« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011.11.21

武生林道と鍋足山(2011.11.5)

第9回の「茨城の山探検」オープン山行をやるが、通行止めになっていた武生林道の状況を確認するため出掛けました。帰りに紅葉の状況など見るため鍋足山にちょっと寄ってから帰りました。

行く途中、竜神大吊橋の近くを通るので寄ってみた。竜神大吊橋への分岐を登って行くと、車の誘導整理の方がいて、上の駐車場は満杯なので待つか、または第2駐車場へ車を置いて歩いて行くかになると説明された。まだ朝10時頃なのに結構な人出のようであった。待つのも嫌だしいつも見ている景色なのでここからすぐに撤退して武生林道入り口へと向かう。

武生林道の入り口にはこれまで通行止めの看板が置かれていたが今日は見えない。武生神社の先に出来ている新しい展望台まで行って周辺を展望した。
男体山、シモン山、鍋足山・・・紅葉が始まっていた。これまで工事現場が見えていたが今は見えないので安寺・持方へは通り抜けられそうである。途中シモン山を巻く道の所がまだ一部工事中であったが、通行できるようになっていた。安寺を通り抜けて奥久慈憩いの森の林業研修センターの所に寄って山を眺めながら昼食。
写真1枚目:男体山とシモン山、2枚目:武生林道と鍋足山、3枚目:林業研修センターより生瀬富士と立神山
Img_9602_640x480_2 Img_9603_640x480_2 Img_9604_640x480_2

時間も早いので帰りに紅葉の状況を見に鍋足山に寄ってみることにした。笹原登山口から鍋足山への登山道に入り、途中の鞍部から沢に降って、沢の分岐を右へ、台風で木が倒れていて道を遮っていたが障害物競争のように潜り抜けて通過した。
つい、目がキノコを見てしまい、倒木に生えていたアラゲキクラゲを有難く頂戴した。傍らにブナシメジらしきキノコが1本、よく観察してそのまま残してきました。
Img_9605_640x480 Img_9606_640x480 Img_9608_640x480

その先の沢の分岐も右へ、ここは初めて登る谷間でした。傾斜が急になり谷間の終点近くで右の尾根へと登りつきました。岩を見てそこは時々登りに使う尾根であることを確認、三角点峰山頂へと向かいました。山頂から鍋足山を眺めるともうだいぶ色づいていました。
Img_9610_640x480 Img_9612_640x480 Img_9614_640x480

山頂で記念写真を撮ってから鍋足山への縦走路を下ってから楓の木の多い谷間へ急斜面を降りた。谷間の楓はまだ青々としており、まだ2週間以上しないと色づかないだろう。
やっぱりキノコに目が行ってしまい、天然のシイタケなどを見つけてしまった。(終わり)
Img_9615_640x480 Img_9618_480x640 Img_9616_640x480 Img_9622_640x480

2011.11.09

今年のキノコ(3)(2011.10.28、11.2)

「もうクリタケが採れる時期になったよね」と妻が言うのでのでトレーニングを兼ねて一緒に高鈴山へ出掛けました。

10月28日
この時期アケビが生っているのだが、高い所ばかりなので写真を撮るだけで通過。少し森に入ってキノコ探しをすると、ヒラタケととてもきれいなクリタケを見つけました。キノコを手に持ってご満悦。
Img_9537_640x480 Img_9533_640x480 Img_9539_640x480 Img_9542_640x480

その後もクリタケを次々に見つけて嬉しくなりました。食べるだけの分だけ採って後は残してきました。胞子を振りまいて来年もまた生えてくれるでしょう。一杯収穫したのでこの日は高鈴の山頂まで行くのは止め、御岩山の岩の上の展望の良い所で山ご飯を食べて帰りました。もう古くなったシモコシとスッポンタケを見つけ、写真だけ撮って帰りました。
Img_9545_640x480 Img_9555_640x480 Img_9553_640x480 Img_9550_640x480

