« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月

2018.02.20

2018年春の訪れ(我が家の庭)(2018.2.20)

節分草が少し賑わってきました。花の色が黄色と白色があり、いずれも種から播いたものですが、黄色の花は今年初めて咲きました。白色は数年前から花を咲かせています。
白色の節分草は、まだこれから沢山の花芽が土の中から出てくるでしょう。
以下写真です。

全体お風景。奥が白花。
Img_2949_2_640x343

花の拡大
Img_2950_2_640x596

Img_2952_2_640x490

白花の様子
Img_2954_2_640x356

室内の花を追加しました。(2018.3.5)

ランが咲き始めて芳香を放っています。
Img_2980_640x480

Img_2981_640x480

ルピナスを買ってきたのですが、地植えの予定です。しかしまだ寒いので室内に置いていたら花がぐんぐん伸びてほとんど咲いてしましました。(2/27地植えしました)
Img_2982_480x640

マイクロ胡蝶蘭を頂きました。(3/4)  有難うございました!
Img_3094_2_542x640

花のある生活は楽しいく心慰められます。
3/4にマンサクの花をたくさん見ました。暖かくなってもう直いろんな花が山で咲き始めるでしょう。待ち遠しい毎日です。(終り)

2018.02.19

筑波山の氷柱(2018.2.4&2.18)

もう10年以上昔の2005年のことですが、筑波山を2月の寒い時期に歩いていて、偶然に氷柱を見つけました。下記の写真です。
P2092349_640x480

P2092350_640x480

その時のことを「いばらきの山日記」に記録していましたのでご覧ください。

   「筑波山(2月9日)」(2005年の記録です)

最近筑波山に氷柱が出来る場所があるという話を山仲間から聞いて昔のことを思い出しました。私が偶然に見た氷柱のあった場所のことなのかよく分からないのですが、大分昔のことなので場所は正確な場所は記憶していない。西側の自然研究路で冬場は水が滲み出て凍りつく場所があるが、あれの下の方だという話も聞いた。

今年は厳しい寒さが続いており、また雪が降ったりしたので氷柱が出来ているかもしれないと思い、雪山歩きのついでに少し探索してみようと2月4日に出掛けました。

2月4日
みかん園コースから登って、標高700m位から西側研究路下の南側の谷間に入り込んでみました。1月22日に降った雪がまだたくさん残っていて膝下までズボズボと潜る。雪山歩きが随分と楽しめて面白い。
この場所は以前私が氷柱を見つけた場所から少し離れた場所で、少し歩き回ったのだがそれらしき所は見られないので、岩の日溜まりで昼食休憩をした後、坊主山の方へ移動しそこから帰りました。

みかん園コースの入り口ですが、見ている間に何人もの人が入って行きました。
Img_2662_640x480

1時間ほど登った場所。残雪が結構あります。踏み固められて凍結するようなことはなくアイゼンも不要。
Img_2667_640x480

更に1時間ほど登った標高700m辺りに到着。この辺りから南側の谷間に下る。
Img_2668_640x480

少し入ると古いテープなども見られるので人が入っているようだ。
Img_2670_640x480

少し歩き回って上に登っていくがそれらしき場所は見当たらない。
Img_2672_640x480

Img_2673_640x480

岩の所で昼食休憩
Img_2675_640x480

今日は一日雪山ハイキングを楽しめました。
Img_2676_640x480

2月18日
山仲間の方のお知り合いで筑波山のことなら何でもご存知の方にお願いして、氷柱の場所に案内してもらえることになり、7名の山仲間が集まり総勢8名で賑やかに筑波山を歩いてきました。出発点は薬王院の駐車場で、山頂付近は踏み固められた雪道のためアイゼン持参でした。
氷柱の場所に案内して頂きましたが、今年は殆ど氷柱が出来ていなくて残念でした。そこの場所は、私が昔偶然に見つけた場所でしたのでしっかりと場所をお覚えました。

御幸ケ原に出る自然研究路は凍結した雪道でした。
Img_2930_640x480

御幸ケ原はいつもと変わらない賑わいです。(やや少ない?)
Img_2931_640x480

ここから男体山を超えて氷柱の場所へと移動。場所の写真です。貧弱な氷柱が少しだけ、残念至極でした。
Img_2936_640x480

Img_2937_640x480

Img_2933_640x480

またの機会に訪れましょう。

薬王院に真壁のひなまつりのお雛様が飾ってあり、帰りに訪問してきました。
Img_2939_640x480

Img_2940_640x480

Img_2943_640x480

Img_2946_640x480

薬王院は久々に訪れましたが椎の巨樹もあり歴史を感じる立派な寺院でした。(終り)
Img_2944_640x480

2018.02.15

国体コースと湯沢源流(2018.2.14)

