« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016.01.30

「塩の道」を歩く(2016.1.26)

茨城新聞2016.1.24に【「塩の道」再生 散策路に】という記事が掲載されたとの情報を記事と共に鹿嶋さんが連絡して下さいました。
これは良い「山遊び」のネタを頂いたと感謝し、早速歩きに行くことにした。しかし、記事からは「再生している散策路」は何処なのか明示がないので現地に行ってみるしかないと1月26日出掛けました。

まず情報収集のため里美支所へ寄ったが、こちらはタッチしていないとのことで新聞記事以上の情報は得られなかった。しかし「塩の道保全隊」の代表の会沢さん(笠石に住んでいる方だそうです)の所在を教えて頂き、近くのJAへ出掛け会沢さんにお会いしました。
お話を聞きたかったのですが会沢さんはお仕事中でしたので「昼休みに来てくれれば」と言われた。地形図を示して場所だけ教えて頂いた。天然記念物の「笠石」から先の県道245号までの道で、「笠石」の所に行けば標識があると教えて下さいました。「今は雪があるよ」と言われましたが「大丈夫です」と言って辞去しました。

これだけの情報を戴ければ、あとは行って現地を歩いて自分の目で確かめるだけです。車で笠石集落まで行けるのだが、スノータイヤを履いていない私の車では危ないかもと思い薄葉沢入り口から 往復することにしました。以下写真で歩いた様子を報告します。

薄葉沢ハイキングコースの入口に馬頭観世音の石碑があり、これが昔の道標だったのである。即ち「塩の道」の道しるべなのだ。
Img_0784_480x640

写真では鮮明ではないが、碑文は「里美の野仏」(茨城県久慈郡里見村教育委員会)によると、中央の文字「馬頭観世音」の左右に「右 ふじ山道」、「左 上君田/大津平潟道」、他に「慶応3年(1867年である)卯4月吉日 小中邨宿笹原講中」と刻まれている由。この左の道しるべが今回の「塩の道」である。この道の笠石集落までは現在は薄葉沢ハイキングコースとなっていて、それから先の県道245号までが今回「塩の道」として整備されたことになる。

