« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015.10.25

「シモン山紅葉観賞エリア」の下見(2015.10.25)

11月の「茨城の山探検」はシモン山の紅葉観賞が組み込まれています。私が「シモン山の紅葉観賞エリア」と言っているのは・444と△555の間の鞍部の西側に広がるエリアである。(地図を参照してください。探訪エリアと書いています)

このエリアは過去4回ほど入って歩いていますが、急な斜面で且つ谷筋が何本か走っているので歩ける場所が限られていて、中々紅葉観賞に適した遊歩道?が見つかっていない。
今回の下見はこれまで歩いたルートを参考にして周回するコースを歩いてみました。
Img255_2_582x640

歩いたルートは谷の道から登り、紅葉探訪エリアは✖✖✖のルートで周回です。現在は緑々していますが紅葉の時はさぞきれいだろうと想像されます。帰りはD尾根を下りました。キノコが全く見られなかったのは残念でした。
トラバース道と下りは急斜面なので滑らないように慎重に歩きました。

行きに展望台に寄り、男体山・シモン山を眺めました。紅葉はまだでこれからですね。
Img_9137_640x480

武生林道から下の沢に降りました。下の沢の風景です。
Img_9139_640x480

谷の道を登って鞍部へ出た所の風景。
Img_9140_640x480

モミジの木が沢山ある紅葉エリアはまだ緑々しています。
Img_9141_480x640

下る途中で見た岩の上に座っている大きなケヤキ
Img_9142_480x640

谷を下って滝の上まで来ました。(以前一度来ています) 滝の落口の風景です。下が見えません。
Img_9143_2_640x530

滝の崖が見えないかと自撮り棒で試みましたが、垂直に落ちている崖は撮れませんでした。
Img_9146_2_640x635

滝の上の日の差し込んでいる岩の上で昼食休憩しました。今日は温度14℃と低く風もあり結構寒かったです。今日持ってきたのはトマトチーズのリゾットとタヌキそば。これから寒くなるとこういうお湯を注いで作るものが暖かくて良いです。
Img_9147_640x480

ビーフシチューパイというのを見つけて珍しいので買ってみました。
Img_9148_640x480

ムラサキシキブが日に当たってきれいです。
Img_9153_2_640x479

尾根を登る途中で篭岩山方面が展望できました。
Img_9154_640x480

鞍部へ戻り△555方面へ登ります。なかなか良い雰囲気の風景です。
Img_9155_640x480

D尾根を下ります。こちらも雰囲気の良いところです。
Img_9156_640x480

帰りに水府直販所に寄りました。今日は人出を見込んでお店の外まで店を出していました。珍しいのでパパイヤを買って帰りました。(炒めたり、漬物にしたりです)(終り)
Img_9136_640x480

Img_9158_640x480

2015.10.24

鍋足山・キノコ観察(2015.10.24)

10月25日に出発してジャワ島のスメル山(3676m、富士山より標高が100m低い活火山)に登りに行くツアーに出掛ける予定であったが、23日に現地で山火事が発生し延焼中で鎮火に暫くかかるためツアーを中止するとの連絡があった。残念である。

24日は本来は出発前日のため家でゆっくり休養の予定だったが、そんな事情で山歩きに出掛けることにした。キノコ観察が好きな妻を誘っていつも出掛けている鍋足山を歩くことにした。出掛けるのが遅く歩き始めたのは10時半を過ぎていました。

笹原から三角点峰の山腹をうろうろと歩き、結局山頂までも行きませんでしたが、山を歩いていれば楽しく幸せなので十分に満足しました。それに山で食べる山ご飯はとても美味しいのです。

観察したキノコです。持ち帰ったのはブナシメジ、天然椎茸、クリタケです。夕食はクリタケの炊き込みご飯にブナシメジのお吸い物でした。天然椎茸は残念ながら虫が入っていましたので捨てました。