2/13ボルダリングの仲間で湯沢源流へ行くことになっていましたが、私は友達とのゴルフの約束がありパスしたので、翌日単独で出掛けてきました。

歩いたコース
佐中の一軒家の所に駐車し、不動滝を見てから国体コースを登る。途中から湯沢源流に下って抱返しの滝から不動滝と周回してきました。国体コースは雪が溶けて全くないですが、湯沢源流は凍結した所や残雪のある所もあり、結構難路で慎重に行動しました。行動時間は約4時間30分ほどでした。

湯沢源流は昔から登ったり降ったり数10回歩いている所ですが、今は大子町・警察署の注意張り紙がありました。事故でもあったのでしょうか?
「危険!滑落注意!この先に下山ルートなし」とか「「危険!滑落注意!この先に登山ルートなし」とか…ルートがないので歩かないようにという意味でしょうか?このルートは廃道にしたいのかな?
もう少しましな注意張り紙の書き方があると思うのですが…昔からルートがあるのですから「難コースのため上級者の引率なければ入渓禁止」とか「難路のため上級者以外は通行禁止」とか、如何でしょうか。

以下写真と説明をご覧ください。

西金から湯沢に来ると足湯がある。出来てから来ていないので初めて見ましたが、営業していませんでした。
Img_2753_640x480

湯沢源流コースの入口、佐中の一軒家の所。南へ抜けるパノラマラインは通行止です。
Img_2754_640x480

不動滝への登山道に落石があり木が倒れています。
Img_2755_640x480

不動滝へ着くすぐ手前に注意張り紙。昨年5月頃に事故があったようです。私は昨年はここへ来ていませんでしたので知りませんでした。
Img_2756_640x480

読めるように張り紙だけ拡大しました。ご覧ください。登山では当たり前のことが書かれています。
Img_2822_2_612x800

不動滝です。昔はよく見に来ました。凍結していて綺麗です。
Img_2764p_483x640

Img_2768_2_640x452

滝の上に登った所の沢です。
Img_2771_480x640

すぐ上に国体コースへの案内看板があります。
Img_2772_640x480

国体コースの登りは急な痩せ尾根でゆっくりと慎重に登る。
Img_2773_640x480

Img_2775_640x480

目の前に篭岩山の山頂が見えました。
Img_2776p_640x332

猩々岩の上を通過して次の展望岩に来て展望昼食休憩です。
Img_2779p_640x263

この岩にも名前が付いているのですが看板が旧くて読めません。
Img_2783_640x480

風もなくポカポカ陽気で気持ち良い。
Img_2784_640x480

Img_2785_640x480

この岩から降って最低鞍部から湯沢源流へ下りました。釜沢越までは行きません。
Img_2786_640x480

下った所は凍結した小滝
Img_2788_640x480

しばらく進むと「この先下山るーとなし」の張り紙があり吃驚。
Img_2790_640x480

よく知っているルートなので構わず進む。凍った滝は慎重に通過。
Img_2791_640x480

Img_2792_640x480

Img_2793_640x480

また張り紙が出てきました。
Img_2794_640x480

抱返し滝が近くなってきました。ここから少し高巻きします。
Img_2797_640x480

ひしゃげた鉄梯を下り滝の下へ。
Img_2799_480x640

今は滝の水量がありません。
Img_2802_640x480

小さな春を見つけました。
Img_2803_640x480

ここから先の降りは大きな石がゴロゴロした地帯なので進路を間違えないように慎重に下る。
Img_2805_480x640

今度は登り方向に「この先登山るーとなし」の張り紙が現れる。
Img_2806_640x480

Img_2807_640x480

相変わらず大きな石ごろごろの降り。ルートを間違えると降りられなくなる。
Img_2808_640x480

鉄梯のあるところに近づいた。ロープが見えたが上から梯子は見えない。
Img_2809_640x480

ここの梯子は大雨が降るとよく流されることがあった。私も何回かかけ直したことがありましたが、今はロープで結んで流されないようになっていました。
Img_2810_640x480

