« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014.02.28

「茨城の山探検」オープン山行第30回の山行記録(2014.2.16)

今回は常陸太田市の千寿町、松平町界隈の里山歩きをしました。
立ち寄った所は、松平親水公園を出発点にして、三角点二つ(「牛込4等(161.6m)」「東連地3等(146.1m)」、送電鉄塔阿武隈線144号と145号、包石、元金砂神社などである。
ルートは下記の地図をご覧ください。
Img173_640x461

こういうルートを作るにはこの界隈を何回か歩いてみないと出来ないですが、過去の記録は古い順に下記の通りです。ご参照ください。
1) 「里山と三角点巡り・東連地周辺(2012.3.11)
2) 「里山歩き・棚谷周辺(3)」【包石と阿武隈送電鉄塔(2013.1.30)】
3) 「里山を歩く(常陸太田市千寿町、松平町界隈 2013.12.24)
 【注記】3)の記録の中に1)、2)へのリンクがあります。

天気が心配であったが、幸い良い天気となった。松平親水公園から歩くことにして上の圃場へと登る。登るにつれて展望が広がり、気持ちの良い風景が広がった。
まず「牛込三角点」に立ち寄る。何時もの所にミツバチの巣箱が置かれているが、寒いのでミツバチの姿が見えない。

圃場の端から多少の藪道を登って阿武隈線送電鉄塔144号へ。そこから点検路を利用して林道へと下り、「包石」へ向かうが、ルートミスをして余分に歩いてしまった。
写真は包石と集合写真(総勢12名)です。
Img_8142_640x480

Img_8141_2_640x480

送電鉄塔145号を経由して元金砂神社へ向かう。元金砂神社は由緒ある神社だが、今は東と西の金砂神社が栄え、こちらは寂れてしまっている。
Img_8144_640x480

この神社の所に旧環境庁の「日本の巨樹・巨木林」に登録されている2本の巨樹がある。
・千手観世音のイチョウ
・千寿のケヤキ
Img_8145_640x480

Img_8147_640x480

神社の下の民家の石垣の日溜まりで昼食休憩。最後に「東連地三角点」に寄ってから車道に出た。この車道を降れば松平親水公園へ出るのだが、山道を通って戻るルートを辿り、圃場で最後の休憩をしてから駐車場所に戻りました。(終り)
Img_8149_640x480

2014.02.26

鍋足山・雪&滝巡り(2014.2.11)

2/8夕方にニュー次ランド北島から帰国したが、大雪情報で成田からの帰り道がどうなのかと危ぶまれた。強風と雪であったが、鹿島辺りは雪はなく雨と強風でしたのでなんとか無事に家に帰りつきました。
2/9朝には我が家の庭も雪景色、これなら茨城の山も雪で楽しめるかなと2/11日に鍋足山に出掛けました。我が家の庭の雪です。
Img_8091_640x360

ハッチメ滝の所まで来ると氷瀑となっていて良い感じなので、今日は鍋足山登山は中止して滝巡りをすることにしました。その後、団子石滝・銚子口滝、中ん滝、北の入り滝と巡りましたが、それほど綺麗な氷瀑は見られず残念でした。

里美の道の駅から鍋足山を見ると良い感じ。
Img_8093_2_640x360

笹原登山口手前から見た三角点峰。
Img_8096_2_640x360

笹原登山口の駐車場所の手前の道路上に車を止めたままにしている不届き者がいる。すぐ先の駐車場所に入れず迷惑千万であった。どうも滝を見に来た人のようだが・・・
Img_8097_640x360

鍋足山への登山道を進んでハッチメ滝の所へ来ると氷瀑が良い感じに見えた。Img_8100_2_640x479_2

近くまで近づいて見てきました。下から見上げた写真。Img_8109p_553x640

氷瀑が良い感じだったので、他の滝も見たくなり今日は鍋足山登山は中止して滝巡りをすることにした。団子石滝・銚子口滝へ向かう。
銚子口滝は水も流れていなくて氷瀑もなく、雪を被った斜面だけでした。残念!
Img_8114_640x480

