« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010.02.25

笹原から鍋足山(2010.1.30)

今日は笹原登山口から林道を通り、途中から右の薮となった作業道を通って岩崖を登って三角点峰の右尾根に出た。今日の目的は、以前下に添付の写真の標識について、こちらは直接中ん滝や北の入滝に行けないのでNGだと書いたのだが、本当にそうなのか確認することにした。結果は自分の頭の中で想定していなかったような繋がりであった。
2009.11.24の鍋足山のレポを参照下さい。
Aimg_6627

今日は三角点峰の右尾根の登ったことのない岩崖の部分を登ってみた。登れそうだと思って取り付いたのだが、あまりお勧めの所ではなかった。そこから山腹の何となく踏み跡がありそうな所をトラバースして、上の写真の標識から尾根を一つ横切って又沢から登ってくる尾根上の所に到着。そこからテープを忠実に辿ることにした。
私が今日山腹をトラバースしてきたルートより少し上の山腹をトラバースする道で、やがていつも通っている右尾根の尾根通しの道に出た。大体のルートが判ってきたのでこの辺りで気持ちよく昼食休憩とした。青空の中の冬木立はきれいだ。
Aimg_7304 Aimg_7305 Aimg_7306 Aimg_7308

ここから先テープは中ん滝の落ち口の上へと導いてくれた。(写真) ここへはこれまでも何度も来ているところだが、標識の「中ん滝」というのはここの事であったのだ。中ん滝といえば滝の下に出ることばかりしか私の頭の中では想定できなかったのだ。
ここから先落ち口の沢に降り立って沢を登ったこともあるのだが、左岸の斜面は急な斜面だったのでこれまで登ろうとしなかった。今回斜面の上を見るとトラロープが張ってあった(写真)ので登ってみると、やはりというか多分そうかなと思った以前何回か来たことのある滝の上の所であった。ここまでは下から崖の際を登ってくる道があるのですが(写真)、この先は急な斜面だったのでこれまで降ろうとはしなかった所でした。
これで「北の入滝」という標識の意味が理解できました。
Aimg_7309 Aimg_7311 Aimg_7314

ここまで来て今日の目的は達成したので、今日は山頂には登らず帰ることにしました。
弘法岩やケヤキの巨木などまた観賞しながら登山口へと戻りました。
Aimg_7315 Aimg_7317 Aimg_7323 Aimg_7330

帰りに近くの民家の福寿草を見せてもらってから帰宅しました。(終り)
Aimg_7335 Aimg_7340 Aimg_7339

2010.02.22

「鍋足山探検」オープン山行(第2回)

「鍋足山探検」のオープン山行第2回を下記の通り実施します。参加ご希望の方は、私宛のメールか又は本件のコメントで連絡下さい。
尚、第1回は参加者3名で実施しました。雪が降った後の晴天の快適なスノーハイクとなりました。
Aimg_7577 Aimg_7580 Aimg_7585 Aimg_7614

1.第2回の実施日 3月14日(日)
2.集合場所&時間 水府JA 生産物直販所 9時
3.第2回のルート  湯草からのルートとします。予定は下記(変更することあり)
  登り:不動滝の沢から鍋足第3峰へ。下り:北側の尾根コース
  この時期にはスハマソウが咲いていると思われますので見ることが出来るでしょう。
4.注記
 ★今後の予定ですが、月1回程度で年内実施の予定です。
  次回以降については、参加される方のご希望も聞いて決めます。
 ★どなたでも歓迎しますが、山行については自己責任でお願いします。
  鍋足山は岩峰ですので岩崖や急斜面などルート上危険な所があります。
  ご承知の上参加下さい。(道の無い尾根・沢も歩きます)
 ★地形図を持参下さい。地形図を読める方を希望。

2010.02.20

三角点峰と鍋足山(2010.1.27&1.29)

また、鍋足山へ通っています。
1月27日は探検隊の仲間とハッチメ滝とその上流の滝を経由して三角点峰に登り、降りは北の入滝の上流の沢から下りました。
1月29日は会社の同期入社の仲間と山遊びの相談で集まったついでに鍋足山と三角点峰を歩きました。

