« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月

2017.12.31

高田連峰(2017.12.23)

高田連峰とは多分聞いたことのない名称であろうが、随筆「醍醐百名山」(鈴木三郎著、筑波書林)に出ている名称である。私もこの随筆を見るまでは知りませんでした。
高田というのは県北の大子町大字高田という所であるが、福島県との県境に近く、八溝山から連なっている尾根の末端近く、下野宮の北側に位置しています。

高田について書かれている文書をもう一つ偶々見つけ、これを見て一度歩いてみようかと興味をもちました。その文書は茨城県北部情報紙、月刊「すいぐん1000」第209号で、八溝山系沢シリーズ茨城県編⑩「高田沢」という記事です。
鈴木三郎さんの言っている高田連峰というのは、この高田沢の西側に連なっている山並みのことである。

高田の集落は標高が約300m位ある茨城では高地にあって、昔は田野草村と言い江戸時代から開かれている豊かな村だったらしく、村鎮守の熊野権現や石仏、道標などが今も残っているとのことである。今は車道が通っているが、昔は山道で、峠道などの山の中を通る旧道が通っていたそうで、そんなことからこの近辺を歩くことを計画した。

計画としてはまずは高田連峰を歩くことを優先し、帰りは車道を戻ることにした。うまく行けば旧道を歩くことができるかもしれないが、多分いまではもう歩かれていないのでヤブと化しているのでないかと危惧したが正にその通りであった。昔の道は推定するに山のピークを歩くのではなく、ほとんどが巻道であろう。我々の高田連峰歩きは山のピークをつないで歩くので、たまに交差しても道が一致することはほとんどなかった。

もし旧跡などを探索しながら歩くなら、車道を歩くのが正解である。車道の所々に看板が立てられているのでそこを寄り道しながら歩くことができます。
今回計画した地図を掲載しますのでご覧ください。青点線が実際に歩いたルートです。(クリックで拡大)
Img20171231_14282872_724x1024

いつも一緒に歩いて下さる山のお仲間総勢5名で歩きました。
以下写真と説明を地図と共におご覧ください。

高田の旧跡などを記した看板です。高田に入る車道の入口に建てられています。我々は車で入る時に見逃しましたが、帰り道で見つけました。これを見てから行けば旧跡などは容易にわかります。(字が小さいので現地で詳しくご覧ください)
Img_1509_2_1024x795

車道脇に昔の道標がありました。(旧道が通っていたところ)
ここから歩き始めましたが、どこが旧道なのかよく分かりませんでした。
Img_1473_480x640

Img_1471_640x480

高田連峰縦走途中から東側の剣山、宮川八溝、檜山などが見えました。
Img_1474_2_640x480

ピークの鞍部でお墓があったり…
Img_1475_640x480

竹藪があったり…やはり里山です。
Img_1476_640x480

地切峠(高田峠)に着くと成田山不動尊の石碑と看板がありました。馬頭尊の石碑はありましたが、地蔵菩薩の石碑は見当たりませんでした。
Img_1478_2_640x480

Img_1477_2_640x479

Img_1479_2_640x478

峠道の風景です。
Img_1480_640x480

車道に出るところに案内標識がありました。
Img_1481_640x480

高田集落の風景です。ここで昼食休憩としました。
ここから更に高田連峰歩きを続け、3等三角点「高田」419.5mまで行き、ここから引き返しました。三角点があるといかにも山の頂上に来たという感じがします。
Img_1482_640x480

Img_1485_640x480

帰りは車道歩きです。舗装された車道はまだ先まで続いているようでしたが、説明看板が立っていました。先はまだ出来ていないようです。(北吉沢下野宮線ですが、高田の先は赤く塗られています。)
Img_1487_640x480

途中で熊野神社の看板を見つけて寄り道。ここはもう県境です。
Img_1491_640x480

Img_1493_640x480

看板には番号が振られています。その番号は高田への車道の入口に建てられている説明看板に書かれている番号でした。
熊野神社の境内に番号が10の「青面金剛像」の説明看板と金剛像がありました。
Img_1495_640x480

Img_1494_480x640

車道を進むと馬頭観音と馬頭観世音の案内看板がありました。この案内看板に従って歩くと旧道に出ます。旧道を右に行くと馬頭観音です。地元では説明看板にある通り地蔵様と呼んでいるそうです。ルート地図に載せたお地蔵様です。
Img_1501_640x480

