« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016.03.30

春の訪れ(6:最終)(2016.2~3)

3月までに見た早春の花の最終回です。

★3月29日下檜沢へイワウチワを見に出掛けてきました。今回は普通皆さんが歩く長崎沢三角点~沼ノ上三角点のルートから外れて・320の支尾根を探索しました。この尾根も途切れることなくイワウチワの群落が続き、日当たりの良い所では満開状態でした。
Img_1643_640x480

Img_1655_2_640x360

Img_1653_640x480

Img_1646_640x480

★その他に見た花
行きに那賀のカタクリ山に寄りました。道路側は日当たりがよく開花状態でしたが、山の側面はまだ蕾の状態でした。
Img_1617_640x480

Img_1615_640x480

Img_1609_640x480

Img_1610_640x480

カタクリの傍らにアズマイチゲが咲いています。
Img_1605_640x480

下檜沢に行く途中の道路沿いに花はよく似たキクザキイチゲが咲いていました。葉の形で区別できます。
Img_1660_640x480

Img_1661_640x480

菜の花と梅の花
Img_1621_640x480

イヌノフグリ
Img_1607_2_640x486

オドリコソウ
Img_1613_2_640x479

山の中でワサビとミツマタ
Img_1625_640x480

Img_1623_640x480

3月30日はゴルフでしたが、春の陽気に誘われて桜が咲き始めました。これからも花を追いかけて忙しいですね。(終り)

2016.03.29

山の石祠、石仏、石碑など(3)(2016.3)

2016年3月16日
月山に登ったあと羽黒山に見立てた大室山へと向かう。
大室山に初めて登ったのは1998年2月1日なので18年振りの訪問となる。その時の記録を見ると山頂には土手で囲われた中に土盛りして石の祠が置かれていたと書いている。

大室山国有林の看板のある所から林道があり歩き始める。
Img_1217_640x480

大室山は植林に覆われた山であるが、東に張り出している尾根を真っ直ぐに登ると山頂である。山頂には18年前に見たのと同じく土盛りされた上に小さな石祠が置かれていました。周りは土手に囲われ傍らに大きな山桜の木があります。
Img_1219_640x480

偏平足のブログによれば、この石祠は妙見宮であるそうです。「御岩山」(志田諄一 1992年 筑波書林)に「大室山頂に、文化年間(1804~1817)に祀られた妙見宮の石祠がある」と書かれているとのこと。

同じく偏平足のブログによれば、大室山に羽黒山が勧請され、その本地仏の聖観音菩薩も別に祀られているという。その石仏を訪ねた時の記事もあったのでそれを参考にして石仏探しをしました。

山頂から少し下がった所に運良く見つけることができました。周りに特に何かがある訳でもなくどうしてこの場所に置かれたのか?
Img_1225_480x640_2

Img_1220_640x480

斜めに割れています。いつ割れたのか?元に戻したのは誰?
Img_1222_480x640

良いお顔をしています。
Img_1222_2_640x502

(続く)

2016.03.28

山の石祠、石仏、石碑など(2)(2016.3)

『森林インストラクター「yamazaru」のフィールドメモ』を時々訪問しております。
その中の「今年の山歩き初め(2016.1.09)」というのを見ました。その中には「水戸藩が出羽三山を勧請したこと」と「月山に見立てた小ピークに登り大きな石鉾を見てきたこと」が写真とともに書かれていました。

私はこのような歴史的な出来事を全く知りませんでしたので興味をもちました。羽黒山に見立てた大室山の方は以前登ったことのある山なので大体の様子はわかっております。

月山に見立てた小ピークの上にこんな立派な石祠が誰にも知られずにひっそりと埋もれたままになっているのは勿体無いことで是非見たいと思いました。yamazaruさんにお願いすると快く場所を教えて下さいました。そんなことで早速3月6日に出掛けてきました。

月山に見立てた小ピーク上にあり、かなり大きな立派なものです。ここまで特に道はありません。
Img_1203_2_612x640_2

横から見た姿です。
Img_1202_2_640x443

参拝してから石祠の中の阿弥陀如来を拝観いたしました。
Img_1206_2_640x481

石祠の側面に年号が書かれていました。文政11年(戌子)4月8日立=1828年
もっと古いものかと思っていました。
Img_1207_2_592x640

寄付(献金)した人の名前など書かれた石碑が傍らにありました。昔の人は信仰心が厚いのだなと感じました。
Img_1212_640x480

この後大室山へと向かいました。(続く)

2016.03.27

山の石祠、石仏、石碑など(1)(2016.3)

