« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

2019年10月

2019.10.29

マダニに注意(2019.10)

マダニが媒介する感染症「日本紅斑熱」で、茨城県にて死亡者が出ました。下記に掲載する2019.10.25朝日新聞記事をご覧ください。

マダニが媒介する感染症は「日本紅斑熱」、「重傷熱性血小板減少症候群(SFTS)」他などあるが、これまでこれらの病気の報告は近畿地方や西日本で多かったですが、最近は東日本でも報告されているので生息地の拡大が懸念されます。山林だけではなく犬や猫のダニから感染例も報告されていますので、マダニに噛まれたら要注意です。マダニに噛まれた時は皮膚科へ、潜伏期間の後に症状が出たら内科で診療してもらいましょう。

Img20191025_s

2019.10.27

第81回「茨城の山探検」オープン山行を実施します(男体山サイクル登山-2)(2019.11.16予)

 

「茨城の山探検」予告「男体山サイクル登山」(1)&(2)(2019.10&11)」にて 連絡済ですが、「第81回「茨城の山探検」オープン山行 男体山サイクル登山-2 男体山~中間点」を11月16日(土)に実施します。(クリックでご覧いただけます)

参加ご希望の方は私宛のメールか、本件のコメントで連絡ください。(私のメールアドレスは、私のHPに記載しています)

1.第81回の実施日   2019年11月16(土)

天候の悪い場合は中止又は延期する事があります。
その場合は前日の正午までに「いばらきの山日記」にその旨掲載します。

2.集合場所&時間 
  武生林道武生神社前の駐車場所    集合時間  8時30分

集合した後、集合場所からスタート地点(持方のトイレのある駐車場)まで数台の車に乗合せて移動しますのでご協力下さい。

3.第81回の探検場所(ルート)  ルートは変更することがあります。

当日歩く予定のルートは、予告に記載されている計画図の通りですが、上山ハイキングコースの竜神川分岐から竜神川に下り、横断して武生神社前の駐車場所に戻ります。
このルートはハイキングコースでない所もあり、途中に藪、倒木、急斜面などある難路ですので気を付けて歩きましょう。

4.参加者へのお願い事項

★「茨城の山探検」の山行は「探検」と付いている如く一般のハイキング道を歩く山行ではありません。しばしば地図に道のない尾根や沢などを歩きますし、薮漕ぎ、急斜面、岩崖・岩場など危険な所も通過することがあります。
★参加される方のレベルとしては、地形図を見て自力で山行が出来る方、乃至そのことを目標に訓練努力されている方を対象と考えております。ただ人に付いて歩くという方はご遠慮願いたいと思います。
★何方でも歓迎しますが、上記の事項についてよく理解し自己判断された上でご参加ください。山行については自己責任でお願いします。
★地形図を持参ください。

5.2019年12月の「茨城の山探検」について
  2019年12月15日(日)を予定しております。

2019.10.24

第80回「茨城の山探検」オープン山行(10月27日実施予定)を延期します。

10月27日実施予定の第80回「茨城の山探検」オープン山行を下記の理由で11月2日(土)に延期します。
お手数ながら参加希望者は再度参加の連絡をお願いいたします。

理由 晴れたコンディションのよい状態で実施したい
★実施前に雨が降りますので、今回の登山道のない山歩きではコンディションが良くない
★10月27日の天気も曇り/雨など安定しない天気である
                          以上

2019.10.22

常陸海浜公園(2019.10.17)

そろそろコキアも見頃になっているかなと思い、常陸海浜公園に出掛けました。

毎年見に来ておりますが、今年はやはり赤く色づくのが遅れ気味で、まだ緑色が残っている所がありました。コスモスは台風の影響なのでしょうか?花数が少ないです。コキアを見るのはやはり青空で太陽光がある時の方がきれいに見えますが、この日はちょっと雲がありましたがまあまあです。

実は翌日も次男夫婦+孫たちと見に来ましたが、この日は曇り空で残念でした。以下写真を掲載します。

Img_1524effectss

Img_1526s

Img_1529s

Img_1539s

Img_1548s

Img_1551s

2019.10.18

台風後の滝巡り(2)(鍋足山の滝群)(2019.10.13)

