« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

2017.03.29

春を実感した我が家の庭(2017.3.29)

3月26日(日)は第58回「茨城の山探検」オープン山行の日であったが、生憎の雨降りお天気のため中止としましたが、同じコースで天気の良い29日(水)にプライベート山行を行うことにし、11名の参加者を得てミツマタ群生の開花を楽しみました。

13時にもならない時間に終了したので家に帰ってから我が家の庭を見て回りました。
辛夷の花が咲き、草花などの芽吹きもあり春が来たのを実感しました。

★節分草の種が出来ていました。
Img_8106_2_640x513

黄色の花の節分草は葉の形が少し違いますが、種蒔きしてから3年目の春です。残念ながらまだ花が咲きません。来年を期待しましょう。
Img_8107_640x480

★福寿草の種 こちらももう種が出来ています。
Img_8122_2_640x481

★我が家の庭にはミツマタの木が一本あり、今満開です。
Img_8110_640x480

★アズマイチゲの花 もう10年近くなりますが、今年はやっと2輪だけ咲きました。
Img_8121_2_640x479

★カヤランの花芽
今年はたくさん花芽をつけています。4本くらい出ています。小さな花ですがきれいです。
Img_8113_2_640x465

★レンゲショウマ 種を蒔いてから2年目の春ですが、昨年から枯れないで生き残っていたものの芽が出て来ました。どれくらい芽が出てくるか楽しみです。
プランターの種まき土に蒔いたもの
Img_8108_640x480

庭の土に直播きしたもの
Img_8109_640x480

★モミジガサ 昨年たくさん種ができて落ちこぼれた種から沢山の芽が出てきていました。
Img_8111_640x480

★ギョウジャニンニク 年々段々と貧弱になってきていますが、今年も芽を出しました。
Img_8117_640x480

★山椒の芽(木の芽) 新芽が出てきました。もう少し大きくなったらちらし寿司を作ってもらいましょう。(終り)
Img_8120_2_640x482

2017.03.26

第59回「茨城の山探検」オープン山行を実施します(太郎山・井戸沢山)(2017.4)

2017年4月の「茨城の山探検」は太郎山・井戸沢山で山桜とニリンソウを十分に楽しもうと計画致しました。昨年4月に歩いた下記の記録を参照下さい。

  「太郎山周辺の山遊び(1)(2016.4.16)」

計画しているルートは下記の通りです。(クリックで拡大)
実線路(林道)と点線路以外の所は、道が無い所かまたは踏み跡程度ですので、地形図をよく読んで歩くようにしてください。
Img36959_726x1024

参加ご希望の方は私宛のメールか、本件のコメントで連絡ください。(私のメールアドレスは、私のHPに記載しています)

1.第59回の実施日   2017年4月16日(日)
  天候の悪い場合は中止又は延期する事があります。
  その場合は前日の正午までに「いばらきの山日記」にその旨掲載します。

2.集合場所&時間 
  計画図に記載の場所(上小川橋を渡ってすぐ左の路側の広場)  8時30分
  

3.第59回の探検場所(ルート)  ルートは変更することがあります。
  計画図を参照ください。
  
  ・駐車場所から左回りに周回します。
  ・計画図のコピーと地形図を持参下さい。

4.参加者へのお願い事項
★「茨城の山探検」の山行は「探検」と付いている如く一般のハイキング道を歩く山行ではありません。しばしば地図に道のない尾根や沢などを歩きますし、薮漕ぎ、急斜面、岩崖・岩場など危険な所も通過することがあります。
★参加される方のレベルとしては、地形図を見て自力で山行が出来る方、乃至そのことを目標に訓練努力されている方を対象と考えております。ただ人に付いて歩くという方はご遠慮願いたいと思います。
★何方でも歓迎しますが、上記の事項についてよく理解し自己判断された上でご参加ください。山行については自己責任でお願いします。
★地形図を持参ください。

5.2017年5月の「茨城の山探検」について
  5月14日(日)を予定しております。

東金砂山・明神山・妙見山(2017.2.4)

