« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005年5月

2005.05.24

レンゲツツジ

P5234062s 庭のレンゲツツジが満開になっている。山のレンゲツツジは標高が高いのでもう少ししてから咲くのだが、今年は何処へ見に行こうか。こんな事を考えるのも中々楽しい。安達太良山の勢至平のレンゲツツジも久しく見ていないので、安達太良山にでも行こうかな。

2005.05.22

三鈷室山(5月21日)

P5214058s今日は来年の山菜採りの下見も兼ねて、福島県の追分側から新しい伐採地を経由して三鈷室山の山頂へ登りました。新しい伐採地には残念ながらまだタラの木はほとんど生えていませんでした。
帰りは山頂から西の谷に降り、ウド、モミジカサ、フキ、セリなどの山菜を採りながら駐車場所へと戻 りました。周回距離約10kmでした。写真は途中の谷で見つけたモミジカサです。

2005.05.15

コシアブラご飯

P5153890s 昨日はGPSのぞろ目地点探訪で山歩きのついでにコシアブラを収穫してきた。コシアブラご飯が美味しいと山菜オフに参加された方の奥さんが書いていたので、インターネットでレシピを調べ、カミサンに作ってもらって食べました。初めて食べるのだがコシアブラの卵とじスープとともに中々美味でした。

再びぞろ目地点探訪(5月14日)

zoromemap1 今日はぼとくさんとカプランさんとでGPSでの山遊び「ぞろ目地点探訪」に出掛けました。今回選ばれた地点は2つの地点でブナ林のきれいな定波の近くである。数値上は末尾が北緯は5のぞろ目、東経は3のぞろ目です。
[hddd°mm.mmm’系 : N36°55.555’      E140°33.333’の地点]
[hddd°mm’ss.s”系 : N36°55’55.5”    E140°33’33.3”の地点]
上のポイントは前に書いたぞろ目地点調査のポイントです。
どうしてこんな遊びに大の大人が夢中になるのか私自身よくわかりませんが、冒険心や探検的な所もちょっとあって面白いですよ。要は山を歩くのが好きなんですね。
写真は周回したルートです。

P5140003a 今回のぞろ目地点を巡る周回ルートはぼとくさんが決められたルートで、主に尾根を巡り定波のブナ林の辺りも横切るルートですが、道があるのかどうか、藪山なのか全くわかりません。それだから一層楽しみです。里見の道の駅8時に待ち合わせ、カーナビの付いたぼとく車の先導で、登山口地点に向いました。
最初に目的のぞろ目地点を回るため、周回ルートを右回りする事になり、ルート左側のルートが道路を横切る地点付近に駐車し丁度9時頃に出発しました。この辺りは比較的植林帯が少なくて気持の良い林が続きます。踏み跡は有るような無いような所ですが、藪は濃くないので歩きやすいところでした。
写真は出発点の取り付き斜面です。

P5143866s 第一のぞろ目地点に到着、中々雰囲気の良い雑木林の中でした。付近にザックを下ろし、GPSを持ちながらうろうろ、大体場所を決めてしばらくGPSの表示が落ち着くのをのを待ちます。不思議な事にぼとくさんと全く同じ所をうろつくかと言うとそうでもなく、最後は数メートル離れた地点で待機です。しばらくしてぼとくさんがぞろ目獲得、続いて私もゲット出来ました。かぷらんさんは今日はGPSをメーカーへ改良修理に出されており、残念ながら眺めているだけとなってしまいました。

P5143873s 次のぞろ目地点は、712.5m三角点の山頂からの降り途中ですが、まず三角点のある山頂に寄る。ここには剣山神社、稲荷神社と書かれた鳥居と二つの石の祠が祀られており、1本のシャクナゲが花をつけていて、藪も刈られて大きな杉が数本ある気持の良い山頂で、暫し休憩しました。近くの集落からでしょうが参道が上がってきておりましたが、これから離れてぞろ目地点へと谷間近くの緩い斜面へと下る。
P5140026a ここのぞろ目は明るい雑木林の中で、前の地点でやり方は慣れたのかそれ程時間がかからないでぞろ目表示をゲット出来ました。ぼとくさんはもう少しの所で中々ぴったり表示とならなくてついに諦めてしまいました。そこから山を降って道路に出ました。
写真はカメラを構えながら、GPSの表示をじっと眺めながら待ち構えているポーズです。

P5143880s この辺りは標高が高い所なので、今、山桜が満開で新緑がいろんな色で芽吹き始めておりとても美しい光景です。道路を少し歩いてから藪を分けて放牧場のある尾根に取り付き進むと、有刺鉄線の柵に突き当たって予定したルートは歩けない。少し迂回してから有刺鉄線の柵沿いに歩き、やがて急斜面の降りとなって広い谷間に降り着きました。もうお昼近い時間でしたので、広々とした眺めの良いここで昼食休憩です。地図を見るとまだルートの半分も歩いていないようで、後半頑張らなければならない。写真は山桜と新緑の風景。

P5140047a ここから又登りだが、伐採跡の斜面で茨や棘のあるタラの木などが混じって小潅木が生茂り、一番歩きにくい藪である。幸い昔の作業道が細々と沢沿いにあったので茨を掻き分けながらここを辿り、最後は藪を掻き分けて尾根上に登り樹林帯に入りほっとする。タラノメはほとんど採り尽くされており、こんな山の中にも山菜採りの人が入るのだな~と感心してしまった。ここまで来る途中もそうであったが、樹林帯の中にはコシアブラの木が結構あり、今丁度コシアブラが採り頃であったので、目に付いたものは山のお恵みを頂きながら歩いてきた。時々どうした訳か大きなコシアブラの木が切り倒されており、枝に採り頃のコシアブラがたくさん付いていたのでこれも頂いた。写真は緑の森の中の歩き。

