« 奥竜神の遡行(下流域)(2017.5.11) | トップページ | 第61回「茨城の山探検」オープン山行(奥竜神遡行)の記録(20176.11) »

2017.06.08

茨城県の希少植物(マメヅタランなど)(2017.5~6)

私は山歩きと共に野生の花やキノコを見ることが好きなので、山歩きの途中ではいつもあちこちに脇見をして、花とかキノコに目がいってしまします。
県北の山をよく歩いておりますが、時には名も無き山の道のない尾根や谷間なども歩きますので、運良く滅多に見ることが出来ない花との出会いがあります。

昔はよく見られた花なども、森林の伐採や植林、開発などの他、盗掘などによって絶滅に近くなってきているものもあり、今ではほとんど見ることが出来なくなっているのは残念なことである。これまでも運良く出会えた花については、「いばらきの山日記」に記載しておりますが、そうした花の見られる場所についての情報は残念ながら植物保護の観点から基本的にお教えすることができません。

例えばウチョウラン(絶滅危惧ⅠA)などは、今ではほとんど自然の山中で見ることが出来ませんが、昔はあちこちの岩崖に生えていたそうで、盗掘などによって今では絶滅種に近くなっています。
   「ウチョウラン(2015.6.20)」  参照下さい。

最近マメヅタランなどいくつかの花を見ましたので報告します。
(  )内に記載したのは茨城県レッドデータの分類です

★マメヅタラン(ラン科マメヅタラン属、絶滅危惧Ⅱ類)
マメヅタはあちこちの山で沢山見ることができますが、マメヅタランは滅多に見ることができません。生育する環境(日当たり、風通し、湿度、温度などでしょうか)が結構難しいようです。運良く見つけることが出来、いま花盛りです。と言ってもとても小さな花です。
写真をご覧ください。
Img_9582_640x480

岩に付いていました。花は下向きに咲いていてちょっと離れてみると見分けにくいです。付いている岩の写真を幾つか掲載します。
Img_9579_640x480

Img_9586_480x640

Img_9611_640x480

木にも着生しています。
Img_9609_640x480

花の写真をご覧ください。
Img_9620_2_640x480

日が当たっている時です。(色が変わりますね)
Img_9543_2_640x480

Img_9545_2_640x480

一番花付きの良かったところの写真です。本当にぎっしり咲いている!
Img_9618_640x480

日の当たった時です。
Img_9548_640x480

少し遠くから…見上げました。
Img_9549_2_640x480

★カザグルマ(絶滅危惧Ⅱ類)
栽培種のものはどこでも見ることができますが、自然の山で咲くものはなかなかありません。山裾に咲いていました。(5月31日撮影。もう終わり近くでちょっと遅かったようです)
Img_9409_640x480

Img_9412_480x640

★シロヤシオ(絶滅危惧Ⅱ類)
シロヤシオは茨城県では絶滅危惧Ⅱ類なのである。八溝山とか男体山で見ることができますが、今年は不作でした。下記参照。
   「今年の男体山のシロヤシオは不作です(2017.5.7)」

★ヤマウツボ(絶滅危惧Ⅱ類)
私はヤマウツボを見たのは今年初めてでした。葉緑素を持たない寄生植物とのこと。奥竜神遡行中に見ましたのできっと来年も同じ所で見られるでしょう。(中々行けない)
下記参照ください。
  「奥竜神の遡行(下流域)(2017.5.11)」

★クマガイソウ(絶滅危惧ⅠA類)
クマガイソウは昔は茨城県内にも自生地がありましたが、今は盗掘などで無くなってしまい、近くの農家の庭などで見ることができます。私も自生地近くを訪ね歩いたことがあります。昔の地図に記載がありますのでご覧ください。(1991年発行 東京地図出版 日本中央圏 1/10万)  鷹取山の下方に「くまがい草群落」と書かれています。
Img379_640x553

今年は偶然にも自然の山の中のクマガイソウに出会えました。
Img_9021_2_640x480

Img_9025_640x480

中利員の茅根さん宅のクマガイソウなどについては下記を参照ください。

  「花の便り(シロヤシオ、クマガイソウ、フジ)(2013.5.6)」

★セッコク(絶滅危惧Ⅱ類)
木や岩に着生しています。西金砂神社の杉の大木の上部に沢山着生していて見ることができます。杉の枝などに着生すると枝を枯らしてしまうようで、神社の奥さんに聞くと、風が吹いた時などに枝が折れて落ちてくることがあるそうです。他の方が拾って着生させようとしても環境条件が難しいらしく、中々繁殖できず枯れてしまうらしいと言っておられました。西金砂神社の杉でも西側の杉には着生しておらず、東側の杉にしか着生しないそうです。上を見上げるので首が痛くなりますが、双眼鏡など持参されると良いでしょう。今年も見てきました。

Img_9572_640x480

Img_9573_640x480

Img_9574_2_640x479

岩に着生したものについては下記をご覧ください。

   「花の便り(7)(2016.2.28&29)」

★マルバダケブキ(絶滅危惧Ⅱ類)
花の咲いてない生育途中は蕗によく似ていて時々見かけますが、今回丁度花が咲いた所に出会いました。
Img_9419_640x480

Img_9415_640x480

★ムギラン(絶滅危惧Ⅱ類)
ムギランはマメヅタランと同じ属に属する着生ランなので、マメヅタランのある所には大抵ムギランも着生しています。
写真をよく見ますと小さな花がついているのが観察できますが、非常に小さいので判りにくいです。
Img_9562_2_640x481

ピントが甘い写真ですが、花の判る写真を掲載します。
Img_9600_2_640x480

★ヒカゲツツジ(絶滅危惧ⅠB類)
県立自然公園の植物の看板に書かれていますが、自分で見つけるのはなかなか大変です。でも日頃から情報収集して探していると見つかるものです。今年は花の咲いているのを見ることができました。下記を参照ください。

   「春の花:色々-1(2017.4.16)」

(続く)

« 奥竜神の遡行(下流域)(2017.5.11) | トップページ | 第61回「茨城の山探検」オープン山行(奥竜神遡行)の記録(20176.11) »

「山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81710/65374832

この記事へのトラックバック一覧です: 茨城県の希少植物(マメヅタランなど)(2017.5~6):

« 奥竜神の遡行(下流域)(2017.5.11) | トップページ | 第61回「茨城の山探検」オープン山行(奥竜神遡行)の記録(20176.11) »

フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

いばらきの山日記 INDEX

最近のトラックバック

カテゴリー

  • 山歩き
  • 山登り
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 登山