ブナシメジです。
Img_9125_640x480

天然椎茸です
Img_9126_640x480

クリタケです。
Img_9130_640x480

Img_9132_640x480

古くなったウスヒラタケとヌメリスギタケモドキ。古いので採りません。
Img_9133_2

巨大なウスヒラタケでした。10月8日に鍋足山を訪れた時は影も形もなかったのでその後に発生したものです。ウスヒラタケはすぐに大きくなりまたすぐに古くなります。菌糸がすごいです。
Img_9134_640x480

ニガクリタケです(毒)
Img_9122_640x480

スギヒラタケ(食)です。
Img_9123_640x480

不明。たくさん生えていました。
Img_9121_640x480

2015.10.23

パワースポット-御岩神社と御岩山/パワーストーン(2015.10.14)

最近山行記録を書いていませんが、久し振りのアップです。

御岩神社/御岩山はパワースポットとして最近有名になっているらしい。私はこれまで何度も御岩神社/御岩山には登っているが、パワーを感じることのない鈍感な男である。パワーとはどんな感じとなるのかぜひ経験してみたいと思いました。

そんなことでやっぱり少し気になるので今回天の岩戸やパワーストーンを訪れてみました。
《コース》
御岩神社-表参道-御岩山山頂-高鈴山山頂-御岩山最高点-岩団扇の下山路-裏参道-御岩神社

やっぱりパワーは感じることが出来ませんでした!

最近訪れる人が増えているのであろう、表の道路沿いに登山者用の臨時駐車場が作られていました。
Img_9067_2_640x553

いつも裏道なのだが、今日は表参道を歩きました。
Img_9068_640x480

賀毗礼神宮に到着。
Img_9069_640x480

注意看板と通行止。
Img_9071_640x480

迂回路方面へ行く。
Img_9072_640x480

途中から右の踏み跡へ切れ込んで天の岩戸へ向かう。
Img_9073_640x480

岩崖の所に天の岩戸が見えてきました。
Img_9074_640x480

天の岩戸と言われているところです。パワー感じません。
Img_9075_480x640

岩崖沿いに上に登って行くと岩場登りルートとなります。ここは何度か登っています。
Img_9076_640x480

岩場を少し登ると展望が良くなります。
Img_9077_640x480

まだもう少し岩場の登りが続きます。
Img_9078_640x480

Img_9079_640x480

最後の登り
Img_9080_640x480

登り着いた岩の上のすぐ下に石の祠とパワーストーンがあります。(祠のすぐ後ろの石柱)
触ってみたけどやはりパワーは感じられませんでした~!残念!!!
Img_9082_640x480

賀毗禮之高峯の看板に寄りましたがここは最高点ではありません。
Img_9084_640x480

高鈴山山頂へ行き昼食休憩しました。工事の人以外誰もいなくて静かでした。
Img_9085_640x480

防災無線用の塔の工事中です。
Img_9086_480x640

御岩山の最高点まで戻り、そこから下山します。春には岩団扇の咲く道です。
Img_9088_640x480

途中の展望岩の上からの景色です。男体山や八溝山方面がよく見えます。
Img_9091_640x480

ここもクライミングの練習岩場です。
Img_9092_640x480

岩場の下に立ち寄りました。祭神が祀られていました。
Img_9093_640x480

急斜面を下り裏参道に出て御岩神社に戻りました。この辺は高鈴自然公園特別地域になっています。タラの芽やコシアブラもありますがここでは採ってはいけませんね。(終り)
Img_9094_640x480

「茨城の山探検」オープン山行第45回を実施します(2015.11)

11月は「茨城の紅葉を見る」こととし、紅葉の名所を繋いで歩くことにしました。今まで歩いたことのあるルートですが、何度歩いても良い所だと思います。
【注記】この時期は日の落ちる時間が早くすぐに暗くなります。16時までに出発点に戻るように心掛けますが、ヘッドランプを持参で参加下さい。

参加ご希望の方は私宛のメールか、本件のコメントで連絡ください。(私のメールアドレスは、私のHPに記載しています)

1.第45回の実施日   2015年11月22(日)
 
