« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008.12.30

中武生の山(シモン山)(2008.11.23)

西久保三角点(554.9m)のある中武生の山(自分でシモン山と呼んでいます)の紅葉は、茨城の山の中でも素晴らしい所の一つと私は思っていますが、今年も見に行こうと出掛けました。特にカエデの木が多いのは、・444へ降ってゆく所で、どちらかと言うと下生えになっている木が多いので時期的には少し遅めが良いようである。

武生神社の入り口近くの民家のある辺りに戻ってくる予定なので、ここにMTBをデポしてからシモン山の取り付き場所へ移動。(背後の山はシモン山)
Aimg_8571

登山口へ行く途中の武生林道が拡張工事中で、以前あった高岩展望台は撤去され、手前に新しい展望台が作られていました。ここからの眺めは360度ナイスビューです。
Aimg_8528

正面にシモン山と男体山の山頂部が見えていました。
Aimg_8533

拡大写真です。
Aimg_8534

篭岩山もよく見えます。
Aimg_8535

シモン山には東の尾根から取り付いて山頂三角点へ。木の間越しに男体山が見えました。
Aimg_8539

山頂付近は小楢などの木が多いが、橙黄色の紅葉がきれいだ。
Aimg_8540

尾根先端から急な下りを降ってゆくとカエデの木が増えてくる。良い色付きです。
Aimg_8545

急坂を下って傾斜が緩やかになった辺りが一番カエデが多い所で、この辺りの雰囲気が一番好きな所です。
Aimg_8554

・444のピークへ行って昼食休憩。ここから奥竜神の谷がよく見えるが今紅葉真っ盛り。
Aimg_8563

今日はここからショートカットでMTBデポ地点に戻るつもりだ。道は無いのだが下の沢に降って小木尻の滝を見てから尾根に取り付いて民家の所へ出るルートを辿ります。
残念ながら小木尻の滝は水枯れ状態でした。(終わり)
Aimg_8567

2008.12.29

袋田の滝巡り(2008.11.20)

前日のA新聞に袋田の滝のきれいな紅葉写真が出ていたので早速出掛けてきました。
実際には前日の夜の強風で紅葉が大分散ってしまっていて残念であった。

袋田の滝の表側はきっと混んでいるだろうと今日は裏から廻ることにして月居トンネルの手前の駐車スペースに車を止めて生瀬滝のすぐ上流に出る。歩きにくい道だが生瀬滝の下流の河原に降りて写真を撮る。
Aimg_8438

Aimg_8451 

袋田の滝のすぐ上の河原なので、今度出来た新観瀑台が小さく見えた。
Aimg_8441

Aimg_8455

又生瀬滝の上流に出て、水量が少なかったので一軒屋の所で渡渉し袋田の滝の上に出る尾根に取り付く。
Aimg_8457

崖の上から袋田の滝を撮る。
Aimg_8467

滝本へ降る途中紅葉が真っ盛りでとてもきれいだった。
Aimg_8476

新観瀑台から袋田の滝を見ようと大勢の人の列に並ぶ。40分待ちと言うが、この機会を逃せば再び見ることも無かろうと我慢して見ることにした。
Aimg_8482

新観瀑台は2段になっていた。高さはほぼ滝の高さがあり上の河原が見え、生瀬の滝も奥に見える。でも何となく迫力に欠け、従来の下から見上げる方がずーっと迫力があると思いました。
Aimg_8487

従来の下から見る袋田の滝。
Aimg_8509p

写真を撮った崖の上を見上げると結構な高さがあった。
Aimg_8521

帰りは自然研究路を登り、生瀬の滝展望台に寄ってから少し上の分岐を降り、一軒屋の所に出て元の駐車場所に戻りました。(終わり)
Aimg_8527

2008.12.24

明山-篭岩山(上山ハイキングコース)(2008.11.19)