山道の路傍や山頂などに石仏、石碑、石祠が置かれているのをよく見かけます。こういうものに特別興味がある訳ではないが、昔の人の生活の情景や信仰心などが感じられて素通りできません。写真に撮ったり、何時頃もののかと調べてみたりすることがある。

昔の生活道の路傍に一番よく見られるのは馬頭観音である。昔は馬が農耕や物資の運搬に欠かせない家畜で大切に利用されていた事がよく理解できます。その他に道標も兼ねている石碑もあります。先日塩の道を歩いた時は、馬頭観音の石碑が道しるべを兼ねていました。
参照先    「塩の道」を歩く(2016.1.26)

顔のある石仏もよく見かけますが、穏やかな良いお顔をしているものがあり見ると何となくホッとしてついカメラを向けてしまいます。
先日石仏オタクの方の「偏平足」というブログを見ていたら、茨城の石仏も沢山載っていました。その中に馬頭観音の大きな像が載っていましたので是非見たいと鹿嶋さんたちと訪ねました。場所は大室山の近くで玉簾ノ滝の所から上がった滝沢集落の中ほど、荒沢不動堂の前にありました。

3月5日に訪れました。三面六臂の坐像ですが、高さ約1.2mほどある大きなものです。台座から少しずれていますが、東日本大震災の地震によるもののようです。
Img_1195_640x480

顔が三つで頭上に馬頭を頂いています。馬頭観音は手に斧、宝剣、施無畏印、宝輪、宝棒、念珠を持っているのだが、左手1本が残念なことに欠けていました。お顔は恐ろしい憤怒相です。
Img_1197_480x640

この印を切る姿ですが誰かに似ていませんか?五郎丸さんですね。馬口印というようです。
Img_1196_2_640x462

この裏側にも馬頭観音が置かれていました。御大典記念の文字が刻まれていて昭和3年11月10日、昭和天皇のご即位の御大典のようです。
Img_1198_640x480

他に横にも石祠がありました。(続く)
Img_1193_640x480_2

続きを読む "山の石祠、石仏、石碑など(1)(2016.3)" »

2016.03.26

春の訪れ(5)(2016.2~3)

3月26日:鍋足山系と盛金の山を歩いた。

鍋足山では「鶯神楽」をあちこちで見た。
Img_1581_2_640x479

「岩団扇」を見に盛金の山に移動。今年はやっぱり開花が早い。いっぱい咲いていました。(終り)
Img_1597_640x480

Img_1592_640x480

Img_1590_640x480

2016.03.23

春の訪れ(4)(2016.2~3)

焼森山(茨城県側から言えば鶏足山かな)のミツマタ群生地の話を最近よく聞くようになった。私はまだ見に行ったことがないので「見に行ってきた」と言われてもコメントのしようがないので見に行かなくてはと思っていた。

幸いにも鹿嶋さんたちに誘われて案内してもらい見てきました(2016.3.23) 丁度見頃で見事でした。地元の監視員の方たちのお話では、植林の間伐をして太陽の光が地上に降り注ぐようになり、急に成長しここ数年で見事な群生地になったとのこと。下草刈りや遊歩道の整備などされて多くに人が訪れるようになったようです。今日はNHK宇都宮が撮影に来ていました。

写真をご覧ください。

看板
Img_1540_640x480

群生地を下から見る
Img_1542_640x480

遊歩道を一周りしました。花のトンネルです。(頂いた写真)
Dsc_0542_640x427

遊歩道の途中から
Img_1553_640x480

Img_1555_640x480

ミツマタの丸いぼんぼりが綺麗です(終わり)
Img_1559_2_640x464

Img_1565_2_640x536

2016.03.21

春の訪れ(3)(2016.2~3)

今日も鍋足山を巡り歩いて来ました。他のグループには誰にも出会いませんでしたが、花には出会えました。
ダンコウバイ、シュンラン、スハマソウなどでしたが、ニューファイスとしてイワウチワとミツバツツジの開花を見ました。(まだ開花宣言するには早いかな?)
イワウチワは岩場の近くで、太陽の日差しで岩場が暖められると付近の地温が高くなるからでしょう。その近くでミツバツツジも咲いていました。
Img_1526_640x480

Img_1528_2_640x496

★我が家の庭の春
蝋梅や梅の花はもう終わりです。今はミツマタが花ざかり、辛夷と木蓮が咲き始め、椿も色々と咲いています。春は楽しいです。(終り)

上は辛夷、下はミツマタ
Img_1529_480x640

ミツマタ
Img_1530_640x480

木蓮
Img_1531_640x480

椿
Img_1532_640x480

続きを読む "春の訪れ(3)(2016.2~3)" »

2016.03.20

春の訪れ(2)(2016.2~3)

