望者はご連絡ください。

◎第87回「茨城の山探検」オープン山行実施日  2020年6月27日(土)

2020.06.23

持方-男体山-小草越~安寺道を周回(2020.6.17)

小草越に今も古い標識が立っている。小草越は岩稜縦走路と山越え道の十字路となっており、岩稜縦走路方向と直角(東方向)に消えかかった文字で「安寺」と書かれています。西側方向は古分屋敷駐車場であるが今は通行禁止となっています。
Img_0599s

古分屋敷-小草越-安寺の山越道は、車道も無かった時代からある生活道路で、こういう山道を歩いて往来していた訳である。
今は登山道としても使われていますが、歩いてみると結構険しい所もあるので大変だったな~と思いました。
私が最初に歩いたのはもう20年以上前なのですが、山行記録を書き残していましたので下記をご覧ください。

  「小草越から奥竜神・持方・男体山」(1997.3.8)
  西金駅から歩いています。この頃はパノラマラインもまだ出来ていません。

それ以来何度か歩いていますが、ほとんど歩く人がいないので踏み跡も薄くなり、また一時は笹薮が濃くなって通過するのが大変でした。
一番最近歩いたのは1.5年前の冬場ですが、笹に花が咲いて枯れてしまいましたので藪が無くなり歩き易くなっています。
今回は夏場で草木が生い茂った状態となる時期ですが、どんな具合かと歩いてみました。1.5年前の山行記録は下記です。

  「小草越~安寺への道(2018.12.28)」

今回歩いたコース
持方駐車場-男体山-大円地越-小草越-林道(横断)-竜神川渡渉(横断)-武生林道(横断)-高崎山巻道-藤兵衛山-持方駐車場

以下写真でご覧ください。

持方駐車場から登山口への道はやはり昔の生活道路で馬頭観音の石碑がある。
Img_0568s

男体山山頂下の東屋。今日は誰にも会わない。
Img_0575s

男体山山頂到着。ここも誰もいない。展望しながら暫し休む。
Img_0577s

Img_0581s 

高鈴山方面の展望。今日は見通しがきく。
Img_0579s

 大円地越までの間はニッコウキスゲが咲いてきれい。
Img_0584s

Img_0590s

大円地越到着。ここに温度計があるが20℃ と涼しい。時間はまだ早いがエネルギー補給の時間として暫し休憩。
Img_0592s

万歩計を見たらぞろ目。珍しい。
Img_0593-2s

小草越に向かう。途中から男体山の風景。
Img_0596s

小草越に到着。古分屋敷方面はロープと黄色のテープで通行禁止。ここに「安寺」への標識がある。
Img_0598s 

安寺への道は間伐作業などのため重機が入り歩き易くなっていました。先は山道となり斜面のトラバース道。誰がつけたかテープもありました。
Img_0607s 

枯れた笹薮の跡。
Img_0610s

竜神川は雨の後なので増水しており、飛び石では渡れず靴でじゃぶじゃぶ、水が入りました。Img_0615s

急斜面を登り武生林道へ。
Img_0617s

高崎山巻道まで登り、藤兵衛山を経由して持方駐車場へ戻りました。
Img_0632s

藤兵衛山の風景
 Img_0633s

途中で見た花など。
Img_0569s  

アラゲキクラゲは収穫しました。干してラーメンに入れて食べています。
Img_0570s

終盤のサイハイラン
Img_0594s

蛇イチゴ
Img_0600-2s

蝶と花
Img_0605-2s

イチヤクソウ
Img_0611-2s

花筏
Img_0613s

ギンリョウソウ
Img_0623s

ムヨウラン(終り)
Img_0628-2s   

 

2020.06.20

第87回「茨城の山探検」の実施予定日の件

第87回「茨城の山探検」の予定日の中で、6月27日(土)/28日(日)の現在の天気予報は、27日(土)が雨が降らないようですのでこの日に仮決め致します。

この時期の天気予報は、ころころと変わる可能性が大なので、28日(日)も実施日の候補として残して置き、暫くは様子を見ながら最終的にはどちらか天気の良い方の日に決めたいと思います。
                      以上

2020.06.16

白木山(2020.5.24)

白木山の登山については持方側からの登山記録は多数あるが、北側(水根側)から登った山行記録はほとんどない。今は持方―水根間の車道が出来たので、敢てこちら側から白木山へ直登する人も居ないであろうが、尾根、沢が幾つかあり歩くには面白い所です。

調べてみたら15年前(2005.4.5)に私が歩いた記録がありました。ご覧ください。

 「白木山(4月5日)」

また最近歩きましたので以下報告します。(2020年5月24日)

歩いたルート(登山道はありません)の地形図(クリックで拡大)
Img202006041000

沢に入ってから目的の尾根に取り付く。 沢に入った所。
Img_0074s

尾根末端に倒れた看板。昔は道があった所?
Img_0075s

尾根沿いにイワウチワの群落が続く。
Img_0077s

自然林の尾根となり良い感じ。
Img_0078s

アブラツツジが咲いていました。
Img_0080s

尾根途中から白木山が見えました。
Img_0083s

ミヤマママコナ
Img_0085s

車道に出る所は地形図では平坦に見えるが、道路を通すため尾根を切断しており、道路側の法面があり右に斜面を下って道路に出ました。尾根通しで歩きたいが道路で切断されているため暫くは車道を歩いて取り付き易い沢の所からまた山に入る。

