« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年5月

2020.05.28

第86回「茨城の山探検」オープン山行を実施します(2020.6.7予定)

新型コロナウィルスの感染拡大のため、当初実施予定の5月10日から6月7日(仮決め)に延期しておりました第86回「茨城の山探検」を実施確定いたします。多数のご参加を期待します。

高田山は標高が255.6mの低山ですが一等三角点の山です。第86回「茨城の山探検」は、鶏足山にある二等三角点「下赤沢」430.5mとつないでサイクル登山を実施することにしました。ロングコースです。

参加ご希望の方は私宛のメールか、本件のコメントで連絡ください。(私のメールアドレスは、私のHPに記載しています)

1.第86回の実施日   2020年6月7日(日)

  天候の悪い場合は中止又は延期する事があります。
  その場合は前日の正午までに「いばらきの山日記」にその旨掲載します。

2.集合場所&時間 
  上赤沢の鶏足山登山口駐車場
   集合時間  7時00分
  (集合場所に集合した後、計画図に記載した出発点へ移動します)

3.第86回の探検場所(ルート)  ルートは変更することがあります。
  当日歩く予定のルートは下記に掲載する計画図の通りです(クリックで拡大)
  Img202004091600

  途中でリタイアされる方は、国見山を下山後に鶏足山をカットし集合場所の駐車場に直行ください。
  予め鶏足山カットを予定されている方は申告してください。
  下見歩きの山行記録を参考までにご覧ください。
  

4.参加者へのお願い事項

★「茨城の山探検」の山行は「探検」と付いている如く一般のハイキング道を歩く山行ではありません。しばしば地図に道のない尾根や沢などを歩きますし、薮漕ぎ、急斜面、岩崖・岩場など危険な所も通過することがあります。
★参加される方のレベルとしては、地形図を見て自力で山行が出来る方、乃至そのことを目標に訓練努力されている方を対象と考えております。ただ人に付いて歩くという方はご遠慮願いたいと思います。
★何方でも歓迎しますが、上記の事項についてよく理解し自己判断された上でご参加ください。山行については自己責任でお願いします。
★地形図を持参ください。

5.第87回「茨城の山探検」について
  梅雨の時期となりますが、2020年6月21日(日)を予定しております。
                          以上

2020.05.27

静かな筑波山(2020.5.17)

筑波山を歩いていると色んな説明の立て看板が山道沿いにあります。その中に筑波山の花の説明看板があり、花の一つにヒイラギソウが書かれております。丁度今はヒイラギソウの時期なので写真を撮りに行きたいと思っていました。
Img_9997s

Img_9998s

筑波山は5月18日から表側(南側)の駐車場&登山道がオープンとなるとのこと、今日は17日なので静かな筑波山を経験でき、写真を撮るのにも人がいなくて良いので、桜川市の裏筑波側(北側)から出掛けました。こちら側は結構車が駐車して登山している人がいました。

 林道駐車-坊主山-自然研究路-女体山-女の川-駐車場所

登り始めは伐採地から筑波山山頂が見えていました。
Img_9984s

ヤマツツジはもう終盤です。
Img_9989s

坊主山の三角点
Img_9994-2s

自然研究路の展望台からナイスビュー、しかし富士山は見えず。
Img_0002-2s

御幸ヶ原からの展望。加波山方面。
Img_0007s

人のいない御幸ヶ原。こういう景色は中々経験できない。
Img_0008s

ツツジが鮮やか!
Img_0009-2s

ミツバツツジはもう終わりでした。残念!
Img_0024s

人のいない女体山山頂
Img_0036z

Img_0042-2s

男体山の上にヘリコプターが飛んでいますが何でしょう。
Img_0037s

山頂から離れて昼食。今日は自作の蕗の佃煮を入れてきました。
Img_0044s_20200527205801

帰りは女の川を下りましたが、ここから登ってくる数人に会いました。

柊草(ヒイラギソウ)の写真を掲載しますのでご覧ください。(終り)

Img_0032-2s

Img_0031-2s

 Img_0016-2s

Img_0029-2s

Img_0034-2s

Img_0027-2s

Img_0019-2s

Img_0022-2s

2020.05.20

山へ蕗採りへ(2020.5.13)

夫婦そろって山菜好きで、毎年山の蕗を採ってきて食べています。佃煮風に作ったものは私の山弁当のおかずになります。
我が家では自分の採ったものは自分で皮剥きから料理までやることになっているのでたくさん採ると大変ですが、今年も美味しい蕗の佃煮が出来ました。