Img_1502_640x480

Img_1504_480x640

案内看板を左に進むと石に馬頭観世音と字で彫られた石碑がある。
Img_1506_480x640

Img_1505_640x480

この石碑が置かれているのは旧道なのだが、少し進むと前途はヤブとなって通行不能。旧道から外れて下の車道へと下りました。踏み跡は幾つもありそうです。
Img_1507_640x480

七曲峠の看板がありました。またの機会に高田の滝と七曲峠を散策しようと思っています。
Img_1508_640x480

車の駐車場所まで戻り、ここからは車で国道118号まで出ましたが、途中に「馬坂の溜」とか幾つかの看板がありました。再訪の時にはこの辺りも散策しましょう(終り)

2017.12.30

第65回「茨城の山探検」オープン山行(男体山周辺)の記録(2017.12.27)

12月27日はこの年末の最も寒い日となりました。天気予報にない小雪のちらつく天気で曇空、一時太陽が出ましたが周囲温度は0℃近辺で、温度が上がることはありませんでした。

こんな寒い中参加の元気な13名でした。
Img_1524_640x480

フジイ越で昼食休憩しましたが、寒さで行動も鈍く、予定コースでは駐車場所に戻るのに15時を過ぎるのは必至であると考え、ここから短縮コースとしました。駐車場所に14時過ぎに無事到着しました。コース図参照。
Img20171229_21000092_566x800

山頂の山名標識、途中の案内標識が新しいものに変えられていて分かり易くなりました。
Img_1521_640x480

男体山山頂からの風景。(粉雪が舞っていました)
Img_1525_640x480

途中一時青空も見えました。
Img_1526_640x480

道の途中には所々氷柱も見える寒さを感じる一日でした(終り)
Img_1529_640x480

2017.12.28

2017年の茨城の紅葉(7E)(2017.12.6 明山)

 2017年12月6日 竜神ダムから明山往復。山の会の定例ハイキング 9名

12月になると流石に茨城の紅葉も終わる。谷間や下生えの所に微かに残っている程度であるが、それでも最後の紅葉を楽しみました。

竜神ダムから亀ヶ淵までの遊歩道の途中にある東屋で休憩。青空に明山がくっきりとよく見えました。
Img_1314_640x480

Img_1315_640x480

亀ヶ淵に到着し、ここでも休憩。渡渉するのに水量は多くない。
Img_1316_640x480

三葉峠付近の谷間にはまだ紅葉が残っていました。
Img_1317_640x480

Img_1319_640x480

Img_1323_640x480

明山山頂からは大展望。奥久慈の山々でした。
Img_1320p_800x407

帰り道での渡渉風景
Img_1324_640x480

大吊橋ではバンジージャンプをやっていました。女性でした。(終り)
Img_1326_480x640

Img_1329_2_640x480

2017.12.27

2017年の茨城の紅葉(6)(2017.11.28&12.4 シモン山)

 11月28日 シモン山(単独で縦走)
 12月4日 シモン山 ボルダリングのお仲間5名

中武生にある三角点「西久保」554.9mのある山は、どっしりと重量感のある大きな立派な山なのだが名前のない山なので、私が勝手にシモン山と呼んで昔ルート開拓などした。今は縦走コースなどよく歩かれています。
このシモン山は茨城の中でも楓の木が多い山の一つでほぼ山全域で紅葉を楽しむことが出来る。他の所よりちょっと遅くまで紅葉を楽しめて、例年12月5日位まで大丈夫であろう。

11月28日は縦走しようと武生神社の近くに自転車をデポして、出発点の位置まで車で行った。この日はD尾根を登ってから紅葉観賞エリアに入り、その後縦走しましたが十分に紅葉を堪能出来ました。

11月28日
自転車をデポする。遠くにシモン山の山頂部が見えます。
Img_1273

山頂部の風景。並んだ尾根がよく見えます。
Img_1274

出発点近くの紅葉
Img_1232

Img_1233

D尾根登り途中の紅葉
Img_1238

縦走路
Img_1252

その近くの斜面
Img_1251

紅葉観賞エリア
Img_1256

Img_1257

縦走路途中の岩山からの展望
Img_1266p

縦走路末端付近もきれいでした。
Img_1269

12月4日 シモン山 ボルダのお仲間5名 C尾根から登り紅葉観賞エリアを楽しむ
Img_1311_640x480

Img_1312_640x480

やはりもう終わりという感じでした(終り)

2017.12.26

2017年の茨城の紅葉(5)(2017.11.27 月居山)

