« 2017年3月 | トップページ

2017年4月

2017.04.18

春の花:色々-2(2017.3~4)

花ではないですが、そろそろ山菜も出始めているだろうと昨日(2017.4.17)はワラビとタラの芽取りに出掛けてきました。ほどほどに収穫でき満足しています。次はコシアブラですね。
Img_8483_640x480

Img_8485_640x480

大子町など県北には名も無い山がたくさんあり、その山裾にはすぐ田畑が広がっている里山が多いですが、その山裾にはまだ昔のままの自然が残っている所もあり、福寿草、カタクリ、キクザキイチゲ、ニリンソウ等の春の花が咲いています。そんな所を山歩きの時に通ると花が目につきます。

★福寿草(3/4 大子町)
Img_7810_640x480

Img_7818_640x480

Img_7808_640x480

Img_7820_640x480

★カタクリ:大きな群落でなければ、県北のあちこちで見ることができます。(4/10 大子町)
Img_8312_640x480

Img_8317_640x480

★大きく伸びた蕗の薹(4/10 大子町)
蕗畑ですが、傍らにカタクリが生えていました。
Img_8318_640x480

★キクザキイチゲ(4/10 大子町)
Img_8309_640x480

Img_8307_2_640x479

★ヤマエンゴサク(4/10 大子町)
Img_8320_640x480

★アマナ(4/12 大子町)
Img_8353_640x480

★ニリンソウ(4/12 大子町)
Img_8352_2_640x560

★山わさび(4/12 大子町)
Img_8387_2_640x347

★スミレ:種類が多くて私にはわかりません。
Img_8361_640x480

こちらはエイザンスミレ(4/1 常陸大宮市)
Img_8127_2_640x479

★ハナネコノメ・ネコノメソウ
3/24 ハナネコノメ(常陸大宮市)
Img_8041_2_640x479

4/10 ハナネコノメ(常陸大宮市)
Img_8302_640x480

Img_8303_640x480

ネコノメソウ(3/24 常陸大宮市)
Img_8037_2_640x478

★セリバオウレン(4/1 常陸大宮市)
Img_8169_2_640x479

Img_8166_2_640x479

★春蘭(4/1 常陸大宮市)
Img_8147_640x480

★イワウチワやミツバツツジなども沢山ありますが、ここでは省略します。(終り)

2017.04.16

春の花:色々-1(2017.4.16)

春は足速に通り過ぎて行きます。春の花も次々と咲いてすぐにその時期が終わって、また次の花と移って行きます。
春の花を追いかけて山歩きをしており、花を見たら一つ一つレポートしようと思っていましたがそれも追いつかず、まとめて色々一緒にレポートすることにしました。
時系列的にした方が良いでしょうが、それも出来ずにランダムです。取り敢えず今日(4月16日)山桜を見たいと御前山県立自然公園を歩いたので、その時の花のレポートです。

今年は花の時期が約1週間程度昨年に比べて遅れております。昨年見た時期を参考にして訪れると早かったというケースがあるようです。ミツバツツジも咲いているかなと思ったのですが5日ほど早かったようです。

★山桜
山桜も遅く咲く木と早く咲く木があるようですが、たくさん咲いていて綺麗でした。
Img_8419_640x480

Img_8433_2_640x480

Img_8438_640x480

Img_8446_2_800x342

Img_8447_2_800x344

今日の花見のメンバーです
Img_8458_640x480

Img_8460_640x480

★ミツバツツジ:まだ蕾が多く、後5日後くらいかな?
Img_8421_640x480

Img_8424_640x480

Img_8426_2_640x414

★クロモジの花
Img_8429_2_640x480

★コシアブラの芽も伸びてきていました
Img_8430_640x480

★ミヤマシキミの花
Img_8434_2_640x447_2

★ウグイスカグラ
Img_8440_2_640x480

★ミヤマカタバミ
Img_8452_640x480

Img_8449_2_640x504

★ネコノメソウ
Img_8450_2_640x491

★ヒカゲツツジ
Img_8461_2_640x533

Img_8467_2_640x450

Img_8469_2_640x480

Img_8474_2_640x471

★すみれ
Img_8475_640x480

Img_8479_2

ニリンソウやカタクリ、キクザキイチゲなども見ましたが、数も少なかったのでここには載せませんでした。(終り)

2017.04.13

高岩山-2(2017.2.22)