薄葉沢ハイキングコース入口には何台かの車が駐車しており、今日歩いている人もいるようだ。出発準備をしていたらもう10時半を過ぎていました。

手前の道路から里美富士の風景です。(「右 ふじ山道」の山です)
Img_0783_2_640x479

反対の西側にはよく出掛ける鍋足山三角点峰が見えています。
Img_0785_2_640x452

薄葉沢の入口近くでは間伐材の作業をしていました。大きなトラックが入り間伐材の運びだしとブルによる間伐材の集積作業でした。
Img_0788_640x480

Img_0789_640x480

薄葉沢には何度も来ていますが、滝がたくさんあります。残雪がありますが、滝はあまり凍っていません。写真は薄葉沢の滝です。
Img_0791_2_640x481

笠石集落も近くなると笠石の滝があります。この辺は笠石拔景と呼ばれ岩崖がある所です。
Img_0796_640x480

開けた所へ出ました。笠石集落の田圃で一面に雪に覆われていてきれいな風景です。
Img_0803_640x480

暫く歩いて笠石集落の中心に来ました。
Img_0806_640x480

笠石集会所があり、この軒下のベンチを借りて昼食休憩しました。
Img_0807_640x480

今日の昼食は自分で作ったお握りと饂飩でした。
Img_0809_640x480

昼食中に先行グループが戻ってくるのが見えました。足跡から5人と推定したのですが7人いました。どこまで行って来たのだろう?
Img_0810_2_640x542

「笠石」の所へ着くと塩の道の標識がありました。
Img_0811_640x480

「塩の道 至上君田大津平潟道」
Img_0848_640x480

先行グループはここから引き返しており塩の道には踏み跡はありませんでした。
途中に立てられている道沿いの標識です。
Img_0813_640x480

Img_0816_640x480

Img_0820_640x480

谷間の道になると境界見出票も出てきました。
Img_0818_640x480

トラロープが張ってある所がありました。
Img_0821_640x480

小さな雪崩の跡です。
Img_0822_640x480

動物の足跡です。蹄のある形なので多分猪だろう。
Img_0825_480x640

段々雪が深くなってきました。標高は600mを越えました。
Img_0826_640x480

やっと県道245号が見えました。
Img_0836_640x480

県道245号に出ました。塩の道の標識がありました。
Img_0832_640x480

Img_0833_640x480

Img_0834p_640x318

帰り道。自分の踏み跡をたどる。行きは雪が深くなり歩き難かったが帰りは少し楽です。
Img_0842_2_640x633

笠石に戻ってくると道端に石碑を見つけましたが碑文はよく分かりませんでした。
Img_0850_640x480

笠石集落から富士山方面へ山に入る道には何人かの足跡がありました。
Img_0851_640x480

青空と雲と雪景色はきれいでした。
Img_0853_640x480

今日はスノーハイキングを十分に楽しみました。今日歩いた所の地図です。(終り)
Img276_800x537_2

2016.01.29

男体山・白木山の北側山域を歩く(その2)(2016.1.20)

(その1)からの続きです。
1月20日は水根から白木山尾根へと続く破線の道を歩き、帰りは男体山~袋田縦走路に出て(その1)で水根から水根分岐まで登ったルートを降りました。

★1月20日 水根-白木山尾根-縦走路の白木山分岐-水根分岐-水根
  行動時間 約6時間 ルートは地図をご覧ください。
Img278_438x640

展望地点、イワウチワ群生地、ツツジの木などがあり、ルートは杉・檜植林帯、雑木林、岩の痩せ尾根など色々と歩けて、私にはまた歩きたいルートでしたので春にはまた歩こうと思っています。以下、写真をご覧ください。

出発地点にて:18日に降った雪が残っていて、白木山の山肌も白い。
Img_0703_2_640x481

水根の車道を白木山へ向けて歩いて行く。
Img_0704_640x480

日陰の所は道路も凍結。
Img_0706_640x480

赤い実が綺麗(ウメモドキ?)
Img_0708_640x480

車道から破線のルートが左に分岐している。その先はどうなのか?今回はこの道の先がどうなっているか歩いてみました。
Img_0709_640x480

少し入ってゆくと藪っぽくなっていました。
Img_0710_640x480_2

斜面を下ると沢に出る。さてどこを渡るか?
Img_0711_640x480

上流に堰堤があった。堰堤の直ぐ下を渡って、急斜面を上の道路まで登りました。
Img_0713_640x480

Img_0714_640x480

上の道路は水根から持方への建設中の道路です。今回は破線路を歩きましたが、ここは避けて車道をそのまま歩こうと思います。
Img_0715_640x480

道路から尾根に登る山道を探したらすぐに見つかりました。
Img_0717_640x480

雪が薄らと残っています。
Img_0719_640x480

植林帯へと道は続いています。
Img_0720_640x480

「発破作業中 キケン」の看板があった。道路工事のものか?
Img_0722_640x480

尾根の展望の良いところで昼食。この先は岩のヤセ尾根がある。
Img_0727_640x480

旧里見村方面の展望。里見牧場の風車も見えました。
Img_0728_640x480

残雪が多くなってくる。
Img_0730_640x480

イワウチワの群生地。この辺りに写真でもわかるがシロヤシオの木がちらほら見える。
Img_0731_640x480

もう直ぐ白木山尾根と思っていたのだが中々着かない。やっと到着。結構雪がありました。
Img_0734_640x480

縦走路の白木山分岐に到着。
Img_0735_640x480

ここからの急な下りは凍結箇所もあり慎重に下る。
Img_0738_640x480

橋も怖い。
Img_0742_640x480

水根分岐に着く。分岐に入る。テープが付いている。
Img_0746_640x480

一つ目の尾根の分岐箇所。テープが付いている。
Img_0747_640x480

岩の右側真っ直ぐを見るとテープが付いている。1月13日に登ってきたのは岩の左側なのだが、テープのついている岩の右側直進の尾根を少し探索することにした。
Img_0748_640x480

