« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年2月

2020.02.29

筑波山(2020.2.18&2.28)

2月は2度筑波山へ出掛けました。

2月18日:梅まつりの御朱印と観梅目的でしたが、ついでに未だ訪れた事のない稲田姫神社の祠を訪れてきました。中々雰囲気の良い場所にありました。

 詳細は下記をご覧ください。(facebookの記事です)

   筑波山の観梅

梅まつりの御朱印
Img_8424-2s

稲田姫神社の祠
Img_8413s

観梅
Img_8399s

Img_8391s

Img_8387s

2月28日:ケーブルカーから西側の山中の末社巡りをしました。
三島神社他8社ですが、これまで訪れた事のない神社が5つです。
こう言う探検的山歩きは大好きです。巡ったコースは掲載しません。

三島神社、稲荷神社、八坂神社、猿田彦神社、住吉神社、天満宮、秋葉神社、天太玉神社

 詳細は下記をご覧ください。(facebookの記事です)

  筑波山の末社巡り

以下神社の祠の写真です。
三島神社
Img_8493s

稲荷神社
Img_8494-2s

ここの祠は新しくなっていました。
Img_8495s

八坂神社
Img_8497s

猿田彦神社
Img_1968s

住吉神社
Img_8503s

天満宮
Img_8505s 

秋葉神社
Img_8509s

天太玉神社(終り)
Img_8511-2s

2020.02.26

第85回「茨城の山探検」オープン山行を実施します(上高塚山)(2020.3.29予)

3月の「茨城の山探検」は、月末にはイワウチワの咲き始める時期なので、イワウチワの咲く上高塚山を周回する山行としました。降ってからまた登り返します。2020.4.5と予告していましたが、今年は花の時期が早いようなので1週間早くしました。

参加ご希望の方は私宛のメールか、本件のコメントで連絡ください。(私のメールアドレスは、私のHPに記載しています)

1.第85回の実施日   2020年3月29日(日)

  天候の悪い場合は中止又は延期する事があります。
  その場合は前日の正午までに「いばらきの山日記」にその旨掲載します。

2.集合場所&時間 
  西金駅の駐車場
計画図に記載の集合場所)    集合時間  8時30分 

3.第85回の探検場所(ルート)  ルートは変更することがあります。
  当日歩く予定のルートは、下記に掲載する計画図の通りです(クリックで拡大) 
  Img20200226851024

4.参加者へのお願い事項

★「茨城の山探検」の山行は「探検」と付いている如く一般のハイキング道を歩く山行ではありません。しばしば地図に道のない尾根や沢などを歩きますし、薮漕ぎ、急斜面、岩崖・岩場など危険な所も通過することがあります。
★参加される方のレベルとしては、地形図を見て自力で山行が出来る方、乃至そのことを目標に訓練努力されている方を対象と考えております。ただ人に付いて歩くという方はご遠慮願いたいと思います。
★何方でも歓迎しますが、上記の事項についてよく理解し自己判断された上でご参加ください。山行については自己責任でお願いします。
★地形図を持参ください。

5.2020年4月の第86回「茨城の山探検」について
  2020年4月12日(日)を予定しております。     以上

2020.02.22

竪破山(2020.2.1&2.8)

竪破山は黒前神社と七奇石があることで有名であり、これらを巡るハイキングコースが整備されており、これまで何回も歩いている山です。

2月1日の山歩きは、このハイキングコースとは別に道なきルートを歩いてみようと鹿島さん達と歩いてきました。
その後2月8日に単独で米平からのコースを歩きました。

今回歩いて分かったことですが、米平側からの谷間の植林は皆伐されて展望がとてもよくなっています。伐採の作業道を歩けば、明るく歩き易い登山道となっていました。

竪破山山頂から奈奈久良滝方面へ周回する登山道は、伐採が進行中で立入禁止となっていました。2月1日は伐採地を迂回して周回しました。
2月1日の歩いたコースのGPS軌跡を掲載しますので参考にしてください。以下写真で山行の様子はご覧ください。

