« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010.07.13

鍋足山枝沢探検(2010.6.24)

鍋足山も大分歩いたが、まだ探検していない枝沢などがあり、今日はその一つを探検してみようと出掛けました。

車を停めた湯草のすぐ道路脇の家の下側にアヤメなどが植えてあり、今満開となっていてきれいでした。今日は湯草からの不動滝の沢の三股から二つ手前の右側に分かれている枝沢を登ってみるつもりである。不動滝は少し水が流れていました。
目的の枝沢の所に着いた。地形図の上では枝沢分岐の所は小さな谷だが、上の方で大きな谷となっている。沢の入り口は倒木で塞がれているので、普段は余り目につかない所ですが、倒木の所を入るのは難しいので、小滝を上がった沢の右岸の斜面から沢に降りました。
Aimg_1035_2 Aimg_1036 Aimg_1037 Aimg_1038

沢に降り立つとちょっと広くなっているが、すぐ先で10m以上の滝の岩壁となっていてここは登れそうになく、沢から逃げて右側(左岸)の尾根上へと登ると赤テープが目についた。最近誰かがここを登ったようだ。先月湯草の入り口ですうさん夫妻にお会いした時、この右枝沢を登ろうと思っていると聞いたので、すうさん夫妻が登られたのだろうと推察した。
そこから上の尾根は急斜面だが、岩も露出してなく手がかり足がかりもあるので登り易そうな所を登る。この尾根にはあちこちに大きな岩松が生えているので勝手に「岩松尾根」と名付けることにした。
Aimg_1040 Aimg_1041 Aimg_1044 Aimg_1045

この急斜面の尾根を登りついた所から尾根は右に曲がっている。振り返ると下の湯草の集落が見えたが、すぐ近くに赤テープが付けられているのに気がついた。ここからは地形図上で大きく広がっている左側の谷間が覗き込める。この沢を降っても滝が出てきて降れなくなる所だが、いつか探検してみたい所だ。
尾根は右に曲がるが細い岩尾根となっていたので、ここも勝手に「蟻の門渡り」と名付ける。岩の脇を通れるので通行には支障が無い。ウグイスカズラらしき赤い実が生っていた。
Aimg_1046 Aimg_1047 Aimg_1049 Aimg_1051

暫く登って行くとやがていつも通っている湯草の右主尾根に出た。やっぱり新しいルートを探検するのは面白い。もう一度又歩いてみよう。今日も充実した歩きであった。
そこからは尾根通しでなくトラバース道に入って沢を横切って三股沢から上がってくる尾根に出て480mピーク→第3峰と来て昼食休憩。夏の花が咲いていました。
Aimg_1054 Aimg_1055 Aimg_1057 Aimg_1064

帰りは2・1峰の看板のある第3峰から第2峰、鍋足山本峰を経て、林道に出てから歩き易い登山道を下りました。まだ13時頃でした。(終わり)
Aimg_1068 Aimg_1069 Aimg_1072 Aimg_1075

2010.07.04

久し振りに男体山(2010.6.17)

最近近いつも鍋足山ばかりなので、久し振りに男体山へ出掛けました。この時期は健脚コースにキスゲが咲くのできっと咲いているだろうと滝倉から健脚コースを往復しました。

キスゲ以外にも色んな花が咲いていました。名前は書きませんが写真をご覧下さい。
Aimg_0986 Aimg_0988 Aimg_0990 Aimg_0991

Aimg_0992 Aimg_0999 Aimg_1000 Aimg_1002

今日は男体山のオリジナルTシャツを着てきました。山頂で今日もうどんを持ってきて熱々を食べましたが暑い時でもこれは大変美味しい。健脚コースを上がった所の桧の木にあるミツバチの巣の周りは、暖かい日なので沢山のミツバチが乱舞していました。
山頂や降り道でも花の写真を撮利ながらでしたが、登りでは気が付かなかったマツオウジらしい大きなキノコを見つけました。笹の花が咲いていたのでこの笹は枯れるでしょう。
この時期は以外にたくさんの花に出会えました。(終わり)
Aimg_1012 Aimg_1013 Aimg_1006 Aimg_1025

Aimg_1003 Aimg_1005_2 Aimg_1014 Aimg_1015

Aimg_1023 Aimg_1027 Aimg_1030 Aimg_1032

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

いばらきの山日記 INDEX

最近のトラックバック

カテゴリー

  • 山歩き
  • 山登り
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 登山