« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

2019年11月

2019.11.30

月居山-水根分岐の紅葉(2019.11.20)

水戸アルパインクラブの毎月の定例ハイキングで、11月は私の担当でしたので11月20日に月居山-水根分岐を歩きました。参加者は総勢で10名でした。報告が時期を失していますが参考までに掲載します。

月居トンネル脇駐車場から出発し、月居山にまず登り、そこから縦走路で水根分岐まで歩き昼食休憩、そこからは水根分岐に入り標識のない道を辿り、トンネル近くの道路に下りました。水根分岐からの道は知らない人には難しい道で、自分らには下れないという人が多かったです。

紅葉はまだ緑がずいぶん残っている所もありましたが、赤く紅葉した部分の多く十分に楽しめました。
以下写真で報告します。

歩き始めてすぐにクリタケを見つける。
Img_7283s

すぐに紅葉に出会う
Img_7284s

月居の観音堂に着く。大イチョウが途中から折れて落下していました。
Img_7285s

鐘突堂で代表して鐘を突きました。
Img_7288s

月居城址の山頂は紅葉の名所だが、一部緑があるものの斜面の楓は紅葉しています。
Img_7293s

Img_7295s

記念写真
Img_7299s

下り途中から振り返る。
Img_7301s

次のピーク上から展望休憩。北西方向で大子の町が見えます。
Img_7302s

第1展望台(鍋転山)
Img_7307s  

水根分岐までの縦走路を紅葉を楽しみながら歩く
Img_7309s

Img_7314s

水根分岐に到着。ここで昼食休憩。
Img_7319s

の辺りの紅葉はまだ緑が多かった。
Img_7320s

少し尾根に入って尾根のモミジを見ると赤く色づいていました。

Img_7321s
黄色もきれいです。
Img_7322s 
何時も真っ赤に色づく大楓は下から見ると下葉はまだ緑でした。
Img_7325s
帰りは水根分岐の看板に従って縦走路から離れて、ほとんど歩かれていないのでやや荒れた道を下りました。
所々で紅葉が楽しめました。(終り)
Img_7330s
 
Img_7328s

2019.11.28

第81回「茨城の山探検」オープン山行(男体山サイクル-2)の山行記録(2019.11.16)

今回は「男体山サイクル登山-2」と称して歩きましたが、昨年(2018年)11月25日に実施しました第72回「茨城の山探検」オープン山行とは全くの逆コースでした。第72回の探検では男体山山頂で落日を見て、ゴールの持方到着は日没後となり暗くなりましたので、今回は集合時間を30分早めて日没時間前のゴールとすることが出来ました。

今回のコース地図と距離・行動時間等を下記に掲載します。(クリックで拡大)
81_2rm

前回よりも行動時間は40分短縮しています。

参加者は総勢8名でした。
Img_7221-2s

今年の紅葉は昨年より1週間遅れているようで、モミジ谷の楓はまだ青々としていました。
以下写真でご覧ください。

集合地点の武生神社前からシモン山と男体山が見えていました。明山は朝日を浴びてきれいです。
帰りに私は夕焼けの明山の写真を撮りましたので最後に掲載します。比べてご覧ください。
Img_7211s

Img_7215s

男体山山頂に向けて出発。途中の紅葉です。
Img_7216s

男体山山頂に到着。海が光っていました。筑波山方面もよく見えました。
Img_7217s

Img_7223-2s Img_7224-2s

大円地越に到着。温度は10℃でした。
Img_7226s

Img_7227s

小草越までの間の風景(男体山と紅葉)
Img_7228s

Img_7229s

Img_7233s

小草越から裏道へ。モミジ谷はまだ緑でした。
Img_7239s

篭岩へ通じる釜沢越からの道へ出る所には、裏道方面へ入らないようにとロープが張られています。大子警察署の注意張り紙が付けられていました。
Img_7240s

篭岩へ到着。これから歩く方面を眺めると展望が良い。
Img_7242s

Img_7245s

難所のキレットを通過し一枚岩へ。展望がよろしい。
Img_7248s

Img_7252s

Img_7254s

Img_7255s

竜神川へ下って、疲れた体にはつらい坂を登り返して集合地点の武生神社前に無事に戻りました。
竜神川に下る紅葉のきれいな場所は、まだ紅葉には早く10日後くらいでしょう。 
Img_7257s

Img_7258s

上の写真は武生神社から亀が淵に下る道ですが、ロープが張られ「落石が発生したので通行できません」と書かれています。我々は途中からこの道へ合流しましたが、通った範囲では落石らしき所はありませんでした。

この日は途中から曇り空になり太陽が見えなくなりましたが、日没寸前に雲から太陽が出てきました。宝剣洞展望台から雲から出た夕日を撮りました。ご覧ください。(終り)
Img_7267s

Img_7265s

Img_7263s

2019.11.26

鍋足山の紅葉は今がベストな時期です(2019.11.26)

