« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016.02.17

「茨城の山探検」オープン山行第49回を実施します(2016.3)

3月は富士山・前山・吾国山の3山巡りを計画しました。

3山巡りの内容は「富士山・前山・吾国山(その3)(2015.12/16、12/26)」と同じですので参照して下さい。

参加ご希望の方は私宛のメールか、本件のコメントで連絡ください。(私のメールアドレスは、私のHPに記載しています)

1.第49回の実施日   2016年3月6(日)
  天候の悪い場合は中止又は延期する事があります。
  その場合は前日の正午までに「いばらきの山日記」にその旨掲載します。

2.集合場所&時間 
  福原駅前  8時15分
  ・電車で来られる方は【勝田発7:26-水戸7:34-福原8:10】でお出で下さい。
  ・車で来られる方は福原駅前の駐車場(有料 ¥200/日)をご利用下さい。

 (ご参考)帰りの電車の時刻 13:52  14:52

3.第49回の探検場所(ルート)  ルートは変更することがあります。
  福原駅-富士山-前山-吾国山-福原駅 と周回します。

    地形図 「羽黒」加波山」
    行動時間は6時間程度を予定しています。

4.参加者へのお願い事項
★「茨城の山探検」の山行は「探検」と付いている如く一般のハイキング道を歩く山行ではありません。しばしば地図に道のない尾根や沢などを歩きますし、薮漕ぎ、急斜面、岩崖・岩場など危険な所も通過することがあります。
★参加される方のレベルとしては、地形図を見て自力で山行が出来る方、乃至そのことを目標に訓練努力されている方を対象と考えております。ただ人に付いて歩くという方はご遠慮願いたいと思います。
★何方でも歓迎しますが、上記の事項についてよく理解し自己判断された上でご参加ください。山行については自己責任でお願いします。
★地形図を持参ください。

5.2016年4月の「茨城の山探検」について
  4月は3日(日)を予定しております。

2016.02.16

上高塚三角点峰(2016.2.16)

車を車検に出しているが、久し振りに良い天気となったので山へ出掛けることにした。4月の「茨城の山探検」に予定しているコースの一部の下見も兼ねて電車で出掛けました。

西金駅で降りる(10時21分とゆっくりだ。誰も降りる人はいない)
Img_1028_640x480_2

湯沢温泉まで来て分岐を右へ。こちらから上高塚三角点峰を登下降するルートは何処が良さそうか見ながら歩く。昔「筑波への道」を歩いた時にこちらから登ったが、今回は伐採されたばかりの斜面が良さそうなので、川を渡渉して作業道に入る。
Img_1029_640x480

高度を上げると展望も良くなり男体山に連なる山々の眺め良し!
Img_1032_640x480

登り着いた稜線からは絶景でした。
Img_1036p_640x338

上高塚の三等三角点。
Img_1039_640x480

ハイキングルートを下って西金駅へ。途中から振り返った上高塚三角点峰と満開の梅の花。
Img_1040_640x480

Img_1042_640x480

りんご畑の向こうの駅の上の山では採石場があり作業しているのがよく見えました。キャタピラー車だがあんな急坂大丈夫?
Img_1043_640x480

帰りは常陸津田駅で降りて自宅まで歩いたが1時間ほどかかりました。(万歩計7500歩)
途中で見たもの ★ひたちなか市の保存樹 ケヤキ ★庭木のマンサクの花
春は確実に近づいてきていると実感しました (終り)
Img_1049_640x480

Img_1051_640x480

2016.02.14

雨巻山周辺の足尾山・御嶽山を歩く(2016.2.6)

茨城/栃木県境付近の雨巻山には過去5回くらい行っていますが、何となく遠くにあるという感じで、奥久慈周辺に比べてほとんど出掛けることがない。
雨巻山周辺の足尾山・御嶽山・タイタニック岩などを巡る山歩きのお誘いがあったので、これ幸いと喜んで参加しました。
案内はこの山をよく知る栃木のKAさんで、その他色んな繋がりで山好きの皆さんが参加しました。陶芸家の栗生Aさんとは私は初対面でした。
写真はKAさんに戴いた写真で参加された皆さんです。
Dscn3920_640x480

★深沢地区から途中は道無き斜面を登り、タイタニック岩と称する岩の所へと登りつく尾根を登る。

登り口からタイタニック岩と足尾山のピークを見上げる
Img_0960_640x480

登り始め…日陰は残雪有り
Img_0961_640x480

タイタニック岩のピークへ登りつく
Img_0968_640x480

タイタニック岩の上で 絶景かな! 絶景かな!(栗生Aさんに頂いた写真)
Dsc_0609_640x427

高所恐怖症の私はこの辺まででした~(栗生Aさんに頂いた写真)
Dsc_0621_640x427

★そこから足尾山~御嶽山~大峠と整備されたコースを歩く

足尾山
Img_0971_640x480

御嶽山
Img_0972_640x480

大峠
Img_0974_640x480

★大峠を横切る道は昔の往来道であったようですが、今は通る人もいなくて荒れてきていますが十分に歩けるところでした。
★銀杏を取るため何十本も植栽されたイチョウの畑へと降ってきて昼食休憩。