ウツギ
Img_0090s

クワガタソウ
Img_0093s

ムグラ
Img_0100s

トリカブト(花の頃訪れたら良いかも)
Img_0101s

帰りは同じルートでは面白くないと思って地形図を見て検討し傾斜も緩いし滝も無いだろうと思って沢へ降りました。沢への下り斜面はそれほどのことはなく容易に下れました。沢は想定したよりは段差が多かったですが、道路へ後100m位の所まで来たらそこから先はゴルジュとなっていて更に数mの滝があり下降不能で進めなくなりました。地形図からは予想できなかったですがやはり安易に知らない沢へ降るべきではありませんね。

暫し休息して周りの地形などよく観察した結果、左の尾根に登ってから尾根通しに下り、道路に出ることにしました。何とか道路に出て駐車場所へ戻りました。

ゴルジュの所は道路に出てから沢をのぞき込んで確かめましたが、ここは通行できません。降った沢の写真を数枚掲載します。
Img_0111s

Img_0113s

Img_0115s_20200616210801

イワウチワの時期などに尾根を登り、白木山から縦走路方面へ行き、水根方面へ適当な尾根を降ると良いと思います。(終り)

2020.06.14

第87回「茨城の山探検」オープン山行(筑波山神社巡り)を実施します(2020年6月or7月)

第87回「茨城の山探検」は筑波山の神社巡りを計画しました。実施日については梅雨入りしており、雨天が多くなるため天気予報を見ながら決めますので決定しておりません。実施候補日を幾つか決めておきますが1週間前に仮決定して連絡するようにしたいと思います。

筑波山には筑波神社を中心として広い境内があり、その中に摂社・末社など沢山の神社があります。従って一時に全てを巡り参拝することは時間的にも体力的にも困難です。どの神社を巡り参拝するかについては実施日までに十分検討して、当日にお知らせする事に致します。

筑波山の神社について下記しますので参照してください。
・筑波山神社 麓にある拝殿/男体山本殿/女体山本殿
 筑波山(男体山と女体山)に登山し参拝する

・摂社は4座 稲村神社/小原木神社/安座常神社/渡神社
 白雲橋コースを登り参拝する

・境内社(拝殿のある敷地内)
 春日神社/日枝神社/朝日稲荷神社/厳島神社/愛宕神社
 麓にある拝殿の周辺を巡り参拝

・末社など(広大な境内の山中に点在)
 17の末社の他に白蛇弁天とか行塚稲荷神社などあります。

参加ご希望の方は私宛のメールか、本件のコメントで連絡ください。(私のメールアドレスは、私のHPに記載しています)

 

1.第87回の実施日
  梅雨入りのため4つの候補日あげ、天気予報により早い順に
  実施の可否を決めて連絡します。

   2020年6月27日(土)or 28日(日) / 7月4日(土)or 5日(日)

  1週間前に天気予報により仮決めします。
  当日の天候の悪い場合は中止又は延期する事があります。

  その場合は前日の正午までに「いばらきの山日記」にその旨掲載します。

2.集合場所&時間 
  市営筑波山第3駐車場(大鳥居の上)
   集合時間  7時30分
  (他の場所に駐車して来られてもOKです) 

3.第87回の探検場所(ルート)  ルートは変更することがあります。
  当日歩く場所(神社)の予定は当日ご連絡します。
  行動時間は8~9時間を予定しています。

4.参加者へのお願い事項

★「茨城の山探検」の山行は「探検」と付いている如く一般のハイキング道を歩く山行ではありません。しばしば地図に道のない尾根や沢などを歩きますし、薮漕ぎ、急斜面、岩崖・岩場など危険な所も通過することがあります。
★参加される方のレベルとしては、地形図を見て自力で山行が出来る方、乃至そのことを目標に訓練努力されている方を対象と考えております。ただ人に付いて歩くという方はご遠慮願いたいと思います。
★何方でも歓迎しますが、上記の事項についてよく理解し自己判断された上でご参加ください。山行については自己責任でお願いします。
★地形図を持参ください。

5.第88回以降の「茨城の山探検」について
  暑い夏の時期となりますので8月、9月はお休みとします。
  9月末頃を予定しております。
                          以上

2020.06.10

第86回「茨城の山探検」オープン山行の記録(高田山サイクル登山)(2020.6.7)

当日は好天に恵まれ、予定のルートを完歩しました。
登山ルートなどの内容については第86回「茨城の山探検」の実施案内をご覧ください。
また下見歩きの記録 「高田山サイクル登山下見歩き(2020.4.19)」 をご覧ください。

参加者(総勢):16名  行動時間:8時間40分  歩行距離:20.5km
サイクル登山(一等~四等三角点を繋いで歩く)
一等三角点 高田山      255.6m
二等三角点 下赤沢(鶏足山) 430.5m
三等三角点 国見(国見山)  391.8m
四等三角点 真端(天神山)  308.4m

全員集合写真(牧草地にて。背後に高田山)
Img_0420-23

高田山山頂には電波塔があります。一等三角点をタッチ後電波塔前にて。
Img_0416s

途中の金峯神社。
Img_0421-22s

急な下り階段
Img_0422s

Img_0424-22c

途中の民家の盆栽
Img_0426s

天神山山頂の祠
Img_0429s

国見山山頂
Img_0432s

鶏足山の休憩場所(展望台)から難台山から雨巻山方面
Img_0436s

下赤沢二等三角点(鶏足山山頂)
Img_0438-218s

最後無事に下山しゴールへ
Img_0441s

実はアクシデント(蜂に刺される)があり、途中で治療のため2名がリタイアしましたが、ゴールでは合流できました。
気を付けましょう(終り)

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

フォト
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

いばらきの山日記 INDEX

最近のトラックバック

カテゴリー

  • 山歩き
  • 山登り
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 登山