Img_1908c1024

ここから出発
Img_1961s

黒前神社の鳥居前。ここからがハイキングコースの入口だが、米平方面へ荒れた林道を歩く。
Img_1910s

林道途中から道なき尾根へ登っていく
Img_1911s

暫く登ると伐採斜面に出て展望が良い。おやつ休憩。
Img_1912s

山頂方向の大展望(クリック拡大)
Img_8088pano1024

山頂が近くなる
Img_8093-2s

ミヤマシキミ。花と実が同居。
Img_8097s

藪の中に標識を見つけました。
Img_8099s

山頂の2等三角点
Img_8100s

展望台
Img_8101s

山頂近くの黒前神社
Img_8105s

石段を下りた広場。船石、兜石がある。
Img_8107s

太刀割岩
Img_8109s

ここから周回コースを進むとロープを張って立入禁止。様子見に侵入。
Img_8110s

伐採地に出て登山道は伐採木で通れませんので大きく迂回しました。
Img_1915s

峠の所からの登山道も伐採木で通れません。隣の右尾根に侵入。
Img_8111s

この尾根には道がないので藪漕ぎしながら降りました。私は以前歩いた事があり、小ピークの石の祠があった所を訪ねました。残念ながら地震で倒壊していました。
Img_8112s

ここからは最短コースで道路に出ました。
Img_8114s

駐車場所へ戻る道道、地蔵尊、鬼越の標識、せせらぎ広場手前の案内標識などありました。
Img_8116s

Img_8117s

Img_8118s

今日は1日登山道のない山歩きとなりましたが、楽しめました。

2月8日単独で米平から竪破山に登りましたが、それについては下記の記事を参照ください(facebookの記事です)

   「米平から竪破山」

竪破山は多分5年振りくらいに訪れましたが、伐採作業が行われております。伐採作業が終われば展望が良く山歩きが楽しめると思います。タイミングよくお出掛けください。(終り)

2020.02.20

鍋足山での行方不明者情報(最終)(2020.2.20)

2月19日 17:22 「ひらっち」さんから下記のコメントが入りました。

シモンさんこんばんは。ひらっちと申します。本日、鍋足山に山歩きに行き、下山途中の午後1時20分ころ銚子の口滝から数十メートル下流の沢岩場で行方不明と思われる方(私は近くまで行って確認していませんので見間違い可能性もあり)を発見し110番通報し、小中駐在所の警察官を案内しました。ご家族の元に帰られると良いですが…。以上ご連絡まで。

当日早速警察と行方不明者の奥様へ電話で確認しました所、現在確認中とのことでした。(持ち物、衣類は本人のものとの奥様のお話でした)

2月20日夜 奥様から電話があり、警察より本人と確認されたの連絡あり、明日遺体を受け取りに行くと報告ありました。
やっとご家族の所へ戻られます。ご冥福をお祈り申し上げます。

遺体を発見された「ひらっち」さんにはお礼を言いたいが、お会いできまいので宜しくお伝え下さいとのことでした。またこれまで捜索に多くの方に協力して頂いたことにお礼の言葉があり、皆様にお伝えくださいとのことでした。

以上で本件の報告を終了します。

山での遭難事故は注意していても起こる事があります。皆様方もお気を付けください。(終り)
Img_8429s

2020.02.16

庭の節分草が咲きました(2020.2.16)

この所暖かい日が続いて、庭の節分草が咲きました。まだぽつぽつと出てきた所です。
Img_8370s

Img_8369s

ツバキもぽつりぽつりと!
Img_8372s

Img_8373s

Img_8374s

原種のクリスマスローズ
Img_8364s

Img_8365s

こちらはもう終盤です。(終り)
Img_8367s

Img_8366s

2020.02.14

干支の山に登る:子午線岩(2020.1.25)

今年の干支は子(ねずみ)である。干支の山に登りたいので近くに今年の干支の山はないか調べて子午線岩を見つけました。
子午線の子は干支の【ねずみ】を表し、この場合は北の方向を表している。午は干支の【うま】を表し、方向は南、即ち子午線というのは南北線のことを言います。