DSCN2452s 段々定波に近づいてきて、大きな木が増えて来てブナも混じった素晴らしい森の中となった。「小川学術参考保護林」と書かれた看板のある林道を横切ってもこのようなきれいな森が続く。山つつじはまだ蕾が多いが、それでも緑の中に鮮やかな赤色を点々と見せてとてもきれいでした。685.2mの三角点まで歩いてここで暫し休憩。「半分来たかな~」と言うとかぷらんさんは「まだ半分も残っているのか~」と少々お疲れの様子。和尚山が良く見えました。写真は三角点で休憩中のところ。

藪斜面を下って小川を飛び越えて道路に出た。ここから又150mの登り返しはきつい。また尾根の半分が伐採されたような所も結構ありましたが、このような尾根上の歩きは、ほとんど藪漕ぎの歩きとなり、結構時間もかかりますし疲れます。まあ、どのような所を歩くようになるのか判らないでルートを辿ってゆくのもこの山歩きの楽しみなのですが・・・。又県境を横切りますが、ここは谷間で又最後の登り、最後は・683からの降りだが、そちら方向は笹薮で入りたくないが最後の藪突入、突破した所は伐採されたばかりの斜面ですぐ下の道路に駐車した車が見えていました。やっと車の所に降り付いた時はもう5時少し前、行動時間は約8時間でしたが、充実した山遊びでした。

2005.05.13

タツナミソウ

P5123856s 鉢植えしていたタツナミソウがあちこちに飛んで生えて、こちらの方が元気な株になってきました。地植えの方が手間もかからないし、元気に育つようで私には向いています。

2005.05.12

エビネ

P5123853ss 庭の椿の花もほとんど終わったので、今日は椿の木の剪定をはじめました。昔植えた小さな木が大きくなってしまい、植木の剪定も中々大変です。椿は10数本あり、勿論2~3日では終る作業ではないので、あまり天気の良くなくて山に行かない日にやる事にしている。
今はつつじがきれいに咲いているので、これも花が終ったら剪定しなければならない。
エビネが大分前から咲いていますが、まだきれいに咲いているので写真に撮りました。

2005.05.11

ベニヤマタケ

P5221301s9日に三鈷室山に行った時、いつもベニヤマタケが生える場所に小さいながらもうベニヤマタケが頭を出していました。収穫物の中の赤いキノコがそのベニヤマタケです。
このキノコは食べられます。昨年は5月22日に同じ場所に行っていますが、大分大きくなっていました。その時の写真を掲載します。

2005.05.10

山菜採り(5月9日)

P5093850s 遠来のパソコン友達をご案内して、今日も三鈷室山へ山菜採りに出掛けて来ました。
この時期標高の低い所ではもうタラノメやコシアブラなどの山菜は大きくなりすぎて駄目ですが、標高の高い三鈷室山辺りでは丁度良い時期です。しかし、この連休で沢山の人が山菜採りに入ったので普通の所は採り尽くされています。それで通常人の入らないような場所へと行きました。多少の藪漕ぎは止むを得ません。そこそこの山菜をゲットしよいお土産が出来ました。

2005.05.08

男体山のシロヤシオ(5月8日)

P5083828s 今日は遠路来られたパソコン仲間を案内して、男体神社の方から奥久慈男体山へ登りました。今シロヤシオが満開です。今年は花付きがとても良いようです。山ツツジの赤やミツバツツジのピンクなどとも混じって咲いている所もあり、コントラストも見事です。例年、いつも少し遅めに見に行っていましたが、今年は丁度良い時期に行き逢えました。大円地越へ登る道のニリンソウは、もう終わりですね。

2005.05.05

山菜採り(5月5日)

今日は山菜採りに出掛けました。行く途中、竜神大吊橋の鯉幟祭りに寄ってみたら、上の駐車場は満杯で、坂の途中まで車の行列が出来ていたので今日は諦めて撤退しました。山菜採りは高見山と三鈷室山に行きました。三鈷室山には、福島側からアプローチしましたが、追分辺りはやはり標高が高い所為なのか、今山桜が満開、桃の花がきれいに咲いていました。山菜収穫はワラビ、タラの芽、コシアブラ、ハリギリの芽などですが、三鈷室山山麓(標高700m位)は丁度タラノメ、コシアブラなどが採り頃でした。勿論、今日の夕食は山菜の天麩羅でした。

P5053816m P5053820mss

写真は追分辺りの山桜や桃の花です。

2005.05.04

再び馬放平三角点(5月3日)

P5033806s 関西から帰ってきた翌日、少々山欠病気味だったのでお手軽山歩きと言う事で、また馬放平三角点へ出掛けました。車をもっと奥まで入って、岩下三角点は省略してその先の尾根の鞍部へと登りました。今は山ツツジが満開です。コシアブラの木が結構ありますが、もう大分伸びて採り頃をもう過ぎているものが多かった。伐採跡にわらびが所々生えており、採って帰りました。

花園山

用事があって1週間ほど関西へ出掛けていました。帰ってきたらすっかり良い陽気となって早速山歩きに行きたくなりました。

P5042418sすうさんから花園山のことでお尋ねがあったので調べてみたら、丁度4年前の今日、花園山に登っていました。この時期は丁度花園神社のシャクナゲが満開でしたので、今年も今頃が丁度見頃かも。花園山と栄蔵室山を回ってくると丁度良いでしょうが、この辺りはタラノメがたくさんあるので、山菜採りの人も結構来ているだろうな~。写真は山頂での写真です。

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

いばらきの山日記 INDEX

最近のトラックバック

カテゴリー

  • 山歩き
  • 山登り
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 登山