11月2日
先日は高鈴山頂まで行かなかったので山頂まで行きたいと妻が言う。またキノコが採れるかもしれないのでキノコ好きの山友達夫婦をお誘いして出掛けました。
アケビが口をあけて美味しそうなので、木に登って採って皆で食べました。甘くて懐かしい味です。
キノコの方はナラタケを見つけました。クリタケも良い株を見つけました。キノコは友達夫婦に差し上げましたが大喜びでこちらも嬉しくなりました。(終わり)
Img_9565_640x480 Img_9567_640x480 Img_9569_640x480 Img_9568_640x480

2011.11.07

今年のキノコ(2)(2011.10.23)

妻と生瀬富士に出掛けた。昨年はサクラシメジを見たので今年はどうかと見回ったが残念ながら見付けられなかった。でも他のキノコを見たり収穫出来たりして楽しかったです。

今回はナラタケが大収穫。このキノコはキノコ汁にすると大変おいしいので色んなキノコも混ぜてキノコ汁にして食べました。
一見食べられそうな知らないキノコを見付けたので、これはきのこ博士館で鑑定してもらった。この日はお髭の井口先生でした。コクリノカサ(小栗の傘)というキノコで優れた食菌とのこと。いつものようにメモに食べ方まで書いて下さいました。
今回新しく見つけたのはムキタケでした。ムキタケは茨城の山でも時々見かけますが、会津の山に行くと沢山採れます。これも芋煮汁などに入れて食べるととても美味しい。
Img_9468_640x480 Img_9469_640x480 Img_9500_640x480 Img_9470_640x480

谷間の倒木にたくさんキノコが付いているのを妻が見つけた。前に採ったことがあるキノコで見覚えがある。ヌメリスギタケモドキだ。幼菌と傘の開いたのではだいぶ違って見え、開いたものは滑りもあってナメコに似ている。
一本の大きなキノコを見つけた。私の知っている範囲ではマッシュルームの仲間でザラエノハラタケ?かなと思ったが、勉強のためきのこ博士館で鑑定して頂いた。「モリハラタケ」というキノコで食菌、ザラエノハラタケと同じ仲間のキノコでした。
Img_9482_640x480 Img_9480_640x480 Img_9484_640x480 Img_9497_640x480

今回の収穫には満足して帰ってきました。
その他カラカサタケも見つけましたが、これはそのまま山においてきました。
昔の立神からの山越えの往来道を通りましたので馬頭観音がありました。(終わり)
Img_9494_640x480 Img_9504_640x480 Img_9485_640x480 Img_9488_640x480

2011.11.06

今年のキノコ(1)(2011.10.4、10.14)

キノコの季節となってきました。今年のキノコは原発の放射能の影響で販売所に野生のキノコが並べられていないのは寂しく残念である。
私はキノコを見たり採ったりするのが大好きで、秋は山歩きのついでにキノコが出ていないかと立ち枯れや倒木などに目を配りながら歩いています。
キノコは菌糸の花に相当するものなので、花と同じようによく観察するととてもきれいです。それにキノコは食菌と毒茸とがあり、よく似ているものもあるので、傘とか襞とか柄とかよく特徴を覚えてこのキノコは何々だと同定するのですが、自分の判断が正しいかとかキノコをしっかりと覚えるためにきのこ博士館へもって行き鑑定してもらっております。特に食べる場合は命に係わりますので!

