« 2009年6月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009.11.29

鍋足山(2009.5.25、7.23、7.30)

イワタバコなどを見るため、今年は鍋足山に行きました。

5月25日
イワタバコの群生地の偵察に出掛けました。何度も歩いていますので大体の場所は判っているのですが、今年は写真を撮りたいので、近くでよく観察しようと下見です。
湯草から不動滝のある沢を遡行し、沢の終点の三股で右沢に入る。右沢の終端は岩崖となっていますがここにイワタバコの群生地があります。これまで二度ほどこの岩崖を上り下りしましたが、急な岩崖ですので注意が必要です。
周囲は左右も岩崖で、イワタバコの他にもギボウシや岩松が生えていました。
Aimg_1334 Aimg_1343 Aimg_1336

この岩崖を登って第3峰へ、そこから鍋足山本峰にまで行き林道を経由して下山しました。(山頂から月居山方面の写真を撮りましたが、今は新緑で緑々です)
林道からの湯草への下り分岐より少し先に鍋足山登山道の標識があるというのでそこまで行って見ました。余りよく意味の判らない標識ですが、要は林道を歩かず尾根上を歩いて行く登山道で、途中で支所からの道へ合流します。(1度歩いたことあり)
Aimg_1346 Aimg_1350

7月23日
この日は里美側の笹原から入り、途中から銚子の口滝・団子石の滝の沢に入って上まで遡行し鍋足山まで行きました。途中イワタバコはほとんど無く、アラゲキクラゲを見つけただけでした。山頂で昼食休憩し、男体山方面の写真を撮ってから笹原登山道を下っていたら、途中に鍋足山への標識が新しく付けられていました。こちらの道は数度歩いていますが、山頂近くで支所からの道に合流します。
Aimg_3009 Aimg_3011 Aimg_3015 Aimg_3016

7月30日
今日は5月に下見した所へイワタバコの写真を撮りに出掛けました。
湯草から入り不動滝を見たら少し水が流れていました。沢には山百合が咲いていてよい香りです。この時期のこの沢も中々雰囲気は良いですが、少々暑いのは仕方ありませんね。
Aimg_3050 Aimg_3051 Aimg_3053 Aimg_3053_2

沢の途中に大きなケヤキの木があります。地元の人はこの木が鍋足山で一番大きな木だと言っていましたが、写真では比べるものが無いので良く判らないでしょうね。
Aimg_3071 Aimg_3052

イワタバコの群生する岩崖に登って見ると丁度満開の時期でした。写真でご覧下さい。
Aimg_3090 Aimg_3095m Aimg_3108ma Aimg_3103m

鍋足山山頂に寄る。この日はガスが流れて山々の風景は幻想的でした。(終り)
Aimg_3115 Aimg_3118

盛金の名も無き山(2009.5.02)

古い春の記録です。

又昨日に引き続いて盛金の名も無き山を歩いてきました。地形図の盛金桧沢口近くの南西に入る林道に入って、二股を右に林道終点まで入る。そこから沢が幾つにも分かれていますが、これまでも歩いたことのある伐採地の沢に入る。そこから右側の急斜面の尾根に取り付いて主尾根まで登りついた。
男体山に連なる山々を眺めるビューポイントがあるが、今日は曇り空なので鮮明には見えなかった。残念!
降りは別の沢の昔の作業道に出て下った。モミジカサが生えていました。
歩いている途中の蕗と蕨を有難く頂戴して帰りました。
Aimg_0349 Aimg_0351 Aimg_0352_2

2009.11.25

盛金の山(椢平三角点など)(2009.5.1&11.21)

いばらきの山日記を暫く休んでしまった。
誰が読んでくれているのだろうか? 誰もコメントを付けてくれないし、それに自分勝手な山遊びなので、こんな情報は余り役立たずなのか?

そんなことを思って休んでしまったと言う訳でもなく、何となく歳の所為かすぐ書くのが面倒になってしまっただけである。でも、読んでくださる方が何かコメント付けて下されば嬉しく励みになりますので宜しくお願い致します。

2009.5.1
昨年(2008年)の4月1日に初めて椢平三角点を訪れ、その先・255のピークまで歩いた。・255から先の尾根も気になっていたので今回歩いてみました。(昨年の記事を参照下さい)

今回は富士見公園からではなく、西に入った林道の途中から適当に山の斜面を登って南側から椢平三角点にアプローチしました。そこから先は前と同じルートを・255へ。コシアブラの大木があった。イワウチワの花はもう終わって他の花が目につく。前回休んだ辺りで見覚えのある敷物が枯れ木に引っ掛けてあるのを見つけた。表側は色が剥げているが広げてみると私が使っていたものに間違いなかった。いつの間にか無くなったと思っていたが、前回ここへ来た時に置き忘れてしまったようである。

Aimg_0323 Aimg_0326 Aimg_0327 Aimg_0340

・255から先の尾根を辿って地形図の破線の道に出て寄藤沢から登ってきている林道終点の上まで行って、帰りは破線の道を下った。
Aimg_0335 Aimg_0338 Aimg_0344 Aimg_0345

2009.11.21
秋に同じルートを歩いてみました。木々は紅葉して美しい。この時期コシアブラの木の葉は薄黄色になって一目で見分けがつく。この時期は日溜りの落ち葉の上で昼食をとり、寝転んでいるととても気持ちが良いのだ。(終り)
Aimg_6596 Aimg_6605 Aimg_6602 Aimg_6603

« 2009年6月 | トップページ | 2009年12月 »

フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

いばらきの山日記 INDEX

最近のトラックバック

カテゴリー

  • 山歩き
  • 山登り
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 登山