100mほど進みとまた尾根の分岐がある。この辺りでテープが見えなくなるのだ。もし下るなら左側尾根と思っていたのだが、こちらは急崖のヤブなので探索中止して引き返した
先程の尾根の分岐は岩の左側をトラバースして北方向に延びる尾根に入る。
Img_0751_640x480

13日に登り始めた登山口の林道に出る。すぐ先で工事をしています。
Img_0752_640x480

今日の山行は一部スノーハイキングとなり面白いものでした。写真は工事現場手前から登山口の入り口を見たものです。(終り)
Img_0753_640x480

続きを読む "男体山・白木山の北側山域を歩く(その2)(2016.1.20)" »

2016.01.25

男体山・白木山の北側山域を歩く(その1)(2016.1.13&1.20)

男体山・白木山の北側山域で気になっていた所があり今回歩いてきました。

・Aルート:一つは男体山~袋田の縦走路の途中にある標識「水根分岐」からのルート。こちらは1月13日に歩きました。
・Bルート:もう一つはやはり水根からのルートで地形図に破線の道が示されている持方牧場の北側尾根に通じているルート。こちらは1月20日に歩きました。

A、Bルートとも今後の山歩きに利用できそうなルートであった。特にBルートは岩団扇の群生やツツジの木が多くあり(シロヤシオの木もあった)春にまた歩いてみたいルートである。

★水根分岐のルート
縦走路の水根分岐の標識の所から降るのは尾根の分岐で間違いやすいので水根から登ることにした。
月居トンネル出口脇の駐車場から出発。今、持方-水根間の林道延長工事をやっている道が大分出来ているようである。この道に入るとすぐの所で工事中通行止めで迂回した。工事箇所のすぐ先の所に山の斜面に登ってゆく林道があるのでここに入る。
Img_0646_640x480

工事箇所のすぐ先から分岐している林道に入る。
Img_0619_640x480

道の分岐も出てくるが兎に角尾根に乗るように道を選ぶ。尾根に乗ってしまえば後は尾根通しで歩けば間違えそうな所もなく水根分岐に着きました。途中岩団扇の群生がありました。
所々にピンクテープも見られました。植林帯も通ります。
Img_0621_640x480

Img_0625_640x480

下りの時には要注意の尾根の分岐。
Img_0631_640x480

岩団扇の群生
Img_0633_640x480

尾根上に岩が出てくると水根分岐も近い。
Img_0638_640x480

水根分岐に着きました。この尾根は展望は樹林に阻まれあまり良くないです。
Img_0640_640x480

ここからは縦走路を通り、月居山には行かず水根へと降りました。
第2展望台からの眺め。
Img_0641_640x480

後山の三角点
Img_0642_640x480

旧道のトンネルの所へ下ってきました。
Img_0644_640x480

今日は出だしが遅く10時35分頃から歩き始め、14時に下ってきました。行動時間3時間25分の山歩きでした。(その2へ続く)
Img273_562x640

続きを読む "男体山・白木山の北側山域を歩く(その1)(2016.1.13&1.20)" »

2016.01.23

第47回「茨城の山探検」オープン山行は予定通り実施します(2016.1)

天気予報によれば、1月23日(土)は夕刻より夜半まで茨城県全域に降雪があり、数センチの積雪が予想されています。

★今回の「茨城の山探検」では南田気の里山歩きとなりますが、特に危険な箇所もないので予定通り実施します。晴れれば展望も楽しめ気持ちの良いスノーハイキングが出来るでしょう。

★24日朝は冷え込み、道路の凍結など予想されますので車の運転など十分に注意して集合場所へお出でください。なお、道路の状況などで不安な方は遠慮なく参加を中止してください。

★私は久し振りにJRを利用し、電車でゆっくり雪景色など見ながら袋田駅まで行こうかと考えています。
  ・水郡線  水戸駅発7:28-袋田駅着8:44
                                   以上

2016.01.22

ミニ・ハイグレード・ハイキング西金砂周辺(2016.1.16)