下ってきた谷を振り返る。
Img_2811_480x640

篭岩展望台への分岐の標識の所に来ました。そちらへは矢印が付いていますが、湯沢源流側へは「この先登山ルートなし」の張り紙です。
Img_2813_640x480

もうそろそろ不動滝の上に近くなってきました。
Img_2814_640x480

Img_2816_640x480

不動滝の所に無事に戻ってきました。結構険しいコースでしたが楽しめました。(終り)
Img_2817_480x640

2018.02.13

本格茶室でお茶を頂く(2018.2.12)

月曜日の午前中はいつもボルダリングに通っています。2/12(月)に行ったら、今日は「お茶飲みに行きませんか」とお誘いがあった。アオイウォールの主の小森さんの奥さんはお茶の先生ですが、何でも「那珂のひなまつり」にあわせて本格茶室でお茶を飲ませて頂けるとのこと、と言う事なら二つ返事でお供をすることにしました。

後で調べてみた所、「第10回那珂のひなまつり」が2/3~3/4の間に行われますが、この行事にあわせて「那珂市にある数寄屋の本格茶室 静心庵(ホームページあり) を2/4~3/11までの間、土日(10時~16時)に公開します。お抹茶とお菓子で300円、どうぞひだまりでゆっくりして行って下さいませ」というイベントがあり、今日は小森さんの奥さんがお茶室で抹茶を入れて下さるということでした。
ボルダリングを11時に切り上げ、皆さんと出掛け、お茶の作法も知らない私は良い経験をさせてもらいました。

その後はあまり知られていないが「麦屋」という本格蕎麦屋さんで昼食して解散となりました。楽しかった!以下写真でご覧ください。

「那珂のひなまつり」の幟の立った茶室のあるお宅に到着
Img_0313_640x480

静心庵です
Img_0317_640x480

茶室へ入る
Img_0321_640x480

茶室の中でかしこまって座っています。
Img_0323_640x480

小森さんの奥さんがお菓子を配ってく下さいました。
Img_0327_640x480

お茶を点てる。
Img_0332_640x480

たっぷりと抹茶を頂きました。
Img_0336_640x480

別室の雛飾り。
Img_0338_640x480

帰りのお蕎麦屋さん(麦屋)
Img_0340_640x480

私の食べたてんぷら蕎麦
Img_0341_640x480

林の中にある麦屋さん(お店の案内)(終り)
Img001_640x421

2018.02.11

偕楽園の梅はまだでした(2018.2.10)

自分の車を車検に出しているので今日は久し振りに自転車遊びです。
梅が咲き始めたかなと偕楽園公園に出掛けましたが、残念ながら殆ど咲いていませんでした。例年より遅いのかな~!
勢いを削がれて水戸市植物園まで行くのは諦めて途中でランチして帰宅しました。

ひたちなか市と水戸市の境界が那珂川となっている橋の上からひたちなか市方面を眺めました。
Img_2741_2_640x359

桜川沿いのサイクリングロードを進む。あまり風もなく気持ちが良い。
千波湖を過ぎてやがて偕楽園公園に入り好文亭を振り返る。
Img_2742_2_640x359

公園でシャボン玉自動生成装置を持ってきて遊んでいる方がいた。面白い。
Img_2745_2_640x360

Img_2746_2_640x360

肝心の梅の花は何本かの木が咲き始めであった。
Img_2743_2_640x359

ここで水戸市植物園まで逝くか思案。空も曇りがちだし意気を削がれたので偕楽園の梅の花はどうか見てから帰ることにした。
一本だけ、今日一番の紅梅です。
Img_2747_2_480x640

偕楽園の中はまだまだこれからでした。
Img_2749_640x480

Img_2751_640x480

梅の香りも嗅いだし、今日はこれで帰ることにした。帰り道でちょっと遅い昼食。(終り)
Img_2752_640x480

2018.02.09

今年初めて奥久慈男体山(2018.2.9)

昨日自分の車は車検に出してしまって無いのだが、今日は奥さんが車を貸してくれるというので、今年はまだ訪れていない奥久慈男体山に行くことにした。
持方からゆるゆると登り、山頂で景色を見ながら山ご飯を食べ、帰りは持方牧場の氷柱を見るのが今日の目的の一つである。
踏み跡から推定するに雪が降った以降持方から男体山に登った人は、10人未満と推定される。持方に車で入るのが不安なのだろうか?入合から持方に入る道は車幅は除雪されているので問題はないが、武生林道と水根に抜ける道は通行止となっていました。

