« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月

2019.04.27

新緑の山歩きと山菜を楽しむ(2019.4.23)

10数年以上前のことですが、「茨城山菜オフ」と称して、県外からも山仲間を呼んで毎年茨城の山で山菜取りを楽しんだ後、現地ですぐに天麩羅にして食べていました。歳を取って段々疎遠になり最近はこういう楽しみがなくなって寂しく思っていました。

★山歩きをしながら山菜取りをした後に、現地で山菜天麩羅を食べると言う贅沢なプランを鹿島さん達にお話したら、快く引き受けて下さいましてご馳走になりました。有難うございました!

★当日は昼食は何も持ってこなくてよいと言う事でしたので、デザート位は持っていこうとケーキとイチゴ、それに前日採った若干の山菜を持参しました。

★10時頃から山に入り、山菜取りをしながら山桜やツツジなどの花も楽しみました。お山をぐるりと回りましたので空腹を抱えて戻ってきたのは13時を過ぎていました。収穫は主にコシアブラとタラの芽でした。
Img_3094-640x480

Img_3095-640x480

Img_3097-640x480

★鍋や食器、ガスコンロ等々、山菜パーティー会場の公園の東屋に運んで、調理が始まりました。食材は採りたてのコシアブラ、タラの芽、独特の苦みのあるハリギリ、ちょっとぬめりのあるワラビなどで、揚げたての天麩羅を賞味しました。
この他に野芹の入った山菜ごはん、それにウドとコシアブラ入りの卵スープ、コゴミのお浸しですぐに満腹しました。
最後はケーキとイチゴとコーヒー。贅沢なパーティーでした。食い気に走ったので余り写真を撮っていませんでした。
Img_3101-640x480

Img_3102-640x480

Img_3103-640x480

Img_3104-640x480

Img_3106-640x480

Img_3109-640x480

★東屋の周辺にウワミズ桜があり満開でした。名前の知らない菫が沢山咲いていてきれいでした。(終り)
Img_3100-640x480

Img_3110-640x480

Img_3113-640x480

Img_3116-640x480 

庭の花(2019.4.26)

色んな花が次々と咲いて目を楽しませてくれます。朝起きたら庭を一巡りして草木の様子を見て回ります。

★梅の木に着生させているカヤランが開花しました。小さな本体から十数個の花を付けました。
Img_3118-640x480

Img_3120-640x480

★稚児百合ももう終わり近いですが咲いていました。
Img_3124-640x480

Img_3125-640x480

★エビネガ咲き始めました。例年より花の勢いが良く無いように感じます。イカリソウ、シャガ、ムシカリなど咲いています。

★椿はもう終わりです。

★ウド、フキなど収穫して食べています。いずれも故郷から持ってきて植えたものですが随分増えました。コゴミはあちこち増えたので引き抜いていたら数が少なくなり二株ほどに減ってしまいました。

★山椒の花が咲いて実になりかけています。若く柔らかいうちに実を収穫して醤油漬けにでもしましょう。(終り)

2019.04.26

第77回「茨城の山探検」オープン山行の記録(八溝山の猪集)(2019.4.20)

今回の「茨城の山探検」は案内の中でも書きましたように今年の干支の山を訪ねる山行でしたが、「猪集」のピークや三角点は八溝山の東側に伸びる尾根の途中にあり、福島側にあります。出発点としては八溝山の山頂(茨城/福島県境、一等三角点「八溝山」1022m)を踏み出発しました。参加者総勢16名です。
Img_3026-2-640x480

今回主催者が集合時間に遅刻して参加された皆様方に大変ご迷惑をおかけいたし申し訳ありませんでした。今後このような事の無いようにしたいと思います。

歩いたコースのGPS軌跡図を掲載します。(赤の線です)
往路は山頂から歩き始め三角点まで、復路は希望者のみ久慈川源流(鹿又沢)まで降る遊歩道を歩きました。
距離は約17km、行動時間は7時間余、万歩計の歩数は27,000位です。
Img_1312-2-800x673

以下写真を掲載します。
★途中で見た花など:カタクリが路傍にあちこち咲いていました。その他イワウチワの群落、ニリンソウ、スミレ、白のエンレイソウ、など早春の花が咲いていました。
Img_3061-640x480

Img_3060-640x480

Img_3059-640x480

Img_3056-640x480

Img_3055-640x480

Img_3032-2-639x640

Img_3035-640x480

★大梅からの参詣道なので路傍に石仏などがありました。
Img_3036-640x480

Img_3042-640x480

Img_3057-640x480

★標識や登山道の様子
Img_3028-640x480

Img_3029-640x480

Img_3030-640x480

Img_3041-640x480

Img_3053-2-575x640

 ★「猪集」の三角点にて集合写真
Img_3045-640x480

★地図上の「猪集」のピークで昼食休憩をしました。南面が伐採されていて展望が良い所でした。大笹山と鬼ケ煩(三角点)のピークが良く見えました。
Img_3049-640x480