(高岩山-1に続く。最近の2回目の登頂記録)
高岩山の3つの山頂を踏破したかったので、鹿嶋さん達のお誘いには二つ返事で応じました。鹿嶋さん達はつい何日か前に来たおり、ダンコウバイが咲いていたというのでまた見たいとの再訪であった。

高岩山への登り口のある林道に入ると、「林道高岩沢線」の説明看板が立てられていました。写真では読みにくいと思いますので内容を下記に記しました。(緒川村当時に立てられたもの)
★村の花 つつじ  ★村の木 さくら  ★村の鳥 山鳥
★林道高岩沢線 林道高岩沢線は、平成7年度に着工し、平成12年度に完成した全長2340m 幅員4mの林道です。林道に近接した所に、緒川村十景にも選ばれた高岩山があります。林道の名称は、この山にちなみ名づけられました。
高岩山は、水戸光圀公が参拝された霊山で、山全体が御神体となっています。山頂の巨岩には、中宮として祠がまつられています。
この林道をたどり、新緑や紅葉などの散策と、自然とのふれあいをお楽しみください。
Img_7499_640x480

緒川十景の看板もありました。
Img_7521_640x480

鹿嶋さん達は前回は正規の登山道を歩いているので、再訪の今回は・291へ尾根通しに行くため道無き所の山歩きとなり、急な植林の斜面を登って尾根へ出ました。
地形図は高岩山-1に掲載のものをご覧ください。
ボケ写真ですが登った斜面です。
Img_7500_640x480

登り着いた尾根上
Img_7501_640x480

尾根通しに辿って・291のピークへ行きましたが、ここには何も印もなく単なるピークでした。(写真なし)
ここから向かい側に見える岩峰(緒川十景の高岩山)へと向かいました。小潅木の枝が煩い中を掻き分けながら岩峰へ向かいました。岩峰は御神体なので下から眺めるだけにしました。写真は尾根通しに見たところ。
Img_7503_640x480

昔来た時と同じように祠と山名板がありました。
Img_7504_640x480

Img_7505_480x640

Img_7513_640x480

岩峰の傍らにダンコウバイが咲き始めていました。鹿嶋さん達は本当にお花が好きですね。
Img_7510_640x480

ここから「高岩」三角点へ向かいました。
大きな養鶏場の傍らの尾根を通る時、悪臭が漂ってきました。
Img_7515_640x480

県境尾根に入ると境界標が立っていました。(栃木県名)
Img_7517_640x480

「高岩」3等三角点はピーク上の分かりやすい場所にありました。
Img_7520_640x480

帰りは林道に降りて駐車場所へと戻りましたが、登った尾根の斜面にマンサクを見つけました。皆さん目敏いです。
Img_7522_640x480

帰り道、近くにあった緒川十景の一つ、三輪明神に寄りました。
Img_7524_640x480

Img_7523_640x480

2本の大杉です。
Img_7527_640x480

Img_7526_640x480

Img_7528_640x480

昔登った山に登り直すのも楽しいです。今日も3つの山頂を踏破し1日楽しく山遊びができました。(終り)

2017.04.12

第59回「茨城の山探検」オープン山行を1週間延期します(2017.4)

第59回「茨城の山探検」オープン山行は2017年4月16日(日)実施の予定でおりましたが、本日(4月12日)太郎山周辺の大子の山を見てきました結果、山桜は4月16日ではまだ早いようなので、1週間延期し4月23日(日)に実施することにしました。

日程は昨年の実績で決めたのですが、花の時期は難しく、今年は昨年より約1週間遅れとなっているようであります。

★実施日の変更 当初予定 4月16日(日) ⇒1週間延期⇒ 4月23日(日)に実施

お手数ですが、参加申込については再度参加の申込をお願いいたします。

2017.04.09

高岩山-1(2017.2.22&昔の記録2001.2.9)

常陸大宮市旧緒川村の奥で、県境付近に高岩山という山があり、地形図に山名が記載されています。
地形図をよく見ると
(1)・291のピークの所に高岩山の山名が書かれている。ここが高岩山の山頂だろうか?
(2)その北側の県境の境界線上に標高317.4mの3等三角点があり、点名を「高岩」という。
  ここが高岩山の山頂だろうか?
(3)高岩山は緒川十景の一つであるようで、昔私が登った時、・291の隣の枝尾根
  (東側です)の岩峰に祠が置かれ、「高岩山」の山名板が立っていました。
  ここが高岩山の山頂なのか?

