2017.11.18

第63回「茨城の山探検」オープン山行(十里上峠)の山行記録(2017.11.12)

第63回「茨城の山探検」の集合場所は、県道22号の路側駐車場に決めていました。当日の早朝、鹿嶋さんから電話があり、「県道22号は通行止になっています」との連絡が入って少々慌てた。自分でも調べてみたらその通りだったので、探検場所を急遽変更して実施することにして、参加者へバタバタと連絡した。

そんなことで参加者の皆さんには大変ご迷惑をおかけしてしまいましたが、何とか無事に実施することができました。ご協力下さいました皆様には感謝です。
反省としては今回直前の下見などしておりませんでしたので分かりませんでしたが、直前の調査、または下見などきちんとしないといけないということでした。

今回探検場所を「女坂から十里上峠」と変更しましたが、この辺りの以前(2016年)の山行記録がありますので登山道の様子など記載いたしません。そちらをご覧ください。
写真を掲載します。

★登山ルート図
現地の登山道沿いに表示されていたものを写真に撮りました。この地図で「女坂登山口から入り⇒女坂分岐⇒石尊山⇒金山岳分岐⇒十里上峠⇒金山岳分岐⇒金山岳三角点⇒女坂」と歩きました。
Img_0454_2_800x586

★石尊山へ登る途中、東側(海側)の展望がよろしい。
Img_0455_640x480

★女坂分岐 男坂と合流するところです。
Img_0457_640x480

★石尊山にて集合写真(参加者 18名)
Img_0459_2_640x384

★十里上峠到着
Img_0460_640x480

★金山岳の三角点
Img_0462_640x480

この日は花貫渓谷の道が渋滞していました。紅葉の時期は要注意ですね。(終り)

第64回「茨城の山探検」オープン山行を実施します(鍋足山)(2017.12)

2017年12月の「茨城の山探検」は、鍋足山の山巡りを行うことに致しました。
(注記)「男体山周辺」を考えていましたが、「鍋足山」に変更しました。

道のない場所をあちこち歩くため、今回は計画図は公開しません。(地図があっても細かい凹凸のある山襞を正確に歩くのは難しいです。地形図を持参し、自分の目で地図をなぞりながら歩いたルートを確認してください)
谷間にはまだ紅葉が残っていて楽しめるかもしれません。お楽しみに!

参加ご希望の方は私宛のメールか、本件のコメントで連絡ください。(私のメールアドレスは、私のHPに記載しています)

1.第64回の実施日   2017年12月3日(日)
  天候の悪い場合は中止又は延期する事があります。
  その場合は前日の正午までに「いばらきの山日記」にその旨掲載します。

2.集合場所&時間 
  集合場所は鍋足山笹原登山口の駐車場所 8時30分

3.第64回の探検場所(ルート)  ルートは変更することがあります。
  概略のルートを記載します。
  
  ・笹原登山口から入山し、山腹を巡り歩いて三角点峰に登ります。

  ・三角点峰からまた笹原側のもみじ谷に降ります。
   そこからまた縦走路に登り返します。

  ・縦走路から湯草側の谷間に降ります。谷間を巡ってから第3峰へ登ります。

  ・縦走路で鍋足山に至り、そこから笹原登山口に降ります。

4.参加者へのお願い事項
★「茨城の山探検」の山行は「探検」と付いている如く一般のハイキング道を歩く山行ではありません。しばしば地図に道のない尾根や沢などを歩きますし、薮漕ぎ、急斜面、岩崖・岩場など危険な所も通過することがあります。
★参加される方のレベルとしては、地形図を見て自力で山行が出来る方、乃至そのことを目標に訓練努力されている方を対象と考えております。ただ人に付いて歩くという方はご遠慮願いたいと思います。
★何方でも歓迎しますが、上記の事項についてよく理解し自己判断された上でご参加ください。山行については自己責任でお願いします。
★地形図を持参ください。

5.2018年1月の「茨城の山探検」について
  12月に前倒しして、12月24日(日)を予定しております。

2017.10.29

我が家の庭の小さな秋(2017.10.25)

台風や秋雨前線の影響で雨の降る日が置くなかなか山歩きが出来ない。仕方なく我が家の庭など眺めて小さな秋などを楽しみました。皆さんのお宅でもよく観察すると色々なものが見られると思います。
写真を羅列しますのでご覧ください。

ツワブキが何本のあるので賑やかです。
Img_0013_640x480

コキアは今年は常陸国立海浜公園に見に行かず終いです。
Img_0014_640x480

万両の実が少し色付き始めていました。
Img_0015_640x480

秋海棠のまだ咲き残っているものがありました。

Img_0016_640x480

美男カズラの実が色づいていました。
Img_0018_640x480

来春咲くミツマタの花芽がたくさん付いています。
Img_0020_2_640x480

椿の実が弾けて落ちそうです。落ちたら蘖が生えてきますね。
Img_0021_640x480

ムカゴがあちこちにあります。自然薯とは違う山芋ですが、これが落ちつとまた芽が出てあちこち増えています。一時掘り出して食べたこともありますが、あんまり粘りはありません。
Img_0022_640x480

