« 2006年7月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年8月

2006.08.17

大円地から男体山(7月15日)

Ap7152155640 Ap7152153640 滝倉から登ることが多いのだが、今日は久し振りに大円地から登りました。駐車場に7時少し前に着いたのですが、1台も車なし。健脚コースから登り、山頂には8時15分着。今日はうす曇で遠見が利かない。もちろん誰もいない山頂でした。
登り途中でオカトラノオにアサギマダラなどの蝶が舞っていたので、止まった所を写真に撮りました。
降りは大円地越から降りました。今日は誰にも出会わないままでしたが、男体山ではいつも誰かに出会うのに珍しいことです。

2006.08.04

県民の森(7月12日)

Ap7122148s512Ap7122143512  梅雨時の近場の山歩き?のためにと県民の森に時々出掛けて歩いています。歩いている方が結構いますね。
今日は昼から出掛けました。最外周を歩くと1時間以上掛かりますので、出来るだけたくさん歩こうと反時計回りで歩き始める。途中に送電鉄塔があるので、その点検路があり、こちらに入って辿ると少したくさん歩くことが出来る。
Ap7122141512Ap7122145512  松見本林も最外周を歩く。梅林からセンターへ戻ってきました。途中でオカトラノオ、ウツボクサ、アザミなどの花が咲いていました。
蝶やアブが花に止まっているのを写真に撮ってみました。

2006.08.03

高鈴山(7月7日)

Ap7072122512 先月末に御岩神社から表参道を高鈴山に登ったが、今度はルートを変えて裏参道から登ることにしました。高鈴山からの帰り道も、前回と違った北沢キャンプ場へ下る道から途中で逸れて北への尾根を降りてみようと考えました。同じ山でも色んなルートを歩けると面白いです。
裏参道を登って行くとお姥様が祀られている所に出るが、すぐその先で表参道からの道に合流する。実はもう1本、裏参道から逸れて御岳神社に登る道があるが、今回はパス。(写真はお姥様)
Ap7072125512 先日御岩山に登ったルートから更に山頂直下のトラバース道を南に辿り、御岳神社に登りつく道まで出て御岳神社に登る。そこからはいつもの尾根道を通って高鈴山頂へ。(写真は御岳神社)
今日は誰も登ってきていませんでした。昼食を済ませてから、北沢キャンプ場へ下る道に入り、少し降った所から北へ延びている尾根へ入るため道から逸れて右へと入る。微かな踏み跡が続いていました。3分ほど歩くと急に前が開けて大きな伐採地に出てしまいました。地形を眺めると、地図上で降ろうとした尾根上もほとんど伐採されていたが、右側の谷の下の方に作業道が登ってきているので、そこに出て降る方が藪を避けて歩けそうなので、草薮の斜面を暫く下って作業道に出た。伐採地の向こうに山頂の雨量観測施設が良く見えていました。
Ap7072130512 作業道は玉簾の滝から登ってきている林道につながっており、ここは先日降ってきて林道に出たところであったので、ここからは前回と同じ林道を辿って裏参道に出て御岩神社に戻りました。又違ったルートを歩けて楽しかったです。

2006.08.02

持方から男体山(7月4日)

Ap7042113512 梅雨空が続いて雨模様では余り山に行く気分にはなれないのだが、曇り空なのでお手軽登山に持方から男体山へ出掛けました。左回りで袋田への縦走路に登りつき、山頂へと向かう。山火事からすでに3年、焼けた木が枯れてたくさん倒れてきている。そんな枯れ木にキノコが出た跡がある。もうとろけているがウスヒラタケのようだ。もう10日ほど前に来て見つけていたら採れたのに残念。
山頂ではやっぱり登ってきている人がいた。袋田まで縦走するとか、鷹取岩方面へ行くとか元気な方たちでした。
Ap7042118512Ap7042115512  キスゲやホタルブクロの花が咲いていました。マタタビの花も咲いていました。

« 2006年7月 | トップページ | 2006年10月 »

フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

いばらきの山日記 INDEX

最近のトラックバック

カテゴリー

  • 山歩き
  • 山登り
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 登山