« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014.05.29

湯草から鍋足山(2014.5.9)

プチ探検がしたいというクライミングのお仲間を案内して、湯草から鍋足山を歩いてきました。湯草から鍋足山に行くのは初めてという事で、ノーマルなコースとして湯草の谷から入りました。今日は水量がなくて滝は魅力ありませんでした。
Img_0116_640x480

三股から右の沢に入り、モミジ谷に寄った後、イワタバコの谷の岩場を登って第3峰と・480ピークとの鞍部に登りました。岩崖にはイワタバコが新芽を伸ばしておりました。岩松などもここには沢山あります。
Img_0121_640x480

Img_0124_640x480

第3峰から縦走路に出て、第2峰は岩場を直登しました。第3峰付近にはアオダモの木がたくさんあり白く目立つのですが、今年は花付きが悪いのであまり目立ちません。
Img_0126_640x480

Img_0128_640x480

Img_0129_640x480

鍋足本峰で休憩して空模様が怪しくなったので下山しました。帰りは林道経由で・352を通る一番判りやすい道で早足で歩きましたが、途中で俄雨にあってしまいました。湯草に下山、プチ探検は無事に終わりました。(終り)

2014.05.25

南田気(箕輪)のTV中継所の山(2014.5.3)

2014.4.2 太郎山に出掛けた時、南田気の観光案内図が南田気橋を渡った所に立てられているのを見ました。その案内図には王子神社の所からTV中継所の山への破線の道が2本書かれていました。その内1本は天神山城跡を通っています。

案内図など太郎山の記録は  「太郎山(その1)(2014.4.2)」  をご覧ください。

今日はこの破線の道を通ってTV中継所のある山(以後箕輪山と呼びます)へ登ってみようと出掛けてきましたが、果たしてこの破線の道はどうであったのだろうか?
太郎山に登った時に出会った森林管理局の方に聞いた話では、天神山城跡を通る道はあるらしいが、もう1本の北側の道はよく分からないとのことで、余り期待できず藪漕ぎも覚悟していました。

王子神社のヤマブキソウやヒメザゼンソウなどの花情報は  「最新花情報(2014.5.2&3)」  をご覧ください。

南田気橋を渡る手前から今日登る山並みがよく見えました。箕輪山は一番右側のピークです。
Img_9491_2_640x360

王子神社の近くに車を止め、まず王子神社へ寄りました。付近にヤマブキソウの群落がありました。
Img_9494_640x480

王子神社の下(北側)の道沿いに梨畑が有り、丁度花が咲いていました。背後の山は生瀬富士と立神山です。
Img_9504_2_640x360

神社の下の道を奥へと進み、最後の民家を過ぎ水郡線の脇に出た所から山道に入る。入り口の所はもう長らく誰も歩く人がいないのであろう、道の上にはフキやニリンソウが繁茂していました。
Img_9520_640x480

思いがけずイカリソウを見つけました。
Img_9521_640x480

道の跡は何となく判るが、笹が生えている所は長い間刈払いも行われていないようで歩きにくい。踏み跡程度の分岐が幾つか出てきたが、自分の判断を信じて先へと進みました。
Img_9522_640x480

杉植林の中の道は比較的はっきりしていました。
Img_9523_640x480

南側の尾根が伐採されており、その伐採斜面が広がった場所に出て展望が広がった。向こうに男体山・長福山の山頂部が見えました。
Img_9525_640x480

しかし道は相変わらず倒木や藪などに阻まれて歩くのに難儀する。
Img_9526_640x480

山頂近くは急斜面となり、やっとTV中継塔が見え山頂到着。
Img_9529_640x480

この山頂に立つのは2度目、今はヤマツツジが咲いており、湯殿山の石碑などが置かれています。
Img_9535_640x480

Img_9531_640x480

この山頂からは北側の大子の街の展望が良い。昼食後山頂で記念写真を撮って山頂を後にした。
Img_9533_640x480

Img_9538_640x480

帰りは天神山城跡のルートを下る。こちらのルートも入口は不明瞭、適当に踏み跡を辿って伐採地に出た。生瀬富士から連なる鋸21峰が目の前に見える展望ポイントであった。
Img_9539_2_640x359

南側には箕輪の林道と電波塔がすぐ近くに見えており、日月大明神の祠が近くにありました。
Img_9540_640x480

Img_9541_640x480

尾根上を進むと箕輪の林道への出口に出たが、そのまま尾根上を進むことにした。やがて踏み跡も不明瞭になり、藪を適当に下って道路に出た。案内図にある天神山城跡の道はどうも谷沿いの道のようだが、今は伐採されている所なので、道も明瞭に分からずそちらを歩くのは諦めました。

