« 1月半振りの鍋足山(2017.6.23) | トップページ | ツチアケビ(土通草)(1)(2017..7) »

2017.06.25

茨城県の希少植物(続)(2017.6)

2017.6.6に書いた「茨城の希少植物」の中では、ウチョウラン、マメヅタラン、カザグルマ、ヤマウツボ、クマガイソウ、セッコク、マルバダケブキ、ムギランについて書きました。

これまでに上記以外ににも幾つかブログアップしている記事がありますのでご覧ください。
(もう終わった花を下記します。これから咲く花は(続々編)にまた掲載予定です)

★スハマソウ キンポウゲ科 スハマソウ属 絶滅危惧IB類
 下記の記事をご覧ください。
    州浜草(スハマソウ)観察(2013.3.16&3.23)
    春の花:スハマソウ(2017.3)

★ヒカゲツツジ ツツジ科 ツツジ属 絶滅危惧IB類
 下記の記事をご覧ください。
    春の花:色々-1(2017.4.16)

★フクジュソウ キンポウゲ科 フクジュソウ属 絶滅危惧IB類
 アマナ     ユリ科 アマナ属 絶滅危惧Ⅱ類
 下記の記事をご覧ください。
    春の花:色々-2(2017.3~4)

★キヨスミウツボ ハナウツボ科の寄生植物 キヨスミウツボ属 情報不足1
Img_9774_2

下記の記事をご覧ください。
    「1月半振りの鍋足山(2017.6.23)」
 鍋足山を歩いていたら、数カ所にこれから芽を出して花になる状態のものが、数ヶ所で見つけました。2週間後位に花が咲いた所をまた見に行こうと思っています。

★ホシザキユキノシタ ユキノシタ科 ユキノシタ属 絶滅危惧IA属
 筑波山にしかない固有種で、つくば市の花になっており、同市の天然記念物。

山友達のお供をして筑波山を歩いている時に折りよく咲いているのを教えて頂きました。
小さな花なのでカメラのピントがうまく合わせられず苦労しました。風が吹いて揺れるので指に挟んだら何とかピントが合いました。
Img_9754_2

Img_9758_2

★キンセイラン ラン科 エビネ属 絶滅危惧IB類
キンセイランというのは中々見ることが難しいランのようである。山のお友達からエビネの葉のような植物を見つけたという話を聞きました。どんな花が咲くのだろうと楽しみに下見にも行ったら蕾をつけており、調べたらキンセイランらしいとのことであった。
私は花の咲く頃に見に行くのに付いて行っただけなのですが、見事に咲いていて写真を撮ってきました。さも自分が発見したように花の写真を掲載しますが、希少植物は一人で見つけるなんてことはとても難しく、やはり多くの方の目がないと出来ないことですね。
希少植物保護のため場所を教えることはできません。クリックすると拡大します。
Img_9830_2_768x1024

Img_9830_3_865x1024

陽の光が当たると本当にゴールドのように輝きます。(続く)
Img_9836_768x1024

Img_9837_2_1024x769

« 1月半振りの鍋足山(2017.6.23) | トップページ | ツチアケビ(土通草)(1)(2017..7) »

「山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81710/65455104

この記事へのトラックバック一覧です: 茨城県の希少植物(続)(2017.6):

« 1月半振りの鍋足山(2017.6.23) | トップページ | ツチアケビ(土通草)(1)(2017..7) »

フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

いばらきの山日記 INDEX

最近のトラックバック

カテゴリー

  • 山歩き
  • 山登り
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 登山