月居山の紅葉が綺麗…という情報が流れてきていましたが、もうちょっと遅いかも知れない、でも行ってこよう出掛けました。本当は男体山から縦走するのが良いのですが、その時間も取れず、新月居トンネルの所からの月居山だけの周回でした。まだ葉は落ちてなくて真っ赤でした。

ここの紅葉は、月居山の山頂付近だけの狭い範囲の所なのですが、楓の木がかたまってある所なのでその場に立つと「ああ、きれいだな!」と声が出てくるような場所です。
山全体が紅葉するというのとはちょっと趣が違います。

以下写真をご覧ください。
月居山山頂への登り口
Img_1201_640x480

月居山の山頂に来ました。(クリックで拡大)
Img_1206p_1280x422

山頂の紅葉(クリックで拡大)
Img_1210p_1280x450

Img_1209_640x480

帰りルートで白木山・男体山方面と鍋足山方面を眺望。紅葉は終盤です。(終り)
Img_1220_640x480

Img_1221_640x480

2017.12.25

2017年の茨城の紅葉(4)(2017.11.26 上山ハイキングコース)

丁度見頃で美しいという評判が流れてきて、鹿嶋さん達と上山ハイキングコースを歩きました。評判に違わず一日紅葉を楽しみました。

休場展望台の駐車場の脇に折りよく皇帝ダリアが咲いていました。今年は咲く前に霜など寒さでやられてしまって見ることができなかったので嬉しい。私の好きな花です。
Img_1148_640x480

明山への登山口からハイキングコースに入るとすぐに紅葉の連続。写真はたくさん撮りましたが、アップは抑え目にしましょう。
Img_1150_640x480

展望台から奥久慈の山々(真ん中のピークは中武生の山)
Img_1152p_800x336

所々の紅葉をご覧ください。よく知っている方ならどの辺りの紅葉かわかるでしょう。
Img_1160_640x480

Img_1178_640x480

Img_1179_640x480

Img_1183_640x480

Img_1186_640x480

Img_1194p_640x367

山のお恵みもありました。(終り)
Img_1168_640x480

Img_1198_640x480

2017.12.22

2017年の茨城の紅葉(3)(11.8&11.15 鍋足山)

11月8日 鍋足山(単独)
11月15日 鍋足山 山の会のメンバー+その他 計11名
11月16日 鍋足山 キノコ収穫
12月3日  茨城の山探検オープン山行(鍋足山)…報告済

紅葉は真っ盛りでした。
三角点峰から鍋足山本峰方面
Img_0470_640x480

鍋足山本峰から三角点峰方面
Img_0505_640x480

男体山方面
Img_0500p_640x364

山の会のメンバー
Img_0474_640x480

鍋足山山頂にて。大勢で賑やかでした。
Img_0508_800x600

モミジ谷。まだ青い葉が残っています。
Img_0486_640x480

珍しいものを見つけました。スズメバチの巣です。
Img_0469_640x480

ヒラタケ収穫
Img_0415_640x480

Img_0512_640x480

紅葉した色んな葉。(終り)
コシアブラなど色々。もみじ以外に沢山あります。
Img_0410_2

Img_0425

Img_0430

Img_0444

Img_0428

Img_0451

2017.12.21

2017年の茨城の紅葉(2)(2017.10.10鍋足山)

この時期はまだ紅葉には早く、主にキノコ観察となりました。それと大文字草の時期で満開でした。

山全体はまだ緑でした。
Img_2987_640x480

部分的に漆などが赤くなりかけています。
Img_2985_640x480

Img_3020_640x480

★キノコ観察
食べられるキノコも今回は採らないで見るだけでした。コガネタケは昨年と同じ所に生えていました。笠に絣模様のあるブナシメジはまだ出たばかりで小さい。アラゲキクラゲもきれいです。ツエタケは大きなキノコで食べられますが見る方が好きです。
Img_2973_640x480

Img_2974_640x480

Img_2976_640x480

Img_2980_640x480

Img_2981_640x480

Img_3022_640x480

★大文字草
第3峰の岩崖に生えています。ちょうど見頃できれいでした。
Img_2993_2_640x480

Img_3019_2_640x514

鍋足山にはこの時期よく単独で好きな場所をウロウロしています。(終り)

2017.12.20

2017年の茨城の紅葉(その1)(2017.10~12)

色々と忙しくて茨城の山の紅葉もあまり見ないまま今年も過ぎてしまったが、それでも何回か出掛けている。紅葉の時期は既に終わっているが、記録に残しておくため簡単にレポートをすることにした。