大きなフキ畑の所を通り、ヤマブキソウの群落を見て駐車場所に戻りました。
Img_9548_640x480

人にお勧めできるような道は見付ける事が出来ませんでしたが、花も色々と見ることができ楽しい一日でした。(終り)

続きを読む "南田気(箕輪)のTV中継所の山(2014.5.3)" »

2014.05.22

湯草から鍋足山(2)(2014.4.26)

(1)からの続きです。
山歩きの途中は路傍の花や植物・樹木など観察しながら歩いています。今回はワラビを収穫しました。その他の見た山菜はわさび、コシアブラ、ハリギリ、モミジガサ、ミズなどです。
Img_9400_640x480

Img_9401_640x480

Img_9407_640x480

Img_9434_640x480

Img_9456_2_640x479

Img_9463_640x480

春の花が色々と咲いていて目を楽しませてくれました。ムラサキケマンです。
Img_9399_640x480

スミレ
Img_9403_2_640x489

ハルリンドウ
Img_9409_2_640x479

チゴユリ
Img_9411_2_640x479

ツクバキンモンソウ
Img_9412_640x480

ウグイスカズラ
Img_9415_2_640x480

スハマソウ(葉だけ)
Img_9422_2_640x479

アケビの花
Img_9435_2_640x479

ハコベの花
Img_9458_2_640x479

ニリンソウ
Img_9465_640x480

トウゴクサバノオ
Img_9466_640x480

ウバユリはまだ芽が出たばかりでした。
Img_9464_640x480

今日も誰にも出会いませんでしたが、楽しい一日でした。(終り)

2014.05.15

湯草から鍋足山(1)(2014.4.26)

今年の1月に湯草から鍋足山を巡り歩いたが、今回もほぼ同じルートを歩きました。季節が違うとこうも景色や草木の様子が変わるものかと改めて感じました。春の花や草木をじっくりと観察しながら歩きました。

2014年1月の山行記録   「湯草から鍋足山(2014.1.11)」

観察した花や草木の様子は 「湯草から鍋足山(2)(2014.4.26) に記載します。

湯草からの入口の所の民家に鯉のぼりが立っていました。最近はあまり見かけないのだが、青空に泳いでいるのを見るのは気持ちが良い。
Img_9398_2_640x486

北尾根を登る途中のミツバツツジと山桜。
Img_9413_2_640x479

北尾根を登る途中で振り返った展望風景。高崎山と白木山は見えているが、奥久慈男体山はまだ見えていない。
Img_9414_640x480

ミツバツツジと山吹の花。いろんな色が見られて楽しい。
Img_9418_2_640x480

ヤマツツジも蕾もまだ多いが、咲いていました。
Img_9419_640x480

北尾根の頂点の520mピークを見上げると山桜が点々と咲いていました。
Img_9421_640x480

山吹も今が盛りであちこちで咲いていました。遠くの山は奥久慈男体山方面。
Img_9426_2_640x480

山桜と月居山方面の風景。
Img_9430_2_640x480

北尾根方向から見る鍋足山本峰と2~4峰の展望。こちらの角度からも良い眺めです。
Img_9439_2_640x480

北尾根を登った後は三角点峰へ行き、ここで昼食休憩しました。
Img_9444_2_640x480

その後第4峰へと向かいました。縦走路路駐からの展望です。パノラマ風景写真は本峰方面&西側の風景、西側の湯草の谷と奥久慈男体山方面&登ってきた北尾根、三角点峰(右端)と登ってきた北尾根の3つの風景です。
Img_9445p_640x274

Img_9448p_640x384

Img_9450p_640x251

第3峰岩峰の基部より見上げた所。ここからもみじ谷へ下る。
Img_9453_640x480_2

もみじ谷の風景。新緑に染まっていました。(その(2)へ続く)
Img_9454_640x480

>

2014.05.13

八溝山と春の花(2014.4.20)

今回は私の所属する山の会の山行リーダーとしての山歩きでした。昨年も歩いていますが、この時期にはイワウチワ、カタクリ、ニリンソウなどの春の花が楽しめます。

昨年の山行記録
第23回茨城の山探検オープン山行(八溝山)の記録(2013.4.14)
第24回茨城の山探検オープン山行(八溝山)の記録(2013.5.12)