Img_3048-640x480

飛行機雲が鬼ケ煩上空で 交差しました。
Img_3047-640x480 

こんな景色を眺めていると八溝山-鬼ケ煩-大笹山と歩きたくなりますね。(終り)

 

2019.04.23

沓掛峠の山桜(2019.4.22)

山桜も早咲き、遅咲きなど色々ですが、沓掛峠の山桜は例年4月20日過ぎが見頃となる。月曜日にボルダを早めに切り上げて花好きの方々6名で花見に出掛けてきましたが丁度見頃で楽しめました。山菜好きの方はついでにワラビなど山菜取りにも夢中でした。

私はここから見える展望風景が大好きです。奥久慈男体山から生瀬富士、鋸21峰など奥久慈の山並みが山桜の後方に見えて絵になります。写真を何枚も取りました。写真を掲載しますのでご覧ください。

Img_3062-640x480

Img_3064-640x480

Img_3066-640x480

Img_3069p-800x357

Img_3072-640x480

Img_3077-640x480

Img_3078-640x480

Img_3084-640x480

Img_3085-640x480

千本槍を見つけました。(終り)
Img_3080-640x480

2019.04.19

庭の椿(2019.4.10)

我が家の庭には椿の木が15本くらいあります。植木屋さんが植えた椿は平凡だが、自分で買ってきて植えた椿はそれなりに気に入った所があります。大島で買ってきた椿も大きくなっています。我が家で実生から育った木のありますが、原種に戻るようで白とか赤とか単色です。只今とてもきれいに咲いています(4月10日現在です)

写真の羅列ですがご覧ください。
Img_2867-640x480

Img_2858-480x640

Img_2857-640x480

Img_2855-480x640

Img_2868-640x480

Img_2864-640x480

Img_2863-640x480

Img_2862-640x480

Img_2860-640x480 

2019.04.18

第78回「茨城の山探検」オープン山行を実施します(男体山周辺)(2019.5.5予)

2019年5月の「茨城の山探検」は鶏足山を予定しておりましたが、連休中となるため山歩きは勿論、駐車場を含めて混雑が予想されますので場所を変更する事に致しました。

連休中でも人がほとんど歩かない場所として男体山周辺の昔の道を探検する事に致しました。定本側から水根方面へと山越えするコースですが、今は誰も歩く人がいないため道は無いのと同然です。倒木や急斜面を通過する事があります。

今回歩くコースについては、下記の過去の山行記録がありますのでご覧ください。

 「水根分岐の西側の尾根と沢探検(その3)(2019.2.17)」
 「水根分岐のルート探索(続編)(2019.2.13)」

参加ご希望の方は私宛のメールか、本件のコメントで連絡ください。(私のメールアドレスは、私のHPに記載しています)

1.第78回の実施日   2019年5月5日(日)
  天候の悪い場合は中止又は延期する事があります。
  その場合は前日の正午までに「いばらきの山日記」にその旨掲載します。

2.集合場所&時間 
  計画図の集合場所(*1)      集合時間  8時30分

   (*1)今回の集合場所は路側の広くなった所です。
      集合した後スタート地点へ数台の車に乗り合せて移動します。

3.第78回の探検場所(ルート)  ルートは変更することがあります。
  当日歩く予定のルートは、下記に掲載する計画図の通りです(クリックで拡大) 
  78-631x800

  このルートは道の無いコースで途中に藪、倒木、急斜面などあるどちらかと
  
言うと難路です。山ツツジが期待できるコースですので、気を付けて歩きましょう。

4.参加者へのお願い事項

★「茨城の山探検」の山行は「探検」と付いている如く一般のハイキング道を歩く山行ではありません。しばしば地図に道のない尾根や沢などを歩きますし、薮漕ぎ、急斜面、岩崖・岩場など危険な所も通過することがあります。
★参加される方のレベルとしては、地形図を見て自力で山行が出来る方、乃至そのことを目標に訓練努力されている方を対象と考えております。ただ人に付いて歩くという方はご遠慮願いたいと思います。
★何方でも歓迎しますが、上記の事項についてよく理解し自己判断された上でご参加ください。山行については自己責任でお願いします。
★地形図を持参ください。 

5.2019年6月の「茨城の山探検」について
  2019年6月1日(土)を予定しております。

2019.04.15

春の花の便り(3)(2019.4.**)