この所冷え込みが続いて紅葉が進行しています。ボルダリングの仲間で鍋足山の紅葉観賞に出掛けました。尾根も谷間も紅葉観賞にはベストの時期でした。
Img_7565s

行動時間 約5時間の山歩きでした。
湯草-北尾根-稜線-笹原側モミジ谷-モミジ尾根を登る-三角点峰(昼食)-縦走路-湯草側モミジ谷-湯草の沢を下る-湯草

紅葉の様子は写真でご覧ください。

北尾根の登り
Img_7528s

Img_7530-2s

途中の展望:那須、塩原、高原山などもよく見えました。
Img_7535s

稜線付近の紅葉
Img_7540s

Img_7542s

Img_7544s

Img_7549s

笹原側のモミジ谷へ降る。
Img_7551s

モミジの谷
Img_7552s

モミジ尾根を登る
Img_7554s

Img_7558s

Img_7562s

Img_7566s

Img_7568s

Img_7569s

 三角点峰から縦走路へ
Img_7571-2s

Img_7572s

鍋足山方面
Img_7574s

男体山方面
Img_7576s

4峰付近
Img_7578s

湯草側モミジ谷
Img_7582s

Img_7584s

Img_7585s

こちらのモミジ谷はもう1週間後?
Img_7587s

沢を下り湯草へ
Img_7588s

最後の不動滝(終り)
Img_7597s  

2019.11.21

第82回「茨城の山探検」オープン山行を実施します(鍋足山ミステリーツアー)(2019.12.8予)

12月の「茨城の山探検」オープン山行は予告している日程より早めて、12月8日(日)と致します。

今年の紅葉は昨年より1週間程度遅れており、鍋足山の谷間の紅葉は12月初旬でも観賞できると思われますので、「鍋足山ミステリーツアー」として実施します。どのようなコースで山を巡るかはお楽しみとして下さい。

参加ご希望の方は私宛のメールか、本件のコメントで連絡ください。(私のメールアドレスは、私のHPに記載しています)

1.第82回の実施日   2019年12月8(日)

天候の悪い場合は中止又は延期する事があります。
その場合は前日の正午までに「いばらきの山日記」にその旨掲載します。

2.集合場所&時間 
  鍋足山笹原登山口の駐車場所    集合時間  8時30分

3.第82回の探検場所(ルート)  お楽しみにしてください。

当日歩く予定のルートは、ミステリーツアーという事で事前には公開しません。

4.参加者へのお願い事項

★「茨城の山探検」の山行は「探検」と付いている如く一般のハイキング道を歩く山行ではありません。しばしば地図に道のない尾根や沢などを歩きますし、薮漕ぎ、急斜面、岩崖・岩場など危険な所も通過することがあります。
★参加される方のレベルとしては、地形図を見て自力で山行が出来る方、乃至そのことを目標に訓練努力されている方を対象と考えております。ただ人に付いて歩くという方はご遠慮願いたいと思います。
★何方でも歓迎しますが、上記の事項についてよく理解し自己判断された上でご参加ください。山行については自己責任でお願いします。
★地形図を持参ください。

 

5.2020年1月の「茨城の山探検」について
  2019年1月26日(日)を予定しております。

2019.11.15

キノコから放射性物質(2019.11.14)

北茨城市と高萩市で採れた野生キノコから、国の基準値を超える放射性セシウムが検出されたとの新聞記事がありました。(下記)
Img20191115_kinokos

私などもう先の短い年寄りは、放射性物質が体内に蓄積されても影響が少ないので野生キノコを食べていますが、若い人は食べないほうが良いでしょう。

クリタケとムキタケの写真を掲載しますのでご覧ください。(今年の写真ではありません)
クリタケ
Pa172895s

ムキタケ(終り)
Pa220080s

2019.11.12

里見のかかし祭り(2019.11.10)

鍋足山の帰りに寄りました。話題となった人などの案山子が多いです。ご覧ください。

全体の風景
Img_7148s

話題の人「渋野日向子」などなど
Img_7150s

Img_7149s

Img_7151s

Img_7154s

Img_7155s

Img_7156s

鍋足山を背景に(終り)
Img_7152s

鍋足山の紅葉は?(2019.11.10)

今年の紅葉は夏の暑さが初秋まで続いたため、例年より1週間くらいは遅れている感じがする。いつもの年なら、谷間の紅葉はまだとしても、稜線など山全体の紅葉は見頃となっているのだが・・・兎に角現地を見に出掛けました。

見てきた感じではやはり1週間程度は遅れているようです。写真でご覧ください。
里見のかかし祭りが始まっていましたので帰りに見てきました。かかしの写真は別項目に分けて掲載しますのでご覧ください。

笹原登山口の山神様にご挨拶。
Img_7115s

もみじ谷の紅葉。まだ緑々としています。
Img_7131s

尾根の紅葉は色付きはじめていました。
Img_7135s

Img_7137s

Img_7138s

三角点峰から鍋足三峰を見る。
Img_7139s

三角点峰
Img_7140s

アブラツツジの紅葉
Img_7141s

ダンコウバイの黄葉
Img_7142s

コシアブラの黄葉
Img_7147s

男体山方面の展望(終り)
Img_7144s

2019.11.10

駅からハイキング(愛宕山-難台山-吾国山)(2019.11.6)