西金砂山・鷹取山の東面(天下野側)には幾つかの尾根が張り出しており、またその尾根間には険しい谷がある。この辺りの尾根は痩せ尾根が多く、また所々に岩崖もあって尾根を歩くには結構険しい所もありミニ・ハイグレード・ハイキングが楽しめます。

この中で西金砂神社のお神輿を担いで下る祭礼道は一般的なルートであり、多くの方に歩かれていますが、それ以外はほとんど歩かれていないルートで踏み跡、道無しヤブ、岩崖などの混じった標識なしのルートなので地形図は必携の所である。今まで私が歩いたルートなどを整理して地形図に記入しましたのでご覧ください。
Img275_800x532

第1回「茨城の山探検」では岩倉ルートを通り鷹取山に登りました。岩倉の岩場の写真をご覧ください。
Img_9342_640x480

Img_9250_640x480

第11回「茨城の山探検」では、北尾根ルートを通って西金砂山に登りました。北尾根ルートの風景です。
Img_0126_640x480

Img_0130_640x480

第1回「茨城の山探検」の時、すぐ左手(北側)の尾根が上からよく見えましたが、岩のゴツゴツした痩せ尾根で登れるのかな?というような感じの所であったが、その後カプランさんから登ったよと報告があった。結構険しいところだが踏み跡が有り、巻くところもあって上れたとのことでした。その後何人かの人が登っており、私も登ろうと思いつつ宿題となっていました。岩倉尾根から見たサブ尾根の写真です。
Img_9133_640x480

Img_9240_640x480

鹿嶋さん達からこのサブ尾根を登ろうと誘いがあり参加させてもらうことになった。
地割集落の上の山の稜線には、地名の通り岩の尾根が割れている所があり、これと同じような地割れをyamasanpoさんが見つけた。ついでのことなのでこの地割れも見たいと私の希望ルートを歩かせてもらえることになった。

歩いたコースは先に掲載の地形図に[→]と薄く黄色に染めた所で、私の歩きたかった「岩本」4等三角点からの尾根コースと地割れのある尾根への登り返して北尾根ルートへ合流する所を追加するコースとなりました。
以下写真をご覧ください。

木勢旅館への道から登る尾根を見る。左は岩倉尾根。
Img_0648_640x480

尾根に取り付く。少しヤブっぽい。
Img_0650_640x480

尾根上は踏み跡が出てきました。
Img_0651_640x480

国調の図根点杭があります。
Img_0653_640x480

岩が出てきます。
Img_0656_640x480

急な岩場の所にはイワウチワが生えています。時期には綺麗でしょう。
Img_0658_640x480

岩場の登りや急斜面の巻道を通過。
Img_0659_640x480

Img_0660_640x480

Img_0661_640x480

Img_0662_480x640

やっと展望の良い岩場の上に出ました。向かいの岩倉尾根です。
Img_0664_640x480

天下野方面の展望。
Img_0666_640x480

岩倉尾根に合流し西金砂神社へ向かう。神社の日当たりの良い境内で昼食休憩。
山頂の神社を経由して「岩本」三角点へ。
Img_0667_640x480

ここから私は初めて通る尾根コースを下ります。
Img_0668_640x480

沢に下ってから地割りのある尾根に通じる尾根を登り返しました。ちょっとヤブです。
Img_0669_640x480

念願の地割れを見る事が出来ました。今日の参加者は私の他は地割れを通り抜けるこの4名です。
Img_0671_480x640

北尾根に合流して天下野に下り今日の山行は無事終わりました。
参考までにもう一つの地割れの写真を載せて終とします。(終り)
Img_4532_480x640

2016.01.05

第46回「茨城の山探検」オープン山行の記録(鍋足山冒険コース)(2015.12.20)

12月13日(日)実施予定でしたが、天候が優れぬため12月20日(日)に延期して実施しました。参加者は15名で快晴の空の下、全員無事に冒険コースを楽しむことができました。
Img_9771_2_640x360

