« 初登りは男体山(2009.01.02) | トップページ | 百色山公園・十五朗穴・虎塚古墳(2009.01.08) »

2009.01.13

鍋足山南沢(2009.01.03)

この所寒い日が続いている。そろそろ滝も凍る頃かなと思い鍋足山の滝を見に出掛けました。久しく南沢を歩いていないので、南沢を遡行しました。
鉄砲撃ちに出会いましたが、今の時期は狩猟期間なので、山歩きは要注意です。

とりあえず様子を見るために不動滝を見に行きましたが、水は流れておらず凍りついてもいませんでした。山はまだ暖かいのかな?地面が冷え込まないと駄目なのでしょうか?
今日は余り期待できないだろうと判りましたが、南沢を歩くことにしました。

南沢も水はちょろちょろ程度、南沢二の滝に来ましたが、やっぱり凍りついておりませんでした。残念!
Aimg_8884

二の滝の右岸を巻いて三の滝へ向かいます。沢の所々は凍りかけている所がありましたが、もっと冷え込まないと見事な氷瀑は出来ないですね。
三の滝は下側の傾斜が緩やかな長い滝ですが、下側の緩い流れの所は凍りかけていて滑るので用心して歩く。上の傾斜のきつい所の写真を掲載します。
Aimg_8888

ここも右岸を巻いて登り四の滝に向かいます。四の滝は2段に続いている滝ですが、その下も緩い傾斜で流れており、ここの一部が凍りかけていてきれいに見えました。
Aimg_8893

四の滝の下側の滝です。
Aimg_8894

ここは左岸を巻いて登ります。最後の一番落差のある五の滝へと進みます。
Aimg_8898

写真でもわかるように手前右側の木に赤テープが付いていますが、ここから滝の右岸を巻いて滝の上に出られます。ここの巻き道は傾斜も急なので慎重に登って滝の上に出ました。その上流で沢は二股に分かれますが、その付近で風を避けて昼食休憩。これからの行動を思案する。今日はもう氷瀑も期待できないので、二股から右尾根を登って鍋足林道に出て帰ることにしました。

杉植林の尾根を少し登ると、林道終点から昔伸びていた作業道に出るのでこの道を辿る。伐採木が道に倒れていて歩きにくい。下の方から犬の吠え声が聞こえてきた。
猪狩でもやっているのかな?これはちょっとヤバイよ。追いかけられてはたまらないので早く林道まで上がってしまおうと進むとオレンジのチョッキを着た人影が見えた。思わず声を出して近づくと鉄砲を構えて下の谷間を猟師さんで、「猪狩ですか」と聞くと小さな声でうなずく。
Aimg_8899

この時期こういう出合は初めてではないですが、用心した方がよいですね。特に登山道でない所を歩く時は要注意です。よく目立つ服装をすることも必要でしょう。(終わり)

« 初登りは男体山(2009.01.02) | トップページ | 百色山公園・十五朗穴・虎塚古墳(2009.01.08) »

「山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81710/43733976

この記事へのトラックバック一覧です: 鍋足山南沢(2009.01.03):

« 初登りは男体山(2009.01.02) | トップページ | 百色山公園・十五朗穴・虎塚古墳(2009.01.08) »

フォト
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

いばらきの山日記 INDEX

最近のトラックバック

カテゴリー

  • 山歩き
  • 山登り
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 登山