« 雪が降った!今日は自転車遊び(2019.2.10) | トップページ | 蕗の薹(2019.3.6) »

2019.03.05

水根分岐のルート探索(続編)(2019.2.13)

2018年12月に男体山縦走路の途中にある「至 水根」の標識についてルート探索の結果を書きました。下記参照!

 「水根分岐のルート探索(2018.12.5)」

本編はその続編で結論を書いています。

標識の所から水根方面に降れるルートは幾つもあり、本日もまた別の尾根ルートを歩いてきましたが、このルートも踏跡のある所でした。
標識の指し示しているルートは本当はどれなのか?

私の手元に発行年は書いてないのですが、推定で1965年頃~大子町が発行したハイキング地図を持っています。その中に「袋田・男体山・湯沢峡ハイキングコース案内図」と言う地図が載っております。
Img_2103_2_454x640

それに使われている2.5万分の1地形図は1963年承認を取っていますので旧い地形図です。今の地形図からは消されている破線の道が幾つか記載されております。
水根分岐のある部分をコピーし、一部説明を加筆したハイキング地図を掲載しますのでご覧ください。
Img004_651x800

これには今の地形図からは一部消去された水根への破線の道が書かれております。「至 水根」標識も大子町で設置したものなので、その指示するルートは当然この破線の道に相違ないと思います。結論としてはそうなのですが、実際この破線の道の通りに歩くとなると、一部は現在藪っぽくなっております。今歩くとしたら、説明に加筆した「「現状私が歩く道」の方が明瞭で歩き易い道です。

水根へ至ルートを幾つか歩いてみて山行記録として紹介しており、夫々それなりに面白いので、各人の技量に応じて歩くルートを選択して地形図を読みながら歩かれたら良いと思います。

今回は「2019.2.13に歩いたルート」と書かれた所を歩きました。GPS軌跡も掲載しますのでご覧ください。山行の様子は写真で掲載します。

GPS軌跡図。下の道路から水根分岐までは行かず、手前の尾根ピークまで歩いています。帰りは途中から別の尾根(左へ分岐)を下りましたが、尾根末端が急崖で降るのに苦労しました。
Img_1257_800x506

★持方へ通じる山越え道路は、冬季は通行止めとなっています。積雪の無い集落の中の道を通り、最後に水根-持方道路へ上がりましたが雪が残っていました。
Img_1811_640x480

★尾根末端から取りつきますが、テープのあるちょっと横からトラバースして尾根に出ます。下の方は雑木の気持ちの良い尾根です。
Img_1777_640x480

Img_1778_640x480

Img_1779_480x640

★展望も木々の間からあります。白木山方面です。
Img_1783_640x480

★暫く登ると笹薮が出てきます。小ピーク上に「大子町地籍調査」の杭がありました。
Img_1786_480x640

★藪の中テープが見えます。
Img_1787_640x480

★境界見出の杭
Img_1790_480x640

★痩せた岩尾根
Img_1791_480x640

★眺めのある暖かな場所で昼食休憩。このパン美味しいです。
Img_1793_640x480

Img_1794_640x480

★ちょっと道不明瞭の所がある。ピークへの登りだが、登りは沢沿いのトラバースコース、帰りは尾根通しのコースを歩きましたが、いずれも踏跡は不明瞭です。今日の目的地の岩のある小ピークへ到着しました。
Img_1797_480x640

Img_1798_640x480

★帰り道の尾根コースですが、所々にテープあり。笹薮あり、倒木ありです。
Img_1800_640x480

Img_1802_640x480

★小ピークへの登り。
Img_1803_640x480

Img_1804_480x640

★帰りの別ルート。植林があり穏やかな尾根ですが、尾根末端が急崖で道路に出るのに苦労しました。左の沢の所から道路に出ました。もっと左の尾根通しに降れば良さそうです。(こちらは道がありました)
Img_1806_480x640_2

Img_1807_640x480

★道路側から見た尾根の末端付近。氷の滝の所に出て出てきて降りられず、反対側の沢まで登り返して道路に出ました。(終り)
Img_1809_640x480

Img_1808_480x640

« 雪が降った!今日は自転車遊び(2019.2.10) | トップページ | 蕗の薹(2019.3.6) »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

シモンさんこんにちは。
ずいぶん古いハイキングMAPをお持ちですね!
たぶん1985年前後のものだと思われます。
ちなみに表紙の2番目に美しい女性は
たぶん独身の頃の愚妻と思われます。

益子さん、今晩は。
表紙の素晴らしい写真の中に奥さんが載っているなんて
最高ですね。
この写真は湯沢源流の写真だと思いますが、何気無げに
歩いている所が雰囲気として大変良いと思っています。
あそこの上流は現在通行止めの看板が出ていますが
そんな雰囲気がありません。
今発行されている地図は味気ないです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水根分岐のルート探索(続編)(2019.2.13):

« 雪が降った!今日は自転車遊び(2019.2.10) | トップページ | 蕗の薹(2019.3.6) »

フォト
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

いばらきの山日記 INDEX

最近のトラックバック

カテゴリー

  • 山歩き
  • 山登り
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 登山