コースは昨年と同じく、福島県側の久慈川源流を通る遊歩道と茗荷川の源流を通る遊歩道を繋いで歩くコースです。

山頂付近はまだ芽吹きのない状態でした。最初にイワウチワの咲く尾根を下ります。
Img_9169_640x480

Img_9170_640x480

沢沿いにはニリンソウが咲いていました。
Img_9172_2_640x500

鹿又林道沿いには丈の大きくなったフキの花。
Img_9173_2_640x478

また登り返しです。ここの登路にもイワウチワがたくさん咲いていました。
Img_9174_640x480

曇空のため今日のカタクリは残念ながら花が開いていませんでした。
Img_9180_640x480

また茗荷川の源流へと下りました。
Img_9182_640x480

エイザンスミレの群生がありました。
Img_9185_640x480

その他ハルトラノオやハナネコノメなど咲いていました。(終り)
Img_9184_2_640x480

Img_9186_2_640x480

2014.05.12

「茨城の山探検」オープン山行第34回を実施します

6月は花園神社を起点として、県北の花園山、栄蔵室山、奥ノ院峰・七ッ滝を巡る山歩きを計画いたしました。栄蔵室山は一等三角点「栄蔵室」(881.6m)が設置されており、県内(県境を除く)で最高峰と称している山です。今回は比較的整備された道を歩きます。

参加ご希望の方は私宛のメールか、本件のコメントで連絡ください。(私のメールアドレスは、私のHPに記載しています)

1.第34回の実施日   2014年6月8日(日)
 
  天候の悪い場合は中止又は延期する事があります。
  その場合は前日の正午までに「いばらきの山日記」にその旨掲載します。

2.集合場所&時間 
  花園神社の駐車場(2箇所ありますが手前側、トイレあり)  9時00分
  集合後に奥側の駐車場へ移動します。
  
  

3.第34回の探検場所(ルート)  ルートは変更することがあります。 
  駐車場-(林道、登山道)-花園山-栄蔵室山-(林道)-奥ノ院峰・七ッ滝-駐車場
  

  
  
  
   地形図 「磐城片貝」   行動時間は6時間程度の予定です。

4.参加者へのお願い事項
★「茨城の山探検」の山行は「探検」と付いている如く一般のハイキング道を歩く山行ではありません。しばしば地図に道のない尾根や沢などを歩きますし、薮漕ぎ、急斜面、岩崖・岩場など危険な所も通過することがあります。
★参加される方のレベルとしては、地形図を見て自力で山行が出来る方、乃至そのことを目標に訓練努力されている方を対象と考えております。ただ人に付いて歩くという方はご遠慮願いたいと思います。
★何方でも歓迎しますが、上記の事項についてよく理解し自己判断された上でご参加ください。山行については自己責任でお願いします。
★地形図を持参ください。

5..7月以降の「茨城の山探検」について
  7~9月の「茨城の山探検」は休止します。10月よりまた再開します。
  但し茨城の山に関しては、案内・同行希望など個人的な要望には応じますのでご連絡ください。
  各自夏山歩きなどお出掛けください。

2014.05.10

「茨城の山探検」オープン山行第32回の山行記録(燕山・加波山2014.4.17)

花の入公園近辺の桜と山の新緑が美しい季節となった。「茨城の山探検」でもこの時期のこの近辺の山を楽しもうと燕山・加波山登山と組み合わせて計画しました。
今回のルートは花の入公園を起点に一枚岩の滝を経由して、燕山・加波山に登るもので、歩いたコース図を掲載します。
Img198_640x574

この時期の過去の山行記録です。ご覧ください。
・燕山・加波山(2009.4.16)
・花の入公園から燕山(2010.4.14)
・加波山連峰縦走(2011.1.17)

出発点の花の入公園のボタン桜が丁度見頃でした。付近の山桜は早いものから遅いものまであり、ある期間の間は見ることのできる桜の種類は異なってきますが、それなりに楽しめるようです。
Img_9128_2_640x481