自宅から鍋足山に行く途中久慈川を渡るが、幸久橋の所から久慈川の流れを見ている人が沢山いました。昨日は堤防を越えて水が田圃に流れ込んでいたらしいが、今は川幅一杯になって濁流が流れていました。
Img_6666s

Img_6662s

上手く自分の気持ちを書けないが、台風被害の出ている状況で、滝巡りをするなどとんでもないという人もいるかもしれないが、私の心の中では、皆が委縮して呆然と過ごしてしまうようなことになってはいけないことであると思っている。私は私で今日・明日を何時ものように精一杯生きていこうと思っているのである。

以下鍋足山の滝の写真を掲載しますのでご覧ください。
鍋足山は岩山ですので降った雨はすぐ流れ出てしまい、普段は滝には水が少ししか流れていません。今回も見に行きましたが、思ったほど水量は多くありませんでした。今回滝巡りしたのは、順に北の入滝、中ん滝、はっちめ滝、銚子の口滝、団子石滝です。団子石滝は水の流れが変わり、水が流れていませんでした。

北の入滝
Img_6686s

Img_6692s

Img_6699s

Img_6706s

中ん滝
Img_6711s

Img_6714panos

Img_6716s

Img_6722s

はっちめ滝
Img_6723s

6730effectss

銚子の口滝
Img_6740s

2019.10.17

大文字草(2019.10.17)

山では大文字草の花が満開となっています。
Img_3013-3s

我が家の庭でも、昨年山友達から頂いた大文字草が開花しました。薄いピンク色と白色の花です。園芸種なのでしょうか?花の形が山の大文字草と違っていますが、大の字にはなっていました。(終り)
Img_6788s

Img_6789s

Img_6790s

2019.10.16

リンゴパイ作り(2019.10.16)

台風後の13日に鍋足山と袋田の滝に出掛けた時、リンゴ生産農家に寄った。台風で被害が出てないか心配して聞いたら、風は吹いたが雨台風でリンゴはあまり落ちなかったとのこと、良かったです。今年はここに寄るのも3回目で、1回目は早生富士、2回目は姫神を買いました。今回は紅玉がもう収穫できる時期となっていて、奥さんにリンゴパイを作ってもらおうと紅玉を買って帰りました。
Img_6787s

帰ってから奥さんに「リンゴパイを作って」と頼んだら「自分で作ってみたら」と言われてしまった。まあ、何事も経験と思って、教えてもらいながら作ってみることにした。
パイ生地は自分で作るのは時間もかかるし面倒なので既製品を買いに行きました。私が買いに出掛けている間に、奥さんは「リンゴを煮ておいてあげる」と助けてもらいました。後日もう1回作るので、いずれこれも教えてもらおう。

レシピを見ながらパイ生地を伸ばしたり、切ったりして準備して、パイ生地にリンゴの煮たものを載せて、オーブンレンジで焼き出来上がりました。縦15cm、横25cmくらいの大きさで結構大きい。今日の昼食はこれを二人で食べることにしたのですが、食べきれませんでした。残りは3時のおやつとなりました。
Img_1517s

やってみて要領がわかれば意外と簡単、次回は半分の大きさで作ってみようと思います。(終り)

2019.10.13

台風後の滝巡り(1)(2019.10.13)

台風19号が襲来し、茨城でも河川が氾濫して被害が出ている。我が家は何の被害もなく幸いである。
13日は天気予報では晴れの良い天気なので山歩きに出掛けたいと思った。大雨の後なので、滝の水量が増えて見応えがあるだろうと滝巡りをすることにした。日頃はあまり水の流れていない鍋足山の滝と袋田の滝に行くことにした。

いつもの無料駐車場に駐車して歩く。観瀑台の手前の道路が冠水したらしく、お店の床も濡れているし、ホースで道路の泥を洗い流す作業をしており、今日は観瀑台は閉鎖とのこと。それではと吊り橋側から滝を見に行くことにした。以下写真でご覧ください。