  天候の悪い場合は中止又は延期する事があります。
  その場合は前日の正午までに「いばらきの山日記」にその旨掲載します。

2.集合場所&時間 
  武生林道の武生神社脇の路側広場  9時00分

3.第45回の探検場所(ルート)  ルートは変更することがあります。
  明山とシモン山(「西久保」三角点の山)を繋いで歩きます。
  武生林道-亀ヶ淵-明山-上山ハイキングコース(途中まで)-竜神川-
  烏帽子裏鞍部-・444-シモン山紅葉観賞エリア-出発点へ戻る

  【注記】
  1.シモン山の紅葉観賞エリアの散策は時間の許す範囲で行います
    (出来るだけ多くの時間を取りたい所です)
  2.シモン山より出発点への戻りルートは当日の状況により決めます

    地形図 「大中宿」   行動時間は7時間程度を予定しています。

4.参加者へのお願い事項
★「茨城の山探検」の山行は「探検」と付いている如く一般のハイキング道を歩く山行ではありません。しばしば地図に道のない尾根や沢などを歩きますし、薮漕ぎ、急斜面、岩崖・岩場など危険な所も通過することがあります。
★参加される方のレベルとしては、地形図を見て自力で山行が出来る方、乃至そのことを目標に訓練努力されている方を対象と考えております。ただ人に付いて歩くという方はご遠慮願いたいと思います。
★何方でも歓迎しますが、上記の事項についてよく理解し自己判断された上でご参加ください。山行については自己責任でお願いします。
★地形図を持参ください。

5..12月の「茨城の山探検」について
  12月は13日(日)を予定しております。

2015.10.22

収穫の秋-庭の色んな実など(2015.10.13)

秋は収穫の季節、色んなものが実ります。私の家の庭でもよく観察すると色んな実がありました。目を凝らして見ていると大変面白いです。ご覧ください。
写真は1月13日に撮りました。

ぬばたま(ヒオウギの実)
Img_9059_2_640x480

むかご
Img_9056_2_640x481

柿の実
Img_9055_640x480

うどの実
Img_9061_640x480

柚子
Img_9057_2_640x479

山椒の実
Img_9046_2_640x480

ビナンカズラの実
Img_9054_2_640x480

千両の実
Img_9050_2_640x481

万両の実
Img_9058_640x480

ヤブランの実
Img_9045_640x480

南天の実
Img_9058_640x480_2

ツワブキの花(終り)
Img_9047_640x480

2015.10.21

アプローチシューズが遂に壊れました(2015.10)

「新しい靴と男体山(2013.6.23)」で紹介したアプローチシューズの底がついに剥がれて壊れてしまいました。
Img_9064_2_640x480

非常に重宝して補修しながら履いていたのですが、底も薄くなり一部穴があき、やはりもう靴の寿命が尽きたと見るべきでしょう。履き始めて2年3ヶ月ですが、茨城の山は勿論、縦走連泊の登山以外には履き続けていましたので、随分履いたというのが実感です。

とても歩き易い靴なのでまた新しい靴をすぐに買いました。(終り)
Img_9066_2_640x359

2015.10.20

第44回「茨城の山探検」オープン山行の記録(湯沢源流他)(2015.10.18)

今回の「茨城の山探検」は「湯沢源流を極める」ということで、佐中の湯沢源流入口から歩き始め、不動滝、抱返し滝を経て小草越に近い沢源頭部まで遡行しました。その後は急斜面を登って裏縦走路に出ました。

帰りは裏縦走路を辿り、篭岩山まで歩き岩棚の上で休憩し展望を楽しみました。最後は釜沢越から佐中の駐車場所へ戻りました。

参加者総勢 16名 行動時間 6時間10分(8:30~14:40)
下記は湯沢源流での参加者の集合写真です。
Img_9103_2_640x480

湯沢源流の水量はとても少なく滝の迫力はありません(不動滝)
Img_9095_2_640x606

山は少し紅葉始めていました。
Img_9105_640x480

キノコなどもありました。(ナラタケ、ひらたけ)
Img_9100_2_640x540

以下は湯沢源流遡行中の様子です(終り)
Img_9097_640x480

Img_9098_640x480

Img_9101_640x480

Img_9104_640x480

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

いばらきの山日記 INDEX

最近のトラックバック

カテゴリー

  • 山歩き
  • 山登り
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 登山