2018.10.06

第71回「茨城の山探検」オープン山行を実施します(2018.10)

第71回の「茨城の山探検」は筑波山お山巡りと致しました。主な経由ポイントは女体山、男体山、高天原、坊主山、松岩の頭などのピークを予定しており、これらを繋いで歩く良いコースを思案中です。参加される皆様方も考えると楽しめると思います。歩くルートの計画図は、当日お配りいたしますのでお楽しみに!

参加ご希望の方は私宛のメールか、本件のコメントで連絡ください。(私のメールアドレスは、私のHPに記載しています)

1.第71回の実施日   2018年10月28日(日)
  天候の悪い場合は中止又は延期する事があります。
  その場合は前日の正午までに「いばらきの山日記」にその旨掲載します。

2.集合場所&時間 
  集合場所は裏筑波の男川付近の路上      集合時間  8時30分
  (広くなっている所に邪魔にならないように駐車ください)

3.第71回の探検場所(ルート)  ルートは変更することがあります。
  当日歩く予定の計画図をお配り致します。(上記した経由ポイント参照)

4.参加者へのお願い事項
★「茨城の山探検」の山行は「探検」と付いている如く一般のハイキング道を歩く山行ではありません。しばしば地図に道のない尾根や沢などを歩きますし、薮漕ぎ、急斜面、岩崖・岩場など危険な所も通過することがあります。
★参加される方のレベルとしては、地形図を見て自力で山行が出来る方、乃至そのことを目標に訓練努力されている方を対象と考えております。ただ人に付いて歩くという方はご遠慮願いたいと思います。
★何方でも歓迎しますが、上記の事項についてよく理解し自己判断された上でご参加ください。山行については自己責任でお願いします。
★地形図を持参ください。

5.2018年11月の「茨城の山探検」について
  11月25日(日)を予定しております。

2018.10.05

キノコと林檎(2018.10.2)

2週間ほどオーストラリアの山旅に出掛けて、10/1に帰国しました。
キノコのことが気になっていたので、すぐ翌日の10/2に山に出掛けました。

運良くハタケシメジとコウタケをゲットし大喜びしました。どちらも美味しいキノコです。コウタケは姿・形の割にはとても美味しいです。買うと一万円?早速炊き込みご飯にして食べました。

★ハタケシメジ
Img_9195_640x480

Img_9197_640x480

Img_9217_640x480

★コウタケ
Img_9213_640x480

Img_9214_640x480

Img_9218_640x480

Img_9219_640x480

Img_9220_640x480

★サクラシメジも見ました。
Img_9215_640x480

★山のミョウガもお土産に!
Img_9216_640x480

★トリカブトの花が咲いていました。
Img_9199_640x480

★林檎
帰りに林檎農家に寄りました。4種類ほど試食して姫神と早生ふじを買って帰りました。
気から直接もぎ取ってきましたので、超新鮮です。
Img_9204_640x480

Img_9207_640x480

Img_9209_640x480

自然のお恵みに感謝です。(終り)

2018.09.19

水戸八景「水門帰帆」(2018.9.18)

昨日(2018.9.18)は車のパンクを初めて経験しました。

午前中那珂湊の保健相談センターへ大腸がんの検査のため、採便した容器を提出に出掛けました。場所を調べて車で出掛けたのですが、途中で車輪の音が大きく響いたりしておかしいなと思いつつ保健相談センターまで走り、用件を済ませてから駐車場に戻りました。
車に異常がないかと見ると何と左前輪がパンク!
10日ほど前に車の定期点検をしてもらってタイヤもよくチャックしてもらったのですが、もう6万KMも走っており、ひび割れがあちこち出ているのでそろそろタイヤ交換時期が近づいているが、6ヶ月後の次回の点検でまた見ましょうと言われたばかりでした。

スペアタイヤは積んでいないのでJAFに電話して処置してもらうことにしました。1時間ほどで到着するということで付近を散策しました。
駐車場のすぐ隣は水戸八景の一つ「水門帰帆」の場所で、石碑と看板がありましたので写真に撮りました。
以前ここに来たことがありますが、随分前のことで記憶が曖昧!
時間もあるので看板の中身をしっかりと読みました。八景設定の目的が、水戸藩士の自然鑑賞と健脚鍛錬を図るためのものであったとは初めて知りました。
その頃の港の風景はどんなだったろうかと思いを馳せました。(クリックで拡大)
Img_0958_800x600