今年は昨年に比べて少し花の時期が遅くなっているらしい。昨年が例年より早かったと言うのが正しいようである。今年は寒い日が続いたりして花が咲いた後も長持ちしている。4月10日過ぎてもイワウチワ、カタクリがまだ見られました。

今日のメインはカタクリの秘密の花園を訪ねる事でした。(場所は公開しません)
茨城の山の中にも、まだ人知れず咲いているその他色んな花がまだまだあると思います。頑張って見つけましょう。

今日撮った花の写真を掲載しますのでご覧ください。

★カタクリ(クリックで拡大)
Img_2976-800x600

Img_2980-800x600

Img_2968-800x600

★イワウチワ
Img_2960-800x600

Img_2951-800x600

Img_2950-800x600

★その他の花。ツツジも咲き始めて春本番となってきました。(終り)
Img_2938-800x600

Img_2944-800x600

Img_2936-800x600

Img_2992-800x600

Img_2983-600x800 

Img_2987-800x600

2019.04.14

春の花の便り(2)(2019.4.12)

今日は鹿島さん達に山桜ツアーに連れて行ってもらい、桜の花を十分に楽しんできました。ただ青空が見えなかったのは残念!写真写りもイマイチでした。

鹿島さん達は花追い人である。兎に角情報収集能力と行動力が凄いです。連れ歩いて貰えれば春の花を確実に楽しむことが出来ます。

今日の訪問地は高峯の山桜(展望台まで歩きました)、仏生寺の桜などです。最後は岩瀬城の天空の桜を見ました。以下写真で報告します。

★高峯山の山桜を見るのに山麓奥の駐車場まで進み、そこから歩きました。駐車場からすぐの所に高峯山の山桜を見上げる展望ポイントがあり、そこで見たのは大口径のズームレンズを付けたカメラの放列(数台)でした。山桜の写真を撮っているのかと思ったのですが、ちょっと雰囲気が違うので聞いたら「さしば」を撮影するためとのことでした。「さしば」は渡り鳥でこの時期繁殖子育てのためこの地を訪れるとのことで、昨日撮った写真を見せてくれました。
東京からわざわざ来る人も居られ1日中鳥が来るのを待って辛抱強く待っているという事で、趣味とは言え私にはちょっと出来そうにありません。山歩きの方なら1日歩いていても大丈夫です・・・。三脚とカメラの重量は10kg位ありそうでちょっと持ち上げてみましたがずっしりときました。

大きなカメラの写真は撮っていませんが(人の影で見えない)、高峯山をバックにした写真と「さしば」の写真です。
Img_2884-2-800x511

Img_2885-2-640x460

★高峯山の山桜の写真(下から山を見た写真と展望台から見下ろした写真です。筑波山が良く見えていますが矢張り青空が欲しいです)(クリックで拡大)
Img_2871-2-1024x370

Img_2874-2-800x536

Img_2878-2-1024x512

Img_2880-800x600

Img_2879-2-800x555

★仏生寺に移動しました。ここは大政山に登る時に駐車した場所です。私は桜の花には鈍感なのか、ここの植栽された桜には桜の時期にミニ雇用と言う考えは起こりませんでしたが、そうかこんなにきれいなのかと納得しました。(クリックで拡大)
Img_2934-2-1024x387

高岡浅間山と仏生寺の桜など桜の林の眺め
Img_2920-800x600

Img_2914-800x600

Img_2913-640x480

Img_2889-2-1024x547

エドヒガンの古木(真岡市の名木)
Img_2893-640x480

Img_2895-640x480

Img_2899-640x480

Img_2909-2-800x509

★仏生寺の参道とニリンソウなど
Img_2910-640x480

Img_2912-480x640

Img_2915-640x480

Img_2923-640x480

Img_2926-640x480

Img_2928-2-602x640

Img_2931-640x480

Img_2929-640x480

★その他の花
Img_2907-640x480

Img_2917-640x480

Img_2911-640x480

Img_2888-640x480

桜を満喫した1日でした。(終り)

ワラビ採り(2019.4.14)

そろそろワラビの出るシーズンとなりました。中々出かけるチャンスがなかったが、今日は夕方から天気が崩れるらしいので午前中に偵察のつもりで出掛けてきました。例年通り地温の上昇する所では生えていました。

40分ほどワラビ採りを楽しみました。収穫は1kg以上はありそう。出始めのワラビは灰汁も強くなく美味しい。早速灰汁抜きして食べましょう。
Img_2993-480x640

Img_2994-640x480

Img_2997-480x640

2019.04.10

大政山(2019.3.8)

