« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010.09.30

持方から男体山(2010.9.10)

軽い山歩きをしたいと妻も言うので、天気も良いので持方から男体山へと出掛けました。
恵海の森のトイレのある駐車場でトイレを済ませ、にほんの里100選の「持方集落」の立派な石碑を改めて仔細に眺めました。(財)森林文化協会、朝日新聞社の記念事業で平成20年11月に選定されたようである。
登山口まで移動しそこから歩く。ツリフネソウが沢山咲いていました。オオウバユリが既に大きな実をつけていましたが、ちょっと面白い形をしていたので写真に撮る。
稜線に出てまた樹木の洞から笹が生えているのを見つけた。山に来ると色んな珍しいものがあり楽しい。
Aimg_2070 Aimg_2071 Aimg_2072

山頂で暫く憩う。景色は少し霞んでいて、遠くの山は青く、近くの山は黒く幾重にも重なってきれいに見えた。帰りは大円地越の方を廻って戻りました。(終わり)
Aimg_2074_2 Aimg_2076 Aimg_2077

2010.09.25

第7回鍋足山オープン山行の記録(2010.8.29)

第7回の鍋足山オープン山行は中ん滝の沢を下から上まで歩いて三角点峰に登りました。
笹原登山口から中ん滝の標識に従って中ん滝の下まで行きましたが、今は水枯れ状態で水に濡れた岩崖の風情でした。そこからて崖の上に上がるため崖下を通って枝分かれした大きな蛸ケヤキの所へ出て、中ん滝の落ち口へと向かいました。
落ち口に出てそこから中ん滝の上流の沢を遡行して行きますが、特に登り難いところもなく右へと曲がって行くとやがて植林帯へと出ます。沢の分岐がありますが、以前遡行した時より一つ手前の分岐に入ってしまったので予定したルートから外れてしまいました。
未知の領域ですがそれも面白かろうと適当に進み、途中から左側の尾根へと登りやがて三角点峰の左尾根ルートへ出ました。
Aimg_2055 Aimg_2056 Aimg_2058 Aimg_2059

汗を掻き掻きやがて三角点峰へ到着、ここで昼食休憩ゆっくりと休みました。
帰りは猪鼻峠縦走路途中から新ルートを降って登山口へ戻りました。今日はレンゲショウマが咲いているのを見つけました。鍋足山にこの花があるとは思ってもいませんでしたが、丁度花が咲いていたので見つけることが出来、とても嬉しく思いました。(終わり)Aimg_2060 Aimg_2052 Aimg_2057

2010.09.09

持方から男体山(2010.8.22)

暑さが続くので暫く低山歩きを敬遠していたが、早朝なら少しは涼しかろうと奥久慈男体山へと出掛けました。ルートも楽なコースとして持方から男体山山頂を経由して持方牧場を廻って登山口へ帰るルートとしました。

「恵海の森」の駐車場に着いたのは7時10分過ぎでした。牧場経由で戻るのでここに駐車して歩き始める。あちこち余所見しながら歩くと色んな花が咲いているので写真を撮りながら進む。登山口の看板の所から左の尾根へと取り付いて山頂へ向かった。山頂について景色を見ながら暫く休んでいると、一人二人と登って来る人が居て合計5~6名の方に出会いました。この暑い最中は登って来る人など居ないのかと思っていたのですが、やはり涼しい早朝に登る人が居るのにはちょっと意外でした。山頂の温度計は27℃でした。山頂ではもうトンボが舞っていました。
Aimg_1852_3 Aimg_1872_3 Aimg_1883_3 Aimg_1887_3

牧場の中にも色んな花が咲いており、この時期こんなに花があるとは思いませんでした。(終わり)

Aimg_1857 Aimg_1860_2 Aimg_1862 Aimg_1863 

Aimg_1864 Aimg_1866 Aimg_1868 Aimg_1870

Aimg_1871 Aimg_1880 Aimg_1888 Aimg_1889

Aimg_1890 Aimg_1891 Aimg_1893 Aimg_1895

Aimg_1896 Aimg_1897 Aimg_1898 Aimg_1899

Aimg_1902 Aimg_1904 Aimg_1905 Aimg_1882

2010.09.06

第6回鍋足山探検オープン山行の記録(2010.7.31)