Img_0959_800x600

Img_0961_800x600

Img_0962_800x600

JAFの方がこられ、すぐにパンク箇所も分かりました。ひび割れから漏れていました。
タイヤの点検の結果、タイヤ交換をしたほうが良いというので、タイヤを応急修理してから以前タイヤ交換をしたお店まで行くことになりました。JAFの方はタイヤ交換のお店までフォローしてついて来て下さいました。タイヤ交換して一件落着。

JAFの方は登山をやられる方で、山のお話も色々と出来てよかったです。茨城の山のことも聞かれましたが、私のブログをお知らせしましたので見て下さるそうです。
今日の1日はロスタイムもありましたが、新しい経験が出来て楽しかったです。(終り)

2018.09.18

都室山(2018.9.17)

以前は花貫ダムの桜公園から横根山に登り、都室山まで縦走し鳥曽根に下るハイキングコースがよく歩かれていましたが、桜公園からの入山禁止によってこのコースは歩かれなくなりました。
そこで横根山・都室山の南側の福平・桃源側から縦走コースが歩けないかと考え、先日(2018.8.19)福平から横根山に登りました。下記参照ください。

 横根山(2018.8.19)

今度は都室山に登ってみることにして出掛けてきました。
地形図には都室山(三角点449.4m)から西へ破線のルートがありますので、果たして今も歩けるコースなのか?を確かめるためです。下図は実際に歩いたGPSの軌跡です。
Img_0963_537x640

★地形図では三角点から西側の道路に向かって破線のルートがあります。下の方は林道になっております。
実際に歩いてみると林道の部分は草木が生え放題で、今は藪となっております。草の枯れる冬場なら何とか通れるでしょう。今回は強引に突破しました。
Img_0906_480x640

★地形図では林道から尾根に向かって破線の道が登っていますが、今ではここもルートの痕跡は見当たりません。境界杭?と思われる杭のある辺りから急斜面を適当に登り、何となく踏み跡らしき所を辿り尾根上に出ました。それまでは枯れた笹薮でした。
Img_0907_640x480

★尾根上には何となく踏み跡がありだんだん明瞭な道となってきました。テープもありました。
Img_0908_640x480

Img_0910_640x480

★立派なシロオニタケ。今の時期よく見かけるキノコである。
Img_0911_640x480

★笹薮が濃くなり掻き分けながら歩く。
Img_0912_480x640

★山頂近くなると笹はなくなる。
Img_0913_640x480

★都室山山頂
Img_0915_640x480

Img_0934_640x480

★降りは鳥曽根へのハイキングコースルートを降りました。こちらの道は踏み跡やテープ付けがしてあり、整備されていて歩きやすく明瞭でした。
途中に大きなアカヤマドリ5~6本。しかし食べるにはもう古い。あと標識が1本見かけました。
Img_0937_640x480

Img_0938_640x480

★登山口の標識
Img_0939_640x480

★車道を歩いて戻る。ひよっこも撮影現場があるようです。車道の両側には萩の花が綺麗でした。
Img_0940_640x480

Img_0941_640x480

★歩いた結果では西側峠付近からの破線路は藪でお勧めではありませんが、短いルートなので歩けないわけではありません。やはり鳥曽根からのルートが良いですが、南側からの縦走の場合はちょっと遠くなります。(終り)

彼岸花と蕎麦の花(2018.9.17)

お山歩きの帰りに常陸太田の辺りを通ったらあちこちに彼岸花が咲いているのが見えました。もうそんな時期なのかと水府の延命地蔵尊に寄って見ました。今は彼岸花と蕎麦の花が綺麗です。

田圃の土手
Img_0944_640x480

延命地蔵尊の周り。蕾も多いです。
Img_0953_640x480

Img_0955_640x480

Img_0957_640x480

蕎麦畑
Img_0948_640x480

Img_0951effects_640x480

Img_0950_640x480

(終り)

«大石から鍋足山(2018.9.9)

フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

いばらきの山日記 INDEX

最近のトラックバック

カテゴリー

  • 山歩き
  • 山登り
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 登山