子午線岩というのは見落八景の一つです。茨城県大子町に見落という地名の場所があり、そこに見落八景と呼ばれる景勝地があります。その中で有名なのは月待の滝でしょう。月待の滝のすぐ南側に南北にいくつものピークを連ねた山があり、生瀬富士まで続いています。ここを私は勝手に「鋸21峰」と呼んで何度も歩いています。

子午線岩は、月待の滝側から数えて2つ目のピークで、久慈川を挟んで西側から眺めると、屏風のような断崖がありこれが子午線岩と呼ばれています。
Img_8064s

Img_8065-2s

鋸21峰をフルに歩くのは別の機会にして、今回は月待の滝の駐車場に戻る短い周回コースを歩きました。
Img20200212-21024

歩いたメンバーは5名です。
Img_1932-2s

以下写真でご覧ください。
登り始めの白山神社
Img_8054s

子午線岩を登山道から見た
Img_8056s

子午線岩の上からの展望。頂上には何もありません。
Img_8059s

昼岩山の釜田三角点
Img_8060s

遠景の日光連山
Img_8062s

山越えの車道を下って真瀬久保の集落へ
Img_1917s

谷川4等三角点。平地の中にありました。
Img_1919s

フキノトウゲット。
Img_1920s

山の上の牧場
Img_1922s

牧場から鋸のピークが良く見えました。
Img_1924-2s

降り地点に国神神社がありました。
今日も一部始めて歩く所があり楽しめました。(終り)
Img_1930s

2020.02.05

節分(2020.2.3)

2月の3日は節分である。昔人間の私は玄関に柊鰯を飾りました。今年1年何事も無いようにと気分の問題ですが‥。

Img_8194-2s

節分草はまだかと庭に出てよく見ると黄色の節分草が開花しかけていました。
普通の節分草はまだ影も形もありません。もうそろそろ出てくる頃ですね。(終り)

Img_8195s

2020.02.03

第84回「茨城の山探検」オープン山行を実施します(富士山と送電鉄塔点検路歩き)(2020.3.1(日)予)

2月の「茨城の山探検」は里山低山歩きを計画し、少しでも暖かくなるよう3月1日と少し遅らせて実施することにしました。

参加ご希望の方は私宛のメールか、本件のコメントで連絡ください。(私のメールアドレスは、私のHPに記載しています)

1.第84回の実施日   2020年3月1日(日)
  天候の悪い場合は中止又は延期する事があります。
  その場合は前日の正午までに「いばらきの山日記」にその旨掲載します。

2.集合場所&時間 
  県道29号松平交差点先の橋の手前の広くなった路側の駐車場
  (計画図に記載の集合場所)    集合時間  8時30分
  集合した後、ゴール地点へ移動。その後出発地点に数台に分乗して移動しますのでご協力お願いします。

3.第84回の探検場所(ルート)  ルートは変更することがあります。
  当日歩く予定のルートは、下記に掲載する計画図の通りです(クリックで拡大) 
  Img2020020384c1024

   下記の下見の記録をご覧ください。
   「金砂郷高柿町の富士山(2019.12.20)」

  「「茨城の山探検」の下見(2019.12.22)」

4.参加者へのお願い事項

★「茨城の山探検」の山行は「探検」と付いている如く一般のハイキング道を歩く山行ではありません。しばしば地図に道のない尾根や沢などを歩きますし、薮漕ぎ、急斜面、岩崖・岩場など危険な所も通過することがあります。
★参加される方のレベルとしては、地形図を見て自力で山行が出来る方、乃至そのことを目標に訓練努力されている方を対象と考えております。ただ人に付いて歩くという方はご遠慮願いたいと思います。
★何方でも歓迎しますが、上記の事項についてよく理解し自己判断された上でご参加ください。山行については自己責任でお願いします。
★地形図を持参ください。

5.2020年3月の第85回「茨城の山探検」について
  2020年4月5日(日)を予定しております。     以上

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

フォト
2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

いばらきの山日記 INDEX

最近のトラックバック

カテゴリー

  • 山歩き
  • 山登り
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 登山