« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010.04.29

那賀のカタクリと百観音(2010.3.26)

三毳山ではもうカタクリ満開との情報を聞いた。那賀のカタクリも咲いたかなと出掛けて見ました。行ってみるとカタクリは残念ながらまだでした。暖かい日が続けばすぐ咲きそうな状態でした。キクザキイチゲやエゾエンゴサクなど他の花を観賞した。
Aimg_8439 Aimg_8443 Aimg_8428 Aimg_8429

以前に行ったことがあるのだが、時間もまだ早いので近くの百観音に寄ることにした。
昔の人はよくこんなに沢山の観音様を作って祀ったものだと感心します。急斜面の山の山腹に遊歩道が作られていてぐるりと一回りできますのでちょっとした散策に良い所です。
まず観音洞窟まで登りました。
Aimg_8449 Aimg_8450 Aimg_8451 Aimg_8454

観音洞窟には入り口から両側に観音様が祀られています。奥へ30mほど進むと正面に大日如来像がありました。
Aimg_8455 Aimg_8460 Aimg_8458 Aimg_8462

観音洞窟を見学した後は、又階段を登って天狗岩とか、安産の守り石とか、巾着穴などを巡る。
Aimg_8464 Aimg_8466_2 Aimg_8467 Aimg_8469

山の頂上付近に佐竹が金の試掘したという竪穴があって危険なので囲いがされていました。遊歩道を更に進むと休憩舎兼展望台があり、その先からは降りとなり、男體山禅頂供養の石碑がありました。降りも急斜面で岩の所は鎖が付けられていました。
Aimg_8472 Aimg_8474 Aimg_8477

このまま帰るのも癪なので、イワウチワも咲いていないかと盛金の山へと偵察に行きましたらちらほら咲き始めていました。こちらも暖かい日が続けばすぐ満開となりそう。
Aimg_8480 Aimg_8487

国道へ出ようとした所で偶然にも水戸のNさんにパッタリ出会いました。
帰り道に古徳沼と七つ洞公園に寄って帰りました。天気の良くない日のドライブ兼散策の1日でした。(終り)
Aimg_8492 Aimg_8496

2010.04.23

「鍋足山探検」オープン山行(第4回)

「鍋足山探検」のオープン山行第4回を下記の通り実施します。参加ご希望の方は、私宛のメールか又は本件のコメントで連絡下さい。
尚、第3回は参加者3名で実施しました。雨の降った後で滝の水量があったので笹原側の滝巡りをしました。中々見られない無名の滝も巡りました。
写真は銚子の口滝上流の無名滝、ハッチメ滝上流の無名滝、北の入滝、中ん滝です。
Aimg_8896 Aimg_8907 Aimg_8931 Aimg_8937 

1.第4回の実施日 5月15日(土)
2.集合場所&時間 水府JA 生産物直販所 9時
3.第4回のルート  湯草からのルートで南沢を遡行する予定です。(変更することあり)
  この沢も滝が沢山あるコースです。その後は鍋足第3峰へと出ます。
4.注記
 ★今後の予定ですが、月1回程度で年内実施の予定です。
  次回以降については、参加される方のご希望も聞いて決めます。
 ★どなたでも歓迎しますが、山行については自己責任でお願いします。
  鍋足山は岩峰ですので岩崖や急斜面などルート上危険な所があります。
  ご承知の上参加下さい。(道の無い尾根・沢も歩きます)
 ★地形図を持参下さい。地形図を読める方を希望。

2010.04.19

鍋足三角点峰(笹原から北側尾根 2010.3.22)

北の入滝の北側の尾根を通り、新しいルートで三角点峰に登った。このルートは歩きやすくて今後使えそう。降りは中ん滝の落ち口の所のルートを通って弘法泣き岩のところから降った。春の花が咲いていました。

笹原から中ん滝・北の入滝へ向かう分岐の所の上の斜面に馬頭観音などの石碑が並んでいる。昔はこの辺りは植林はなく、軍馬の牧場だったという話を古老に聞いたことがある。そんな昔の馬が使われていた頃の名残なのだろう。
北の入滝の北側の尾根上には昔の踏み跡があるが、所々は薮っぽい。尾根通しにそこを突き抜けて行くと、縦走路から小中宿へと降ってくる登山道に出る。そこには番号が1番の境界見出票が付けられていました。登山道を登って行くと所々に「自然環境保全地域」と書かれた標識が立てられていました。
Aimg_8387 Aimg_8389 Aimg_8392 Aimg_8394