銀杏畑
Img_0975_640x480

並んでお昼休憩(KAさんに頂いた写真)
Dscn3930_640x480

★「山の神」というい小さな岩の御神体の所を過ぎた所から又主稜線に急坂(雨巻山三大急登かな?)を登り返すと、稜線直下に男体山神社の祠があった。昔の人は信心深く、山の中には思いがけない所に昔の祭神の跡などが残っているものだ。

山の神
Img_0976_640x480

男体山神社の祠
Img_0978_640x480

★帰りは足尾山まで戻り、そこから東に張り出した尾根を行駐車場所へ戻りました。

つくばねが残っていました
Img_0980_640x480

★人があまり歩かないローカルのバリエーションルートを案内してもらい十分山を楽しめました。

歩いたルート
Img279_640x558

★雨巻山に咲く色んな花の話なども聞かせてもらいました。またその時期には再訪したいものです。(マンサク、ヒイラギソウ、ヒメシャガ、ツツジ、……)(終り)

2016.02.09

熊野山(2016.2.3)

所属している山の会の毎月定例ハイキングに参加し、熊野山を歩いて来ました。
・参加者 10名
・コース 下小川駅-熊野山ハイキングコース入り口-4等三角点(穴城)-熊野山-御在所集落-下小川駅
 登山道には部分的に残雪がありましたが特に問題なしでした。行動時間は約4時間。

下小川駅前のハイキングコース案内の看板が新しくなっていました。
Img_0937_640x480

平山橋を渡る
Img_0938_640x480

熊野山ハイキングコース入口の標識
Img_0940_640x480

展望所から盛金富士を見る
Img_0941_2_640x480

200段近くある熊野山の石段
Img_0943_2_617x640

熊野山山頂、展望よし。
Img_0946_640x480

下に見える御在所の集落。そちらに向かいました。
Img_0950_2_640x480

御在所に下る途中にある馬頭観音など石仏二体。なかなか風情があります。
Img_0952_2_640x480

Img_0953_480x640

大きな竹林の脇を通る。もう猪の堀跡がある。
Img_0954_640x480

御在所集落の蝋梅。(終り)
Img_0957_640x480

2016.02.08

雪の奥久慈男体山(2016.1.31)

雪降りの後はいつも男体山か鍋足山に出掛けることにしている。1/29~30は茨城は雨~雪の天候で1/31は道路の凍結など心配されたが、天気も良いので降雪後のいつもの山行に今回は男体山に出掛けることにしました。

滝倉から健脚コースを登りました。健脚コースの鎖場・岩場は日当たりがよく日が当たるとすくに雪が溶けてしまうのだが、今日はまだ残っていたので慎重に登りました。
いつもの約1.5倍の時間がかかりました。(出発10:05 、山頂11.55 、所要1時間50分)

山頂では昼食をした後、展望を楽しんで写真を撮ったりして1時間ほどのんびり滞在した。
4~5人の人が登ってきましたが、皆一般コースを下って行きました。私はいつものことなので健脚コースを下ることにしました。

13:00出発。慎重に降る。やはりいつもより時間が掛かり駐車場着14:40。(所要1時間40分) 登り途中で落とした手袋(片手)を無事回収できました。
以下、風景などの写真をご覧ください。

滝倉の集落から男体山を見上げる。雪が付いている。
Img_0856_2_640x472

滝倉トンネル脇の駐車場。先着2台の車がありました。
Img_0858_640x480

滝倉尾根の登り口の鳥居。
Img_0862_640x480

滝倉の尾根の積雪の様子。急な所は滑りやすい。
Img_0863_480x640

中間展望台に到着。
Img_0868_640x480

健脚コースの登り途中から振り返って登ってきた下を眺める。
Img_0871_640x480

ここを登れば東屋だ。もうすぐですね。
Img_0873_640x480

東屋に到着。
Img_0875_640x480

この辺りが吹き溜まって積雪が一番深い。
Img_0877_640x480

山頂に到着。
Img_0879_640x480

山頂での風景(2枚)
Img_0882_640x480

Img_0883_640x480

下り始める。岩場は慎重に!
Img_0888_640x480

登りの途中で暑かったので手袋を脱いでザックのベルトに挟んで押し込んでいました。いつの間にか片方だけ落として無くなっていることに山頂で気づきました。健脚コースの下り途中で無事回収しました。誰かが枝にかけてくれたようです。ラッキー!
(実はこの後朝房山でまた落としたが無事回収できました)(終り)
Img_0890_640x480

