« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012.08.22

常陸海浜公園(MTBで遊ぶ)(2012.7.11)

常陸海浜公園へ自転車で出掛けました。いつも翼のゲートの西口からばかり入場しているので、今日は南口から入ってみようといつもと違う道を通って田圃の広がる中根を通って行きました。いつもと違う景色が広がり、中根の温泉、十五郎穴と同じような横穴のある風景、釜上神社と釜上自然環境保全地域に指定されている崖の景色など楽しみながら南口へ到着。
Img_3603_2_640x480_2 Img_3604_640x480 Img_3606_640x480 Img_3609_640x480

海浜公園の中を自転車で2周くらいしてから帰りました。色んな花が咲いていました。見晴らしの丘はコキアが植えられていてまだ小さく緑々していてこれもきれいな風景でした。
スカシユリが咲いていましたが、こちらは海辺のスカシユリでした。(終わり)
Img_3610_2_640x479 Img_3613_640x480 Img_3618_640x480 Img_3622_640x480

Img_3623_640x480 Img_3625_640x480 Img_3629_640x480 Img_3631_640x480

2012.08.20

大梅から八溝山へ登る(2)(2012.7.9)

【(1)に続く】
30分程度休憩してから出発。この分岐を入った所に「八溝山自然林を歩く」で紹介した立看板と同じ看板がここにも立てられていました。ここからの登山道は笹深い道となり、先日歩いた茗荷分岐の所を通り、高笹山分岐に出る。(12:24)
山頂方面へ向かい八溝山山頂駐車場の所に出た。(12:46) 一等三角点のある山頂で記念写真を撮る。出発してから約4時間半、標識に書かれていたkm数では15km強となるが、よく歩いてきたものだ。
Img_3565_640x480 Img_3567_640x480 Img_3568_640x480 Img_3570_2_640x449

山頂には展望台があり、以前は有料だったが今は無料のようなので展望台に登って周りの景色を楽しみました。
Img_3571_640x480 Img_3572_2_640x480 Img_3573_640x480

すぐ下に見える八溝嶺神社に参拝してから帰路につきました。
Img_3575_640x480 Img_3576_640x480 Img_3577_640x480

帰路は少し遠回りになるが、林道を下って真名畑林道の分岐の所から林道を歩くことにしました。山頂付近の森は「八溝山学術参考保護林」の看板があり、また「水源かん養保険保護林」の看板もあるし、その他「自然公園の特別地域」とか「遺伝資源保護林」、「鳥獣保護区」等々、様々な指定が重複しており中々複雑ですね。
エゴの木の花が丁度咲いていてきれいでした。真名畑林道の分岐に到着(13:13)、ここから暫く林道を歩きました。
Img_3578_640x480 Img_3579_2_640x481 Img_3581_2_640x480 Img_3582_640x480

分岐の所に遊歩道の看板があり、先に見た看板の遊歩道2&3の入口でした。林道から北側からの山頂が見え、やがて行きに分岐した「八溝山頂へ3km」の標識に到着、ここに「奥久慈県立自然公園の特別地域」の看板がありました。(13:45)
少し先にベンチがあったので小休止しました。
Img_3583_640x480 Img_3584_2_640x480 Img_3585_640x480 Img_3586_640x480

大梅八溝嶺神社登山口への看板標識に着いて、ここから林道を離れて行きに登ってきた登山道に入りました。山笹深い道を通り、降りはせっせと歩いたつもりなのだが結構時間がかかりました。中山本登山口分岐まで戻ってほっと一息、ここまでくればもう少しです。(16:15)
Img_3587_640x480 Img_3588_640x480 Img_3589_640x480 Img_3596_640x480

登山口近くの久慈川上神社に寄ってやっと登山口へ戻りつきました。(16:40) 時期を選べば中々良いコースだと思いました。(終わり)
Img_3597_640x480 Img_3598_640x480 Img_3599_640x480 Img_3601_2_640x354

2012.08.03

大梅から八溝山に登る(1)(2012.7.9)

5月末に八溝山の天然林を歩いたが、その時に大梅からの八溝山登山はまだ宿題となっていると書いた。(「八溝山の天然林を歩く(2012.5.30)」)
今日登りに行くことにしたのだが、大梅から八溝山の往復は距離が長く25kmはありそうなので気合を入れて早起きして自宅を6時前に出た。登山口はそれほどわかり易い訳ではなく、久慈川林道を少し行き過ぎてしまい引き返した。登山口に8時頃着いたが、駐車場所はないので草まみれの神社の参道に突っ込んで停めた。概略地図参照。Img069_526x640

八溝山登山道の大きな看板と神社の鳥居が小山の草むらの中に立っていました。草むらにはウツボクサとユリの花がきれいでした。この鳥居の下に草まみれの道があり、鳥居へはその道から直角に左折して登ることになる。道を真っ直ぐに行くのは久慈川上神社の参道のようである。
Img_3529_2640x478 Img_3530_640x480 Img_3531_640x480 Img_3532_640x479

