« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016.06.23

花の便り(9)(2016.6)

6月は高山では雪解けの時期で、雪解けとともに色んな花が咲き始める。ハクサンイチゲの群落とか、ヒメサユリとか、その他色々のお花を見に行きたいと思っているのだが、梅雨時でお天気がスッキリと晴れることがないので出掛ける決心がつかない。歳を取ると雨の中を歩くのは厭になり、何とも意気地のないことである。仕方なく茨城の山や自宅の庭の花などを見て心を慰めている。

そんなことでまた茨城の山の花と庭の花の報告です。
18日(土)は西金砂山周辺を歩きました。19日(日)は下君田の滝山渓谷など歩きました。先日「塩の道」を歩きましたが、石碑の道標に刻まれている「上君田」付近はこれまであまり歩いたことのないエリアですが、滝山渓谷は大北川の上流域です。

杉の大木の高い所にセッコクが付いていました。もう花が終わりと思っていましたが、まだ咲いていました。
Img_3376_2_640x479

Img_3378_2_640x498

ホタルブクロです。我が家の庭でも咲いています。
Img_3382_2_640x463

イチヤクソウです。
Img_3386_2_640x585

ウツボグサです。
Img_3389_640x480

今栗の花が咲き、独特の芳香?を放っています。
Img_3390_2_640x513

オカトラノオです。
Img_3394_2_640x479

テイカカズラの花です。
Img_3397_2_640x479

これは何の実でしょう?瓢箪木の類かな
Img_3399_2_640x479

ツルアリドオシです。
Img_3409_2_545x640

オオバアサガラ(木)の花です。
Img_3415_2_627x640

ウノハナ(ウツギ)です。
Img_3416_2_640x538

トキソウです。
Img_3435_2_640x479

サギスゲです。
Img_3429_2_640x500

Img_3426_2_640x480

ミズチドリです。
Img_3431_640x480

ニワゼキショウです。
Img_3437_2_640x494

以下は我が家の庭のものです。
シキンカラマツ:私の背位に伸びました。花芽だとよくわかるようになりました。
Img_3455_640x480

Img_3456_2_640x472

レンゲショウマの苗ですが、もう一枚葉が出てきました。
Img_3461_640x480

2016.06.21

新しい靴と西金砂山(2016.6.18)

茨城の山歩きなどお天気の良い日の日帰り登山には、5/10のアプローチシューズを履いています。1足目のアプローチシューズは2年3ヶ月で壊れました。今履いているのは2足目です。5/10のアプローチシューズについては下記を参照して下さい。

★「新しい靴と男体山(2013.6.23)」
★「アプローチシューズが遂に壊れました。(2015.10)」

今履いている5/10のアプローチシューズは、現在はモデルチェンジされて新しいモデルとなっているのだが、値段は1.5倍~2倍近くに値上がりしてしまいました。これではちょっと値段が高いので、次には今と同じくらいの値段で同じように履き心地の良い靴はないかと思っていました。
5月にジャワ島へ山登りツアーに行った時、モンベルのローカットの靴を履いている人がいましたので話を聞きました。この方は幅広タイプが出たので買ったと言っていましたが、見た目も良さそうだし、履き心地は悪くないとの話でした。
帰国後、モンベルのカタログで調べたところ、登山靴(ハイキング)の中にラップランドブーツというのがあり、いくつかの種類がありましたので、その中の一つでローカットのこれが良さそうと思われるものを早速購入しました。値段は定価で¥14,800です。
Img_3371_2_640x420

早速この靴の試し履きのため西金砂山を歩いて来ました。
靴紐の締め具合は、最初きつく締めて歩いたのですが、右足の踵部分がちょっと擦れる感じでしたので、締め具合を緩くしたらよくなりました。靴自体がとても軽く、柔らかなので余りきつく締めない方が良いようです。
足は大地を裸足で歩く時のように踵と足指で大地を掴む如く踏みしめる感じで、足首部分もあまり固定されなくて私は好きで、履き心地よく気に入りました。もう少し履き慣らしてみたいです。

西金砂山は西金砂神社を起点に祭礼道と北尾根を反時計回りで周回しました。以前歩いた時と特に変わった所はありませんが、いつもと違う下って上りの歩きでした。
Img304_800x577

途中の写真でもご覧ください。
・西金砂神社:茨城百景です。
Img_3374_2_640x566

・祭礼道の下りの入口:鳥居があります。
Img_3384_640x480

・途中のケヤキの古木
Img_3387_480x640

・標識が所々に立てられています。
Img_3388_640x480

・祭礼道の下の入口に建てられた石碑(前はなかった)
Img_3391_480x640

・北尾根には標識がありませんが所々にテープなど付けられています。
Img_3392_640x480

・途中の岩尾根:一部痩せ尾根と岩場有り
Img_3393_480x640

・尾根登り途中からの展望
Img_3400_640x480

・西金砂山遊歩道近くに付けられているテープ。(注意書きがあり)
Img_3402_640x480

・遊歩道の標識に到着
Img_3403_640x480

・三角点
Img_3404_640x480

・裏参道の鳥居
Img_3405_640x480

正味2時間半ほどの歩きです(終り)

