« 湯草から鍋足山(2)(2014.4.26) | トップページ | 湯草から鍋足山(2014.5.9) »

2014.05.25

南田気(箕輪)のTV中継所の山(2014.5.3)

2014.4.2 太郎山に出掛けた時、南田気の観光案内図が南田気橋を渡った所に立てられているのを見ました。その案内図には王子神社の所からTV中継所の山への破線の道が2本書かれていました。その内1本は天神山城跡を通っています。

案内図など太郎山の記録は  「太郎山(その1)(2014.4.2)」  をご覧ください。

今日はこの破線の道を通ってTV中継所のある山(以後箕輪山と呼びます)へ登ってみようと出掛けてきましたが、果たしてこの破線の道はどうであったのだろうか?
太郎山に登った時に出会った森林管理局の方に聞いた話では、天神山城跡を通る道はあるらしいが、もう1本の北側の道はよく分からないとのことで、余り期待できず藪漕ぎも覚悟していました。

王子神社のヤマブキソウやヒメザゼンソウなどの花情報は  「最新花情報(2014.5.2&3)」  をご覧ください。

南田気橋を渡る手前から今日登る山並みがよく見えました。箕輪山は一番右側のピークです。
Img_9491_2_640x360

王子神社の近くに車を止め、まず王子神社へ寄りました。付近にヤマブキソウの群落がありました。
Img_9494_640x480

王子神社の下(北側)の道沿いに梨畑が有り、丁度花が咲いていました。背後の山は生瀬富士と立神山です。
Img_9504_2_640x360

神社の下の道を奥へと進み、最後の民家を過ぎ水郡線の脇に出た所から山道に入る。入り口の所はもう長らく誰も歩く人がいないのであろう、道の上にはフキやニリンソウが繁茂していました。
Img_9520_640x480

思いがけずイカリソウを見つけました。
Img_9521_640x480

道の跡は何となく判るが、笹が生えている所は長い間刈払いも行われていないようで歩きにくい。踏み跡程度の分岐が幾つか出てきたが、自分の判断を信じて先へと進みました。
Img_9522_640x480

杉植林の中の道は比較的はっきりしていました。
Img_9523_640x480

南側の尾根が伐採されており、その伐採斜面が広がった場所に出て展望が広がった。向こうに男体山・長福山の山頂部が見えました。
Img_9525_640x480

しかし道は相変わらず倒木や藪などに阻まれて歩くのに難儀する。
Img_9526_640x480

山頂近くは急斜面となり、やっとTV中継塔が見え山頂到着。
Img_9529_640x480

この山頂に立つのは2度目、今はヤマツツジが咲いており、湯殿山の石碑などが置かれています。
Img_9535_640x480

Img_9531_640x480

この山頂からは北側の大子の街の展望が良い。昼食後山頂で記念写真を撮って山頂を後にした。
Img_9533_640x480

Img_9538_640x480

帰りは天神山城跡のルートを下る。こちらのルートも入口は不明瞭、適当に踏み跡を辿って伐採地に出た。生瀬富士から連なる鋸21峰が目の前に見える展望ポイントであった。
Img_9539_2_640x359

南側には箕輪の林道と電波塔がすぐ近くに見えており、日月大明神の祠が近くにありました。
Img_9540_640x480

Img_9541_640x480

尾根上を進むと箕輪の林道への出口に出たが、そのまま尾根上を進むことにした。やがて踏み跡も不明瞭になり、藪を適当に下って道路に出た。案内図にある天神山城跡の道はどうも谷沿いの道のようだが、今は伐採されている所なので、道も明瞭に分からずそちらを歩くのは諦めました。

大きなフキ畑の所を通り、ヤマブキソウの群落を見て駐車場所に戻りました。
Img_9548_640x480

人にお勧めできるような道は見付ける事が出来ませんでしたが、花も色々と見ることができ楽しい一日でした。(終り)

« 湯草から鍋足山(2)(2014.4.26) | トップページ | 湯草から鍋足山(2014.5.9) »

「山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81710/59705438

この記事へのトラックバック一覧です: 南田気(箕輪)のTV中継所の山(2014.5.3):

« 湯草から鍋足山(2)(2014.4.26) | トップページ | 湯草から鍋足山(2014.5.9) »

フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

いばらきの山日記 INDEX

最近のトラックバック

カテゴリー

  • 山歩き
  • 山登り
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 登山