« 第82回「茨城の山探検」オープン山行の記録(ミステリーツアー)(2019.12.8) | トップページ | 鍋足山での行方不明者情報(続報)(2019.12.8~) »

2019.12.13

鍋足山で行方不明者情報(2019.12.8~)

私の山仲間のNariakiさんが12月8日鍋足山に出掛けて以降帰宅せず行方不明となっております。警察・消防に協力して捜索にも参加しましたが、残念ながらいまだ見付かっておりません。

行方不明者の男性の情報を下記に記載しますので、もし目撃されたり、会われたりなどされた情報がございましたらお知らせください。連絡先は最後に記載します。

★行方不明者の情報
・水戸に住む70台前半の男性。身長は160センチ位
・当日の服装など:黒のジャージ、ジーパン、20~30Lの黒のザック

★目撃情報が1件あり、すでに判明している情報は下記です。
・当日は笹原登山口から三角点峰に登る。そこで目撃者と出会っています。
 (時刻11時頃)
・行方不明者の男性はこれから鍋足山に行き、健脚コースかおしきびコースを
 下山予定との会話あり。
・目撃者男性と鍋足山へ向かう縦走路を同行し、三峰下の標識のある分岐
 (谷底です)で目撃者と別れる。(12時頃)
・行方不明者は鍋足山へ向かったと推定される。

★上記の目撃情報が判明する以前に、私も参加して警察・消防の方々の捜索が数十人の規模で3日間行われておりますが、未だ発見に至っておりません。

以上が分かっている情報ですが、12時以降、鍋足山へ向かったと推定されますので、何か情報があれば捜索の手掛かりとなりますのでご連絡ください。14日にも山の仲間で鍋足山周辺を中心に捜索の予定です。

連絡先 1.「いばらきの山日記」の本件のコメント
        2.私のメール k.simon@nifty.com   下山和彦宛

以上宜しくお願いします。

« 第82回「茨城の山探検」オープン山行の記録(ミステリーツアー)(2019.12.8) | トップページ | 鍋足山での行方不明者情報(続報)(2019.12.8~) »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

初めまして、いつもブログ拝見させて頂いています。鍋足山はよく歩いているので他人事と感じられず12月15日に沢ルートから谷底標識そこから遭難者が歩いたであろうコースを歩いてみました。Ⅱ峰からI峰の稜線を移動中にkaeru さん(後から気付きました)と会っています。おしきびルートで帰ると、途中ピンクリボンに騙されるところがあったのでそこの左斜面から下を18日に探してみたいと思います。kaeru さんの15日のルートも確認しましたのでⅢ峰からⅡ峰にかけての南斜面も併せて探してみます。
天気が悪そうなので当日決めたいと思います。行く時は装備を持って2人で行きますね。

Lanaさん、初めまして。捜索にご協力頂いて有難うございます。
先ほど12月14日、15日の捜索の状況をアップしましたのでご覧ください。
天気が悪いので無理をされないようくれぐれもお願いします。

お返事ありがとうございます
連日の捜索お疲れ様です 御心中お察しします 私の携帯もガラケーのソフトバンクなので圏外の地点を探します 私達も道迷いで遭難しかけたことがありますので遭難者の気持ちが少し分かる気がします すれ違った時のkaeru さんは鎮痛なご表情でした スットク?を出して健脚コースへ行かれるのを見て私達はおしきびコースにしました おしきびコース左下の沢にkaeru さんをまた見かけました。

捜索範囲の情報ありがとうございます。
水曜日は天気回復っぽいですね

ソフトバンク3gのエリアマップで見ると里美支所からⅠ峰への直線上おしきびルートの南東方向に丸く圏外のエリアがあります シモンさんが好きな大石北ルートあたりで、あの道はちょっと癖のある崩壊した場所が何箇所かありました 想定上なぜ大石ルートに入ったか不明ですが水曜日はピンクリボンの斜面の後捜索してるかもしれませんが大石コースを行ってみますね

Lanaさん、今日は。
色々と捜索にご協力くださいまして有難うございます。
携帯が反応しないという点も謎ですが、圏外の領域という事を考えてチェックしています。私はdocomoですが、14日の時はauの方もいましたのでチェックしました。2峰の北の谷底とか2峰南西の南沢上流も圏外でした。
大石ルートは警察・消防で歩いていますが、おしきびルート途中からの尾根、谷は捜索しておりません。踏み跡のある所と言えば途中から分岐する尾根があり、尾根末端の岩崖上のピーク上に石の祠があります。この祠の参道は大石からですが、だんだん藪となってきています。常識的にはこのような所に迷い込むとは想定できませんが・・・大石方面は登山道以外は捜索していませんので何とも言えません。

そうなんですよね、私達は大石北ルートを夏場に藪漕ぎして歩いてました。遭難者は三角点に行くのに藪漕ぎのルートで行ってますのでバリエーションルートが好きな方なのかなと思い、だったらあり得るのかなと考えました。遭難者が大石北ルートを以前に使った事があるという前提ですが・・・
ガーミンgpsの位置情報はこっちから拾えないものなのでしょうか?