この登山道の途中からちょっとした踏み跡へと右に切れ込んで左側の尾根上へと進むと、こちらにも435番境界見出票が立っていました。尾根を進むと436番、437番・・・と進んでやがて植林帯から雑木の林となり縦走路へと合流しました。歩き易い道でした。
縦走路のピークに出ると展望が一気に広がりました。暫くで三角点山頂へ到着。いつものようにここで昼食休憩でした。
Aimg_8396 Aimg_8398 Aimg_8399 Aimg_8400

帰りは中ん滝落ち口の上のルートから降りました。中ん滝を下からも見上げました。
Aimg_8422 Aimg_8423 Aimg_8424

春の花が咲いていました。(終り)
Aimg_8402_2 Aimg_8406 Aimg_8403 Aimg_8427

2010.04.16

鍋足山(湯草の沢の三つ股左沢 2010.3.20)

湯草の沢奥の三つ股からはいつも右沢を登っている。左沢にはこれまで2回ほど歩いているが、すぐ右の尾根に登って1回は適当に歩いて縦走路へ、もう1回はすぐ右の尾根に乗ってこの尾根伝いに520mのピークへと登った。こちらは途中から岩尾根となりちょっと危ないルートなのであまり歩きたくないのだ。今回はもっと歩き易いルートを探索しようと出掛けました。

不動滝の水は少ない。途中の2段滝も水が少ないので滝らしくない光景だ。ここは左岸を巻いて最奥の三つ股に到着。
Aimg_8324 Aimg_8349

ここから左沢に入る。今回は途中から右の尾根に逃げないでそのまま進んだのだが、やがて岩が露出した所となり、すぐに滝の岩崖(今日は水が流れていませんでした)に阻まれた。ここは仕方なく右尾根に逃げて巻いて滝の上に出ました。
また沢に戻り少し遡行すると今度は薮が酷くなった。この薮を突破するのは難儀なのでここから今度は左尾根へと逃げることにして尾根上に出ました。
Aimg_8352 Aimg_8353 Aimg_8354

この尾根を進んでピーク520mに続く尾根上に出た所で昼食休憩としました。ちょっと疲れたし今日の目的も果たしたので今日はこれで終りとしてここから降ることにしました。
少し降った次のピークからは、下りにはあまり使わない左の岩尾根側に降って、岩の部分を巻いて急斜面を慎重に降りました。
今日も春の花に出会うことが出来ました。(終り)
Aimg_8341 Aimg_8384 Aimg_8351 Aimg_8364

2010.04.15

猪鼻林道から三角点峰を周回(2010.3.19)

今日はいつもと方向を変えて、猪鼻峠側の猪鼻林道から入り、鍋足三角点(笹原入551.7m)と取上三角点(486.3m)を周回して駐車場所へ戻りました。

猪鼻峠側から鍋足三角点峰(笹原入)へ行くには、一般コースの登山道は猪鼻峠を起点としているが、植林帯の中の暗い道なので好きでない。私は猪鼻林道からの方がアップダウンも無いし、距離も短く歩きやすいので好きだ。
林道の入り口に駐車して少し歩くとロープの張られたゲートがある。林道の途中には雪が少し残っていました。縦走路に合流する位置は林道と縦走路が一番接近した所で、林道の小屋のすぐ裏の所からは入り、縦走路には「林道」の標識が立っています。
ここから少し進むと植林帯が切れて雑木の林となるが、この辺りにも残雪がありました。
Aimg_8290 Aimg_8291 Aimg_8292 Aimg_8294

やがてピーク上に出ると三角点峰が前方に見えてきました。三角点峰でゆっくり休憩してそこからU字形の尾根伝いルートで「取上」三角点へと向かう。このルートも何度か通ったことがある所です。途中から鍋足本峰と2峰がよく見えました。
Aimg_8296 Aimg_8298 Aimg_8311

