« 十里上峠界隈を歩く(2)(2016.11.13&12.3&12.10) | トップページ | 十里上峠界隈を歩く(3)(2016.11.13&12.3&12.10) »

2016.12.27

高峠山(2016.12.25)

【十里上峠の山行を連載中ですが、最近忘れっぽいので最新の山行記録を先に掲載します。】

大子の高峠山という山がある。山頂に3等三角点「上塙沢」324.3mが設置されている。
この山には2000年11月29日に登っているが、調べてみるとホームページの「茨城の山」に山行記録を載せていない。
今回は山のお仲間に誘われて高峠山に16年振りに登ってきましたが、何せ昔のことなので、前に登った時の記憶がほとんどない。写真を何枚か撮っており、入口の石仏と山頂の写真だけですが、それを見て幾らか記憶が蘇った。この際なので昔の山行記録も併せて載せることにしました。

今から16年前の2000年l頃にはネット情報もなく、高峠山に登るには何処から登り道があるのか?という状態でした。私は地形図を見て、多分この辺りに昔の山仕事などに使われた山道があるのでないかと見当をつけて、現地へ行って付近を歩き回って山道を見つけてきました。上手くいかない時や藪道となっていることなどもありますが、山頂からの降りで道を見つけることもありました。
山へ入る道は大抵集落のある場所で、高峠山の場合は上塙、下塙辺りの谷間にありそうだと思って、付近を歩いて上塙の谷間に入る山道を見つけました。この道を少し入った所に石仏が置かれた所がありました。昔の人は山に入る時はここに挨拶してから通るので間違いないと思いました。
しかしそこから山頂までの途中の記憶は全く無しですが、藪などで苦労した記憶もないのでしっかりした道があったのであろう。石仏の写真を掲載します。
16年前に撮った写真です。
Pb291759_640x480

今回撮った写真です。余り変わっていませんね。
Img_6050_640x480

石仏には詳しくないですが、馬頭観音と思われる左の石像です。(今回撮影)
Img_6051_640x480

16年前撮影した右の石仏。青面金剛?でしょうか。下に三猿が掘られています。こういう石仏を見るのは好きです。
Pb291760_480x640

今は山歩きをしても写真を撮るだけで、山行メモなどはしておりませんが、2000年当時は簡単な山行メモをつけていました。
当時の山行メモを取り出してきて記録を見ますと下記のようでした。

「11/29 高峠山
 上塙10:55→330ピーク11:25→高峠山(324)11:36/12:05→上塙12:19
 【私の推定:山頂で昼食か。降り時間15分ほどで早いな~】
 (左の谷のお不動様往復)←【写真が残っているのでお不動様に寄ったらしい】
 ・杉、檜植林の山。谷沿いは植林間伐中
 ・山頂北側伐採されて展望よし。八溝、大神宮山など」

お不動様の写真です。
Pb291764_640x480

このメモを見ると330ピークを経由して山頂へ行っている。

所で今回の山行ですが、登山道の入口は上塙辺りの谷間という記憶だけでしたので探すことにしていましたが、折りよく通りかかった若者に声をかけ聞いてみました。本人は知らないとのことでしたが、親切にもわざわざ電話で聞いて下さって教えて下さいました。
教えて頂いた通りに2軒の家の間の道を入ると水の流れている荒れた谷間になりましたが、少し入ると昔見た石仏があり、昔登った道と確認できました。
この谷沿いの道は枝沢への道の分岐が幾つかありましたが、本谷を登りました。道は傾斜を増した谷の源流部に近づくと、右の尾根に回り込んで稜線の鞍部へと登りつきました。そこから高峠山の山頂はすぐでした。(昔登った時は330P経由なので沢沿いの道から左の尾根に登っているようである)

山頂には三等三角点「上塙沢」324.3mがあるが、周りは木立に囲まれて展望なしで残念。
昔は伐採されていて展望良かったですが、写真でご覧下さい。
バーバリーの帽子とモリ商会で買ったズボンは廃棄処分になっていますが、フリースは未だに着ていますね。
16年前の山頂写真。山名板は新ハイのカワスミさんでした。
Pb291761_640x480

Pb291763_640x480

今回の山頂写真。
Img_6056_640x480

Img_6055_640x480

★山名板についてのお話
2000年当時に私が見たのは写真にある通り新ハイのカワスミさんの山名板であった。
今回山頂に着いた時には山名板が見当たらなかったので周りを見たら落ちていました。2004年の記載された黄色に黒字で書かれた山名板で時々見かけるものである。
今回一緒に登ったNさんが明かして下さったお話ですが、この山名板はNさんのお知り合いの方が作られたもので、当時一緒に山名板を付けにここに登ってこられたとのことでした。「そうなんですか~」とそんなことは全くしない私は感心しました。
これと同じ作りの山名板を私はいくつか見ていますが、きっとNさんも山名板付けに歩かれたのであろう。今日登った大室山も同じ山名板がありましたね。「ぼとく山」のもそうだったんだ。
P3050630_2_640x479

降りは下塙の方へ張り出している尾根を下ることにした。カプランさんの山行記録によると途中のピーク上に石祠があり写真が載っていたので見てみたいとの思いもあった。今回行ってみたら石祠は倒れてしまって壊れていました。残念!
Img_6057_640x480

最後は下る予定の尾根の入口に来て、歩きやすそうな踏み跡が左の谷間状の所を通っていたのでそちらに引き込まれてしまい、結局谷間を下ることになってしましました。昔の棚田跡のようで泥濘んで歩きにくい所でちょっと失敗。無事稲荷社の所へ降ってきました。

今日は総勢5名で歩きましたが、山慣れた皆さんでしたので3日間連続の山歩きにも拘らず元気なものでした。今日歩いたコースを掲載します。青線は昔歩いたと推定したルートです。(終り)
Img336_2_800x568

« 十里上峠界隈を歩く(2)(2016.11.13&12.3&12.10) | トップページ | 十里上峠界隈を歩く(3)(2016.11.13&12.3&12.10) »

「山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81710/64683071

この記事へのトラックバック一覧です: 高峠山(2016.12.25):

« 十里上峠界隈を歩く(2)(2016.11.13&12.3&12.10) | トップページ | 十里上峠界隈を歩く(3)(2016.11.13&12.3&12.10) »

フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

いばらきの山日記 INDEX

最近のトラックバック

カテゴリー

  • 山歩き
  • 山登り
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 登山