東金砂山の東面の斜面に段々畑のような気になる場所があり、もう10年程前(2006.12.23)になりますが調べに出掛けたことがあります。その時の記録は私のホームページに載せてあります。他に妙見山に登った記録もあります。(下記参照)

           「東金砂山麓散策(2006.12.23)」
           「妙見山(2003.1.24)」

その時から既に10年程経っていますが、最近いつもの山のお仲間と2回歩いてきました。
(★2015年12月29日 &  ★2017年2月4日)
道の駅さとみから周回:道の駅さとみ~明神山~段々畑~東金砂山(神社)~妙見山~道の駅さとみ
歩く度に少しづつ様子が変わっているのが面白い。
歩いたルート図を掲載します。
里山の風景を眺めながらのんびりと歩く余り山登りらしくない歩きも好きです。
Img357_567x800

★三等三角点「守金」356.4mには「明神山」の山名標識がありました。2006年の時にはカワスミさん(SHC)のものでしたが、今回はカワスミさんの山名標識はほとんど剥げて字が読めなくなっており、また別のものが木に貼り付けてありました。
三角点「明神」270.6mはもう少し南にあるのですが、このピークをどうして「明神山」と言うようにしたのか?いずれも近くの地名なのでこの辺りではローカルに明神山と言っているのかもしれない。
Img_6591_640x480

Img_6589_640x480

★堺神社
段々畑の一番下の所は2006年当時は何もありませんでしたが(気がつかなかったのかもしれません)、2015年に行った時には立派な堺神社なるものが作られており、周辺は整備・工事中であった。
2017年に訪問した時には更に整備が進んでおり、2015年の時には石碑だけで参道は出来ていませんでしたが、今回は参道が出来上がっていました。
周辺も園地に整備中で遊歩道や桜の木を植えていました。
桜に時期に行ってみるとどうなっているか?興味あります。
2015年の時の参道は石碑のみ
Img_9882_480x640

2017年:山道が出来上がっており、入り口は石段です。
Img_6592_640x480

境内の様子はさほど変わっておりませんが、周辺を工事中でした。(2015年の写真)
Img_9884_640x480

Img_9885_640x480

Img_9886_640x480

2017年に行った時はまだ工事をやっており、工事をやっている方もおられたのでお話を聞くことができました。

★段々畑のような所
牧草を取るためという話も聞きましたが、本当かどうか?
上の方に登って行くと高鈴山・神峰山などが正面に見えて大展望が広がります。
最上段の広場から稜線へ登る道が近くを通っていたのですが、今は藪となって突破が困難。左の尾根へと登るところも茨の林を通過しなければならない。普通はこんな所から金砂山(神社)へ行く人はいないからで仕方のないこと。
一番下の広場(2015年)
Img_9883_640x480

東屋でお話を聞く(2017年)
Img_6597_640x480

展望(2015年写真)
Img_9889_640x480

稜線へ登る道(2017年 すすきのヤブの所もある)
Img_6600_640x480

★稜線の林道(細崎林道)
所々伐採されていて展望が良い。稜線林道に登り着いた所に倒れた案内標識がありました。
2015年
Img_9892_640x480

2017年 段々酷くなっている。
Img_6602_640x480

稜線の林道は展望が良い所もあるが、植林が大きくなって全体に展望が悪くなっています。
Img_9897_640x480

Img_6603_640x480

Img_6609_640x480

★東金砂神社
林道から手前の山地に登って裏側から接近(2017年)
Img_6604_640x480

Img_6605_640x480

★4等三角点「東金砂」
2015年の時には寄らなかった「東金砂」の三角点に立寄り。この三角点は東金砂山の最高点にはなくちょっと見つけにくいところです。
Img_6608_640x480

Img_6607_640x480

★妙見山:妙見山の石の祠と3等三角点有り。436.7m
妙見山の所の下り分岐に細崎林道の標識がある。
Img_9898_640x480

少し回り込んで山頂へ行くと石の祠がある。
Img_9899_640x480

その少し奥に三角点がありました。(2015年)
Img_9900_640x480

でもこれは三角点か!(境界見出杭か?石に何も彫られていないみたい)
2017年に撮った写真を掲載します。こちらが本物か?
2003年に妙見山に行った時は本物の三角点で写真を撮っていますが、比べてもわかりません。
Img_6613_640x480