今回のルートは地形図のみでは分かりにくい山襞を縫って歩くコースです。コースの概要と地形図で示しますのでご覧ください。
★なお、岩松尾根やこの辺りを歩いた過去の山行記録をご覧ください。
  「鍋足山の岩松尾根とイワタバコの沢(2015.5.23)」

★登りのコース
 湯草入口-不動滝の沢-隠滝の枝沢へ入る-岩松尾根-蟻の戸渡り-狭深沢へ下る
 -隠れ尾根-P480尾根-右股の沢へ下る-モミジ谷-4峰-・・・-出発点へ戻る

 4峰で昼食休憩し、下りルートを協議結果北尾根を下ることにしました。

★概略登りのルート図
Img271_640x451

朝冷え込んでおり小川の流れに氷が張っていました。不動滝は水涸れ状態、相変わらず倒木の間をすり抜けてゆく通行しにくい所である。
Img_9765_640x480

Img_9767_640x480

岩松尾根に取り付いて、今回は直登しないでトラバース気味に登ったが最後の方で登り難かった。やはりここは直登の方が良いようである。
蟻の戸渡りを下り、更に狭深沢に下ってしばし休憩。その後狭深沢から脱出し隠れ尾根に登り、P480の尾根へと進む。右股の谷を横切り4峰の尾根に取り付いて4峰頂上へ。ここで昼食休憩しました。展望がよろしい。
写真は蟻の戸渡の辺りを通過する風景
Img_9768_640x480

Img_9772_640x480

北尾根を下りました。
Img_9774_640x480

北尾根を下ってきて栗林に到着、ここで最後の休憩をしてこの日の山行は終わりました。
皆さんお疲れ様でした。(終り)

2016.01.04

「茨城の山探検」オープン山行第47回を実施します(2016.1)

1月はまだ日も短く寒い季節なので、「茨城の山探検」は低山で比較的時間の短い南田気の里山歩きを計画しました。
南田気の西側に張り出してきている尾根の先端にはTV中継所が設置されていますが、ここに4等三角点「箕輪」(351.7m)があり、登山道は太郎山への登山道から分岐して尾根道が通じています。しかし、今回はこの登山道を通らず昔の道を上り下りする予定です。昔の道は今は誰も通らないので藪道となっており、多少の藪こぎとなるでしょう。
下記の記録を参照して下さい。
★「南田気(簑輪)のTV中継所の山(2014.5.3)
地元に設置されている南田気の観光案内図を掲載しますのでご覧下さい。
Img_8863_3_800x585

参加ご希望の方は私宛のメールか、本件のコメントで連絡ください。(私のメールアドレスは、私のHPに記載しています)

1.第47回の実施日   2016年1月24(日)
 
  天候の悪い場合は中止又は延期する事があります。
  その場合は前日の正午までに「いばらきの山日記」にその旨掲載します。

2.集合場所&時間 
  下津原の袋田バイパス新昭和橋手前の大きな広場  9時00分
  (国道118号の下津原橋東交差点左折してすぐの所です)

3.第47回の探検場所(ルート)  ルートは変更することがあります。
  掲載した観光案内図の破線の道を歩く予定です。

    地形図 「大中宿」「常陸大沢」「袋田」「大子」
    行動時間は4~5時間程度を予定しています。

4.参加者へのお願い事項
★「茨城の山探検」の山行は「探検」と付いている如く一般のハイキング道を歩く山行ではありません。しばしば地図に道のない尾根や沢などを歩きますし、薮漕ぎ、急斜面、岩崖・岩場など危険な所も通過することがあります。
★参加される方のレベルとしては、地形図を見て自力で山行が出来る方、乃至そのことを目標に訓練努力されている方を対象と考えております。ただ人に付いて歩くという方はご遠慮願いたいと思います。
★何方でも歓迎しますが、上記の事項についてよく理解し自己判断された上でご参加ください。山行については自己責任でお願いします。
★地形図を持参ください。

5.2016年2月の「茨城の山探検」について
  2月は21日(日)を予定しております。

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

いばらきの山日記 INDEX

最近のトラックバック

カテゴリー

  • 山歩き
  • 山登り
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 登山