★今年の紅葉は、全体的に真っ赤な色よりも黄色、橙色がかった色の方が多かった。
 紅葉してから風が吹かなかったので長持ちしたように思います。

★出掛けられたのは、鍋足山、上山ハイキングコース、月居山、シモン山くらいしか行けませんでした。
Img_1209_640x480

★きのこ観察も一部しています。

私の出掛けた紅葉見物は下記(きのこ観察も)
◎2017年10月10日 鍋足山 紅葉というよりきのこ観察

◎2017年11月8日 鍋足山の紅葉(単独)

◎2017年11月15日 鍋足山の紅葉(山の会の定例ハイキング)

◎2017年11月26日 上山ハイキングコース(鹿嶋さんたちと)

◎2017年11月27日 月居山(単独)

◎2017年11月28日 シモン山(単独)

◎2017年12月3日 鍋足山(茨城の山探検…既に報告済)

◎2017年12月4日 シモン山(ボルダリングのお仲間)

◎2017年12月6日 明山(山の会定例ハイキング…紅葉はほとんど終わりでした)

各項の内容については「2017年の茨城の紅葉(2)」以降の中で記録として写真など掲載予定です。(続く)

2017.12.16

「茨城の山探検」オープン山行の予告(2018年前半)

2018年1月から6月までの「茨城の山探検」オープン山行の予定を連絡します。
但し都合により内容を変更することはあります。

1.第65回 2017年12月27日(水) 男体山周辺
        (既に実施要領は掲載済)

2.第66回 2018年2月25日(日) 小舟富士と小瀬富士周辺

3.第67回 2018年4月1日(日) 愛宕山と栃原山を周回(展望と岩団扇)

4.第68回 2018年4月22日(日) 太郎山周辺(山桜と新緑)

5.第69回 2018年5月13日(日) 石岡発電所導水路と十里上峠

6.第70回 2018年6月10日(日) 奥竜神上流部の遡行
                                  (以上)

2017.12.14

第64回「茨城の山探検」オープン山行(鍋足山)の山行記録(2017.12.3)

第64回の「茨城の山探検は鍋足山のお山巡りと言う事で、道無き尾根や沢などを通って、三角点峰、笹原側と湯草側のモミジ谷、鍋足山本峰を繋いで巡り歩きました。
巡り歩いたルート図は、地形図上に記載してもそれだけでは凹凸のある山襞を正確に辿り歩くことは難しいので公開致しません。

参加者は18名でした。紅葉の光で赤に染まりました。
Img_1299_2_640x462

紅葉はもうほとんど終わっておりましたが、所々に名残の紅葉がありました。以下写真を掲載しますので山行の様子をご覧ください。

朝、かかしの広場から鍋足山本峰と三角点峰を見る。まだ茶色に枯葉が残っていました。
Img_1281_2_640x246

最初の取り付きはハッチメ滝の右岸の尾根です。ハッチメ滝の上流にもきれいな無名の滝があります。
Img_1282_480x640

Img_1283_640x480

道無き尾根を歩く。紅葉も所々に残っていました。
Img_1285_640x480

Img_1286_640x480

三角点峰で休憩中の風景
Img_1287_640x480

笹原側のモミジ谷の風景。ここを直滑降で下る。下った所の日溜まりで紅葉を眺めながら昼食休憩。
Img_1288_640x480

Img_1290_640x480

Img_1291_480x640

Img_1292_640x480

その後も下ったり、登ったり…
Img_1294_640x480

今度は湯草側のモミジ谷に下りました。集合写真はここで撮りました。
Img_1296_640x480

Img_1301_640x480

Img_1302_640x480

下ったらまた急斜面を登り返す。
Img_1305_640x480

第3峰の岩棚に登ってきました。
Img_1306_640x480

ここから鍋足山本峰に行き、おしきびコースを下って笹原登山口へ戻りました。
山行報告は以上です。

朝早く来てトイレのためかかしの広場に寄りましたが、丁度かかし祭りのかかしを取りかたづける所でしたので写真を撮ってきました。色んなかかしで賑やかでした。ご覧下さい(終り)
Img_1275_640x480

Img_1276_640x480

Img_1277_640x480

Img_1278_640x480

Img_1279_640x480

Img_1280_640x480

2017.12.13

犬吠峠(2017.12.13)

今年(2017年)は「酉年」であったので干支の山として県内の鶏足山に登った。
来年(2018年)の干支は「戌」なので、茨城県内で「犬」の字の付く山を探したのだが、残念ながら見つけることができなかった。県内の干支の山登りは諦めか…?