1月27日
今日は総勢5名でした。ハッチメ滝は少しだけ凍っていました。(写真) 滝の右岸の急斜面を登って滝の上に出ました。滝の上は少し開けている所ですが石のごろごろとした所で、登っていけそうな所を選びながらその上の滝の下へ。少し凍っています。(写真)
この滝は左岸の尾根に登ってクリアし、そのまま急斜面の尾根を登りきりました。写真は急斜面を登っている所です。二つ目の滝の上にもう一つ三つ目の滝があるのですが、今日はパスしました。二つ目、三つ目の滝とも無名の滝です。
その後は三角点峰の尾根に取り付いて三角点峰へと登りました。
降りは縦走路から分岐した後、北の入滝の上流の沢に降って(写真)、その後北の入滝の北側の尾根に出て尾根を下り笹原へと戻りました。
Aimg_7290 Aimg_7291 Aimg_7294 Aimg_7298

1月29日
私夫婦含めて会社同期の3夫婦集まり、4月に20名ほど集まってやる山遊びの相談と宿泊場所などの確認をした。この後鍋足山を歩くことにしていたのだが、小雪が舞い始め本格的に降ってきたので暫く道の駅で様子を見ていたら止んできたので笹原登山口へ。
今日は笹原登山道から途中最近標識が立った右へ分岐した尾根コースを登って鍋足山へ、そこから猪鼻峠へと通じている縦走路を辿って三角点峰へと行きました。
久し振りに一緒に歩いたので賑やかでした。帰りはいつもの右尾根コース、手をつないだ木の脇を下って笹原登山口へと戻りました。(終り)
Aimg_7300 Aimg_7301 Aimg_7302

2010.02.15

生瀬富士と鋸尾根縦走(2010.1.23)

生瀬富士から北へ小さなピークが連続する尾根が月待ちの滝まで続いていますが、私は勝手に鋸二十一峰と呼んでいます。以前月待ちの滝から縦走したことがありますが、今回は生瀬富士から半分ほど歩くことにしました。以前に撮った写真ですが沓掛峠から見る鋸尾根の写真をご覧下さい。
Aimg_3168

今回は下山地点からMTBで駐車地点に戻ることにして、下山地点を真瀬久保にした。立神から生瀬富士を眺めた後(写真)、真瀬久保に向かう。大生瀬トンネルの出口から少し離れた地点にMTBをデポする。
Aimg_7212 Aimg_7215 Aimg_7214 Aimg_7276

今日の出発地点はR461の新月居トンネルの出口近くの駐車場所(写真)。ここから生瀬滝の上流を渡渉して尾根に取り付く。あまり凍っていなくて助かる。まず袋田の滝が見下ろせる地点を目指す。葉を落とした雑木の林の中、暖かい日差しを浴びて歩くのは気持ちが良い。
Aimg_7216 Aimg_7217 Aimg_7218 Aimg_7221

振り返ると白木山の姿がよく見えます。袋田の滝の見下ろせる場所で写真を撮る。半分以上は凍っている滝が見えました。今日は歩いている人が居て、何人かの人とすれ違いましたが、私と同じ方向から歩く人はほとんどいないようです。途中展望の良い所から、白木山、男体山、長福山の眺めが良い。
立神山に来ると人の群れ。東京から来たツアーのようで50人位はいました。生瀬富士の岩尾根の写真を撮って早々に退散し生瀬富士へ向かう。
Aimg_7220 Aimg_7228 Aimg_7234 Aimg_7236

生瀬富士山頂はひっそりとしていました。向かいの山の山頂は相変わらず人の群れです。(写真) ここで昼食をして北へ向かう。降った鞍部には馬頭観音がある。袋田と立神を山越えで結ぶ昔の山越え道なのであろう。
Aimg_7237 Aimg_7241 Aimg_7243

ここから先は人影は全く無い。送電鉄塔のピークを越えてアップダウンをしながら赤坂三角点へ向かう。ここの尾根は西側が崖になっているので、これに沿って間違えないように尾根を辿る。岩尾根の上に大きなケヤキが跨っていた。三角点ピークへ登る。昨年来た時には違って回りが見晴らしが良いように刈り払われていました。
Aimg_7244 Aimg_7250 Aimg_7251

次のピークは絶壁の岩のピークです。下を覗くと恐ろしいがナイスビューポイントでした。
この尾根縦走は急なアップダウンも多くて結構足が疲れる所ですが、薮があるわけでもないので気持ちよく歩けます。先に行って振り返ると絶壁のピークが木の間越に見えました。
Aimg_7252 Aimg_7254 Aimg_7261 Aimg_7267

