« 2014年7月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014.09.29

日本の何処かに私を待っている花がある・・・(2014.8)

日本を含めて世界中で色んな花を見てきましたが、まだまだ見たい花が沢山あります。きっと何処かで咲いて見てもらうのを待っているのでないかと勝手に想像しています。

レンゲショウマを見ることができてラッキーでした。
Img_1765_2_640x480

Img_1768_3_640x480

Img_1773_2_640x481

Img_1771_2_640x479
(終り)

続きを読む "日本の何処かに私を待っている花がある・・・(2014.8)" »

2014.09.28

奥久慈男体山(2014.8.20)

暑い時期なのだがこの時期にはキツネノカミソリが山で咲いている頃である。男体山にも咲く場所があるので見に行くことにした。滝倉登山口から登り、一般コースを経由して大円地へ降りました。 暑い暑い!!!

Img_1748_640x480

Img_1749_640x480

Img_1751_640x480

Img_1755_640x480

Img_1756_640x480

キツネノカミソリという面白い名前の花なので、何故そう呼ばれるか調べてみました。
この花は、早春から初夏にかけては帯状の葉を茂らせていますが、夏になると黄変して枯れます。男体山のキツネノカミソリもそうなのですが、花の咲いてない時は殆ど目にも止めないで通り過ぎるので、詳しく観察したことがありません。ですがこの帯状の細長い葉をカミソリに見立ててキツネノカミソリと付けられたようです。
8月の花の咲く時期には花茎だけが伸び出して先端に花を付けます。

何故キツネと付いているのかはよく判りませんが、色は違うが同系統の花にタヌキノカミソリとかムジナノカミソリという花があるそうです。(これらは見たことがありません)
タヌキノカミソリと夏水仙はよく似ているそうですが、夏水仙は先日掲載した「湯草から鍋足山(その2)(2014.8.17)に写真を掲載していますのでご覧ください。(終り)

2014.09.27

湯草から鍋足山(その2)(2014.7.23&8.17)

(続きです)
★8月17日 こんな所を通っています。Img_1731_640x480

Img_1737_640x480

Img_1738_640x480

Img_1742_640x480

1ヶ月近くも経つと花などは全く違ったものとなっています。
女郎花、ボタンズル、ギボウシ、ウド、フシグロセンノウ、山ホトトギス、レンゲショウマ、モミジカサ等など。
Img_1722_2_640x480

Img_1723_640x480

Img_1724_640x480

Img_1727_2_640x480

Img_1744_640x480

Img_1747_640x480

Img_1729_640x480

Img_1739_640x480_2

Img_1743_640x480

イワタバコは残念ながら花は終わっていました。
Img_1740_640x480
(終り)

2014.09.25

湯草から鍋足山(その1)(2014.7.23&8.17)

大分サボっていた夏場の記録をアップします。

夏場は低山は暑いので敬遠気味だが、この時期にも咲く花はあるし、植物の成長は旺盛なので植物観察も面白いので、私の好きな鍋足山に出掛けました。鍋足山も湯草側は整備された登山道もなく、踏み跡をたどる山慣れた人達のみの世界であり、ほとんど歩く人もいない。夏場は当然藪っぽくなるが、あまり荒らされることもなくほとんど自然がそのまま残っていて植物観察には良い所です。植物観察といっても図鑑などをもって植物を特定するとかいうことではなく、花や樹木、キノコとか自然の風景を楽しみながら歩くということです。
夏の間の1ヶ月というと植物の成長が旺盛な時期なので、道も藪となっていたり、花なども全く変わって違う花が咲いています。このエリアはいずれにしても人に出会うことなく静かな山をじっくりと楽しめる私の好きは所です。

7月23日と8月17日の2回歩きましたが、気侭に歩いているのでルートなどは特に明示しませんが、特徴のある風景などを掲載しますので推定してみてください。

★7月23日
標識のある風景を幾つか掲載します。
Img_1151_640x480

Img_1155_640x480

Img_1157_640x480_2

Img_1160_2_640x480

Img_1161_640x480

この石の上に胡座をかいたようなケヤキを見た人は、ほとんど人が行かない場所なので余りないと思います。
Img_1167_640x480

Img_1172_640x480

花などの風景を幾つか掲載します。
サイハイランやハナイカダはもう実になっていました。サルナシの実もたくさん落ちていました。山百合が今丁度見頃の時期でした。イワタバコの花には会えず残念でした。
Img_1132_2_640x480

Img_1133_640x480

Img_1143_640x480

Img_1147_640x480

Img_1148_640x480

Img_1142_640x480

Img_1150_640x480

Img_1152_640x480

Img_1178_640x480

Img_1153_640x480

Img_1156_640x480

Img_1158_640x480

Img_1159_640x480

Img_1163_640x480

(8月17日へ続く)

続きを読む "湯草から鍋足山(その1)(2014.7.23&8.17)" »

2014.09.24

「茨城の山探検」オープン山行第35回を実施します

男体山の南側に連なる岩稜の尾根には、○○越と呼ばれる乗越(峠)が幾つもあり、2013年10月の「茨城の山探検」は、これら全てを登下降する探検ルートを計画しましたが悪天候で中止しております。
第35回の「茨城の山探検」は、この計画をもう少し簡単にアレンジし直して実施します。

北から南に以下の6つの○○越がありますが、今回はポピュラーな大円地越を除いて5つの乗越を通過することにします。(大円地越(通らない))、小草越(登り)、無名の乗越(降り)、フジイ越(登り)、スグサリ越(通過)、釜沢越(降り)
一部道の荒れている所もありますので登り降りは十分な注意が必要です。コースタイム5時間程度、行動時間6~7時間を予想しています。

参加ご希望の方は私宛のメールか、本件のコメントで連絡ください。(私のメールアドレスは、私のHPに記載しています)

1.第35回の実施日   2014年10月26日(日)
 
  天候の悪い場合は中止又は延期する事があります。
  その場合は前日の正午までに「いばらきの山日記」にその旨掲載します。

2.集合場所&時間  
  パノラマラインの釜沢越への登山口  8時30分
  登山開始点は古分屋敷の予定ですので、何台かの車を残して
  全員大円地駐車場へ移動します。
  

3.第35回の探検場所(ルート)  ルートは変更する事があります。
  大円地駐車場-古分屋敷-小草越-無名の乗越(下る)-(登る)-
  フジイ越-裏縦走路経由-スグサリ越-釜沢越-釜沢越登山口

  
  
  
   地形図 「大中宿」   行動時間は6時間半の予定です。

4.参加者へのお願い事項
★「茨城の山探検」の山行は「探検」と付いている如く一般のハイキング道を歩く山行ではありません。しばしば地図に道のない尾根や沢などを歩きますし、薮漕ぎ、急斜面、岩崖・岩場など危険な所も通過することがあります。
★参加される方のレベルとしては、地形図を見て自力で山行が出来る方、乃至そのことを目標に訓練努力されている方を対象と考えております。ただ人に付いて歩くという方はご遠慮願いたいと思います。
★何方でも歓迎しますが、上記の事項についてよく理解し自己判断された上でご参加ください。山行については自己責任でお願いします。
★地形図を持参ください。

5..11月の「茨城の山探検」について
  11月23日(日)鍋足山の紅葉をを予定しています。
  はお、12月は14日(日)を予定します。

« 2014年7月 | トップページ | 2014年10月 »

フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

いばらきの山日記 INDEX

最近のトラックバック

カテゴリー

  • 山歩き
  • 山登り
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 登山