« 節分(2020.2.3) | トップページ | 庭の節分草が咲きました(2020.2.16) »

2020.02.14

干支の山に登る:子午線岩(2020.1.25)

今年の干支は子(ねずみ)である。干支の山に登りたいので近くに今年の干支の山はないか調べて子午線岩を見つけました。
子午線の子は干支の【ねずみ】を表し、この場合は北の方向を表している。午は干支の【うま】を表し、方向は南、即ち子午線というのは南北線のことを言います。

子午線岩というのは見落八景の一つです。茨城県大子町に見落という地名の場所があり、そこに見落八景と呼ばれる景勝地があります。その中で有名なのは月待の滝でしょう。月待の滝のすぐ南側に南北にいくつものピークを連ねた山があり、生瀬富士まで続いています。ここを私は勝手に「鋸21峰」と呼んで何度も歩いています。

子午線岩は、月待の滝側から数えて2つ目のピークで、久慈川を挟んで西側から眺めると、屏風のような断崖がありこれが子午線岩と呼ばれています。
Img_8064s

Img_8065-2s

鋸21峰をフルに歩くのは別の機会にして、今回は月待の滝の駐車場に戻る短い周回コースを歩きました。
Img20200212-21024

歩いたメンバーは5名です。
Img_1932-2s

以下写真でご覧ください。
登り始めの白山神社
Img_8054s

子午線岩を登山道から見た
Img_8056s

子午線岩の上からの展望。頂上には何もありません。
Img_8059s

昼岩山の釜田三角点
Img_8060s

遠景の日光連山
Img_8062s

山越えの車道を下って真瀬久保の集落へ
Img_1917s

谷川4等三角点。平地の中にありました。
Img_1919s

フキノトウゲット。
Img_1920s

山の上の牧場
Img_1922s

牧場から鋸のピークが良く見えました。
Img_1924-2s

降り地点に国神神社がありました。
今日も一部始めて歩く所があり楽しめました。(終り)
Img_1930s

« 節分(2020.2.3) | トップページ | 庭の節分草が咲きました(2020.2.16) »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 節分(2020.2.3) | トップページ | 庭の節分草が咲きました(2020.2.16) »

フォト
2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

いばらきの山日記 INDEX

最近のトラックバック

カテゴリー

  • 山歩き
  • 山登り
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 登山