Img_9962s

沸騰したお湯でさっと茹でてから皮むき作業です。3時間ほどかかりました。
Img_9967s

Img_9968-2s

美味しい蕗の佃煮が出来ました。手前の三つが私の料理。
基本は醤油、酒、味醂ですが、山椒の実を入れたり、出汁を入れたりして違う味のものを作りました。
Img_9975s

見た目は悪いですがキャラブキ風に作ったものです。一番味濃く山弁当に最適で美味です。
Img_9974s

その後作った山弁当です。美味しいです。(終り)
Img_0044s

2020.05.19

男体山周辺の花散策(2020.5.9)

五葉躑躅(シロヤシオ)と山躑躅(ヤマツツジ)の時期となったので、男体山周辺の花散策にいつもの山仲間と出掛けました。シロヤシオと山ツツジを見ながらゆっくりと歩いたので時間がかかりました。
 歩行距離 約11km  7時間  万歩計は2万歩

途中見た花の写真です。
シロヤシオ。今年は当り年ではないがまあまあ。曇り空なので白は緑にも溶け込んで写真ではすっきりと撮れません。
Img_9938-2s

Img_9927s

隙間から見えるのは高崎山
Img_2070-2s

ヤマツツジ。もう散りかけていました。
Img_9930s

Img_9925effectss

その他の小さな花。ユウシュンランとギンラン(終り)
Effects

Img_9942s

2020.05.16

西河内の里山歩き(2020.5.8)

西河内周辺の里山歩きは、冬場の2019.12.31~2020.1.22の間に6回歩いており下記に報告しております。

 「西河内周辺の里山歩き(1)(2019.12.31)」
 「西河内周辺の里山歩き(7)(2020.1.22)」

冬場に歩いた時、ツツジの木がある様でしたので春になったらツツジが咲くのでないかと気になっていました。そんな事で今回歩いてみました。歩いたのは第128号送電鉄塔点検路からで、十国峠公園まで行き、帰りは別の道で戻り周回しました。

結果はツツジの木はあっても不思議なくらい花付きが悪くほとんど咲いておらずがっかりでした。十国峠公園はツツジの公園なのでここでツツジを十分に見ることが出来ました。以下写真で報告します。

西河内地区の棚田では、既に田植えが終わっていました。
Img_9907s

山には藤の花が咲き始めていました。
Img_9875s

第128号送電鉄塔
Img_9877s

途中にある山の中の祀られた石仏の場所
Img_9883-2s

十国峠公園に到着
Img_9890s

十国峠公園のツツジ
 Img_9894s

Img_9896s Img_9899s

Img_9901-2s

里の近くの竹藪で猪に食べられないでタケノコが生えていました。
Img_9913-2s

ワラビ畑
Img_9905s

今日の収穫(終り)
Img_9915s

2020.05.11

燕山・加波山など(2020.5.2)

今日は鹿島さん達に誘われて、三葉ツツジや山ツツジを求めてお山巡りでした。

一枚岩滝から天狗の踊場~燕山~加波山~一枚岩滝と周回コースを歩きました。
約9km、5時間の山歩きですが、久し振りに標高差で550mも登りました。
加波山へ来るとやはり山歩きの人がいますが、少数ですので密になることは全くありません。
以下写真で報告。ツツジと新緑を楽しみました。

一枚岩の滝
Img_9819s

天狗の踊り場近くの大岩は祀られていました。
Img_9821s

狭い石の隙間の通路を通ると天狗の踊り場。展望する。
Img_9822s

Img_9823s

燕山の登りとツツジ
Img_9824s

Img_9825s

燕山
Img_9826s

加波山
Img_9830s

帰り道の尾根もツツジ
Img_9832s

帰りの尾根から今日歩いてきた燕山方面が見えました。(終り)
Img_9834s

2020.05.10

青麻山(2020.5.1)

トウゴクミツバツツジの観賞と展望を楽しみに久し振りに妻と青麻山に出掛けてきました。
青麻山については下記の過去記録をご覧ください。

 「青麻山登拝(2020.1.12)

ミツバツツジはもう散っているものが多く、少し遅かったようです。ヤマツツジも咲いていました。今後は伐採地周辺に山ツツジが増えると思います。

伐採地の展望地で早めの昼食。山頂到着後、青麻三光神社に参拝し、そこからは林道を下山。途中でワラビやコゴミなどの山菜採りをして道草しながら1合目まで下りました。その近くに御衣黄の桜があり丁度見頃でした。

