« 茨城県の希少植物(続)(2017.6) | トップページ | 茨城県の希少植物(続-1)(2017.7) »

2017.07.11

ツチアケビ(土通草)(1)(2017..7)

秋の山を歩いていると、時々赤いソーセージの形状をした実をたくさん付けた異様な形の植物が目に入ることがある。ツチアケビという植物で、赤い色で目立つので目に付き易い。
私の故郷の家の裏山に毎年生えていたので少年の頃から見て知っていましたが、普通の植物とはちょっと違うので果実を割って種はどんなになっているのだろうとか調べたことがありました。

先日妻と西金砂近くの山を歩いている途中で、まだ若々しい立派なツチアケビを見つけました。こういう若い時はあまり見たこともないし、花もよく観察したことがなかったので時々見に来てどのように変わっていくのか観察することにしました。(実になる秋まで時々訪れて観察しようと思っています)
ツチアケビは希少で中々見つけられないというものでもなく、その日はもう1ヶ所見つけました。

ツチアケビはラン科ツチアケビ属の植物で、同じラン科のムヨウラン、オニノヤガラなどと同じ腐生植物で、葉緑素を持たず、ツチアケビの場合はナラタケの菌と共生するらしい。
またギンリョウソウやシャクジョウソウも同じ腐生植物ですが、こちらはイチヤクソウ科ギンリョウソウ属というらしい。こういう腐生植物は葉緑素を持たないので何となく不気味は雰囲気がありますが、何か漢方薬的薬効があるようにも思える。ツチアケビは強壮剤として知られているようですが???です。

★2017年6月7日 最初の観察
Img_9628_2_481x640

茎は茶褐色で大きなものは高さ1m位までなるそうですが、この株は10数本あるようで既に50cm以上に成長していました。
Img_9631_2_640x597

茎から枝が出て、枝がたくさん分岐して花芽を付けますが、まだ花芽が伸び出していない若々しい状態です。これから伸びるでしょう。

★2017年6月24日 最初見てから17日後にもう花が咲き始める頃かな~と思い訪れました。山のお仲間も誘って見に行きました。随分大きく成長していました。
Img_9805_2_535x640

枝が伸び出してきて花芽を複数個順番に付けて伸ばしてきています。花はまだかと思ったら2個咲いていました。
Img_9807_2_640x480

Img_9806_2_640x440

Img_9803_2_640x517

花は黄色で確かにランの花でした。

★7月8&9日 百花繚乱の状態かと思ったら、花の咲き方は一枝の根元の方の花から一つづつ咲くようで、もう咲き終わったものの方が多くなっていました。
9日に行った時は丁度日当たりが良かったので光に輝いていました。
Img_0934_2_426x640

Img_0936_640x480

Img_0935_640x480

咲き終わった花が根元に落ちていました。
Img_0908_640x480

上方から見て写真を撮りました。
Img_0911_640x480

Img_0912_2_626x640

咲き終わって花の落ちた所には、ソーセージ状になる果実が出来ていました。
Img_0915_2_507x640

もう一株見つけているツチアケビは日当たりの悪い所なので、10日位前の姿をしており、比較してみると面白いです。
Img_0898_2_450x640

Img_0900_2_640x507

Img_0899_2_640x512

(続く:また観察に出掛けて報告します)

« 茨城県の希少植物(続)(2017.6) | トップページ | 茨城県の希少植物(続-1)(2017.7) »

「山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81710/65520375

この記事へのトラックバック一覧です: ツチアケビ(土通草)(1)(2017..7):

« 茨城県の希少植物(続)(2017.6) | トップページ | 茨城県の希少植物(続-1)(2017.7) »

フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

いばらきの山日記 INDEX

最近のトラックバック

カテゴリー

  • 山歩き
  • 山登り
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 登山