今日は自宅をゆっくりと10時少し前に出たので、持方駐車場出発は11時25分とお昼前になってしまいました。山頂で昼食を食べましょう。
写真は持方駐車場ですが、まだ雪で真っ白、除雪もされていません。
Img_2702_640x480

男体山山頂が見えてきました。
Img_2705_640x480

山頂まではスノーハイキング
Img_2708_640x480

看板が新しくなっている山頂で記念写真
Img_2709_640x480

祠のある奥宮の境内をお借りして昼食休憩。Kさんに出会う。
Img_2712_640x480

展望よし。長福山を見下ろしたが、南斜面はほとんど雪が溶けているようだ。
Img_2711_640x480

持方牧場へと向かう。途中ヤドリギがきれい。
Img_2713_640x480

持方牧場は野うさぎの遊び場?足跡がいっぱいです。空をヘリコプターが舞っていました。何だろう?
Img_2717_640x480

白木山と自分の影
Img_2726_480x640

目的の氷柱見物(終り)
Img_2733_640x480

Img_2734p_800x449

Img_2737_640x480

2018.02.08

2018春の訪れ(1)(我が家の庭)(2018.2.8)

寒い日が続くので家に閉じこもり気味だが、久し振りに庭を歩いたら変化があり春の訪れを感じました。

1.福寿草咲き始める  そろそろ野山の福寿草も見に行かなければ…
Img_2696_640x480

2.節分草 庭に節分草の種から蒔いて生育している。普通の白の節分草は数年前から毎年花を咲かせるのですが、今年はまだ芽が出てきておりません。

もう1種類黄色の節分草(園芸種)の種を蒔いて4年目となりますが、思いがけず花芽ガ数本出ていました。種を蒔いてから初めて花が咲きます。暫くするとたくさん出てきそう…嬉しいな。
Img_2698_640x480

3.蝋梅 一月の中旬から咲き始めており、もうそろそろ散り始める頃でしょうか。良い香がします。
Img_2699_640x480

4.ミツマタ たくさん花芽をつけています。3月にならないと咲かないですね。
Img_2700_640x480

5.マンリョウ これは春の訪れとは関係ないですが、きれいな赤い実をつけています。
庭に彩を加えてくれています。(終り)
Img_2701_640x480

2018.02.02

氷結した滝(袋田の滝&鍋足山の滝)(2018..1.28)

1月21日より27日まで真夏の国カンボジャへアンコールワットなどの世界遺産である仏教遺跡群を見に出掛けていました。出国した翌日の1月22日から日本では寒波が襲来し、雪が降り積もったとのことであった。帰国しても相変わらず寒波が居座っていて、袋田の滝が9割程度氷結したという情報を得た。

帰国の翌日であったが、軽い山歩き程度の滝巡りと言う事で鹿嶋さん達をお誘いして出掛けました。袋田の滝を見たあと、鍋足山の滝群(中ん滝、北の入滝、ハッチメ滝、団子石滝と銚子口滝)を巡りました。以下写真をご覧ください。

袋田の滝は観瀑台から見学。丁度アイスクライミングの人達が来ていました。アイスクライミングを見るのは2012年以来です。下記参照。

 【氷結した袋田の滝と周辺散策(2012.2.2)】

Img_2601_640x480

Img_2607_640x480

Img_2614_2_640x481

Img_2620_2_640x480

Img_2621_640x480

相変わらず豊年満作のアップルパイがよく売れていて行列ができていました。
Img_2626_640x480

鍋足山の滝を見るため笹原登山口へと移動。
鍋足山の滝を見に来る人もおり、2組の人達に出会いました。中ん滝を見に行くと、出会った人から北の入滝が見事だったと言われ次に見に行きました。
北の入滝は傾斜が急で落差があるので、これまで氷瀑が繋がっているのは見たことがなかったが、今回は上から下まで繋がっていました。

中ん滝
Img_2627_640x480

Img_2631p_555x640

北の入滝
Img_2642p_592x640

Img_2645_480x640

ハッチメ滝
Img_2646_2_543x640

団子石滝と銚子口滝
Img_2648_640x480

Img_2656_640x480

水の飛沫が下側で凍って丸く石のように凍っているのが面白い(終り)
Img_2659_640x480

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

フォト
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

いばらきの山日記 INDEX

最近のトラックバック

カテゴリー

  • 山歩き
  • 山登り
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 登山