★下り道
少し下ると尾根道の分岐に「農免道路」の標識がありそちらに下る。途中のピークに福泉妙見の石の祠がありました。
更に少し下ると尾根の分岐に標識がありました。2015年の時は分岐を左に下りましたが、2017年の時は分岐を右に下りました。こちらには農免道路の標識があります。
Img_6614_640x480

福泉妙見
Img_9902_640x480

途中の標識(2017年)
上り方向
Img_6616_640x480

下り方向(…線路の沢に下っても良かったのですが、尾根コースを下りました)
Img_6617_640x480

降り着いた近くの道路に福泉の地名がありました。
Img_6620_640x480

2015年の時は左に分岐して下りましたが、降り着いた所にある標識です。妙見山となっています。
Img_9905_640x480

★不動滝
最後は不動滝に寄って道の駅に帰着しました。
Img_9906_480x640

★里山の風景
向こうに道の駅が見えます。里山の小道には案内標識があちこちに立っています。
Img_9877_640x480

道案内
Img_9879_640x480

Img_9880_640x480

普段は気がつかないのですが、地図に載っている水路を見つけました。賀美発電所(登録有形文化遺産)に水を取水している水路でした。(終り)
Img_6584_480x640

2017.03.25

第58回「茨城の山探検」オープン山行は中止します(2017.3)

天気予報によれば、26日の天気は
      午前中:曇り     昼前後より:雨
となっており、コンディションが悪いので中止とします。残念!

但し、プライベートで29日に下記の通り同じコースのハイキングを行いますので、お暇な方はご参加ください。

     集合場所:赤沢駐車場      集合時間:8時

                                          以上

2017.03.21

第58回「茨城の山探検オープン山行の件(2017.3)

★鶏足山には、最近ミツマタの時期に大勢の登山客が訪れるようになっており、駐車場が満杯になることが懸念されます。

★集合時間を9時と遅めにしておりますので駐車場に入れないことが考えられます。早めにご来場ください。

★駐車場には入れない場合は付近の路側帯に邪魔にならないように駐車ください。
集合する場所はトイレの近くと致しますので宜しくお願いします。

★現状の参加者は16名です。               以上

2017.03.17

ボルダリングやっています!

2013年1月から水戸葵山岳会のクライミングジム(aoi wall)でボルダリングをやっています。
(非会員ですが紹介していただいて遊ばせてもらっています。勿論有料です)
月曜日と木曜日の午前中の2回/週やっており、初めてもう4年目になります。

何故始めたかというと…
歳をとってくると色んな能力や機能、筋力などが段々と減退してきます。私もろくに懸垂も出来なくなって、筋力の低下を切実に感じていました。少なくとも現状維持程度に筋力を保持したくて、ボルダリングなら楽しみながら筋力の維持が出来るのではないかと思って始めました。岩登りのテクニックを学ぼうというのではないのですが、元々岩場は好きですので楽しみながら続けています。

少しは上達したのでしょう。オーバーハングした所もホールドにつかまって少しは遊べるようになりました。初めて写真を撮ってもらったので遊んでいる所を紹介します。

上のホールドに登ろうとしています。
Dsc_0009_2_406x640_2

足の位置を変えて…ヨイショッ
Dsc_0010_2_383x640

ホールドを掴めました
Dsc_0011_2_390x640

2017.03.16

常陸海浜公園(2017.3.16)

午後車の定期点検を予約していたので、車に自転車を積んで馬渡にあるスズキ自販の営業所に出向いた。ここからは常陸海浜公園が近いので、定期点検をしてもらっている間の時間を利用して、積んでいった自転車で常陸海浜公園を巡り歩いた。

水仙は早咲きのものが一部咲いていましたがまだまだです。3月末頃が見頃でしょう。
今は梅も綺麗でした。
ミスミソウが記念の森レストハウスの周りで咲いていました。
4月中旬がチューリップ、5月連休の頃がネモヒラが良さそうです。

