« 男体山南沢の1回目探検(2018.6.14) | トップページ | 紫金唐松(2018.7.12) »

2018.07.18

男体山南沢の2回目探検(2018.6.26)

第1回目の探検で南沢の様子が大体分かったので、2回目の探検は上から下へと降ることにしました。安全確保のため懸垂下降をしながら確実に下ることにし、全員それなりの装備を準備しました。(ヘルメット、ハーネス、ロック付きカラビナ、ATC、手袋etc)
参加者は前回と同じ6名。

既に掲載済ですがGPS軌跡は下記です。狭い谷間ですので、位置情報が結構乱れています。
Img0012_566x800

上記と合わせて下記の概念図もご覧ください。
Img001_422x800

✩時間記録  駐車場8:00発-南沢上部(覗き)9:30-尾根部分偵察~10:00-下降開始10:30-中間点11:20-沢到着12:00-沢下降~12:30昼食~12:50-前回の到達ポイント13:00-沢下降-13:40懸垂下降地点~14:20全員下降・胎内くぐり岩の上-胎内くぐり下14:35-15:30駐車場      行動時間約7時間30分

以下写真でご覧ください。
✩大円地越
Img_6135_640x480

✩南沢上部(覗き)に到着
Img_6136_640x480

✩尾根を偵察。背丈を越す笹薮でした。ここの笹は枯れておりませんでした。尾根の先端は約50mの岩崖でした。(1回目探検で下から見上げました)
Img_6137_640x480

Img_6138_640x480

✩懸垂下降地点へと向かう。
Img_6142p_800x399

Img_6145_2_640x640

Img_6146_2_640x640

✩小森さんが下降を開始する
Img_6147_2_640x640

Img_6148_640x480

✩赤丸印に赤ヘルメット。上が下降開始地点、下が小森さん
Img_6149_640x480

更に下る(中間点)。ロープ長さのため一旦ここまで全員が懸垂下降で降る。
Img_6154_2_640x640

Img_6155_640x480

拡大図
Img_6155_2_640x640

✩全員中間地点まで下降しましたが、ロープが途中で引っかかり回収できず、小森さんが見にあがった所。待機中ですがすぐにロープは回収できました。
Img_6156_640x480

✩中間地点の風景。フィックスロープを張る。
Img_6157_640x480

✩中間地点から沢底まで降る
Img_6159_640x480

Img_6161_2

✩岩が脆く落石しやすいので、安全のためそこから下もロープを使って懸垂下降する
Img_6163_640x480

Img_6165_640x480

✩12時を過ぎたので、開けた所で昼食休憩
Img_6166_640x480

✩昼食後少し下った所で小さな滝があった。なんだか見覚えのある場所ということで確認したら前回撤退した到着地点であった。ここから下は様子が分かっているので安心する。ゆっくりと懸垂下降で降りました。
Img_6167_640x480

Img_6169_640x480

Img_6170_640x480

Img_6171_640x480

Img_6172_480x640

✩暫く下って行くと、藤蔓の見覚えのある前回昼食地点に出ました。
Img_6173_640x480

Img_6174_640x480

✩前回登った滝の部分は避けて右の谷間をそのまま下ります。(前回の降りと同じ)
Img_6177_640x480

✩やがてこの沢は絶壁の上に出て滝となっています。絶壁の上を左サイドへトラバースして前回ロープでダウンした場所へ向かい、今日はここから懸垂下降で下まで(胎内くぐりの上)降りました。(前回はロープの長さが足りず、少し上の岩棚の所まででした)
Img_6178_640x480

Img_6184_640x480

懸垂下降して降り立った胎内岩の上の場所(下流側を見る)
Img_6186_640x480

上流側の景色
Img_6191_640x480

下から見た懸垂下降の様子
Img_6189_640x480

✩懸垂下降を開始した絶壁の上の場所から、更にトラバースして行くと足元は岩場となって細く狭くなりますが、1回目に滝を登ったルートが近くに見えるようになります。
そこから写真を撮りました。どうつながっているのかよく分かりました。
赤丸地点が中間地点、そこから上が危険な滝の部分。
Img_6180pa_545x640

✩胎内くぐりの下に出てやっと安心。胎内くぐりで生まれ変わった姿の記念写真を撮りました。(終り)
Img_6193_640x480

« 男体山南沢の1回目探検(2018.6.14) | トップページ | 紫金唐松(2018.7.12) »

「山歩き」カテゴリの記事

コメント

今晩は。
17日のメッセージ有り難う御座いました。
今回の探検は、普通の人には一寸無理ですね。
ハーネス、カラビナ等が有りません(メットは有りますが)。
ボルダリングクラブの皆さんは凄いです。
来週天候が良ければ北アルプスの双六岳、鷲羽岳、水晶岳にチャレンジ予定。
おやすみなさい。

和子&徹也さん、今晩は。
今回は懸垂下降の良い練習になりました。
ボルダリングやっていると色々と楽しいです。

北アルプス良いですね~。ぜひ楽しんできてください。
私共は最近は残念ながら遠出の元気なしです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81710/66954487

この記事へのトラックバック一覧です: 男体山南沢の2回目探検(2018.6.26):

« 男体山南沢の1回目探検(2018.6.14) | トップページ | 紫金唐松(2018.7.12) »

フォト
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

いばらきの山日記 INDEX

最近のトラックバック

カテゴリー

  • 山歩き
  • 山登り
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 登山