« 初詣は加波山(2020.1.2) | トップページ | 西河内周辺の里山歩き(1)(2019.12.31) »

2020.01.07

朝房山と水戸森林公園の下見歩き(2019.12.29)

2020年1月の「茨城の山探検」は朝房山と水戸森林公園を予定していたら、ぼとくさんから下見歩きをしましょうとぼとく流に案内して下さることになった。年末の晴れた日、思い切り歩きました。

出発点:楮川ダム→水戸森林公園→朝房山→水戸森林公園→楮川ダム
距離:約19km  歩数:約29,000歩   行動時間:6時間40分
参加者(総勢):4名。下記写真参照
Img_7828s

歩いたコースのGPS軌跡は下記(クリック拡大)
Img_1795mx

以下山行の様子は写真でご覧ください。

集合場所の楮川ダムは私は初めて行く場所で、どうしてこんな所に大きなダムがあるのか?と思っていたら、すぐ近くに浄水場がある貯水池で、那珂川から水をくみ上げて貯水して水戸市民に供給している施設であった。
Img_7813s

Img_7814s

楮川ダムを出発して暫く歩くと水戸森林公園のエリアに入る。水戸森林公園の成沢地区トレイルマップが立てられています。
Img_7821s

拡大図。赤のルート:2.3km、青のルート:3km。
Img_7817-2

番号順に距離まで書いた標識がありますので歩き易い。
Img_7816s

行きは青のトレイル、帰りは赤のトレイルを通りました。適度のアップダウンがあり、散策するには良い場所かと思いました。
Img_7818s

成沢地区の自然散策ゾーンを抜けて、水戸デジタルテレビ送信所の高い電波塔の広場へと出てきました。
Img_7822s  

Img_7824s

Img_7825s

こちらも水戸森林公園だが、巨大恐竜などが置かれています。
Img_7826s

百年桜の森近くになってやっと朝房山が見えた。「朝房山のベースキャンプまでアプローチが長いですね~」と冗談を言いながら百年桜の森の道を下り、最後は藪漕ぎで木葉下の道路に出ました。
Img_7828s

やっとここから朝房山に登る。暫く林道を歩いた後、山道に入るが歩き易い道で朝房山山頂に到着。山頂の風景をご覧ください。
Img_7832s

Img_7835s

Img_7838s

降りの道は地形図の破線の道だが、今では一部が藪となっていて地形図をよく見て歩かないと迷ってしまう所です。
降りついた所に冬のわらびが群生していました。
Img_7839s

木葉下の果樹園で休憩してまた森林公園に入り、帰りは最短コースを歩きました。
Img_7840s

森林公園を抜けてやっと浄水場の見える所まで帰ってきました。よく歩きました!(終り)
Img_7841s

« 初詣は加波山(2020.1.2) | トップページ | 西河内周辺の里山歩き(1)(2019.12.31) »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 初詣は加波山(2020.1.2) | トップページ | 西河内周辺の里山歩き(1)(2019.12.31) »

フォト
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

いばらきの山日記 INDEX

最近のトラックバック

カテゴリー

  • 山歩き
  • 山登り
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 登山