続きを読む "雪の奥久慈男体山(2016.1.31)" »

2016.02.05

第47回「茨城の山探検」オープン山行の記録(簑輪のTV中継所の山)(2016.1.24)

雪の予報など天気が危ぶまれたが、茨城県内にも前日にかけて県北で積雪がありましたが、実施当日は曇/晴れの天気予報なのでスノーハイクとなるが実施することにした。

道路の凍結なども心配されたので、一部の方は水郡線の電車で袋田駅まできて現地集合しました。(私も電車組でした)
袋田の周辺は積雪10cm程度でしたが、当初の計画通り箕輪のTV中継所のあるピークに登り雪景色を楽しみました。
参加者 18名、下り途中生瀬富士から続く鋸21峰を背にした集合写真です。
Img_0777_640x480

電車で出掛けましたが、自宅周辺、水戸駅周辺は積雪はありませんでした。電車の車窓からの風景を楽しみながら県北方面へ近づくにつれ積雪が多くなり雪景色。
下小川駅近くの潜り橋の写真。
Img_0755_640x480

集合地点からまず王子神社に寄る。
Img_0767_640x480

近くのヒメザゼンソウの群生地に寄る。看板が新しくなっています。
Img_0768_640x480

いよいよ山登り。登山口の風景。
Img_0769_640x480

こちらから登るコースとしては登山道がないので適当に歩き易い所を拾って歩くのだが、今回は積雪があるため、先頭は出来るだけ障害物やヤブの少ない雪を被らないところ、斜面が滑るので傾斜の緩い方向へと歩いた結果、当初イメージしたコースよりも左へ左へとトラバース気味に歩いてしまった。結果としてヤブ歩きが多少多くなってしまった。積雪がなければもう少しましなコースを歩けたと思います。
山頂にあるTV中継所に到着。大子町方面などの展望が良い。ここで昼食休憩。
Img_0770_640x480

下りは途中伐採地を通りましたので向かい側の山々の展望がよく楽しめました。
Img_0780_2_640x228

冬場に撮った写真と比べてみて下さい。(こちらの方がワイドで鮮明です)
Img_5082p_640x268

山を降ってきて集合場所へ戻る蝶ですが、集合場所近くの男体山の展望ポイント(橋の上から男体山・長福山・久慈川・鉄橋)から写真を撮る。
Img_0782_640x480

実は出発の時にも写真を撮っていたのですが比べてみて下さい。雪が大分積もっていましたが帰りには消えています。男体山等山は見えていません。
Img_0763_640x480

今回は登り/降り共に余りよいコース取りが出来ていません。再訪する機会がある方はもう少し良いコース取りをして下さい。私も以前に歩いた時の方が良いコースを歩いていましたね。(終り)

2016.02.02

「茨城の山探検」オープン山行第48回を実施します(2016.2)

2月はまだ寒く、雪や氷など付くことも考えられますので、比較的容易なコースとして御岩山、高鈴山、神峰山、きららの里を繋ぐコースを計画しました。

参加ご希望の方は私宛のメールか、本件のコメントで連絡ください。(私のメールアドレスは、私のHPに記載しています)

1.第48回の実施日   2016年2月21(日)

Img_0924_2_144x320_4
  天候の悪い場合は中止又は延期する事があります。
  その場合は前日の正午までに「いばらきの山日記」にその旨掲載します。

2.集合場所&時間

  御岩神社登山者用駐車場(臨時駐車場)  8時30分
  (県道36号沿いの駐車場です)

3.第48回の探検場所(ルート)  ルートは変更することがあります。
  ・御岩神社から出発、御岩山(パワースポット)経由高鈴山
  ・高鈴山から本山に下り、神峰神社参道を登り神峰山へ登る
  ・神峰山からきららの里を経由して出発地点へ戻る
   (この時期きららの里は入場無料、展望が良い)

    地形図 「町屋」 日立市で発行しているハイキングマップがあります
    行動時間は6~7時間程度を予定しています。

4.参加者へのお願い事項
★「茨城の山探検」の山行は「探検」と付いている如く一般のハイキング道を歩く山行ではありません。しばしば地図に道のない尾根や沢などを歩きますし、薮漕ぎ、急斜面、岩崖・岩場など危険な所も通過することがあります。
★参加される方のレベルとしては、地形図を見て自力で山行が出来る方、乃至そのことを目標に訓練努力されている方を対象と考えております。ただ人に付いて歩くという方はご遠慮願いたいと思います。
★何方でも歓迎しますが、上記の事項についてよく理解し自己判断された上でご参加ください。山行については自己責任でお願いします。
★地形図を持参ください。

5.2016年3月の「茨城の山探検」について
  3月は6日(日)を予定しております。

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

いばらきの山日記 INDEX

最近のトラックバック

カテゴリー

  • 山歩き
  • 山登り
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 登山