« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月

2006.02.26

シモン山と烏帽子岩(2月12日)

aP2120459400  i さんからシモン山の案内を頼まれましたので出掛けました。お仲間と総勢4名。年間100日以上山にお出掛けの皆さん方でしたので健脚で、行動時間は4時間30分ほど。(写真は三角点にて)
武生林道に入ると、工事のため途中から通行止めの表示があり、武生神社の先で通り抜け出来ないらしい。武生公民館に駐車し、1台に乗り合わせて武生神社の先まで行き、そこから歩く。林道の途中のシモン山東尾根の所から9時頃取り付く。暫くで「西久保」三角点のある555mの山頂に着く。ここからは烏帽子岩方面に続く尾根を下って行くが、私の好きなルートである。春はイワウチワが咲き、秋の紅葉はきれいな所である。
apanosimo1800 このルートは奥竜神の谷が見渡せるので、奥久慈の山々がぐるりよく見えます。途中で昼食休憩をして烏帽子岩の基部へ無事到着。ここからは急な斜面を登って山頂へ。奥竜神の谷の展望がよろしい。亀が淵方面への降りルートでまたちょっと間違えてしまいましたが、すぐにミスに気付き、ちょっと登り返して正しいルート戻りました。亀が淵から武生神社まではまた登りとなりますが、健脚の方々にはどうという事もなく、宝剣洞展望台の所に登りつき、今日の山歩きは無事終了しました。

2006.02.19

御前山(1月26日)

aP1260005 aP1260011 1月26日、山仲間8名で関東ふれあい道の御前山を歩きました。御前山は丁度栃木県からの関東ふれあい道に続いている所なので、栃木の那珂川橋付近から関東ふれあい道を歩いて那珂川大橋まで歩こうかと当初計画しましたが、降雪などもあったので車道歩きを短縮して岩戸から歩くことにしました。岩戸は関東ふれあい道の看板や境松峠から持ってきた道祖神が祭られている所です。天気は良く晴れて青空。
まず青少年旅行村までの車道歩きですが、まだ所々に残雪あり、所々は民家の間を通る昔のローカル道を歩く。旅行村の看板が出てきて左折し、坂道を登ってゆくと旅行村に着いた。

aP1260022gozenyamahuji休憩は展望台のある御前山富士山に登ってからということにしたので、最後は急坂の階段で息があがったが、展望台からの眺めに満足。ちょっと早いがここで昼食休憩としました。
富士山からは緩いアップダウンのある尾根歩き、時には林道を横切ったりしながら歩く。所々日陰の部分では雪がまだ大分残っていました。最後は急坂を下って那珂川河畔に降りつき、駐車している道の駅桂へ無事到着。今日は久し振りにわいわいがやがや賑やかに楽しく歩きました。岩戸出発9:25-道の駅桂着14:40でした。

2006.02.18

馬放平と江戸沢三角点(1月25日)

aP1250412400 今日は盛金辺りを歩こうと出掛けました。昨年何度か馬放平三角点峰(378.2m右写真))に出掛けておりますが、その尾根続きの江戸沢三角点峰(414.8m)まで行くことにしました。
地形図「大中宿」の桧沢口から稜線上に登りついて、そこから尾根通しに馬放平三角点に向かいます。ここの稜線上は展望も良いし、イワウチワも咲く所で私の好きな所です。この辺りは山桜も多いので、桜の咲く頃歩くのが最高でしょう。途中にテレビアンテナが設置されているピークがあり、日溜りで暖かな所だったのでちょっと早かったが昼食休憩としました。
aP1250415m400 aP1250416400 馬放平三角点峰のすぐ東に尾根続きで約10mほど高いピークがあり、今日はそちらに寄って見ることにして、その間の鞍部へと登りつきました。そのピークへ寄って見ましたが、樹林の中なので展望もなく、何もなし、残念。
馬放平三角点から先は初めて歩く所ですが、下りすぐに植林帯の杉林に突入、ここから先は植林帯の中が多くて、歩くにはそれ程気持ちよく歩ける所ではなかったが、途中伐採された所もあり、そこからの展望はよし。途中境界見出票が木に食い込んでいるのを見つけました。(写真)何だか木がかわいそう。やがて着いた江戸沢三角点も杉林の中で、三角点以外何もない展望なしのピークでした。
aP1250408800 そこから下って山腹を巻いてきている林道に降りて、暫く林道を歩きました。この林道からの展望は良く、江戸沢三角点峰、やがて奥久慈男体山の山並みなども出てきて写真を撮りました。
降りは地形図にある久隆下へ下る破線の道を降ることにして、林道途中から境界線の尾根に入り、少しトラバースして破線の尾根に出ましたが、道形はありませんでした。少し降ると沢に下から作業道が登ってきていましたので、ここを降る。やがて太い車の通れる道となり、久隆下の車道に降りつきました。ここからは車道歩きで駐車場所まで戻りましたが、今日は10km超歩いたようです。

2006.02.16

湯草から鍋足山(1月19日)