大きな一の鳥居の方へと登ると背丈より高いくらいの大きな石碑があり、「郷社 八溝嶺神社」書かれていた。一の鳥居を潜って抜けると草の中に細々と道が見えた。ここは山頂の八溝嶺神社の参詣道の入口なのだ。(8:22出発)
振り返ると石灯籠もあり、参詣道が賑わった頃はきっときれいに整備されていただろうと思われました。少し進みと右手に久慈川上神社の社が見えたが、帰りに寄ってみることにした。
Img_3534_640x480 Img_3535_640x480 Img_3536_640x480 Img_3537_640x480

杉植林の中の道で展望はない。余り歩かれていないようで刈払いもされていないので下生えが少し煩い。ギボウシとかヒイロカサを観察しながら進むとやがて中本山からの登山道が合流した。(8:47) ここからは歩き易い道となる。
Img_3538_640x480 Img_3539_640x480 Img_3540_640x480 Img_3542_640x480

その後ピークを巻きながら登る所で伐採地との境に出て右側の展望が広がった。(9:38) そこから暫く進んで、以前に干支の亥年の時に来たことのある三角点「猪集」の所に来たのでちょっと寄り道をして再訪した。(10:02) 大きな立ち枯れにキノコがぎっしりと生えているのを見つけた。ウスヒラタケでしたが、ちょっと古くなっていて残念でした。(10:28)
Img_3543_640x480 Img_3547_640x480 Img_3551_640x480 Img_3554_480x640

これまで歩いてきた所含めて所々に石仏が置かれていて目を楽しませてくれます。参詣道だからでしょうが、その表情が何となくにこやかで何となく心が和みました。
Img_3546_640x480 Img_3549_640x480 Img_3556_640x480 Img_3592_640x480

そのうちにケヤキやミズナラ、ブナなどの美しい自然林となってきてとても気持ちが良い。この辺りではイワウチワの群落も見られました。しかし笹が生え始め深くなってきて笹で道が覆われるようになりました。
Img_3557_640x480 Img_3590_640x480 Img_3559_640x480 Img_3560_640x480

やっと真名畑林道に出た。分岐の入口に「大梅八溝嶺神社登山口へ 12km」と書かれた標識が立っていました。(11:26)
ここから暫く林道を歩く。少し行くと左手に「遊歩道」の標識がある。(11:33) 近くに遊歩道の書かれた地図の看板があるので見ると遊歩道1,2,3と3つあり、この入口からは遊歩道3(L=1031m)を通って林道鹿ノ又線へ降る道だ。ゴヨウツツジの群落地があるようだ。
遊歩道3と遊歩道2を組合わせて一回りすると面白そうである。カタクリやゴヨウツツジの時期に歩いてみよう。
その先少し進むと「八溝山頂上へ 3km」の分岐標識があった。(11:39) もうお昼なのでここで昼食休憩にした。(続く)
Img_3561_640x480 Img_3562_640x480 Img_3563_640x480 Img_3564_640x480

2012.08.02

滝倉から男体山(2012.7.4)

行く先の当てのない時は、大体鍋足山か男体山へ行くことにしている。男体山には5月にシロヤシオを見に行って以来ご無沙汰なので、久し振りに滝倉から往復した。
花は特に珍しいものはありませんが、そろそろキノコが出始めていました。

キノコはハツの類とチチタケを見ました。チチタケは少し持ち帰りうどんの出汁にして食べました。チチタケは栃木では非常に珍重されるキノコのようですが、出汁がよく出る割に本体はぼそぼそとして美味しいものではありません。
ミツバチは健在でぶんぶんと飛び回っていました。
Img_3503_640x480 Img_3504_640x480 Img_3508_2_640x480 Img_3510_640x480

花には蝶や虫がたかっていました。(終わり)
Img_3512_2_640x481 Img_3506_640x480 Img_3507_640x480 Img_3514_2_640x481

2012.08.01

県植物園(MTBで遊ぶ)(2012.6.29)

4月に訪ねてから行っていなかった県植物園へ、自転車乗りの楽しみも兼ねて出掛けてきました。この時期は花の端境期で見れる花は少なく、熱帯植物園を見て回りました。

行く途中、いつものように七つ洞公園に寄る。
植物園では丁度ウチョウラン展が催されていて、色とりどりの花が楽しめました。
Img_3481_475x640 Img_3482_640x480 Img_3487_640x480

熱帯植物園の前でトリトマが満開。中に入ると開花中の花の情報が掲示されていました。メディニラ・マグニフィカは大きな花でとてもきれいでした。
Img_3489_640x480 Img_3490_640x480 Img_3491_640x480 Img_3496_640x480

パキスタキス・ルテアの開花情報もありました。バラ園も見頃で、珍しくキジが中で遊んでいました。(終わり)
Img_3494_640x480 Img_3497_640x480 Img_3499_640x480 Img_3501_2_640x479

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

いばらきの山日記 INDEX

最近のトラックバック

カテゴリー

  • 山歩き
  • 山登り
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 登山