今日は鹿嶋さん達と山歩きをしました。今の時期はやっぱりダンコウバイが一番目につきます。
Img_1471_640x480

Img_1465_640x480

スミレもちらほら。
Img_1474_2_640x480

山歩きの後はマル秘情報だが最近見つけた福寿草の群生地に連れていって下さいました。 すご~い!!!
Img_1492_2_640x480

Img_1490_640x480

Img_1503_640x480

近くに咲いていた花 イチゲ
Img_1497_2_640x480

紅白の梅の花
Img_1500_2_640x480

ヤブツバキ(終り)
Img_1499_640x480

Img_1489_2_640x479

2016.03.19

春の訪れ(1)(2016.2~3月)

早春の花が咲き始めています。機会があれば見に出掛けています。

★偕楽園  2月26日に自転車で出掛けてきました。梅の花は7部咲き、梅林を散策して梅の香りを楽しみました。田鶴鳴梅林も歩いて来ました。
Img_1120_640x480

Img_1121_640x480

Img_1126_640x480

Img_1127_640x480

★県植物園  3月3日に訪れました。丁度春蘭展の前日で準備中でした。
Img_1169_640x480

Img_1170_640x480

Img_1173_640x480

この日は県民文化センターで「日本の自然」写真展をやっていましたので見に行きました。興味深い作品が沢山ありました。写真は最優秀賞の写真です。

Img285_424x640

★茨城の山の花  茨城の山の花も咲き始めているだろうと3月16日スハマソウを見に出掛けました。珍しく変わり種の緑の花を見つけました。
シュンラン、ダンコウバイやミツマタなども咲き始めています。(終り)

写真の下側に緑色の花があります。
Img_1440_640x480

拡大写真です。
Img_1437_640x480

Img_1422_640x480

Img_1451_640x480

Img_1452_640x480

続きを読む "春の訪れ(1)(2016.2~3月)" »

2016.03.18

「茨城の山探検」オープン山行第50回を実施します(2016.4)

「茨城の山探検」オープン山行はいつまで続けられるのかと思いながら続けてきましたが、参加される皆様方のご協力により何と50回目を迎えることができました。一つの節目でもあり、今回はサイクル登山(三角点の一等、二等、三等、四等を順序は別にして繋いで巡り歩く)というのを企画しました。

一等三角点の山として選んだのは男体山(三角点名「頃藤」)です。一等三角点のある筑波山、吾国山、八溝山、高鈴山のサイクル登山については、実施されることがありますが、男体山についてはまだ聞いておりませんので検討してみました。

男体山の近隣の二等三角点としては「上檜沢」、「鷹捕山」、「花立山」などがありますが今回は「「上檜沢」としました。
4月初旬という桜の時期でもあり、併せて岩団扇の花など山の花も咲く季節であり、花も観賞しながら歩きたいと思います。
サイクル登山の計画図をご覧ください。(図をクリックすると拡大します)
Img284_800x577

参加ご希望の方は私宛のメールか、本件のコメントで連絡ください。(私のメールアドレスは、私のHPに記載しています)

1.第50回の実施日   2016年4月3(日)
  天候の悪い場合は中止又は延期する事があります。
  その場合は前日の正午までに「いばらきの山日記」にその旨掲載します。

2.集合場所&時間 
  男体山大円地駐車場  6時30分
  ・集合した後、車に乗り合せて出発地点の「久隆」に移動します。
  ・遠方より来られている方の車は、ゴールした後先に帰って頂くため、ゴール地点の
   大円地駐車場に残していくようにしたいと思いますのでご協力ください。

3.第50回の探検場所(ルート)  ルートは変更することがあります。
  計画図を参照ください。
  ★出発地点は久隆です。男体山は最後に登ります。大円地駐車場がゴールです。
  ★行動時間 10~11時間、距離は水平距離で20km弱です。
  ★予定時間より遅れることがありますのでヘッドランプはお忘れなく!
  ★行動食を準備してきてください。途中長い休憩(昼食休憩も)は取りません。
    小休止の都度、行動食でエネルギー補給をしてください。
  ★盛金へ降りた所に売店がありますのでペットボトルや若干の食料の補給は可能です。
  ★万一途中でリタイヤする場合は、男体山登山をカットして大円地駐車までとして下さい。

    地図は掲載した計画図を準備しますので、各自詳細な地形図を準備してください。 

4.参加者へのお願い事項
★「茨城の山探検」の山行は「探検」と付いている如く一般のハイキング道を歩く山行ではありません。しばしば地図に道のない尾根や沢などを歩きますし、薮漕ぎ、急斜面、岩崖・岩場など危険な所も通過することがあります。
★参加される方のレベルとしては、地形図を見て自力で山行が出来る方、乃至そのことを目標に訓練努力されている方を対象と考えております。ただ人に付いて歩くという方はご遠慮願いたいと思います。
★何方でも歓迎しますが、上記の事項についてよく理解し自己判断された上でご参加ください。山行については自己責任でお願いします。
★地形図を持参ください。