遭難者は三角点峰に登るコースが分かっておりませんので藪漕ぎになったと推定しています。地図読み歩きがまだ未熟なレベルだと思います。
遭難者はこれまで大石方面には全く入っていないと思います。
ガーミンgps位置情報は発信されるものでもないので残念ながら拾えないですね。何かヒントか情報があればよいのですが手詰まり状態です。

ありがとうございます。明日はおしきびルートから登りkaeru さんが入ってた沢上の斜面をおしきびルートから降りて捜索。その後大石北ルートを下りて崩壊している所を降りて捜索。この2点に絞ってみます。地図読みできない方ならばリボンや踏み跡、自分の感覚頼りで歩くと思います・・・ 私と少し似ています、迷わないのは相棒のお陰ですね。

お疲れ様です 残念です、見つけることはできませんでした。
以下報告です

本日10:00より笹原スタート
おしきびルートより右沢上部の斜面を下降し確認。
おひる台?の騙しピンクリボンから目視にて斜面下や岩陰確認。
Ⅰ峰下の枯れ木広場から目視にて南側斜面下や岩陰確認。
大石北ルートへ向かってすぐのピンクリボンをたどりながら沢筋まで下降し確認。
沢を下に辿りながら大石北ルートの尾根まで確認しながら登る。
尾根筋をそのまま下降し左岩場の隙間から左へ確認しながらトラバース
衝立岩?より確認しながら直上し大石北ルートの尾根に登り返す。
正しい大石北ルートに入り崩壊部斜面下降し左側トラバースして確認。
ルートに戻り下る途中、下っている靴跡有り(長靴っぽい)、倒木ポイントで斜面と岩陰目視にて確認。ルート通りに下り14:45大石ルートに出会う。15:20笹原撤収。

Lanaさん、今晩は。
連日の捜索活動有難うございます。お疲れ様です。

結果が伴わないので気分的に辛いものがありますね。
記載されたコースは大体理解できます。正規の大石ルートは捜索隊が
歩いていますので足跡は残っているでしょう。

キツイですよね・・・弘法岩を登って三角点に行くコースをよく歩くんですが、今はなんだか行けないですね 見つけるまでは行けないです

来週日曜日は中武生に行かねばなりませんので
25日水曜日健脚コース降りてすぐの林の方を広く歩いてみます
健脚コースは皆さんかなり探してますので、おしきびルートのおひる台から西斜面降りて登り返して健脚コースを目指すルートで行ってみたいと思います

おつかれさまです。今日も見つかりませんでした・・・
Ⅲ峰にいらっしゃったご婦人2人組(シモンさんのお知り合い)と情報交換しています。
予定とは違い圏外のところに入ることにしました。
以下本日の報告です。

10:30笹原出発し健脚コース出会いで右の藪道にて捜索、崖下を目視で確認。
   沢コースに入りⅣ峰より下降、目視で確認しながら湯草への沢ルートを捜索。
   遭難者がシモンさん達と歩いたコースに入らずそのまま滝まで下降し確認。
   Ⅳ峰に登り返し、沢コースより北の入り滝コースに入る。分岐より85メートル
   地点で右斜面に2020年10月刻印のあるポカリのペットボトル有り、3分の1
   残っており落ちている状況からコース歩行中に落としたものと思われましたの
   でそのまま捜索しながら歩き、最初の沢を下降し銚子の口上部で左斜面踏み跡
   辿り尾根に登り返しながら捜索。
   尾根から稜線に向かい確認しながら登り、ピンクリボンで右斜面下降、左斜面
   沿いに歩きながら2番目の沢と歩いてきた尾根斜面を目視確認。
   鍋足山看板分岐で右へ確認しながら降りていき、中ん滝上部確認してトラロー
   プを登り北の入り滝コースにて笹原到着。
16:30撤収。

   残る圏外はⅣ峰から三角点に行く途中の湯草に行くルートと三角点北西部分な
   ので29日はそこに行きたいと思います。
   

Lanaさん、今晩は。
捜索ご苦労様です。
行方不明者が三峰下から何処へ向かったか?
鍋足山方面以外を考え出すと、的が絞れなくて大変です。
携帯の圏外地域という事が可能性として考えられるのですが
進んでそこへ向かったとは考えにくいですね。
あまり無理をされないようにお願いします。

おはようございます。昨日も見つけることはできませんでした。
以下報告です

1100笹原スタート 北の入り滝コースから弘法岩下経由で3点分岐、弘法岩の裏に
         行くコースをとり縦走ルート分岐まで行く。所々圏外なので確認
         しながら歩く。三角点より4峰に向かい、最初の分岐で湯草ルート
         へ向かう。圏内になるまで尾根を下り途中から左斜面下降、沢を
         登りながら確認して右斜面登り返す。大岩に登り目視にて両側の斜
         面確認。湯草コースに戻り三角点への分岐降りずに直進して三角
         点北西部へと向かうコースに入る。1630になる時点まで捜索し三
         角点へ帰る。私を待っている間、相方が縦走ルート付近を捜索(迷
         子?)している。笹原へは鍋足山看板ルートを使い下山。
1830笹原撤収

思っていたより時間がかかってしまいました。Nariakiさんどこ行っちゃったんでしょうね・・・山で会った方達や帰りに必ず寄る巴旅館のお客さんも遭難者がいることを
ご存知でした。いずれ見つかることを祈ります。

シモンさん、いつか山行ご一緒しましょう。  山行実行委員会Lana 大越太郎


Lanaさん
何度も捜索、大変ご苦労様です。
報いられることなく残念ですが、考えられる範囲を手を尽くした捜索した結果ですので仕方のないことです。本当にどこに隠れてしまったのか?私にも想像つきません。
何時か機会がありましたら、是非一緒に山歩きしたいです。
宜しくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 第82回「茨城の山探検」オープン山行の記録(ミステリーツアー)(2019.12.8) | トップページ | 鍋足山での行方不明者情報(続報)(2019.12.8~) »

フォト
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

いばらきの山日記 INDEX

最近のトラックバック

カテゴリー

  • 山歩き
  • 山登り
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 登山