今回はイワタバコの観賞をメインに鍋足山を巡る。湯草から総勢5名で不動滝の沢を歩いた。前日降った雨で沢の水量が増えていて、普段見られないところにも水が流れていて滝があちこちに見えた。沢の最奥の三股まで進むと正面の2段の滝に久し振りに水が流れていて見事な滝となっていた。
Aimg_1587 Aimg_1588 Aimg_1589 Aimg_1593

右沢に入り沢の源頭部まで登るとそこがイワタバコの群生地だ。今は木々の葉が茂って上を見上げると緑に包まれた感があるが、又日が差し込んでいると葉が照り映えて一層鮮やかに感じる。
今年は暑い日が続いたのでもう少し遅いかなと思ったのですが丁度満開でした。周りの岩崖には苔や岩松、ギボウシなどが一杯付いていて中々雰囲気の良い所です。
Aimg_1598 Aimg_3093s Aimg_1603 Aimg_1605

第3峰まで登って昼食休憩。降りは予定していたコースを変更して滝見のため南沢を降ることにした。南沢に降る途中で枝尾根に入ってしまってちょっとルートを間違えたが、薮をこいで南沢上流へと降りました。南沢には大きな滝が5つほどありますが、今日は水量が多くて見応えがありました。マイナスイオンと水の飛沫を浴び、滝の下は本当に涼しいところでした。湯草へ無事に帰り着きましたが、引っ込んでいた汗も暑さにどっと出てきました。(終わり)
Aimg_1607 Aimg_1608 Aimg_1614 Aimg_1616

2010.09.04

「鍋足山オープン山行」第8回 実施します。

「鍋足山探検」のオープン山行 第8回を下記の通り実施します。参加ご希望の方は、私宛のメールか又は本件のコメントで連絡下さい。
尚、第7回は参加者3名で実施しました。中ん滝の沢を遡行する山歩きでした。猛暑の中で沢の水はほとんど流れていませんでしたが、それでも少しはひんやりとしていました。
Aimg_2055 Aimg_2058 Aimg_2059 Aimg_2060   

1.第8回の実施日 9月12日(日)
2.集合場所&時間 水府JA生産物直売所 8時
3.第8回のルート  湯草の不動滝の上から左尾根に取り付きます。尾根上の岩場に
  突き当るまで登り、岩場は右を巻いて左尾根に出た後は、縦走路に出て三角点峰に
  登ります。  降り:鍋足山本峰を経由して湯草へ降ります。
4.注記
 ★今後の予定ですが、月1回程度で年内実施の予定です。
  次回以降については、参加される方のご希望も聞いて決めます。
 ★どなたでも歓迎しますが、山行については自己責任でお願いします。
  鍋足山は岩峰ですので岩崖や急斜面などルート上危険な所があります。
  ご承知の上参加下さい。(道の無い尾根・沢も歩きます)
 ★地形図を持参下さい。地形図を読める方を希望。

国立常陸海浜公園(MTBで遊ぶ2010.7.15)

余りぱっとしない天気。運動のためまたMTBで海浜公園へ出掛けてきました。
季節の花が色々と咲いていました。ラベンダーが今盛りで、蛾が飛び回っています。
秋には紅葉するコキアが今は緑々ときれいです。砂丘地帯にはスカシユリが咲き始めていました。香りの谷のハーブ園も色んな花が咲いています。幾つか花を添付しますのでご覧下さい。
Aimg_1164 Aimg_1170 Aimg_1175 Aimg_1176

Aimg_1177 Aimg_1184 Aimg_1187 Aimg_1190

Aimg_1192 Aimg_1199 Aimg_1200 Aimg_1201

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

いばらきの山日記 INDEX

最近のトラックバック

カテゴリー

  • 山歩き
  • 山登り
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 登山