5.2016年5月の「茨城の山探検」について
  5月は8日(日)を予定しております。

2016.03.17

49回「茨城の山探検」オープン山行の記録(富士山・前山・吾国山)(2016.3.12)

第49回の「茨城の山探検」は福原駅を起点に富士山・前山・吾国山の三山を巡るコースとしました。当初は3月6日を予定していましたが、天候の都合で12日に延期したものです。

★参加者総勢16名。集合写真は前山三角点にて。
Img_1337_2_640x360

★通過した山
  ・富士山  三等三角点「本戸」 183.1m
  ・前山    四等三角点「前山」 270.9m
  ・吾国山  一等三角点「吾国山」 518.1m

 今回のコースは出来るだけ一般コースと異なるところを歩くことにしました。「富士山・前山・吾国山(その3)」と異なるのは吾国山からの下りのルートで、下りコースは沢集落へと下る道を通りました。
コースの様子は「富士山・前山・吾国山(その1~その3)」を参照して下さい。
Img283_640x545

★吾国山直下のカタクリ群生地ではカタクリの葉がたくさん出ていました。
Img_1340_640x480

沢集落に下る道の途中に不動明王の像が置かれていました。(終り)
Img_1342_640x480

続きを読む "49回「茨城の山探検」オープン山行の記録(富士山・前山・吾国山)(2016.3.12)" »

2016.03.16

第48回「茨城の山探検」オープン山行の記録(御岩山・高鈴・神峰・きららの里)(2016.2.21)

御岩山から高鈴山~神峰山周回コースは第20回「茨城の山探検」(2013.1.13)で実施しておりますが、今回は少しルートを変えて実施しました。

★御岩山の登りは前回は裏参道から裏道コースを登りましたが、今回は表参道からパワースポットコースを登りました。
★神峰山への登りは前回は気象観測所の尾根コースでしたが、今回は神峰神社の参道コースでした。
★冬期間中はきららの里は入場無料なのできららの里も今回のコースに加えました。

★参加者総勢17名で楽しく歩きました。
Img_1074_2_640x480

★今回の歩いたルートです。
Img282_640x453

以下写真をご覧下さい。

天の岩戸の前を通過。(Mさんに頂きました写真です)
Dsc00527_640x360

岩場を登ればパワーストーンの前に出ます。
Img_1077_640x480

パワーストーンです。
Img_1079_640x480

賀毘礼の峯の看板と山頂からの展望です。
Img_1082_640x480

Img_1081_640x480

高鈴山頂は無人でした。
Img_1083_640x480

高鈴から下山途中でトレラン中の方々に出会いました。

Img_1086_640x480

分岐の看板。ここから本山方面へと下る。
Img_1088_640x480

途中にある大角矢の滝。
Img_1090_480x640

神峰神社参道の入口に立つ石碑。
Img_1091_640x480

参道途中にある鳥居。鳥居は3つあり、一の鳥居は実は県道36号の道路脇にある。昔はそこから道が続いていたが、今は舗装道路などが別に出来てその鳥居の所からは登れなくなった。(昔私はそこを登って神峰神社に登ったことがあります。)

Img_1092_640x480

神峰山山頂からの日立の街の展望。
Img_1094_640x480

三角点に寄りました。(四等三角点 「小松沢」586.7m)
Img_1095_640x480

きららの里への分岐点。
Img_1096_640x480_2

きららの里にて。歩いてきた高鈴-神峰山の展望が良い。
Img_1099p_640x254

Img_1101_640x480

最後は駐車場近くの土手に福寿草が咲いていました。春が間近ですね(終り)
Img_1103_640x480

続きを読む "第48回「茨城の山探検」オープン山行の記録(御岩山・高鈴・神峰・きららの里)(2016.2.21)" »

2016.03.04

[「茨城の山探検」オープン山行第49回は延期します(2016.3)

天気予報では3月6日は雨の予報となっております。
山歩きのコンディションが悪いので第49回「茨城の山探検」オープン山行は、3月6日(日)から3月12日(土)に延期することにしました。

★第49回の実施日  3月12日(土)

お手数ですがご参加を希望される方は、改めて連絡をお願い致します。

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

いばらきの山日記 INDEX

最近のトラックバック

カテゴリー

  • 山歩き
  • 山登り
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 登山