« 山の石祠、石仏、石碑など(2)(2016.3) | トップページ | 春の訪れ(6:最終)(2016.2~3) »

2016.03.29

山の石祠、石仏、石碑など(3)(2016.3)

2016年3月16日
月山に登ったあと羽黒山に見立てた大室山へと向かう。
大室山に初めて登ったのは1998年2月1日なので18年振りの訪問となる。その時の記録を見ると山頂には土手で囲われた中に土盛りして石の祠が置かれていたと書いている。

大室山国有林の看板のある所から林道があり歩き始める。
Img_1217_640x480

大室山は植林に覆われた山であるが、東に張り出している尾根を真っ直ぐに登ると山頂である。山頂には18年前に見たのと同じく土盛りされた上に小さな石祠が置かれていました。周りは土手に囲われ傍らに大きな山桜の木があります。
Img_1219_640x480

偏平足のブログによれば、この石祠は妙見宮であるそうです。「御岩山」(志田諄一 1992年 筑波書林)に「大室山頂に、文化年間(1804~1817)に祀られた妙見宮の石祠がある」と書かれているとのこと。

同じく偏平足のブログによれば、大室山に羽黒山が勧請され、その本地仏の聖観音菩薩も別に祀られているという。その石仏を訪ねた時の記事もあったのでそれを参考にして石仏探しをしました。

山頂から少し下がった所に運良く見つけることができました。周りに特に何かがある訳でもなくどうしてこの場所に置かれたのか?
Img_1225_480x640_2

Img_1220_640x480

斜めに割れています。いつ割れたのか?元に戻したのは誰?
Img_1222_480x640

良いお顔をしています。
Img_1222_2_640x502

(続く)

« 山の石祠、石仏、石碑など(2)(2016.3) | トップページ | 春の訪れ(6:最終)(2016.2~3) »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山の石祠、石仏、石碑など(3)(2016.3):

« 山の石祠、石仏、石碑など(2)(2016.3) | トップページ | 春の訪れ(6:最終)(2016.2~3) »

フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

いばらきの山日記 INDEX

最近のトラックバック

カテゴリー

  • 山歩き
  • 山登り
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 登山