« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013.05.17

山桜観賞・盛金の山を歩く(2013.4.22)

4月6日にイワウチワ観賞で盛金の山を歩いた時にすでに山桜が大分咲いていました。
  「イワウチワ観賞・盛金の山を歩く(2013.4.6)」参照ください。

例年山桜が山肌を染めて最も山の景色が美しくなるのは4月20日前後なので、山の会の山行を4月21日に設定していたのですが、生憎の悪天候のため中止した。翌日の天気は回復する予報であったので、プライベートに希望者のみで同じルートを歩くことにした。
今年の桜は開花が早く、山桜の盛りは過ぎていたのだが、自然が相手の事なので仕方がないことである。という事なのだが丁度コシアブラの採り頃の時期でもあったので「桜の花より団子」の状態で参加者たちの目はコシアブラ探しに向けられた。

歩いたルートは昨年の暮れに歩いた「盛金の名も無き山を歩く(続編)(2012.12.6)」とほぼ同じルートなので、ことらの記録を参照してください。
今回の山行にはカメラの持参を忘れてしまい、展望所での写真を撮れませんでしたが、他の方に撮ってもらいました。下記の展望所からの写真を掲載します。今回のパノラマ写真です。他の時に撮影したものも掲載しますので比べてみて下さい。
H25_4_22_002p_2_800x221

2013.4.6に撮影のもの
Img_2072p_800x392

2012.12.6に撮影のもの(終り)
Img_0297p_800x311

2013.05.16

御前山・赤沢富士・白山神社(2013.4.18)

先月の山行記録です。
今年の1月5日に赤沢富士から白山神社へと歩いた時、「御前山ケヤキ展示林」の所に「カタクリ・イチリンソウ群落の再生試験」の看板があったので、今はどのように回復してきているのか興味があり、時期に見に行くことにしていました。
前回の記録参照 「赤沢富士と白山神社(2013.1.5)」

今回は御前山-赤沢富士-白山神社と繋いで歩こうと山友達を誘って、車を青少年旅行村と道の駅かつらに配置して歩きました。
青少年旅行村のコテージなどのある山腹には山ツツジが植えられており、丁度花が咲き始めていた。
Img_2231_2_640x480

ここのハイキングコースは関東ふれあい道で、急な斜面には階段道が作られていますが私には歩き難い。御前山富士山の山頂には展望台があり、展望台から那珂川沿いの眺望を楽しんだ。道々標識が整備されていますが、それによると[青少年旅行村-那珂川大橋]のハイキングコースは6.1kmあり、約2時間のコースのようだ。
Img_2232_640x480 Img_2233_2_640x480 Img_2235_640x480 Img_2238_640x480

ここは御前山県立自然公園という事で説明看板などが途中にあります。カタクリ、山百合、トウキョウサンショウウオ、オオタカなどの写真が出ていますが、私はあまり見かけることはない。途中で出会うのは山菜取りの人達でコシアブラを採っているようだ。看板には動植物の採取行為は法律で規制されていますと書かれているが、ここでは山菜取りはしてはいけないのだろう。
Img_2245_640x480

途中でミツバツツジや桜の花を見たり、シイやカシなどの照葉樹林を見ながら西登山口の分岐に着いた。出発からもう2時間以上経っているので大分ゆっくりと歩いたのだろう。
Img_2240_640x480 Img_2244_2_640x479 Img_2246_640x480 Img_2247_640x480

西登山口へと降ったが、ここへ降ったのは初めてである。皇都川が流れており、川沿いにはあちこちにニリンソウの群落がある。車道を歩く途中で藤倉の滝というのがあったが、小さな滝でした。
Img_2249_640x480 Img_2251_2_640x479 Img_2254_640x480 Img_2256_640x480

ケヤキ展示林の所へ行ってみました。ケヤキの林は新緑が素晴らしいのですが、下生えには笹などもあり、またロープを張ってあるのでカタクリなどのスプリング・エフェメラルが生えているのかよく判りませんでした。目につくのはニリンソウばかりでした。残念!
Img_2258_640x480

赤沢富士から白山神社は前回の記録を参照してください。特に変わった所は、途中の石の祠のあるピークに大塚山友会の「白山」の山名板が設置されていた事でした。(終り)
Img_2266_640x480

Img_2261_640x480 Img_2263_640x480 Img_2264_640x480

2013.05.15

(続)花の便り(ストロベリーキャンドルなど)(2013.5.15)

ストロベリーキャンドルの花の事が茨城新聞(5/9 ストロベリーキャンドル見頃、ソバ畑に深紅の花 常陸太田)に掲載され、またテレビでも放映があったので赤土町に見に出掛けてきました。