「取上」三角点に向かう尾根は、アップダウンの少ない歩き易い道なので、あちこち眺めながら歩く。三角点のピークの手前の右手の斜面の杉林が皆伐されていました。最近のようです。お蔭で周りの見晴らしが良くなって鍋足山・三角点峰の方面がよく見えました。
三角点に寄って写真を撮り、予定はもっと先まで進むつもりでしたが、伐採斜面が降りやすそうだったのでそこを降り丁度駐車場所に降りつきました。
Aimg_8313 Aimg_8315 Aimg_8316 Aimg_8314

春の花が咲いていました(終り)
Aimg_8320 Aimg_8304 Aimg_8305 Aimg_8323

2010.04.12

竜神東岸尾根から明山(2010.3.17)

山の仲間(総勢6名)と竜神峡周辺の山を歩いてきました。こちらの山でもスハマソウが咲いているのを見つけました。

竜神ダムの駐車場に車を止め、少し戻って竜神ダム湖の東岸の尾根へと取り付きました。竜神大吊橋の上の展望場所に立ち寄って見下ろすとよい眺めです。
そこから先は痩せ尾根となりますが、踏み跡があるので尾根を忠実に辿り、竜神ふるさと村の上の山頂の「高久保三角点(410.1m)」へ到着。休憩所があるのでここで昼食休憩をしました。
Aimg_8260p1m Aimg_8263 Aimg_8266

ここから亀ヶ淵へ降って戻ってもよいのだが、もっと歩きたいということで明山までぐるりと廻ることにしました。武生神社の近くの宝剣洞展望台へと出てそこから亀ヶ淵方面へと降る。途中で右分岐して地形図の破線の道へ入り、亀ヶ淵から分岐した沢へと降りたったあとは烏帽子岩の裏の鞍部を乗越えて、亀ヶ淵上流の奥竜神の沢に出た。そこから上山ハイキングコースへと登りつきました。アップダウンの道なので疲れてきました。
それでも途中にスハマソウが咲いている所を見つけてお花の観賞を楽しみました。
Aimg_8276 Aimg_8277 Aimg_8275

上山ハイキングコースから明山へと向かいました。途中の露岩の展望台で展望を楽しみ、アップダウンを繰り返して明山山頂へ。ここはナイスビューポイントで奥久慈の山々の展望が楽しめます。今日歩いてきた尾根や沢を目で辿り、こんなに歩いたのかとちょっと吃驚です。
亀ヶ淵に降って疲れた体を励ましながら遊歩道をゆっくりと竜神ダムまで戻りました。今日はアップダウンの多いちょっと長い山歩きとなりましたが、充実した山歩きが出来ました(終り)
Aimg_8282 Aimg_8283 Aimg_8284 Aimg_8287

2010.04.05

鍋足山オープン山行第2回(2010.3.14)

鍋足山オープン山行は総勢5名で歩きました。湯草からのルートで不動滝の沢を登り、三股で右沢を登り巨木の谷から3峰と4峰の鞍部へ、沢を降って三角点峰の山腹へ出てから三角点峰へ登りました。降りは湯草左尾根を降りました。

不動滝は水が流れており、中間の滝もそれなりに見られました。三股まで進んでから右沢へと進み、大欅のある所を目指しました。
Aimg_8229 Aimg_8231 Aimg_8232

大きな欅の木が何本かあります。鍋足山で太さ一番のものと根張りが一番のものが見られます。この谷間は私の大好きな場所です。
Aimg_8236 Aimg_8241_2 Aimg_8246

3峰と4峰の鞍部へ登り、そこから沢へと降りお握り石のある沢から三角点峰への山腹へ出ました。今の季節は落葉した雑木の林なので気持ちよく周りの景色を眺めながら歩けます。尾根の途中から鍋足本峰、2峰、3峰、4峰が並んで見えていました。
三角点峰でゆっくり休憩した後、縦走路の途中から湯草左尾根方面へと分岐して湯草へ降りました。途中で那須連峰が遠くに白く見えていました。今日は滝と巨木とスハマソウと出会う山歩きでした。スハマソウはは咲き始めていました。(終り)
Aimg_8251 Aimg_8257 Aimg_8254

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

いばらきの山日記 INDEX

最近のトラックバック

カテゴリー

  • 山歩き
  • 山登り
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 登山