奥久慈の山々の紅葉を楽しもうと明山に出掛けました。今日は明山から上山ハイキングコースを歩くつもりなので、MTBを積んで行き篭岩展望台の駐車場に予めデポした。
Aimg_8379

明山にはほとんど歩く人の無い西に伸びた尾根に取り付いて歩く。この尾根には下の民家のテレビアンテナが尾根の途中に設置されています。そこを過ぎて低い方の双耳峰のピークを過ぎて山頂に到着、紅葉した奥久慈の山々の展望が広がった。男体山から白木山、高崎山、シモン山。
Aimg_8390pm

竜神大吊橋。
Aimg_8395

明山から篭岩山に向かって上山ハイキングコースに入る。途中の露岩の展望台や一枚岩辺りから写真を撮る。振り返ってみた明山の写真。
Aimg_8405

烏帽子岩。
Aimg_8411

シモン山。
Aimg_8412

篭岩の三角点峰に近づいた。二つのキレットを通過して三角点に到着。暫し休息して展望を楽しんだ。写真は手前のピークから篭岩の三角点峰。
Aimg_8413

歩いて来た明山方面を展望する。結構歩いてきたなと感じる距離でした。
Aimg_8418

篭岩展望台に降ってきて抱返しの滝や篭岩を眺めたが、今が紅葉真っ盛りといった風景でした。
Aimg_8426

デポしていたMTBに乗ると緩い下りの坂道なので自転車を漕ぐ事はほとんど無く駐車場所まで到着しました。(終わり)

2008.12.13

ひまわり畑(2008.11.15)

11月2日に県植物園に行った時、那珂総合公園近くにあるひまわり畑に沢山の人が見物に来ていた。もう時期的に終わりで、暫くしたら刈り取られるとの事でした。

まだひまわりは残っているかなと自転車で運動を兼ねてひまわり畑まで出掛けました。大半は刈り取られていましたがまだ残っていました。
Aimg_8364

Aimg_8366

民家の脇にもひまわりが植わっていたので眺めていると、お家の方が出てきて「もうすぐ刈り取ってしまうので欲しかったらあげますよ」とわざわざ手鋏など持ち出して切って下さいました。自転車で持って帰るのに手には持てないので、背中のザックに入れて帰ってきました。玄関先に活けたら中々見栄えが良かったです。
Aimg_8368

Aimg_8369 

2008.12.04

御前山富士山(11月14日)

今日は良い天気。妻とちょっとした山歩(サンポ)にと御前山富士山へ出掛けました。調子が出たら御前山ハイキングコースを那珂川大橋まで歩くことにして出発したが、途中の林道交差する所から大栗へ降りてしまいました。
Aimg_8345

青少年旅行村へ入る入り口の所にある吉田神社の駐車場に着くと、大勢の人がいる。何かと聞いてみますと百人委員会の行事で桂村道の駅からぐるっと歩いているとのことでした。
駐車場傍の公孫樹の黄色が美しい。車道を歩いて青少年旅行村へ、そこからは出来るだけ整備された階段道は避けて山道を歩くが、最後は階段道となり、展望台のある富士山山頂に着きました。
Aimg_8348

Aimg_8355

展望台の上で昼ご飯を食べ展望を楽しむ。北側の展望がよく、那珂川から遠くの山々まで良く見え、今日は奥久慈男体山がくっきりと見えていました。
Aimg_8350

山頂から関東ふれあい道に入る。ここはこれまで何度か歩いた所で、小さなアップダウンを 経ながら雑木林の中を気持ちよく歩く。所々に標識があり、休憩用東屋もあった。
那珂川大橋まで行ってもよいのだが、帰りの車道歩きが厭なので、大栗から登ってきている林道にぶつかった所で、ここから下ることに意見が一致した。
Aimg_8357

降りの林道のカーブミラーに写る姿が面白かったので写真に撮りました。(終わり)
Aimg_8359 

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

いばらきの山日記 INDEX

最近のトラックバック

カテゴリー

  • 山歩き
  • 山登り
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 登山