どこが高岩山の山頂であるのか?ちょっと戸惑うのであるが、全部踏破してしまえばよろしいということで2017年2月22日に鹿島さん達のお誘いを受けて歩いてきました。

私が昔茨城の全山踏破をやっていた頃の記録を見ると、この高岩山には2001年2月9日に登っていた。当時の簡単に記録したメモ帳とその時撮影した写真が残っていました。
ホームページ(山で遊ぼう)の茨城の山リストに登頂記録を載せていなかったのでこの際ここにその時の山行記録も書く事にした【今回登った記録は「高岩山-2」に記載します】

2001年2月9日の高岩山山行記録
昔のことなので細かいことは忘れてしまっています。写真を見て記憶が蘇ってきました。
当時の登頂のメモの時間記録
細入分岐10:10→高岩山分岐標識10:22→高岩山・祠10:36/55→向かいのピーク(・291のことである)11:20/12:00(昼食)→駐車場所13:00
これによると林道から高岩山へ入る所に標識が立てられていたようである。(現在もあり)

今回歩いたルートと昔歩いたルート(推定)を記入した地形図を掲載しますのでご覧下さい。
Img372_611x640

2001年2月9日撮影の写真
岩峰の山頂(祠と山名板)
P2091918_640x480

今も同じ服着ていますね。(ズボンは廃棄処分になっています)
P2091920_640x480

横から岩峰を見る
P2091921_640x480

向かいの・291ピーク
P2091922_640x480

・291から見た高岩山の岩峰
P2091923_640x480

この時は時間も早かったので、緒川村のやすらぎの里公園に寄っていました。
メモ帳には 「遊歩道 2.41km 50分」 と書かれていました。歩いたのだろうか?
P2091924_640x480

P2091925_640x480

高岩山-2 に続く(終り)

2017.04.08

(続)我が家の庭(2017.4.8)

花に興味のない方には詰まらない内容かもしれませんが…。
今日は朝から小雨が降っていて山歩きに出掛けることも出来ず、何もやることがなく手持ち無沙汰である。小雨の止んだ合間に庭を歩き回って色々と観察する。花が好きなので花の咲く木を植えている。一番大きくなったのはコブシの木で3本植えてある。白とピンクとピンクの八重咲きのピンクなのだが、一番元気なのは白で高さが7~8m位になっている。白>ピンク>八重のピンクの順で成長の速度が遅い。二階から眺めたが葉が出始め花はもう終わりに近い。
Img_8250_2_640x407

次に背の高いのは木蓮でこちらは今が見頃。
Img_8251_640x480

椿の花が色々と咲き始めました。椿の花も好きでしたので苗を買ってきて植えたりして今では15本くらいは椿の木が植わっています。色んな花がありますね。西洋椿から日本椿まで。
Img_8252_640x480

玄関横に植えた椿は昨年は剪定しなかったのでたくさんの花を付けました。この木には赤い花、白い花、赤白の絞りの3種類の花が1本の木に咲きます。赤と白を掛け合わせたものなのでしょうか?
Img_8253_2_640x632

椿の花を少し並べてみます。じっくり観察していると面白いです。
Img_8254_640x480

Img_8255_640x480

Img_8256_640x480

西洋椿で花が大きくて華やか。
Img_8268_640x480

肥後椿でしょうか、花芯が大きい。
Img_8272_640x480

Img_8274_640x480

この椿は花芯がありません。
Img_8273_640x480_2

この椿は種が落ちて出てきた実生で原種に近いシンプルな白花です。
Img_8276_640x480

伊豆大島へ行った時現地で苗木を買ってきて植えたものです。優しい色をしています。
Img_8277_640x480

先日写真を掲載した節分草(右側)、園芸種の黄色節分草(真ん中)、イチゲ(の花)の生えている様子です。
Img_8264_640x480

去年発芽した種まき床の蓮華升麻ですが、少し大きくなりました。
Img_8265_2_640x338

種が落ちて出てくるモミジカサ。今年は食べましょう。
Img_8260_640x480

イカリソウです。
Img_8258_2_640x471

星形イカリソウです。
Img_8259_640x480

ボケの花。もう終わりに近いです。
Img_8261_640x480

バイモです。
Img_8262_2_640x569

ミツマタももう終わりです。
Img_8263_2_640x480

もう10年くらい前に飛騨高山の朝市で鉢を買ってきたサクラソウみたいな花です。地植えしたら毎年咲いています。
Img_8267_640x480

レンギョウです。
Img_8269_640x480

ツルギキョウです。あちこちに蔓延っています。
Img_8270_640x480

ムシカリです。勝手にあちこち出ています。
Img_8275_640x480

ウラシマソウが出てきました。(終り)
Img_8279_640x480

2017.04.06

春の花:イワウチワ(2017.4)