昨年はキノコが豊作の年で、キノコ鑑定の先生方は昼食をとる時間もないほど大勢の方が押しかけて大変忙しかったようです。今年は10月14日に初めてきのこ博士館に行きましたが、相談に来ている方は誰も居られず先生を独占して色々とキノコのお話を聞きました。今年はキノコが不作なのか全く閑で、暇を持て余しているとのことでした。
その後は10月23日にまたキノコ館に行きましたら、キノコが出始めたようで段々相談に来る人が増えてきたとのことでした。今年は全体に気温が温かくキノコが出る時期も遅いのかもしれない。

今年見たり採ったりしたキノコは結構ありました。
網茸、ハタケシメジ、コガネタケ、クリフウセンタケ、カバイロツルタケ、ナラタケ、コクリノカサ、ヌメリスギタケモドキ、ムキタケ、モリハラタケ、カラカサタケ、ウスヒラタケ、クリタケ、スッポンタケ、キシメジ等々。

10月4日 某所でアミタケとハタケシメジをゲット
Img_8793_640x480 Img_8794_640x480

10月14日 盛金の山を歩きました。コガネタケ、ハタケシメジ、クリフウセンタケ、カバイロツルタケなど見ました。クサギやハダカホオズキの実がきれいでした。(続く)
Img_8945_640x480 Img_8950_640x480_2 Img_8947_640x480 Img_8956_640x480

Img_8957_640x480 Img_8959_640x480 Img_8951_640x480 Img_8954_640x480

2011.11.04

向陽台から高鈴山(2011.10.2)

キノコが出ていないかな~と妻と二人で高鈴山を歩いてきました。まだほとんど見かけませんでしたが、今年は遅いのかも。

向陽台から歩き始める。アケビが沢山実を付けているがまだ食するには少し早そうでした。
途中に御岩神社への分岐がありますが、そこに注意看板がありました。(写真参照)
要は御岩山から御岩神社へ岩場の所は東日本大震災の影響で落石があり危険なので通るなと。ここから迂回して御岩神社へ降って下さいと言う事でした。

山頂でお昼ご飯を食べて往復しましたが、適当なトレーニングとなりました。キノコはホコリタケだけが目につきました。(終わり)
Img_8783_640x480 Img_8784_640x480 Img_8788_640x480 Img_8787_640x480_2

2011.11.02

男体山と盛金富士(2011.9.24)

9月の後半になってもまだ暑い日が続いている。いつもの年ならそろそろ色んなキノコも生え始めるのだがどうなのだろうか。そんな事を考えながらお手軽な山を歩いてきました。

持方から男体山
最奥の民家の所から右回りに山頂を経由して周回しました。色々咲いていた花は段々少なくなっていました。山頂で暫し展望を楽しんでから東屋の所に降ると大きなブナの木が折れて倒れていました。先日の台風の所為でしょう。
Img_8567_640x480 Img_8569_640x481 Img_8570_640x480

東屋の傍のヒノキにミツバチが巣を作っていますが、そこにスズメバチが襲ってくるようです。「スズメバチ注意」の看板が付けられていましたが本当に何匹かのスズメバチがその辺りを飛び回っていました。
タマゴタケのまだ卵状態の物を見つけました。タマゴタケの出る時期ですね。
Img_8571_640x481 Img_8566_640x480

盛金富士
まだ時間が早かったので盛金富士にも登ってきました。鳥居のある登山口からこちらは山頂を経由して左回りに周回しました。山頂からは先程登ってきた男体山の展望がとてもきれいでした。山を下った所は台風による出水で少し荒れていて綱が引かれて通行止めのようでしたが、別に通れぬわけでもないので通過しました。降りてきたら曼珠沙華があちこちに咲いていました。
Img_8572_640x480 Img_8575_640x480 Img_8574_640x480 Img_8576_640x480

道路を駐車場所に戻る途中、潜り橋が見えましたが竹とかゴミが一杯引っかかっていてまた手前が流されているようで通行できないようでした。目をあげると目線前方に先日歩いた上高塚三角点峰の3つのピークが良く見えました。
道端にツルボが咲いていて目の保養をさせてもらいました。あまり他で見ることがない花なのでうれしくなりました。(終わり)
Img_8578_640x480 Img_8581_640x480 Img_8579_640x480 Img_8580_640x480

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

いばらきの山日記 INDEX

最近のトラックバック

カテゴリー

  • 山歩き
  • 山登り
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 登山