今日見た花です。
Img_7963_640x480

Img_7965_640x480

Img_7976_640x480

雪割草(ミスミソウ)
Img_7972_640x480

Img_7969_640x480

Img_7970_640x480

Img_7971_640x480

Img_7974_640x480

Img_7975_640x480

キクザキイチゲのようです。
Img_7966_640x480

今日は良く晴れて春を感じた一日でした。(終り)

2017.03.15

「いばらきの山日記 INDEX」を更新しました(2017.3.15)

これまで【2013/12】までしかINDEXを作成しておりませんでしたが、今回【2014/1~2016/12】までの分を追加致しました。ご利用ください。

2017.03.12

第57回「茨城の山探検」オープン山行(鍋足山)の記録(2017.3.12)

悪天候のため延期していた第57回「茨城の山探検」オープン山行(鍋足山)は良い天気に恵まれて実施できました。
湯草から南沢を遡行しましたが、雨が降らないのでほとんど水の流れない滝でした。
【水嶋 保さんの「茨城の滝」に出ている鍋足山の不動滝、湯草の南一の滝、湯草の南二の滝に案内しましたが、写真のような水量がなく残念でした】

歩いたルートは実施案内で掲載した計画図(変更後の)通りです。
参加者は総勢17名でした。(南4の連瀑の滝の上段を背景に撮った写真をご覧ください)
Img_7939_640x480

以下山行の様子は写真でご覧ください。

水のない不動滝です。
Img_7931_640x480

南一の滝を渡る
Img_7932_640x480

水の流れない南二の滝
Img_7933_640x480

南二の滝は右岸を高巻く
Img_7934_640x480

南三の滝
Img_7935_640x480

南三の滝は側面を登る
Img_7936_640x480

南四の滝は連瀑となっています。上段の滝のところで集合写真を撮りましたが、滝を直登される方もいます。
Img_7940_640x480

奥の滝(南五の滝)は一番落差があります。手前に地震の時に大きな岩が崩れ落ちてきており滝の直下に行くのは困難です。
Img_7944_640x480

奥の滝の上に出た所から尾根に取り付きます。尾根の上部からは下の景色がよく眺められます。
Img_7945_640x480

今の時期は木々は葉を落としており、上から見ると大きなケヤキがよく目立ちます。
3峰の横のモミジ谷を見下ろしました。
Img_7947_640x480

湯草の谷奥の右股へ下りました。
Img_7948_640x480

4峰へ登ります。
Img_7949_640x480

最後は北尾根を下りました。遠くに白い那須連峰が見えました。
Img_7951_640x480

日当たりの良いところではスハマソウの花が開いていました。春ですね。(終り)
Img_7952_640x480

Img_7956_2

2017.03.11

春の訪れ~蕗の薹を摘む(2017.3.11)

今日は6年前の東日本大震災の日である。朝から良い天気なので蕗の薹を摘みに県北の山に出掛けることにした。

かねて目をつけておいた谷間に行くと沢山の蕗の薹が出ていて春を感じます。
暫し腰を落ち着けて一つ一つ丁寧にナイフで取りました。
風は冷たいが日差しは春の訪れを感じました。

Img_7923_2_640x384

Img_7921_640x480

収穫です。
Img_7929_640x480

いつもふき味噌をたくさん作りますが、他にも鰹節を混ぜて佃煮風に煮て食べましょう。
ごうやの苦味は苦手ですが、この苦味は大好きです。(終り)

2017.03.08

第57回「茨城の山探検」オープン山行(鍋足山)の計画図変更

第57回茨城の山探検オープン山行を実施します(鍋足山)(2017.2)」に掲載しております計画図のルートを変更致しました。

南沢遡行以降のルートを変更しました。変更しました計画図は下記です。
変更した計画図のコピーと地形図を持参の上参加お願いします。(クリックで拡大します)

Img365_1024x729

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

いばらきの山日記 INDEX

最近のトラックバック

カテゴリー

  • 山歩き
  • 山登り
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 登山