桜をバックに参加者の集合写真です。総勢11名。
Img_9130_3_640x360

ウワミズ桜も丁度満開でした。
Img_9132_2_640x480

一枚岩の滝の所で休憩。沢沿いにはニリンソウやエンレイソウなど咲いていました。
Img_9134_640x480

Img_9153_640x480

分岐標識の所から沢から離れて天狗の踊り場の方へ向かいました。ミツバツツジが咲き始めていました。
Img_9139_640x480

標高差約600m登って燕山山頂へ到着。約2時間。
Img_9140_640x480

途中で昼食休憩をして加波山へ向かう。加波山神社に挨拶して、それから三角点を確認しました。
Img_9143_640x480_2

Img_9146_2_640x480

加波山から林道へ下りました。林道からの展望も良く、山桜と新緑が綺麗でした。
Img_9150_640x480

一枚岩の沢の左岸尾根に乗り、途中から一枚岩の滝の所へと降りました。
Img_9151_640x480

車道に出てからまた桜と新緑を楽しみました。
Img_9156_2_640x480

Img_9163_2_640x481

花の入公園の山ツツジが満開でした。
Img_9164_640x480

帰り道で山麓から今日登った山を眺めました。山桜が点々と咲いていました。(終り)
Img_9165_2_640x359

続きを読む "「茨城の山探検」オープン山行第32回の山行記録(燕山・加波山2014.4.17)" »

2014.05.04

大石から鍋足山(2014.4.13)

鍋足山の大石登山口近くにショウジョウバカマが群生しており、丁度花の時期となったので写真撮りも兼ねて見に出掛けましたが、ついでに鍋足山も歩いてきました。
昨年も同じ時期に大石から歩いております。 「大石から鍋足山(2013.4.16)」

まずは花の写真ですが、ショウジョウバカマの群生というのは中々写真に撮りにくいな~ということを実感しました。
Img_9061_2_640x480

Img_9058_2_640x481

Img_9062_2_640x480

その他山行中に私が興味を持って見た花などです。
★山椒の芽 ★ウリハダカエデの花 ★ヒトリシズカ ★エイザンスミレ ★樹液酵母 ★スハマソウ
Img_9085_640x480

Img_9093_640x480

Img_9101_640x480

Img_9105_640x480

Img_9109_640x480

Img_9108_640x480

この日歩いたコース図です。登山口から鍋足山-もみじ谷-三角点峰と巡りました。
Img197_640x459

大石登山口
Img_9048_640x480

稜線の大石分岐点。
Img_9079_640x480

東展望台。
Img_9081_640x480

展望風景です。第2峰、第3峰と背後の男体山他奥久慈の山々。
Img_9083_640x480

鍋足山山頂。
Img_9084_640x480

第3峰の岩尾根を下って向かいの480Pへ。そこから第3峰を見る。
Img_9087_640x480

もみじ谷への下降点、上と下。
Img_9094_640x480

Img_9095_640x480

もみじ谷入口の大岩。
Img_9097_640x480

もみじ谷にて。
Img_9102_2_640x479

Img_9100_640x480

三角点峰にて。
Img_9107_640x480

おしびきコース/健脚コースの分岐点。
Img_9112_640x480

大石への作業林道に出た所。
Img_9113_640x480_2

途中の水溜りにカエルの卵が・・・春ですね(終り)
Img_9116_640x480

続きを読む "大石から鍋足山(2014.4.13)" »

2014.05.03

最新花情報(2014.5.2&3)

4月・5月は花が次々と咲いて忙しい。桜はもうほぼ終わりました。ツツジが盛りです。
最近見てきた花情報をアップします。

★クマガイソウ(5月2日)  昨年も見てきましたが、中利員のクマガイソウが今見頃です。
Img_9487_640x480

Img_9481_640x480

近くに咲いている藤の花。
Img_9490_2_640x480

★一休園のツツジ(西河内下町 5月2日) 個人の民家ですが、咲いている所は初めて見に行った所です。色とりどりのツツジが満開。色んな種類が植えられていました。
民家の入口です。
Img_9471_640x480

Img_9474_640x480

Img_9476_640x480

★ヤマブキソウの群生(5月3日) 南田気(箕輪)の箕輪山に登りに行ったついでに王子神社に寄りました。神社に向かう道路沿いの土手や神社の周辺はヤマブキソウが群生しており、今満開でした。今回初めて訪れて見付けたものです。
Img_9549_640x480

Img_9495_640x480

Img_9551_640x480

★ヒメザゼンソウ(5月3日) 王子神社の北側の土手に姫座禅草の群落がある。大子町指定の天然記念物になっている。(表示杭あり) 近くに居た農家のおじさんと話していて教えてもらいました。6月頃花が咲くとのことで今は葉が出ているだけでした。昨年の果序が残っている株がありました。
Img_9510_360x480