駐車場所まで戻る途中ある一矢神社は疫病守護の神社ですので、疫病守護祈願をして御朱印を貰ってきました。
帰り道でクマガイソウを見に茅根さん宅に寄ってきました。丁度見頃でいた。以下写真でご覧ください。

ミツバツツジとヤマツツジ
Img_9750s

Img_9753s

Img_9754-2s

伐採地を登る
Img_9758s

Img_9764s

青麻山山頂と神社。ワラビも生えていました。
Img_9772s

Img_9774-2s

林道を下る途中の観察
ゼンマイが沢山生えていました。花筏はちょっと変わっています。コゴミが生えていました。
Img_9775s

Img_9782s

Img_9779s

1合目に下山。
Img_9794-2s

御衣黄の桜。
Img_9788-2s

Img_9791s

一矢神社
Img_9795s

Img_9798s

Img_9800s

Img_9816s

熊谷草
Img_9804-2s

Img_9809s

収穫したワラビ(終り)
Img_9814s

2020.05.07

難台山の山ツツジ(2020.4.29)

ちょっと時期を失したレポートですがアップします。

「山ツツジは何処が良いかな?」「あちこちあるけどやっぱり難台山にも行ってみなくてはね‼」と言う事で山のお仲間と出掛けました。まだ沢山の蕾もあり後10日は楽しめそうでした。写真を沢山掲載します。

山ツツジ
Img_9716s

Img_9719s

Img_9720s

Img_9723s

Img_9726s

難台山山頂風景
Img_9728s

Img_9729s

山のお仲間
Img_9730s

ミツバツツジもありました。
Img_9734s

筑波山方面の展望風景(終り)
Img_9735s

2020.05.06

奥久慈の新緑を楽しむ(2020.4.26)

今日は持方に入り奥久慈男体山の山麓を歩いて新緑を楽しんできました。持方という山里は、日本の里100選に選ばれた山里で、男体山、白木山、高崎山に囲まれた標高約450mにある山の中にあります。今は車道が通じていますが、昔は山越えしないと入れない秘境でした。国道461号沿いに今もバス停「持方入口」がありますが、東側から山越えして持方へ入る入口で、そこから山の上の「安寺(あでら)」集落を通って「持方(もちかた)」集落まで今も山道が続いています。
持方から西への山道は大円地越を経て大円地・西金まで通じており、今は男体山の登山道となっています。
日本の里100選の記念碑
Img_9641s

昔の街道筋の馬力神の石碑
Img_9640s

山里の風景
Img_9644-2s

Img_9599-2s

Img_9643-2s

今日の訪問の目的は、男体山に咲くシロヤシオの花を見たくて偵察に行ったのですが、残念ながらまだ蕾の状態でした。代わりに山里の新緑と風景を楽しんできました。
 シロヤシオ尾根を登る。シロヤシオは蕾。あと10日後位です。
Img_9627-2s

 途中で見た花。フタバアオイの花。
Img_9605s

ニリンソウの谷とニリンソウ。
Img_9607s

Img_9606-2s

ミツバツツジ
Img_9609s

山桜と新緑の絶景。背後のとんがり山は高崎山です。
Img_9614-2s

Img_9615-2s

Img_9618-2s

Img_9621-2s

Img_9624-2s

Img_9625-2s

山頂
Img_9631-2s

下り道は持方牧場。ヤドリギ。
Img_9635-2s

白木山
Img_9639s

帰りの武生林道からの眺め(入合からの道は通行止めでした)
Img_9646-2s

Img_9649-2s

右端に男体山が見えていました。
Img_9657-2s

シロヤシオ尾根や持方牧場は誰もいません静かな山です。
今日は春の花と山桜、新緑を十分に楽しみました。
キケマンの花はよく見ると面白い形です。(終り)
Img_9655s

2020.05.04

第86回「茨城の山探検」オープン山行を延期します(高田山サイクル登山)

5月10日に予定しておりました第86回「茨城の山探検」高田山サイクル登山を下記の理由により延期します。

★新型コロナウィルスの感染拡大で不要不急の外出自粛の要請が5月31日まで延長された
★上記に伴い鶏足山の登山者駐車場も5月1日から閉鎖されました
★天も味方せず5月10日は雨天となりました

今後の展開もどうなるか予測できませんが、第86回「茨城の山探検」の実施日は下記に仮決めします。
5月末位に再度実施について連絡いたします。

第86回「茨城の山探検」の実施予定日  6月7日(日)      以上

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

フォト
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

いばらきの山日記 INDEX

最近のトラックバック

カテゴリー

  • 山歩き
  • 山登り
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 登山