大きな山桜の木がありました。ちょっと休憩。見晴らしのピークで振り返ると男体山、長福山が見えていました。(写真)  見出票が丁度木に食べられているような光景を見つけました(写真)  真瀬久保に近づいてきましたが、先を見るとまだまだ尾根が続いていました。
Aimg_7269 Aimg_7270 Aimg_7272 Aimg_7273

真瀬久保にはピーク手前の鞍部から沢地形の所を適当に下ると左尾根をトラバース道があり、そこを辿ると地形図に破線のある道に出ました。トンネル脇に下りたかったので道から右に離れて適当に降ってトンネルの出口近くに出ました。(写真)
デポしていたMTBで駐車場所に戻りましたが、途中生瀬富士の姿や落日の様子をカメラに収めました。(終り)
Aimg_7275 Aimg_7278 Aimg_7284 Aimg_7288

2010.02.11

男体山と長福山(2010.1.20)

山のお仲間4人を誘って男体山の滝倉の沢を案内しました。帰りはまだ時間が早かったので、男体神社に下り、そこから長福山の周回コースを案内しました。

滝倉の沢は私は先日登ったばかりでしたが、登ったことのないメンバーでしたので、どんな所か興味津々でしたが中々面白いコースとの評価でした。ちょっと探検的気分が味わえ、スリルのあるようなコースなので私も好きな所です。沢の核心部辺りで早めの昼食休憩をとり、健脚コースまで登りついてほっと一息でした。
Aimg_7188 Aimg_7192 Aimg_7198

健脚コースを登りきったところにあるミツバチの巣では、暖かくなったのでミツバチが活発に出入りしていました。長福山を眺め下ろしていたら、男体神社からの周回コースを歩きたいとの希望があり、帰りに寄ることにしました。写真で見ると東側の谷間を囲んだ尾根を北峰、南峰を経由して周回するコースです。
Aimg_7202 Aimg_7203

男体神社に下り神社にお参りをしました。裏の滝は少し凍っていました。
その後、鳥居を出た所の作業林道を長福山の方へと進み、途中から右の尾根に乗って北峰まで登る。このコースは植林帯でなく雑木の林なので、葉を落とした今の時期はこちらの方向から男体山が眺められる。稜線を祠のある南峰まで進み、ここから植林の中を降り男体神社の所へ戻りました。(終り)
Aimg_7205 Aimg_7206 Aimg_7207

2010.02.10

筑波山羽鳥道(2010.1.17)

山の会の山行で筑波山の羽鳥道を案内しました。23名参加でした。
このコースは昨年9月に下見の山行を実施していますので、コースなど詳しくはそちらを参照下さい。(筑波山の羽鳥道(2009.9.14))

バスで桃山中学の前(写真)まで送ってもらい下車。準備運動をして「筑波山本道」の石碑のある所から出発しました。
Aimg_7160 Aimg_7161 Aimg_7162

近くに筑波山、遠くに富士山がかすかに見えました。
Aimg_7163 Aimg_7164

羽鳥道沿いには昔の石碑や神社など色々とあるのを見学しながら、所々で車道を横切り「男の川水分神」の大きな石碑の所に出ます。少し行くと男の川の渓流沿いの道となり、やがて「男の川」の看板のある車道に着きました。
Aimg_7170 Aimg_7171 Aimg_7172

ここからは大滝不動の所を通る登山道です。途中に延命水がありましたが、水は凍っておらず流れていました。この辺りから先日降った雪が少し残っていました。自然研究路に出ると少し積もっていました。
Aimg_7173 Aimg_7176 Aimg_7177

御幸が原から男体山神社へ登ってここで昼食休憩。帰りは自然研究路から境界尾根を下り、蜜柑園から筑紫湖畔まで歩いてバスで帰路につきました。途中で沢水が氷柱になっていてきれいでした。(終り)
Aimg_7178 Aimg_7179 Aimg_7186

2010.02.07

滝倉の沢から男体山(2010.1.14)

