« お花の探索山行(続き:ヒナラン)(2017.7.19) | トップページ | 茨城県一等三角点の山(2017.7) »

2017.07.28

茨城県の希少植物(続-2)(2017.7)

★ヒナラン
先日見つけたヒナランですが、茨城県のレッド・リストを見ると絶滅危惧IA類に分類されており、茨城県では希少な植物でした。
その記述によれば
 ・分布:本州(茨城県北部・愛知県以西)・四国・九州/挑戦・中国
 ・生育地:樹林下の岩上などに生える。久慈山地などに生育するが、希に低地の東海村にも生育する

園芸採取や森林の伐採で減少しているとのことで、私が見つけることが出来たのも日頃から山歩きしていることへのご褒美かもしれない。そういう訳で生育地の情報は公開できませんが、絶滅しないように見守っていきたいです。

右記の報告を参照下さい   「お花の探索山行(続き:ヒナラン)(2017.7.19)
以下写真をクリックすると拡大します。
Img_1035_2_800x600

★フウラン
7月の初旬に鹿嶋さんから鹿島神宮にフウランがあるという情報を貰いました。鹿嶋さんは近くなので探しに行くとのこと、私も見たいので宜しくとお願いしました。

その1週間くらい後に、私の通っている「リラひたち」の受付の所に花が咲きかけたフウランの鉢が置かれているのに気付きました。聞くともうすぐ花が咲き始めるとのことでした。その後数日経って花が2個ほど咲き始めました。フウランというランの名前は知っていましたが、その花はよく知らなかったのでどんな花か興味が有り、目の前でよく観察した上に、「写真を撮らしてください」とお願いして写真も撮りました。

・7月17日 咲き始めの時の写真
Img_0989_2_640x640_2

Img_0994_2_640x640

・7月20日 花が一気に咲いてきました。
Img_1044_2_800x800

Img_1048_2_800x800

園芸種の鉢物も中々見応えがありますが、やっぱり自然の中で咲いている所を見たいと思い、鹿嶋さんにお願いして7月27日フウラン観賞に鹿嶋へ出掛け、案内して頂きました。

茨城県のレッド・ブックを調べたらフウランは「絶滅危惧IA類」で茨城では希少な植物でした。分布上茨城が北限のようである。下記はレッド・ブックの記述です。

フウラン:絶滅危惧IA類
・分布:本州(関東地方南部以西)・四国・九州・琉球/挑戦・中国
・生育地:常緑樹林内の樹幹や岩石上に着生する。鹿嶋市や神栖市に生育する
  (注記)生育地が神栖市とあるが、私には何処なのかわかりません。

鹿嶋さん達は事前に下見などして下さっていた上での案内でしたので、スムースに自然の中に咲いているフウランを観察することができました。感謝!!!

◎鹿島神宮のフウラン(茨城県)
フウランの着生している場所は、自分で見つけようとしても難しく、やはり神社の関係の方に聞かないと分からないでしょう。教えて頂いた高い木の上に見えるフウランを写真に撮りましたが、私のカメラの性能ではうまく撮れていませんでした。
Img_1113_2

◎香取神宮のフウラン(千葉県)
鹿嶋さん達は情報収集して、香取神宮の御神木近傍にフウランが着生しているとの情報を得てこちらも下見をして下さっていました。
香取神宮ではたくさんの木に着生していて、一つ見つけると、ここにもある、あそこにもある、という状態で直ぐに分かりました。こんなにたくさん着生しているとは驚きでした。
写真をご覧ください。
着生しているのが一番分かりやすい大正天皇お手植えの松
Img_1133_640x480

Img_1134_1024x768

Img_1125_640x480

Img_1128_640x480

他の木にも着生しています。
Img_1135_640x480

Img_1138_800x600

Img_1139_800x600

見に行かれるなら香取神宮がお勧めです。(終り)

« お花の探索山行(続き:ヒナラン)(2017.7.19) | トップページ | 茨城県一等三角点の山(2017.7) »

「山歩き」カテゴリの記事

コメント

シモンさん お早う御座います。
ご無沙汰をしてます。
27日神栖の方にいらしたとの事。
弁天山の三角点を確認如何でしたか?
3月迄勤めていた会社です。
鳥海山、月山の登山で遠征中でした。
今日早速にフウランを香取神宮で見てこようと思います。
探検が再開されたらまた、宜しくお願いします。

和子&徹也さん、今日は。
夏山を満喫されていますね。
フウランは全く鹿嶋さん達のお陰です。
見てこられたら鹿嶋さん達にも宜しくお伝えください。
所で茨城県のレッドリストに生育地として神栖町も
書かれていましたがご存知ですか?
お勤めだったとすれば徹也さんは弁天山の一等三角点には
何度も登られていることでしょうね。
私の茨城の山リストからは漏れていましたので、高天原と
弁天山の探訪が宿題となっていましたがやっと念願が叶い
ました。しかしヘルメットと長袖で登るとは想定外でした。


生育地として神栖町は、知りませんでした。
弁天山は何度も登ってます。
昔は、漁師が海から弁天山の位置を確認しながら漁をしたそうです。
今では、周囲に工場が沢山出来たため余り目立たないようです。
早速香取神宮に行ってフウランを確認しましたが、松に着生した花を2本程確認しました。
他に桜や、灯篭に着生したものには花は確認出来ませんでした。

徹也さん、こんにちは。
フウランは近くにあるのでまた来年の時期に観賞してください。
この暑さでは低山歩きは暫く敬遠ですが、最近は午前中だけの
早朝登山を心掛けています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81710/65591969

この記事へのトラックバック一覧です: 茨城県の希少植物(続-2)(2017.7):

« お花の探索山行(続き:ヒナラン)(2017.7.19) | トップページ | 茨城県一等三角点の山(2017.7) »

フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

いばらきの山日記 INDEX

最近のトラックバック

カテゴリー

  • 山歩き
  • 山登り
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 登山