滝が見える場所から見ると何と虹がかかっていました。水量が多くて飛沫がすごく舞い上がっているので太陽を背にして見ると虹がきれいに見えるのである。

吊り橋の手前から
Img_6751-2s

吊り橋の上から見た光景
Img_6752-2s

観瀑台の出口付近からの光景
Img_6756-2s

Img_6757-2s

観瀑台の出口を開けてくれたので観瀑台へ入る。飛沫が酷くて濡れてしまうので長居が出来ないが、写真を撮る。コンクリートの床は泥がたまって泥水となっていました。これでは閉鎖も止むを得ないだろう。
Img_6759-2s

早々に退散し、帰りにまた写真を撮りました。
Img_6767-2s

Img_6780-2s

こちらは虹が二重となっているのがよく分かると思います。(終り)
Img_6784-2s

2019.10.11

筑波山再び(2019.10.5)

山友達から筑波山へのお誘いがあり参加しました。9月は2回筑波山を歩いておりますので、例年に比べて多く来ている感じです。今回は大文字草、曙草、千振の花がお目当てとのことで、歩くコースはつつじが丘から女体山、そこから女の川を下りキャンプ場へ、キャンプ場からつつじが丘へと戻る周回コースでした。総勢7名と賑やかに歩きました。

つつじが丘から女体山へ登るのは、記憶に無いほどの昔で、10年振りくらいにはなる久し振りのコースでした。つつじが丘の駐車場へと近づくと女体山がきれいに見えました。
Img_6603s

つつじが丘からのコースの登り始めはまだ歩き易いが、だんだん足元に石が多くなり歩きにくくなる。
Img_6604s

女体山下の石に大文字草がたくさん付いていました。花盛りでした。
道端の千振はまだ花は咲いておらず蕾ばかりで残念でした。
Img_6607s

Img_6610s

Img_6613s

Img_6618s

女体山山頂は大勢の人
Img_6620s

女の川を下る途中、「神木」の札が気に吊り下げられていました。初めて気が付きましたが、御神木は桂の木でした。
Img_6626s

つつじが丘へ戻る途中、花が咲き始めている曙草を見ました。更科升麻も咲いていました。
Img_6633s

Img_6634s

Img_6636s

魚骨改良型と書かれた看板がありました。何のことかと思って見回すと、説明看板がありました。伐採を魚の骨の形に沿って4つに分けて年をおいて行う方式のようです。初めて見ました。
Img_6638s

Img_6637s

キャンプ場からつつじが丘まで歩いたのは初めてでした。筑波山もまだ歩いていない道が幾つもあるようなのでまた出掛けたいと思います。(終り)

第80回「茨城の山探検」オープン山行を実施します(男体山サイクル登山-1)(2019.10.27予)

「茨城の山探検」予告「男体山サイクル登山」(1)&(2)(2019.10&11)」にて 連絡済ですが、「第80回「茨城の山探検」オープン山行 男体山サイクル登山-1 中間点~鷹取山」を10月27日(日)に実施します。(クリックでご覧いただけます)

既に参加希望については事前に連絡いただいておりますが、参加ご希望の方はお手数ながら改めて私宛のメールか、本件のコメントで連絡ください。(私のメールアドレスは、私のHPに記載しています)

1.第80回の実施日   2019年10月27(日)

天候の悪い場合は中止又は延期する事があります。
その場合は前日の正午までに「いばらきの山日記」にその旨掲載します。

2.集合場所&時間 
  西金砂神社駐車場    集合時間  8時30分

集合した後、集合場所からスタート地点(休場展望台のある駐車場)まで数台の車に乗合せて移動しますのでご協力下さい。スタート地点は場所が狭いので最小限の車台数とします。

3.第80回の探検場所(ルート)  ルートは変更することがあります。

当日歩く予定のルートは、予告に記載されている計画図の通りですので、そちらをご覧ください。
このルートは道の無いコースが多く、途中に藪、倒木、急斜面などある難路ですので気を付けて歩きましょう。

4.参加者へのお願い事項

★「茨城の山探検」の山行は「探検」と付いている如く一般のハイキング道を歩く山行ではありません。しばしば地図に道のない尾根や沢などを歩きますし、薮漕ぎ、急斜面、岩崖・岩場など危険な所も通過することがあります。
★参加される方のレベルとしては、地形図を見て自力で山行が出来る方、乃至そのことを目標に訓練努力されている方を対象と考えております。ただ人に付いて歩くという方はご遠慮願いたいと思います。
★何方でも歓迎しますが、上記の事項についてよく理解し自己判断された上でご参加ください。山行については自己責任でお願いします。
★地形図を持参ください。