今日は滝倉の沢から男体山へ登った。(昨年も何回かここから登っていますので参照してください 2009.1.25、 2009.2.1、 2009.3.12)
沢は途中まで植林がされているが、中間辺りの沢が広がった所では、左側の尾根上へと登れるようなので展望が良いかなと急斜面を登ってみました。尾根を少し登りましたが岩場となったので今回は引き返しました。

今日は天気が良くて澄んだ青空、滝倉の集落から見上げる男体山は格好が良い。(写真)
トンネルの手前に駐車して沢に入る。土砂崩れ防止の石積みがある所(写真)を通過して沢の中を登ってゆく。今は水がほとんど流れていないので歩き易い。沢が二股に分かれて左股へと進むが滝があるので右岸を巻いて滝の上に出る。滝の上も植林が続いています。(写真)
少し狭くなった石のゴロゴロした所(写真)を抜けると沢が広がった所に出ます。
Aimg_7123 Aimg_7124 Aimg_7128 Aimg_7131

左の尾根の斜面が岩から土の斜面に変わっていて急斜面であるが植林がされており、よく見ると古いかすかな踏み跡も登っていっているようなので尾根の上へと寄り道してみることにした。尾根上に登りついて尾根筋を少し登って行くと植林が立ち枯れとなっていてその向こうに男体山の山頂が見えた。(写真)
更に登って行くと大きな岩が立ちはだかっていて通過できそうに無い。行ける所までと少し巻いてから岩の上に登った。岩越しに男体山山頂部の展望を楽しんだ。(写真) 向かい側の尾根に健脚コースの中間展望台の岩が見えていました(写真)
先がどうなっているか見えないので今日はここで引き返した。
Aimg_7132 Aimg_7135 Aimg_7137

又沢に戻ってこの沢の核心部を通過。この辺りを登るのが一番面白い。(写真)
そこを抜けた後は尾根に登り健脚コースへ合流し山頂へ。
Aimg_7140 Aimg_7142 Aimg_7144 Aimg_7145

東屋の所に着くと薄っすらと積雪がありました。こんな良い天気の日ですが山頂には人影なしでした。山頂から今日登ってきた滝倉の沢と寄り道した尾根の岩場の様子などを上からよく観察してみました。360度の展望を楽しんで下山しました。(終り)
Aimg_7151 Aimg_7155 Aimg_7156 Aimg_7158

2010.02.05

大石から鍋足山(2010.1.9)

今日は大石登山口の手前に駐車し、1月6日に降ったルートを登ってみました。帰りは正規の大石登山道を下りました。

小中の大石(写真)の近くの広くなった路側に駐車し、その先の林道から右の沢沿いの道に入る。ずーっと杉植林の中で、沢の終端まで辿り尾根に登りつくとそこにも踏み跡がある。(写真) 西の方向へ尾根を登って行くと途中に炭焼き釜の跡と思われる所がありました。(写真)
Aimg_7094 Aimg_7095 Aimg_7096

更に進むとまた左右に伸びている尾根に突き当たります。この尾根上も踏み跡があり、左に登って行くと鍋足山へと登れますが、そこを横切って下の沢に降る。(写真)
沢を少し登って右の岩尾根に登り(写真)、雑木の中を登って行くとやがて山頂近くの登山道に飛び出しました。今日は中々展望良しです。(写真)
Aimg_7097 Aimg_7099 Aimg_7101

帰りは大石登山口に降る正規のルートを下りました。大内登山口への分岐の標識(写真)の所から植林の中の歩き易い道をどんどん降って行くと林道に出ました。ここには鍋足山へ登る標識が立っています。(写真)
時間が早かったので古輪の民家の福寿草をもう咲いているかなと訪ねてみました。少しだけ咲き始めていました。(写真) 又そのうち見に来ようと思っています。
脇の小川には小さな滝がありますが、何ていう滝でしょう?(写真)(終り)
Aimg_7104 Aimg_7105 Aimg_7109 Aimg_7106

2010.02.04

鍋足山(2010.1.6)

この日は鍋足山の初登り。笹原から登山道を登りましたが、途中から少し外し岩尾根を行ってみたが通過できませんでした。
鍋足本峰で休んだ後、帰りは東に伸びている通ったことの無い岩尾根を下り、又尾根を横断して二辺を岩崖に囲まれた祠のあるピークへ。
ここからは沢道に降りて大石へと降りました。この道は初めて歩きました。