2  1月の山行で記載するのを忘れていたのが3つもあった。後出しだが、簡単に山行記録をアップしておきます。
湯草から鍋足山のルートで一部新ルートを歩きました。いつもの沢コースの途中から、尾根コースへと登るルートです。下から見ると尾根の途中で岩場があるが、何とかなるだろうと不動滝の上からかすかな踏み跡を辿って尾根に取り付く。見た目より急傾斜である。
雑木の林の中で笹もなく歩くのは気持ちよく快適。大分登ってから正面に岩の盛り上がりが見えてきた。すぐ下まで行ってみたが登るのはちょっと無理なので、右側を巻いてゆくことにしました。トラバースして岩が途切れた辺りで尾根上に登りつきました。そこから少し登った所のピークがいつも登ってくる尾根との合流点でした。
P3273358s ここから猪の鼻峠への縦走路まではまだ大分あるが、風が強かったので速く日溜りへ行きたいと休まずに縦走路へ出ました。北側から鍋足の三峰を眺めながら昼食休憩。
帰りは鍋足第二峰から南へ伸びる尾根上の踏み跡を辿って(ここも初めて降りる)、最後は沢に降りて鍋足林道に出て、そこからはいつもの道を通って湯草へと降りました。

2006.02.04

再び神峰山(1月29日)

aP1280451480昨日駐車場所にストックを忘れてきたので、ひょっとしたらそのまま残っているかもと昨日の駐車場所に行ってみるとありました。ラッキー!!!
ついでに神峰山を往復して帰ろうと昨日下ってきた所から登りはじめた。途中から分岐している沢を渡る道へ入る。歩かれていない道は細々と山腹をトラバースして行く。また谷状の所へ出て踏み跡が不明瞭となる。沢を登るより向かいの尾根を登る方が良さそうと尾根に登ってゆくと上の方で踏み跡がみつかり尾根の上に出た。反対側にも昔の下り道の踏み跡らしきものがある。
ここからはもう踏み跡らしき所も残っていないので、尾根を外さないように登って行くだけなので気が楽だ。山頂について、まだ時間が早いが展望を楽しみながら昼食とする。女性が一人登ってきてすぐに下っていった。
aP1280453480 帰りは同じ尾根を下って、今度は尾根に登りついた所から反対側の踏み跡を辿る。こちらも沢状の所を横切って山腹をトラバースして行くが、また沢に出た所で踏み跡がなくなった。ここからは沢を下り、昔の日鉱の社宅跡地に出たが、荒れるに任せているので草木が生い茂って歩きにくい。下の広場に出てゲートのある坂を下って車道に出た。
大分前にこの社宅跡地へ下ってきた時はそれほど荒れていなかったのだが、もうこちらから登り降りするのはやめたほうが良さそう。(ルート地図は昨日の所に貼り付けてあります)

2006.02.03

高鈴山と神峰山(1月28日)

aP1280431480aP1280432512 赤沢山荘からキャンプ場を通って高鈴山に登ったことがなかったので、このコースを登って高鈴山に行き、帰りは神峰山を回って本山に戻るルートを歩いてみようと出掛けました。
あかざわ山荘の前の駐車場に車を止め、自然村キャンプ場に向かう。キャンプ場へ向かう道は2本あるが、下からの道を歩こうと車道を一本杉バス停の方へ下って行くと、右側に舗装された林道が分岐しており案内板がある。沢沿いの道を歩いていくと「角間の滝」の看板があり、段瀑があった。更に登って行くと右からの道を合わせてキャンプ場に着いた。
キャンプ場の中を通り、その最奥から左に向かう高鈴山への道があり、案内看板があった。先日降った雪が残っていました が、特にここからの北斜面は残雪が登山道にずーっと残っていました。aP1280438480
aP1280434480aP1280441480   やがて林道に出て少し行くと、助川山方面から登ってくる道との合流点に着きました。ここから先は何度も歩いたことのある道で、やがて高鈴山頂に着いた。今日は赤沢山荘の方から登ってくる人もいたし、10人以上の方々が山頂近くにいました。
山頂は風が通って寒いので、向陽台方面へ少し行った風の当たらない所で昼食休憩をする。向陽台から神峰山方面に入ると人に出会わなく静かであったが、それでも山頂近くなって下ってくる人に出会った。神峰神社にお参りした後、展望の良い気象観測所のあるベンチのある広場で休む。日立鉱山の煙突は、煙を吐いていて、その向こうに日立の町と青い海が輝いて見えました。
takasuzukaminealls 今日の神峰山からの下りは、前に一度下ったことのある地形図の破線の道で、本山方面へ尾根伝いに降りるルートですが、前に降った時もほとんど道形が消滅していたので、今日も踏み跡は期待せず、地形図を見ながら下ることにした。笹薮はないが、小潅木が茂っているので邪魔にならない所を選びながら歩く。途中尾根が幾つにも分岐しているので間違えないようにと用心したのだが、やっぱり右の尾根に引き込まれてしまい、間違いに気づいたのだが引き返すのも面倒なので一つ沢を横切って隣の尾根に戻ったのだが、ここも分岐した尾根でした。この尾根を下れば沢に出るので今日はそこを下ることにしました。
aP1280448480 沢を下って行くと鉱山の人工物などが出てきたので昔はここにも道がついていたらしい。しばらく下ると道形が出てきたので、その道を下りました。途中、沢を横切って東の尾根方面へと分岐している道があったので、きっとこの道は破線のある尾根に通じているのだろうと思いましたが、今日は確認せずそのまま下り、旧道に下りつきました。後は車道を歩いて駐車場所へと戻りました。
家に帰り着いてから、ストックを駐車場所に忘れてきたことに気付き、明日また忘れ物をとりに行くことにしました。ついでに今日確認した分岐の道を歩いて破線の尾根に登ってまた神峰山へ登ってみようと思います。

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

いばらきの山日記 INDEX

最近のトラックバック

カテゴリー

  • 山歩き
  • 山登り
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 登山