ストロベリーキャンドルはクリムゾンクローバーとも言い、クローバーの種類でレンゲ畑のように花の後に畑に鋤き込んで肥料にするらしい。5月6日にクマガイソウを求めてそば工房に寄った時に車窓から見えているはずなのだが、何も気付かずに素通りしてしまったようだ。
路側の広くなった駐車場所の脇に赤い畑が広がっていたのですぐに分かりました。何人かの人が来ていました。
Img_2799_640x480

Img_2802_2_640x479

写真1:白花もありました  写真3:花摘み取り可の所が少し先にありましたので、募金して花を摘んで帰りました。
Img_2806_640x480 Img_2808_640x480 Img_2809_640x480 Img_2810_640x480

帰ってから花瓶に活けて暫らく観賞します。
Img_2817_640x480_2

この季節は山の藤の花と水木の花と桐の花がきれいです。帰り道で眺めてきました。
Img_2816_640x480 Img_2814_2_640x481 Img_2815_2_640x479 Img_2813_2_567x640

5月9日に国立常陸海浜公園へネモヒラを見に出掛けました。平日にも拘らず大勢の観光客が来ていました。この季節は色んな花が咲いて嬉しい季節です。(終り)
Img_2738_640x360

Img_2728_640x360 Img_2729_640x360 Img_2732_640x360 Img_2736_640x360

2013.05.14

「茨城の山探検」オープン山行第25回を実施します

2013年6月の「茨城の山探検」は、奥久慈男体山周辺(持方、安寺等)の昔の生活道路などを辿る山歩きを計画しました。車道などの無い昔に里人が歩いた道は、今は歩く人もいなくなって藪が深くなったり荒れたりしていますが、昔を偲んで歩くのも一興かと思います。

参加ご希望の方は私宛のメールか、本件のコメントで連絡ください。(私のメールアドレスは、私のHPに記載しています)

1.第25回の実施日   2013年6月2日(日)
 
  天候の悪い場合は中止又は延期する事があります。
  その場合は前日の正午までに「いばらきの山日記」にその旨掲載します。

2.集合場所&時間  場所は釜の平近辺です。
  上高倉地区 国道461号の坂下バス停先の路側駐車場所 8時30分
  ・坂下バス停の一つ先が持方入口のバス停です。
  ・分からぬ方は当方へ問い合わせください。
  

3.第25回の探検場所(ルート)  ルートは変更する事があります。
  駐車場所-持方入口バス停-安寺-持方-男体山-小草越-
  -安寺への道-竜神川-中武生の山-武生林道-杉の上-
  -坂下-駐車場所
  詳細なルートは当日説明します。現在ではほとんど歩かれていない
  所もありますので、藪漕ぎやルート不明箇所があるでしょう。

  
  
   地形図 「大中宿」   行動時間は6時間程度の予定です。

4.参加者へのお願い事項
★「茨城の山探検」の山行は「探検」と付いている如く一般のハイキング道を歩く山行ではありません。しばしば地図に道のない尾根や沢などを歩きますし、薮漕ぎ、急斜面、岩崖・岩場など危険な所も通過することがあります。
★参加される方のレベルとしては、地形図を見て自力で山行が出来る方、乃至そのことを目標に訓練努力されている方を対象と考えております。ただ人に付いて歩くという方はご遠慮願いたいと思います。
★何方でも歓迎しますが、上記の事項についてよく理解し自己判断された上でご参加ください。山行については自己責任でお願いします。
★地形図を持参ください。

5..7月以降の「茨城の山探検」について
  7~9月の「茨城の山探検」は、低山歩きは暑い事もあり休止します。
  日本アルプスなどの夏山へお出掛け下さい。10月からまた再開します。

2013.05.13

第24回茨城の山探検オープン山行(八溝山)の記録

前回に引き続き今回の八溝山の山行は、八溝山の新緑と花(シロヤシオなど)を求めて春を楽しむ計画でした。今年のシロヤシオは5/8「花の便り」で報告の通り不作でしたので、シロヤシオの大木を見るばかりで、残念ながら花はほとんど見ることは出来ませんでした。
今回は総勢15名、予定通りのコースを歩き、行動時間は5時間弱です。

駐車場から山頂に登り記念写真を撮って出発しました。
Img_2772_2_640x479

写真1:歩いたコースです  写真2:高笹山分岐に来てこちらへ入りました  写真3:茗荷分岐。ここから沢へ降りましたが、この辺りは道が消滅しています  写真4:モミジカサ。道々山菜を採りながら沢を下りました
Img105_640x456 Img_2774_640x360 Img_2775_640x360 Img_2778_640x360

沢を歩く風景
Img_2776_640x360_2

茗荷へと降る道の分岐まで降ってから、ゴヨウツツジの群生地のある尾根を登り返しましたが、シロヤシオの花は見られず残念!林道に出てからまた遊歩道を下りました。
写真1:ニリンソウの花作沢の風景  写真2:前回の時、カタクリが咲いていて休憩した所  写真3&4:次の遊歩道の下りでやっとシロヤシオとミツバツツジの花を見つけました。
Img_2782_640x360 Img_2784_640x360 Img_2787_640x360 Img_2788_640x360