2016.06.15

花の便り(8)(2016.6)

最近は梅雨空なので中々山へ行けない状態です。御前山付近をちょこっと散策してきました。地味な花が咲いています。

★またたびの花が沢山咲いています。前にも書いたことがありますが、花には3種類あるように見えます。(雄花、雌花、両性花)
Img_3336_2_640x633

★木苺がたくさん実をつけています。赤い実、黄色い実。
Img_3340_640x480

山にあまり行けないので庭の花を見回っています。
★サンパチェンス
昨年切り戻して室内に取り込んで越冬させました。新芽がたくさん出て、今は花が咲き始めています。最初から株が大きいので見応えがあり、秋まで花を楽しむことができそうです。
Img_3360_640x480

★レンゲショウマの苗
昨年レンゲショウマの種取りをして山や庭に播いています。プランターに種播き用の土を入れそこに播いたものはたくさん発芽しました。あんなに小さな種なのに凄いです。
本葉が出て混み合ってきたので一部を苗ポットに植え替え、苗を育てることにしました。
さて立派な苗になるでしょうか。よく育ったら誰かに差し上げましょう。
Img_3345_640x480

間引いた後のプランター
Img_3346_640x480

Img_3347_640x480

庭に直播きしたものも順調に育っています。
Img_3361_640x480

★シキンカラマツ
1m位に育っていますが細い。これで本当に花が咲く?(終り)
Img_3348_480x640

Img_3349_2_640x599

2016.06.12

高鈴山(2016.6.1)

★私が所属している山の会の毎月の定例山行に参加して高鈴山を歩いてきました。

★ルート:日鉱記念館前-尾根稜線-御岩山-高鈴山-助川山-助川城址-日立駅
 行動時間は約6時間、26000歩の山行でした。

★日立駅集合、7:18発東河内行きに乗車し日鉱記念館で降車し8時頃より歩く。

★御岩山で休憩。最近御岩山付近の岩場周辺は立入り禁止で看板が立てられています。
Img_3292_640x480

パワースポットなれど何も感じない鈍感な男だ。
Img_3293_480x640

奥久慈男体山方面の展望が良い。
Img_3294_640x480

★高鈴山山頂で休憩。
Img_3295_480x640

助川城址公園方面へと下る。
Img_3296_640x480

★百観音で休憩
Img_3297_640x480

★おむすび池に到着。そろそろお腹すいた~
Img_3300_640x480

★オオナルコユリが咲いていました。
Img_3301_640x480

★11時40分助川山到着。ここで昼食休憩ですがお昼寝付きで1時間休憩しました。
Img_3302_640x480

大展望です。地球は丸いと実感できます。
Img_3303_640x480

★助川城址少し手前の山神様の祠です。山の安全や山のお恵みに感謝して参拝。
Img_3306_640x480

助川城址公園のすぐ下に昔住んでいましたが、今はアパートは取り壊されていて様子がすっかり変わっていました。
駅までのんびりと歩き、電車の待ち時間はコーヒータイム、一日よく歩きました。(終り)

2016.06.11

第52回「茨城の山探検」オープン山行の記録(塩の道)(2016.6.5)

6月の「茨城の山探検」は「塩の道」を歩く周回コースを計画しました。
「塩の道」については下記の新聞記事をご覧下さい。

   「塩の道」再生、散策路に(クリックすると拡大します)

Img303_772x800

下記の記事も参考にご覧下さい。
第52回「茨城の山探検」オープン山行を実施します(2016.6)
★「塩の道」を歩く(2016.1.26)

参加者は14名。天然記念物の「笠石」の前にある「塩の道」の標識の前での集合写真をご覧ください。
Img_3312_2_640x480

計画図に対して実際に歩いたルートは、図中「青色」で追記したルートです。下記の図をご覧ください。周回路としてはまだ幾つか考えられます。(クリックで拡大します)
Img302_1024x724

写真を何枚か掲載します。
・薄葉沢拔景
Img_3307_640x480

・笠石集落のハイキングコース標識
Img_3309_640x480

・三角点「笠石」に立ち寄りました。三角点を待合せ場所として三角点までは自由行動としましたが、結局2グループに分かれての行動となりました。
Img_3313_640x480

・県道245に到着
Img_3315_640x480

・周回コースは伐採地に作業道を通って少しショートカットルートを歩きましたが、最後はイバラの茂るヤブとなりました。
破線路に出て道は明瞭でしたが、途中から笹薮となり道は消滅、地形図を見ながらハイキングコースの十字路まで無事到着。
生田の滝への道は途中伐採地の所がイバラなどが繁茂していて、このまま放置すればいずれ通行できなくなりそうであった。
生田の滝に到着。周辺の幾つかの滝も見学。
Img_3320_640x480

Img_3325_640x480

ここから駐車場所までは車道歩きとなり長いので飽きてきます。
途中の鳥居(対岸に祠がある)など眺めながらのんびりと歩きました。
Img_3329_640x480

馬頭観音の石碑も幾つかありました。(終り)
Img_3332_640x480

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

いばらきの山日記 INDEX

最近のトラックバック

カテゴリー

  • 山歩き
  • 山登り
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 登山