5.2019年11月の「茨城の山探検」について
  2019年11月17日(日)を予定しておりましたが、都合により11月16日(土)に変更します。

 

2019.10.06

キノコ観察(2019.9~10月)

10月4日、5日と続けて、キノコ博士館にキノコの勉強のためキノコを鑑定してもらいに出掛けてきました。例年であれば大勢の方が行列待ちでキノコ鑑定を待っているのですが、今年は閑散としており、私以外には誰もいませんでした。
キノコ博士館では、キノコの季節になるとキノコの鑑定のためわざわざ外部から専門の方を呼んで下さいますのでよく利用しておりますが、鑑定士の方の話では、今年はまだ夏のような暑い日が続いていまだ夏のキノコが生えており、秋のキノコはこれからのようだとの話でした。鑑定の様子の写真をご覧ください。

手前にあるのが私が持って行ったキノコ4種類。ナラタケとウスヒラタケは分かっていました。
Img_6643s

Img_6643-2s

持ち込まれたキノコなどが並べてありました。
Img_6644s

Img_6645s

今年のキノコカレンダーです。
Img_6646s

以下今年山で観察したキノコの写真です。

タマゴタケ(9.14 男体山)
Img_6382s

ゴムタケ(9.17 筑波山)
Img_6391s

ウスヒラタケ(9.17 筑波山 収穫し食べました)
Img_6388s

サルノコシカケ(9.17 筑波山)
Img_6410s

名称不明(9.17 筑波山)
Img_6392s

ホコリタケ(9.24 筑波山)
Img_6443s

鍋足山9.27
Img_6519s

Img_6518s

ハタケシメジ 10.1 収穫して食べました。
Img_6571s

国見山 10.2 オオイチョウタケの幼菌
Img_6595s

ニガシメジ(きれいなキノコだが苦くて不食)
Img_6590s

ホオベニシロアシイグチ(食べられるが酸っぱい)
Img_6592s

イチョウタケ?
Img_6593s

ホウキタケ
Img_6597s

カラカサタケ
Img_6601s

???(イグチの種類)
Img_6596s 

筑波山 10.5 キノコ鑑定の写真参照。4種類鑑定。
ウスヒラタケ、ナラタケ(以上、食茸)、ウラムラサキシメジ、チャツムタケの種類(毒、不食)

ツキヨタケです。
Img_6625s

ナラタケはたくさん生えていました。
Img_6630s

キノコはこれからが秋本番で楽しめそうです。
キノコは例えていうと菌糸の花のようなもので、よく観察するととてもきれいです。山野草を観察して楽しまれる方も多いですが、キノコも花のようなものなので観察するのは楽しいですよ。しかし種類も多く、中々同定するのは難しいです。食べたりする場合にはそれこそ慎重に同定しましょう。(終り)

 

2019.10.02

男体山・白木山(2019.10.1)

10月になったのに、昼間は夏のように暑い。
ひたすら歩くというのは遠慮したいが適度に歩きたい、秋の花などを愛でながら歩きたい、という思いで持方から男体山・白木山・高崎山を巡る計画をして歩きました。結果的には高崎山はカットとなりました。白木山は久し振りでしたが急登で汗をかきました。

今日のメンバー(総勢4名)
Img_6573-2s

経由地の男体山と白木山の山頂、恋人峠
Img_6572s

Img_6581s

Img_6583s

秋の花が色々と咲いていましたが、その他秋の味覚もゲットしました。
ハタケシメジ
Img_6571s

サルナシが鈴生りでした。まだ未熟でしたので収穫できず。少し熟れたら果実酒、完熟して食べたいです。
Img_6575s 

アケビがあちこちで目につきました。
Img_6585s

Img_6588s

蔓人参の花と実
Img_6578s

Img_6577s

名前は聞いたのですが忘れました。
Img_6587

白木山から下った所で今日はもう十分と終了。帰りにまたリンゴ園に寄って帰りました。(終り)

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

いばらきの山日記 INDEX

最近のトラックバック

カテゴリー

  • 山歩き
  • 山登り
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 登山