山ではないけれども、「犬吠峠」という「犬」の字が付く峠は知っている。場所は県道29号が常陸太田市と常陸大宮市の境界を横切る近くであり、道路脇に「犬吠峠」と書かれた看板が立てられている。いつも車で通る時は横目で眺めるだけで通過していた。
看板には約400m書かれているのだが、ネットで調べてみるとその場所へ中々到達しにくいようで、普通の人は途中で挫折、山慣れた人でないと難しそうな感じがした。(ちゃんと写真出している人は少ない)
県内の来年の干支の山と言う事で行ってみるのも良いかな?と思い、どんな所か下見をしてきました。

**常陸大宮市のホームページの「常陸大宮市観光ガイド」-「学ぶ」の中に「犬吠峠」の項目があり説明があります。下記はその中の一部の記述です**

『…略…その昔、山方村の常安寺が焼失したとき、寺の飼犬が悲しみのあまり峠に登り、七日七晩吠え続けて、ついには石になったと伝えられる。
この伝説に因んで名付けられた「犬吠峠」には、小さなほこらと共に、犬の化身と伝えられる岩が、まさに山方宿に向かって叫んでいるような格好でたたずんでいる。今でも山方宿に火事があると、吠えて知らせるとも言われる。…略…』

今日の訪問の様子
★道路脇の看板。矢印の先は竹藪です。入口がよく見えない?
Img_1344_640x480

★竹藪に入るとちゃんとした道が沢沿いに続く
Img_1347_640x480

★竹藪の中、途中で竹が倒れこんでいる。普通の人はここらで退散かな?
Img_1348_640x480

Img_1349_640x480

★径の分岐が所々にあるが、地形を見ながら行けば間違いない。竹藪を抜けるとふかふか落ち葉の平坦な道が続く。
Img_1350_640x480

★峠道の最高点辺りに壊れた石仏がある。ここで諦めた人もいるようだ。
Img_1351_640x480

★径が分岐している。後は下りだがどっちかな?多分こっちでしょう。そら見えた。
Img_1353_640x480

石祠は新しくしたものか?昭和57年の文字が見えます。
Img_1354_480x640

Img_1355_480x640

石の犬は山方宿の方向を向いていました。
Img_1356_640x480

★帰り道での道草
Img_1357_640x480

★この地図見たら地図読み出来る人はすぐに行けます!(終り)
Img412_800x647

2017.12.10

第65回「茨城の山探検」オープン山行を実施します(男体山周辺)(2018.1)

2018年1月の「茨城の山探検」は「男体山周辺}とし、12月末に前倒しして実施することにいたしました。

「男体山周辺」は元々12月に実施しようかと考えていたルートですが、持方を起点にして男体山、表縦走路、裏縦走路を組合せたものです。下図をご覧ください。
Img411_738x1024

参加ご希望の方は私宛のメールか、本件のコメントで連絡ください。(私のメールアドレスは、私のHPに記載しています)

1.第65回の実施日   2017年12月27日(水)
  天候の悪い場合は中止又は延期する事があります。
  その場合は前日の正午までに「いばらきの山日記」にその旨掲載します。

2.集合場所&時間 
  集合場所は持方のトイレのある駐車場所 9時00分
  ルート図を参照ください。

3.第65回の探検場所(ルート)  ルートは変更することがあります。
  ルート図をご覧ください。
  行動時間は6時間程度を予定しています。 

4.参加者へのお願い事項
★「茨城の山探検」の山行は「探検」と付いている如く一般のハイキング道を歩く山行ではありません。しばしば地図に道のない尾根や沢などを歩きますし、薮漕ぎ、急斜面、岩崖・岩場など危険な所も通過することがあります。
★参加される方のレベルとしては、地形図を見て自力で山行が出来る方、乃至そのことを目標に訓練努力されている方を対象と考えております。ただ人に付いて歩くという方はご遠慮願いたいと思います。
★何方でも歓迎しますが、上記の事項についてよく理解し自己判断された上でご参加ください。山行については自己責任でお願いします。
★地形図を持参ください。

5.2018年2月の「茨城の山探検」について
  2018年2月25日(日)を予定しております。

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

フォト
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

いばらきの山日記 INDEX

最近のトラックバック

カテゴリー

  • 山歩き
  • 山登り
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 登山