つると葉の方は紅葉しています。
Img_0023_640x480

千両の実が赤く綺麗です。切花にすると長持ちして良いです。
Img_0024_640x480

ヤブランがまた実をたくさん付けていました。落ちこぼれてあちこちに勝手に増えてきます。
Img_0025_640x480

今年もカヤランの花が咲いたので、長い種を付けています。
Img_0026_480x640

今年は下記が豊作でした。
Img_0028_640x480

モミジカサの花が終わって実になりかけています。これも落ちてたくさん増えます。
Img_0029_640x480

蓮華升麻の2年目のものですが、葉が枯れかけています。来春にはまた元気に目を出すでしょう。花が咲くのはあと何年?
Img_0030_640x480

ホトトギスです。
Img_0031_640x480

もう散りかけているシュウメイギクです。
Img_0032_640x480

ウドの花が終わって実になっています。
Img_0033_640x480

柚の実です。
Img_0034_640x480

スズランの実です。
Img_0037_2_640x480

サンパチェンスがまだ頑張って咲いています。
Img_0040_640x480

マユハケオモトです。
Img_0041_640x480

そう言えばまだヌバタマが残っていましたが、写真に撮り忘れています。また落ちこぼれて来春芽を出すでしょう。(終り)

2017.10.25

ジンバイソウ(2017.10)

「鍋足山(2017.9.20&9.29)の中で、私が「クモキリソウの群落」として掲載した写真に対して「kobayashi」さんから「ジンバイソウ」でないかとのご指摘を頂きました。
「ジンバイソウ」の姿形など調べました所、特に特徴のある葉の形から見て、ご指摘通り私の間違いであり、「ジンバイソウ」の群落のようでした。

改めてその前後に撮影した写真も掲載して「ジンバイソウ」と確認したいと思います。来年の花の咲く時期にしっかりと確認する予定です。尚、鍋足山のクモキリソウの写真も掲載しますので比較してご覧ください。
「ジンバイソウ」は茨城のレッドリスト上では「準絶滅危惧種」となっていました。

5/3撮影した「ジンバイソウ」
Img_8810_640x480

Img_8809_2_640x479

9/20撮影した「ジンバイソウ」(花は終わっていました)
Img_2017_640x481

Img_2010_2_521x640

Img_2016_2_640x620

6/23撮影の「クモキリソウ」
Img_9797_480x640

Img_9795_640x480

きのこ博士館

県植物園のすぐ脇にきのこ博士館があり、秋には例年ともキノコ鑑定に大勢の人が訪れています。東日本大震災の時の福島の原発の事故以来、キノコに放射能が含まれるということで山のキノコを取る人が減ったのか、相談に訪れる人が段々減ってきているようです。
私も昨年はきのこ博士館に行きませんでした。

キノコに関する「いばらきの山日記」の記事はたくさんありますが、きのこ博士館について新聞記事を乗せた記事がありますので下記をご覧ください。

  「今年最後のキノコ採り(2010.11.3)」
  「キノコの山遊び(2010.10.2、10.11)」

今年は10月20日にキノコ鑑定に行ってきました。
10月19日ボルダリングのお仲間でキノコをとったので私に分かるかと持ってこられた方がいました。一目見た時「ナラタケに似ているが、それにしても大きいキノコだな」と思いました。私も確実に「ナラタケ」とは言えないが毒ではなさそうと思いました。きのこ博士館は近いので持って行って鑑定してもらおうと出掛けたのですが、木曜日はきのこ相談員が来ない日なので明日来てくださいとのこと。(10月は水、木曜日はきのこ相談がお休み)
Img_0010_640x480

10月20日(金)10時に、改めてキノコを採った方と一緒にきのこ相談に行きました。既にきのこ相談の方が3人ほど来ており、順番待ちで眺めていました。巨大ヒラタケを持って相談に来られた方がいました。もうヒラタケ出たのかな?

順番が来て鑑定してもらいましたが、予想通りナラタケでした。今ではナラタケも7種類くらいに分類されていて、クロゲナラタケでないかとのことでした。
きのこ相談中の様子。
Img_0011_640x480

半分位キノコを頂いてキノコ汁と佃煮風に煮て美味しく頂きました。(終り)

«第63回茨城の山探検」オープン山行を実施します(十里上峠と石岡発電所)(2017.11)

フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

いばらきの山日記 INDEX

最近のトラックバック

カテゴリー

  • 山歩き
  • 山登り
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 登山