« ツチアケビ(土通草)(1)(2017..7) | トップページ | お花の探索山行(2017.7.15) »

2017.07.13

茨城県の希少植物(続-1)(2017.7)

6/29~7/7の間、イエローストーンなどアメリカの国立公園を巡る山旅に出掛けていて7月7日夕に帰国しました。アメリカからの帰国の場合、時差ボケが結構厳しく、昼間何もしていないと眠気が襲ってきてストンと寝込んでしまうのである。
早く時差ボケを解消しようと思い、昼間は体を動かしているように山歩きをしました。

そろそろミヤマスカシユリが咲く頃なので、男体山を歩くことにした。男体山の岩崖には時期になると点々とオレンジ色の花のミヤマスカシユリ(茨城県絶滅危惧IA類)が見られてきれいである。下記の記録をご覧ください。
     「奥久慈男体山のミヤマスカシユリ(1)(2012.7)

色んな経緯で7月8日、9日、12日と3回も男体山&周辺を歩いてしまいました。

★7月8日:登りは一般コースから男体山山頂、下りは健脚コースでした。ミヤマスカシユリは蕾が見えるばかりで、残念ながら咲いておりませんでした。
Img_0892_2

★7月9日&12日
「フジイ越から小草越方面の岩崖には、ミヤマスカシユリが咲いているよ」という山仲間からの情報で、この日は古分屋敷からフジイ越に登りました。フジイ越に登る崖下の登山道からも見上げると所々にミヤマスカシユリが咲いているのが見えました。
岩崖の上から用心しながら下を覗きこむとあちこちにオレンジ色の花が見えました。また岩松の間にウチョウランの咲いているのも見つけました。
Img_0924_640x480

Img_0926_2

Img_0925_2

7月12日はその話をボルダリングの仲間にお話したら見たいと言う事で5人でまた同じコースを歩いてきました。大円地越まで来て一般コースを下りました。
以下お花の写真をご覧ください。(クリックで拡大)

崖の上から下お見下ろすと高度感があり怖いですが、所々にミヤマスカシユリのオレンジ色の姿が見えます。
Img_0941_1024x768

Img_0943_1024x768

ウチョウランも写っています。
Img_0939_1024x768

こちらにはウチョウランが3本見えます。
Img_0944_1024x768

もうちょっと遅いので花は枯れ始めていました。
Img_0947_2_1024x765

崖上の二人
Img_0948_640x480

昔は高価でしたので乱獲されましたが、今はバイオの技術でいくらでも増やせるのでわざわざ盗掘する人はいません。ここは県立公園内ですので盗掘は犯罪です。

下のお蕎麦屋さんにウチョウランの鉢が置かれていました。売り物ですが¥5,000、ちょっとした値段でした。(終り)
Img_0931_640x480

« ツチアケビ(土通草)(1)(2017..7) | トップページ | お花の探索山行(2017.7.15) »

「山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81710/65528196

この記事へのトラックバック一覧です: 茨城県の希少植物(続-1)(2017.7):

« ツチアケビ(土通草)(1)(2017..7) | トップページ | お花の探索山行(2017.7.15) »

フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

いばらきの山日記 INDEX

最近のトラックバック

カテゴリー

  • 山歩き
  • 山登り
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 登山