一月ほど前の山行ですが、山行記録をアップします。
北関東高速道を宇都宮方面に向かうと、茨城/栃木の県境に大政山トンネルがある。しかし地形図を見ても大政山という山名は掲載されていないのだが、多分トンネルが通過している山の連なりが大政山と言うのであろうと思い地形図を見てみると、茨城県側に2等三角点「大泉」283.4mの最高点があった。多分ここが大政山と言うのであろうと調べてみると、真岡市観光協会のホームページに「南高岡浅間山ハイキングコース・阿部浅間山・大政山ハイキングコースはこちらから」とハイキング地図が載せてありました。

大政山には栃木県側からのハイキングコースが整備されていましたので、早速ボルダリングのお仲間をお誘いして歩いてきました。
今回のメンバーです。
Img_2179-640x480

★ホームページに掲載のハイキング地図
Img004-566x800

★今回歩いたコースのGPS軌跡図です。
スタートは仏生寺の駐車場-高岡浅間山-阿部浅間山-大政山-駐車場へ戻り
距離は約14km、行動時間 約6時間30分でした。
Img_1266-2-661x800

以下写真を掲載します。 

★仏生寺説明看板
Img_2124-640x480

★高岡浅間山へ向かう。前方に山並みが見えます。
Img_2125-640x480

★鹿島神社の所から登山道に入ります。
Img_2128-640x480

Img_2131-640x480 

★猪注意の看板
Img_2134-640x480

★高岡浅間山の山頂。祠と三角点あり。「高岡」三等三角点239.1m
Img_2139-640x480

Img_2141-640x480

Img_2144-640x480

★山頂側にも鳥居がありましたが、麓にも鳥居がありました。
Img_2145-640x480

★真岡市の古木・名木の山桜
Img_2146-640x480

★また仏生寺へ戻ります。勝道上人の誕生地です。またケヤキの大木があります。
Img_2147-640x480

Img_2152-640x480

Img_2153-640x480

★芳賀新四国霊場(88か所巡り)が裏山の錫杖ヶ峰一周で回れるように作られていました。
Img_2154-640x480

Img_2156-480x640

Img_2157-640x480

★阿部浅間山へ向かいました。ここで昼食休憩。
Img_2160-640x480

Img_2161-640x480

★ここからはるか遠くに見える大政山へと向かいました。
Img_2162-640x480

★途中のマンサクの丘のマンサク
Img_2172-640x480

★急な登りを登って稜線に出ました。あと少しで大政山山頂です。
Img_2176-640x480

★大政山山頂です。
Img_2177-640x480

Img_2179-640x480

★帰りは展望台を経て南コースを下りました。写真は南コースの登山口とその先の農道です。
後は又山に登り返して仏生寺に戻りました。よく歩きました。歩数は約25000歩でした。(終り)
Img_2182-640x480

Img_2183-640x480

Img_2187-640x480 

2019.04.03

裏筑波の春(2019.4.2)

筑波山のカタクリもそろそろ咲き始めたのでないかと思い、山仲間をお誘いして裏筑波のキャンプ場周辺を歩いてきました。

当日筑波山へ向かう途中、近づくにつれて山頂付近が白くなっているのが望見されました。まさか、雪が降ったの
キャンプ場の駐車場に着くとまさかの雪景色である。4月に雪が降ったのだ!これではお花も縮こまって春どころではない!と思いましたが、折角ここまで来たので軽く周回する事にしました。歩いたルートは下記。裏街道ばかりで誰にも会いませんでした。

Img_1265-664x800

日当たりの良い所の雪は融けて消えており、カタクリも反り返って咲いていました。日溜りで休憩したらとても暖かでした。
咲いていた花は、キブシ、ダンコウバイ、カタクリ、キクザキイチゲ、ニリンソウ(一部咲き始め)、ハルトラノオ、ヤマカタバミなど。

山行と花の写真を掲載しますのでご覧ください。
駐車場所の風景
Img_2711-640x480

歩き始め
Img_2714-640x480

エンレイソウ(雪を被っていた)
Img_2716-640x480

Img_2742-640x480

Img_2743-640x480

カタクリ
Img_2724-640x480

Img_2722-640x480

Img_2732-640x480

歩いている様子
Img_2721-640x480

Img_2726-480x640

雪が桜の花のように見えました。
Img_2727-640x480

キクザキイチゲ
Img_2735-480x640

Img_2736-640x480

Img_2754-640x480

Img_2755-640x480

護摩壇(氷柱が付いていました)
Img_2738-480x640

ニリンソウ
Img_2740-640x480 

Img_2744-640x480

雪景色
Img_2747-640x480

Img_2748-640x480

Img_2750-640x480

やっと春が来たと感じました(終り)

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

いばらきの山日記 INDEX

最近のトラックバック

カテゴリー

  • 山歩き
  • 山登り
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 登山