果序が付いていた株です。
Img_9507_640x480

果序を拡大した写真。
Img_9505_2_640x479

土手に生えている所。
Img_9509_640x480

★その他
・ウワミズサクラ(5月3日) 今あちこちに咲いています。
Img_9518_640x480

・シロヤシオ(5月3日) りんご園の片隅に咲いていました。花付きが良いです。男体山のシロヤシオが気になっていますが、まだ見に行っておりません。ここより標高差400mはあるのでこれからかな?
Img_9552_640x480

Img_9555_640x480

・ニリンソウ(5月3日) ニリンソウもあちこちで咲いていますが、もう終わりに近いですね。
Img_9511_640x480

・芝桜(5月2日) 河内地区の杜の詩の裏辺りで見かけました。あちこちで今綺麗です。
Img_9477_640x480

・おまけですが、我が家の庭(4月29日) 椿の花が落ちて地上を飾り、エビネが満開。(終り)
Img_9469_640x480

2014.05.01

三角点「上檜沢470.5m.」の山を歩く(2014.4.12)

最近下桧沢の辺りを歩いていますが、今日は山菜採りも兼ねて下桧沢から三角点「上檜沢」を探訪してきました。三角点「上檜沢」は以前、七内側から訪れており、つい最近の山行「イワウチワを見に久隆の山へ(2014.4.9)」の中に過去の記録を載せていますのでご覧ください。

この日は山菜採りもやりましたが、私の流儀は山歩きが主目的で、山菜採りはそのついでに山のお恵みをほんの食べるだけ頂くというものです。
今日歩いたルートは掲載地図をご覧ください。右の林道から沢を詰めて三角点近くの稜線に出ました。西側が伐採されていたので大展望でした。下りの尾根の途中で日当たりの良い所ではコシアブラが芽吹いていた所もあり、少々頂いて帰りました。
Img194_640x464

タラの芽、コシアブラ、モミジカサ、わさびの芽
Img_9037_640x480

今日のミニ探検は、下桧沢の奥の道が二股に分岐している所で、右の林道を歩いて沢を詰めて登ってみることにしました。特に先の見通しがあるわけではないが、成り行きに任せて三角点まで行こうというもので、ひどい藪ならば途中撤退するつもりでした。

少し進むと間伐材を切り出して運び出していました。
Img_9007_640x480

さらに少し進むと路傍に開墾の碑があった。石碑の文面は
「茨城県久慈郡 下小川村  元久隆
      明治弐年  那珂郡檜澤村  下檜澤地内 開墾ス」
Img_9008_640x480

この辺は今は植林されているが、明治の頃に開墾された所らしい。更に進むと車止めのゲートがあった。まだ林道が続いていた。
Img_9009_640x480

分収契約林の看板があった。公社と土地所有者で分け合うらしい。植林が手入れされないで放置されないので良いかもしれない。
Img_9010_640x480

やがて林道は終わり、手入れされていない薮っぽい作業道が続いていた。
Img_9014_640x480

沢の分岐がいくつか出てくるが、出来るだけ本流、本流と進む。途中から左岸の斜面をトラバースするようになり、やがて急な斜面、作業道跡は藪となって通れないので適当に歩き易い所を探して沢の源頭まで歩いた。モミジカサやニリンソウが生えていました。
Img_9015_640x480

Img_9016_640x480

最後の急登で何とか稜線に登り着きました。稜線の西側は伐採されたばかりで大展望。
Img_9017_640x480

Image2_640x197

景色が良く見えるので、登り着いた稜線のすぐ北側のピークが三角点ピークだと確認できました。この展望ポイントでゆっくりと昼食休憩をしました。
その後三角点を往復してから・410方面へと下ることにしました。
Img_9020_640x480

Img_9025_640x480

・410へ下る途中、奥久慈男体山が見える展望地がありました。またミツバツツジが咲きかけていました。
Img_9027_640x480

Img_9026_640x480

・410から東に張り出した尾根を下りましたが、所々にイワウチワがありました。コシアブラの木も多くあり、日当たりの良い所では芽吹いていました。
Img_9028_640x480

林道に下り着いた所には丁度橋が架かっておりました。すぐ近くが行きに見た伐採木の集積場所で、ぐるりと一回り面白いコースでした。
Img_9032_360x480

Img_9033_640x480

谷川沿いのわさびや作業道沿いのタラの芽など自然のお恵みも頂いて満足した一日でした。(終り)
Img_9035_640x480

Img_8999_640x480

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

いばらきの山日記 INDEX

最近のトラックバック

カテゴリー

  • 山歩き
  • 山登り
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 登山