鹿ノ又林道へ降る遊歩道の途中で昼食休憩にしました。新緑の中に山桜の花が咲いていてとてもきれいでした。
Img_2786_640x360

鹿ノ又林道の終点から遊歩道を登って上の林道へ出て駐車場に戻りました。この登り途中にもゴヨウツツジの群生地がありますが、ここも花なしです。
写真1:久慈川源流沿いの鹿ノ又林道を歩く。この辺りは色んな山菜が豊富で、コゴミなどは畑状態です  写真2:ヤマブキソウ  写真3:久慈川源流の沢。カタクリなどが道沿いに沢山あります
Img_2792_640x360 Img_2791_2_640x360 Img_2793_640x360

鹿又林道から見上げる山桜咲く新緑の山の風景。新緑の中の沢や尾根歩きはとても気持ちの良いものでした。(終り)
Img_2790_2_640x360

2013.05.08

花の便り(シロヤシオ、クマガイソウ、フジ)(2013.5.6)

男体山のシロヤシオの開花状況を偵察に出掛けましたが、これまでに無いくらいの不作の年で花はほとんど見られませんでした。残念!

持方から藪尾根を遠方の鹿島から来られたMさん、Tさんと同行して登ったのですが、シロヤシオの木は沢山あっても花はほとんどないのである。《Mさんは昨日も男体山に来られていて1か所で見ただけと言っておられましたが、今日も残念な結果となりました》
今年は人から聞いた情報ではつつじ(アカヤシオ、ミツバツツジなど)は不作の年のようです。
★何とか見えたシロヤシオの花
Img_2692_2_640x360

そんな事でしたが、山の景色を見ながら新緑の中で山ご飯を美味しく食べました。
写真1:藪尾根から見える高崎山  写真2:ちらほらとシロヤシオの蕾と花が見えます  写真4:白木山
Img_2689_640x360 Img_2690_640x360 Img_2691_640x360 Img_2693_640x360

話変わってクマガイソウが中利員で咲いているというブログを見たというTさん情報で、帰りにクマガイソウを探訪する事にしました。昔は赤土にクマガイソウ群生地があって地図にも載っており、私も昔(10年位前)訪ねたことがありましたが、その時すでに盗掘とかのためほとんどなくなっていて農家の庭に細々と咲いているのを見ただけでした。

人に尋ねながら行けば判るだろうとまず赤土のそば工房を訪ねました。
そこから始まって、岡崎さん(そば工房店長さん)→上利員の富田さん→中利員の茅根さん(ここがTさんの見たブログの場所)とうまく目的地まで行くことが出来ました。
場所は常陸太田市中利員町で県道62号の中利員交差点から東に200m位の所です。クマガイソウの他に樹齢が数百年のピンクのフジが近くにありますが、この辺りは皆茅根さんという名字のお宅ばかりのようです。花をご覧ください。

上利員の富田さんの庭のクマガイソウImg_2694_640x360_2

Img_2696_640x360

中利員の茅根広喜さんのクマガイソウ。家の土手一面に生えていて見事です。
Img_2703_640x360

Img_2704_640x360

Img_2711_640x360

Img_2712_2_640x361

Img_2698_640x360

茅根一之さんのピンク色の藤。今年は山の藤も花付きが大変良いようです。
Img_2699_640x360_2

Img_2701_640x360

今日はシロヤシオは残念でしたが、代わりにクマガイソウとピンク色の藤の花を見ることが出来て楽しい1日でした。(終り)

続きを読む "花の便り(シロヤシオ、クマガイソウ、フジ)(2013.5.6)" »

2013.05.01

庭の花(2013.4.27)

野も山も春の花が咲いていますが、我が家の庭にも色んな花が咲きました。
昨年の5月16日に鍋足山で拾ってきたカヤランを梅の木に着生しておりましたら、昨年は花が3つでしたが今年は5つ咲きました。 「湯草から鍋足山(1)(2012.5.16&6.7)参照下さい。
Img_2340_2_640x480

山菜なども出てきました。(モミジカサ、山椒、ウド、コゴミ)
Img_2342_640x480 Img_2345_640x480 Img_2347_640x480 Img_2348_640x480

エビネガ咲きだしてきれいです。
Img_2343_640x480

スズラン、ツルギキョウ、シャガ、イカリソウ
Img_2341_640x480_3 Img_2344_640x480 Img_2349_640x480 Img_2358_640x480

ウラシマソウ
Img_2346_480x640_2

ムラサキハナナ、ホシガタイカリソウ(終り)
Img_2361_640x480 Img_2360_640x480

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

いばらきの山日記 INDEX

最近のトラックバック

カテゴリー

  • 山歩き
  • 山登り
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 登山