【岩間駅から 愛宕山-難台山-吾国山 縦走して福原駅(またはその逆)】の駅からハイキングを山仲間のNさんが毎月主催しているので今回参加しました。

今回歩いたGPS軌跡図をご覧ください。 距離:17.4km 行動時間:7時間15分 万歩計:28,000歩
Img_1687m

岩間駅(6:18着の電車)から歩き始める。朝早くから歩くのは気持ちが良い。参加者(総勢6名)は皆さん健脚揃いでついて歩くのは容易でなかった。福原駅13:52発の電車に滑り込みセーフ。心地よい疲れでした。

以下山行の様子は写真でご覧ください。

日の出前の勝田駅から東方を展望する。
Img_6919s

岩間駅のガラス越しに今日歩く山を見る。
Img_6921s

愛宕山に向かって初めは車道を歩く。
Img_6926s

ひと汗かいて愛宕山山頂の愛宕神社に着く。ここは京都の愛宕山の末社で防火の神様。
Img_6934s

南山の展望台到着。振り返ると愛宕山が眼下に見えた。
Img_6939s

Img_6940s

団子石峠からまた大福山に登る。更に登って難台山山頂に着く。昼食休憩。
Img_6952s

山ツツジが狂い咲いていました。
Img_6950s

筑波山展望。
Img_6951s

ここの三角点はあちこち欠損していて痛々しい。
Img_6953s

道祖神峠を経て吾国山に取り付く。「ぽつんと一軒家」のTVに出てきた洗心館の脇を通過する。紅葉がきれいだった。
Img_6960s

Img_6961s

Img_6963s

吾国山へは急な登り。途中から歩いてきた難台山方面を振り返る。ずいぶん歩いてきたものだ。
Img_6976s

千振が咲いていました。竜胆も!
Img_6968-2s

Img_6972-2s

Img_6985-2s

吾国山からの展望。男体山他日光連山が良く見えました。
Img_6980-2s

山頂の祠と1等三角点
Img_6986s

Img_6987s

下山して吾国山を振り返る。この山は見る方向で形が変わりますね。(終り)
Img_6989-2s

2019.11.05

第81回「茨城の山探検」オープン山行:集合時間を変更します。

11月16日実施予定の第81回「茨城の山探検」オープン山行の集合時間を変更して30分早める事に致しました。

日没の時刻が日々どんどん早くなっており、11月16日の日の入時刻は16時30分です。そのため集合時間を30分早める事に致しました。
  変更前集合時間:8時30分 →→→ 変更後の集合時間:8時00分

以上よろしくお願いします。

2019.11.04

第80回「茨城の山探検」(男体山サイクル登山-1)の山行記録(2019.11.2)

良い天候に恵まれて、休場展望台のある駐車場から9時過ぎに出発し、西金砂神社まで歩きました。鷹取山への往復は夕暮れの時間が早くなっているので今回は割愛しました。
今回のルートは途中アップダウンの多い登山道のない難路が続き、予想以上に時間がかかりました。GPSの軌跡図を掲載しますので、鋸の歯のようなギザギザのアップダウンの様子をご覧ください。(クリックで拡大します)
GPSによる数値 距離 8.14km  行動時間 約6時間52分(正味の歩行時間は5時間30分程度)

Img_1686am

今回の参加者 12名 おかめ山での集合写真をご覧ください。
Img_6909s

集合地点の西金砂神社から出発点の休場展望台までは車移動に約35分ほどかかり、そこからはすぐに藪漕ぎの道となりました。1時間弱で稜線の鳥居のある祠に到着。
Img_6903-2s

稜線上の道の交差点などに森林管理署が設置している吸い殻入れ
Img_6905s

出発して1時間半ほどで亀石三角点。
Img_6906s

おかめ山への登りが急登できつい所でしたが西峰へ無事到着。
ここまで約3時間、昼食休憩とする。奥久慈の山々の展望が良い。
Img_6907s

これから歩く荷鞍山方面の眺め。
Img_6911s

地割地区の上の稜線。自然環境保全地域に指定されています。この手前で2名が地割地区の車道に下りました。
Img_6912-2s

以前探検で来たことのある地割れを上から見下ろす。
Img_6913s

西金砂にある三角点に到着。ここまで約6時間。
Img_6914s

西金砂神社に到着。これから鷹取山往復は1時間ほど要するので16時を過ぎるため今回は割愛した。車道+良い山道なので時間さえあれば全く問題のない所です。
今回歩いてみて、このコースを男体山から歩くのは十数時間必要なのが分かりました。11月の男体山サイクル登山-2を歩いてみて、通しで歩くことを検討してみます。

休場駐車場へ車の回収に向かい、空腹を満たすため休場駐車場でお茶していたら暗くなってきた。急いで展望台に登ったが既に日没で落日を撮ることが出来ませんでした。残念!
月が出ていました。
Img_6918-2s

男体山方面
Img_6917s

西側の展望(終り)
Img_6916s

続きを読む "第80回「茨城の山探検」(男体山サイクル登山-1)の山行記録(2019.11.2)" »

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

フォト
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

いばらきの山日記 INDEX

最近のトラックバック

カテゴリー

  • 山歩き
  • 山登り
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 登山