イワウチワの花言葉は「春の使者」、桜の咲く時期になると山の北斜面一面に可憐なピンクの花を咲かせる。茨城の県北の山にはあちこち沢山のイワウチワ群生地がありますが、県のレッドデータブックによれば危急種(絶滅危惧Ⅱ類、VU)だそうです。大切にしましょう

       イワウチワ:イワウメ科イワウチワ属の多年草

イワウチワは植林した杉林の中にも結構見られますが、木が伐採される時には何のお構いもなく行われ、踏みつけられ、伐採木に覆われたりまた露天にさらされたり、全く保護されるということのない扱いがされています。

今年も既に3回イワウチワを見に出掛けましたが随分と楽しませてくれました。まだ日陰のイワウチワは蕾でこれから咲く様ですので今暫く楽しめるでしょう。今年は昨年に比べて1週間遅れです。今年見たイワウチワの写真を掲載します。(クリックで拡大)

撮影場所:盛金、久隆、下檜沢の無名の山の中。日当たりの良い斜面。
Img_8217_800x600

Img_8194_800x600

Img_8232_800x600

Img_8233_800x600

Img_8235_800x600

Img_8236_800x600

白(薄いピンク)の花
Img_8244_800x600

写真終り
Img_8246_800x600

2017.04.04

春の花:スハマソウ(2017.3)

スハマソウは雪割草と呼ばれている花の種類なので、イワウチワやカタクリなど他の花より早く咲きます。茨城の山では3月中旬から下旬に咲きます。
今年は3回見に出掛けましたが、花の時期が昨年より1週間程度遅れており、3月下旬にしっかりと咲いていました。茨城のスハマソウについては下記をご覧下さい。

    「州浜草(スハマソウ)観察(2013.3.16&3.23)」

今年のスハマソウの写真を掲載します。(クリックで拡大)
撮影場所:鍋足山、竜神川周辺の山

一番大きな株(20以上の花をつけていました)
Img_8074_800x600

日が当たると花がしっかりと開きます。
Img_7980_2_800x600

Img_7981_2_800x653

Img_7982_2_800x506

Img_7982_2_800x689

Img_7983_2_800x599

2017.04.02

鶏足山のミツマタ(2017.3.29)

3月26日(日)は第58回「茨城の山探検」オープン山行の日であったが、生憎の雨模様のお天気のため中止としましたが、同じコースを天気の良い29日(水)にプライベート山行を行うことにし、11名の参加者を得てミツマタ群生の開花を楽しみました。
展望ベンチで休憩中の風景
Img_8076_640x480

仏頂山・高峯方面の展望風景。お天気に恵まれて良かったです。
Img_8075_640x480

昨年(2016年)の3月23日に同じく鶏足山のミツマタを見に行っておりますが、今年は冷たい日が続いて一週間程花の時期が遅れているようです。昨年のミツマタの様子は下記をご覧下さい。
      「春の訪れ(4)(2016.2~3)」

★今回歩いたコースは、オープン山行で計画したコースを逆回りで歩きました。最後の下りコースは青色のコースに変更しました。
Img371_800x622

★この季節の赤沢の駐車場は平日でも満杯となります。8時に集合した時点でほぼ満車に近い状態で、戻ってきた時には路側にたくさんの車が駐車していました。

★ミツマタの開花状況は、日当たりの良い一部分は十分に開花しておりましたが、大部分はまだ花芯の部分は開花しておらず黄色くなっておりませんでした。昨年に比べて一週間程度遅れています。

Img_8083_640x480

Img_8086_640x480

Img_8095_640x480

Img_8098_2_800x375

★今年「干支の山「鶏足山」(2017.1.11)」で歩いた焼森山方面からミツマタ群生地近くの林道に下るヤブ道コース(特に尾根末端がヤブ状態)ですが、歩きやすく整備されていて林道側の登り口に「登山道入口・焼森山~鶏足山・(新コース)」と書かれた看板が立てられていました。
Img_8080_640x480

1月11日歩いた時のボランティアの方に「ここの道が整備されたら、鶏足山~焼森山~ミツマタ群生地の周回コースができて良いのですが…」とお話したのですが、すぐに実現して下さいました。感謝です。!!!(終り)

« 2017年3月 | トップページ

フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

いばらきの山日記 INDEX

最近のトラックバック

カテゴリー

  • 山歩き
  • 山登り
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 登山