笹原登山道の中間鞍部から杉林の尾根に取り付き、途中尾根上の「鍋足山」の標識のある所に出る。登山道はここから岩尾根を避けて右の沢へと下りて沢から巻くのだが、外れて尾根を直進してみた。やっぱりというか越えられない岩場に突き当たり右には巻けないので左に巻いてみた。大分下まで降らなければならなかったが大汗を掻いて何とか巻くことができた。ここはやっぱり通る所ではない。山頂でゆっくりと昼食休憩。
Aimg_7080 Aimg_7081 Aimg_7082

帰りは里美支所方面へ下る方面へ少し行った所からすぐに登山道から外れ、地形図にある東に伸びる岩尾根へ行ってみる。ここも初めての所ですので先がどうなっているかわからない。尾根上を途中まで降ったがまっすぐ降るのは無理そうなので右下の沢に逃げました。沢を少し降って見上げると大きなケヤキ。こういう大きな木を見たり触れたりするのは大好きだ。
その後沢から抜け出し右の尾根を横切る。この尾根上は笹原登山道へ出る道が通っている所です。横切った後はまっすぐ東への尾根上を降って行き、最後は崖に囲まれた小ピークへ。ここには以前来たことがあるが小さな石の祠が祀られています。
この石の祠へ来る道は、地形から見て大石から来ていると思われ、多分沢道だろうと推定されるので下の沢に降ると藪っぽくなっていますが道がありました。ここを下って大石からの林道に出ました。久し振りに小中の大石を見ました。大石から笹原まで歩いて戻りました(終り)
Aimg_7084 Aimg_7087 Aimg_7089

2010.02.02

初登りは鷹取岩(2010.1.2)

遅ればせながらやっと2010年の山行記録に入りました。
初登りは男体山が多いのだが、今年の初登りは帰ってきていた次男を同行して鷹取岩へ行きました。古分屋敷からフジイ越に登り、帰りは岩稜コースを櫛ヶ峰に寄って大円地越に出て大円地へと降りました。こちらのコースは人が少ないですね。

古分屋敷の風景は好きである。櫛ヶ峰を仰ぎ見て、民家の間を通って小草越の分岐を分けてフジイ越に向かった。途中の展望箇所からは鷹取岩がよく見えます。
Aimg_7028 Aimg_7033 Aimg_7035

入道岩にも寄って展望を楽しみ、向かい側の鷹取岩で昼食休憩。二人の登山者と行き逢いました。
Aimg_7039 Aimg_7040 Aimg_7042

帰りの途中、フジイ越の所で休んでおられるご夫婦に行き逢った。何処かで見た方だな~、そうだ大子観光大使の山崎さんでした。
岩稜コースからは下の古分屋敷の集落が眺め下ろせるが、ちょっと怖い。櫛ヶ峰に寄って男体山の写真を撮りました。
Aimg_7045 Aimg_7046 Aimg_7047

大円地越で又休憩し一般コースを降りました。青空がきれいでした(終わり)
Aimg_7049 Aimg_7068 Aimg_7069

2010.02.01

「鍋足山探検」オープン山行実施します

鍋足山探検のオープン山行を下記の要領で実施します。
参加ご希望の方は、私宛のメールか又は本件のコメントにて連絡下さい。
★本件は「水戸のN」さんから参加希望があり、実施することにしました。
★私のメールアドレスは私の「山で遊ぼう」ホームページに記載されています
★ここで言う鍋足山は、鍋足山本峰と三角点峰を合せたものの意です
Aimg_6671 Aimg_2065 Aimg_8654 Ap1074545

1.第1回の実施日 2月14日(日)
2.集合場所&時間 道の駅さとみ 9時
3.第1回のルート  今後の探検マイナールートの骨となる主ルートを歩く
  笹原登山口から鍋足山本峰-第2峰-第3峰-第4峰-三角点峰を巡る
4.注記など
 ★次回以降については、参加される方のご希望を聞いて決めます。
 ★どなたでも歓迎しますが、山行については自己責任でお願いします。
  鍋足山は岩峰ですので岩崖や急斜面などルート上危険な所があります。
  ご承知の上参加下さい。(道の無い尾根・沢も歩きます)
 ★地形図を持参下さい。地形図を読める方を希望。

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

いばらきの山日記 INDEX

最近のトラックバック

カテゴリー

  • 山歩き
  • 山登り
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 登山