« 国見山から下赤沢側への登下降路の下見(2019.2.1) | トップページ | 第75回「茨城の山探検」オープン山行の実施日を変更します(小町山と朝日峠展望公園) »

2019.02.15

水根分岐の西側の尾根と沢の探検(その1)(2019.2.2&2.8)

男体山~袋田縦走路の途中に「至 水根」の分岐標識があり、男体山から縦走してくるとこの手前辺りは秋には素晴らしい紅葉が見られる。また、分岐標識の事についても昨年歩いてみて報告しています。下記の山行記録をご覧ください。

 「男体山~袋田縦走路の紅葉(2018.11.29)」
 「水根分岐のルート探索(2018.12.5)」

紅葉を見て歩いている時、縦走路西側斜面の紅葉がとても素晴らしかったので、この西側の紅葉の山域を探索してみたくなった。上から下を眺めると、崖や急斜面の所が多く、上から降ってみるのは下がどうなっているのか分からず躊躇してしまう。
下からなら登れるか?と地形図を見ていたが、やはり実際に行ってみなければ判らないと今回探検してみました。

尾根ルートを地形図から検討すると、標高差280m、水平距離800m位なので平均斜度は20度くらいある。一部にある等高線の密な所は45度くらいの急斜面だ。また岩記号も尾根の一部に見える。航空写真を見ると途中に杉植林があり、そこまでは比較的容易に行けそうである。そこから先は行ってみないと分からないようだ。

沢コースは上流で狭く等高線の間隔が狭まっている。そんな所は地形図に現れない岩場、大岩や滝などが出てくる可能性があるので尾根コースより一般的に難しい。そんなことでまずは尾根コースから行くことにして、いつものお仲間と出掛けてきました。

今回歩いたGPS軌跡を掲載しますのでご覧ください.。緑は尾根コース、赤は沢コースです。尾根コースは縦走路まで(以前に上から偵察した所まで)何とか登れました。
沢コースは私が単独で行きましたが、滝の所で途中撤退しています。沢コースはもう一度チャレンジするつもりです。

Img_1211_670x800

以下写真でご覧ください。

尾根の取付きはちょっとした崖っぽい所で、そこを登るとカシの木が多い踏跡の無い尾根です。
Img_1644_640x480

植林がある個所までは小枝を掻き分けながら容易に歩けた。その先で等高線が密な急傾斜がある。
Img_1645_640x480

何とか急斜面をクリアして休憩です。
Img_1647_640x480

青空が美しい
Img_1648_640x480

この辺りの尾根は山ツツジの尾根(GPS軌跡図にカメラマーク)
Img_1225_640x480

痩せ尾根とまでは言わないが尾根の両側が切れ落ちて高度感がある。注意しながら登る。
Img_1649_640x480

Img_1650_640x480

右に張り出している岩の尾根が見える。
Img_1651_640x480

枯れかけた一本松。その先は岩場で用心しながら乗越える。
Img_1653_640x480

Img_1654_640x480

この岩場の上は展望台。長福山と男体山の眺めが良い。この角度からはこれまで写真を撮ったことがない。(カメラマーク)
Img_1220_640x480

ここから先は傾斜もゆるくなり縦走路に登りつきました。日溜りで昼食して降ります。
降りは慎重に下りました。途中から沢へ降りましたが、この方が歩き易い感じがしました。
Img_1655_640x480

下から縦走路に1本だけ登下降路が繋がりましたが、これだけでは利用価値が少ないので、もう少し別の登下降路も探検しようと思います。
(その2)は沢ルートの山行記録です。(続く)

« 国見山から下赤沢側への登下降路の下見(2019.2.1) | トップページ | 第75回「茨城の山探検」オープン山行の実施日を変更します(小町山と朝日峠展望公園) »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水根分岐の西側の尾根と沢の探検(その1)(2019.2.2&2.8):

« 国見山から下赤沢側への登下降路の下見(2019.2.1) | トップページ | 第75回「茨城の山探検」オープン山行の実施日を変更します(小町山と朝日峠展望公園) »

フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

いばらきの山日記 INDEX

最近のトラックバック

カテゴリー

  • 山歩き
  • 山登り
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 登山