団子石滝は氷柱がぶら下がっていました
Img_8122_640x480

Img_8119p_482x640

次に中ん滝へ向かいました。凍った滝の上に雪が付いていました。
Img_8125_640x480

北の入滝へは近道をするため崖下のルートを通って行きました。
Img_8130_640x480

途中にある石の門です。
Img_8132_640x480

北の入滝です。結構時間が掛かりここで今日は終わりとしました。(終り)
Img_8138_640x480

2014.02.23

「茨城の山探検」オープン山行第31回を実施します

3月の「茨城の山探検」は歩き慣れた鍋足山としました。鍋足山は私の好きな山で、岩崖なども多く見かけ以上に奥深さを持った山です。早春の花も咲き始めますので、洲浜草にも出会えると思います。

参加ご希望の方は私宛のメールか、本件のコメントで連絡ください。(私のメールアドレスは、私のHPに記載しています)

1.第31回の実施日   2014年3月16日(日)
 
  天候の悪い場合は中止又は延期する事があります。
  その場合は前日の正午までに「いばらきの山日記」にその旨掲載します。

2.集合場所&時間 
  笹原登山口手前の駐車場  9時00分
  
  

3.第31回の探検場所(ルート)  
  洲浜草などの群生地も通りますので、今回はルートは明示しません。
  当日のお楽しみです。
  【注記】洲浜草の盗掘や踏み荒らしが心配されますのでご配慮ください。
  

  
  
  
   地形図 「大中宿」   行動時間は4~5時間程度の予定です。

4.参加者へのお願い事項
★「茨城の山探検」の山行は「探検」と付いている如く一般のハイキング道を歩く山行ではありません。しばしば地図に道のない尾根や沢などを歩きますし、薮漕ぎ、急斜面、岩崖・岩場など危険な所も通過することがあります。
★参加される方のレベルとしては、地形図を見て自力で山行が出来る方、乃至そのことを目標に訓練努力されている方を対象と考えております。ただ人に付いて歩くという方はご遠慮願いたいと思います。
★何方でも歓迎しますが、上記の事項についてよく理解し自己判断された上でご参加ください。山行については自己責任でお願いします。
★地形図を持参ください。

5..4月の「茨城の山探検」について
  4月19日(土)を予定しています。

2014.02.22

「茨城の山探検」オープン山行第29回の山行記録(2014.1.26)

「茨城の山探検」オープン山行第29回は、鍋足山と奥久慈憩いの森を組合せたコースで、猪ノ鼻峠を出発点にし、鍋足三角点峰を経由し、U字形に尾根を伝って「取上」三角点へ、そこからまた尾根伝いに寺地へ下り、その後は奥久慈憩の森で遊んだ後、猪ノ鼻峠へと戻るという周回コースを歩きました。参加者は私を含めて総勢11名でした。
地図を参照してください。
Img166_472x640_2

Img167_640x459

今回は三つの三角点を巡りました。
・笹原入  3等  551.7m  鍋足三角点峰
・取上   4等  486.3m  
・高柴   4等  385.8m  奥久慈憩いの森の中
Img_7484_2_640x480 Img_7492_2_640x480 Img_7494_640x480

過去の類似の記録は下記です。
「猪ノ鼻林道から三角点峰を周回」(2010.3.19)
「第11回鍋足山探検オープン山行の記録」(2010.12.19)

猪ノ鼻峠を出発し40分ほどで三角点法到着。
Img_7486_640x480

三角点峰を出発し少し進んだ尾根上から、これから通過する尾根と「取上」三角点ピーク(杉の木が目立つピークです)が見えました。
Img_7487_640x480

「取上」三角点ピークの手前は伐採されて展望がよく、三鈷室山まで見えていました。
Img_7490_640x480

寺地まで下って車道に出て、奥久慈憩いの森へ。
Img_7493_640x480

森林学習館前で昼食。ここからは展望がよろしい。
Img_7495_640x480

お手植地前の広場で記念の森をバックに集合写真。
Img_7497_640x480

記念の塔などを巡り、森林浴コースを通ってから尾根伝いに猪ノ鼻峠駐車場へ戻りました。(終り)
Img_7500_640x480

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

いばらきの山日記 INDEX

最近のトラックバック

カテゴリー

  • 山歩き
  • 山登り
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 登山