2017.12.16

「茨城の山探検」オープン山行の予告(2018年前半)

2018年1月から6月までの「茨城の山探検」オープン山行の予定を連絡します。
但し都合により内容を変更することはあります。

1.第65回 2017年12月27日(水) 男体山周辺
        (既に実施要領は掲載済)

2.第66回 2018年2月25日(日) 小舟富士と小瀬富士周辺

3.第67回 2018年4月1日(日) 愛宕山と栃原山を周回(展望と岩団扇)

4.第68回 2018年4月22日(日) 太郎山周辺(山桜と新緑)

5.第69回 2018年5月13日(日) 石岡発電所導水路と十里上峠

6.第70回 2018年6月10日(日) 奥竜神上流部の遡行
                                  (以上)

2017.12.14

第64回「茨城の山探検」オープン山行(鍋足山)の山行記録(2017.12.3)

第64回の「茨城の山探検は鍋足山のお山巡りと言う事で、道無き尾根や沢などを通って、三角点峰、笹原側と湯草側のモミジ谷、鍋足山本峰を繋いで巡り歩きました。
巡り歩いたルート図は、地形図上に記載してもそれだけでは凹凸のある山襞を正確に辿り歩くことは難しいので公開致しません。

参加者は18名でした。紅葉の光で赤に染まりました。
Img_1299_2_640x462

紅葉はもうほとんど終わっておりましたが、所々に名残の紅葉がありました。以下写真を掲載しますので山行の様子をご覧ください。

朝、かかしの広場から鍋足山本峰と三角点峰を見る。まだ茶色に枯葉が残っていました。
Img_1281_2_640x246

最初の取り付きはハッチメ滝の右岸の尾根です。ハッチメ滝の上流にもきれいな無名の滝があります。
Img_1282_480x640

Img_1283_640x480

道無き尾根を歩く。紅葉も所々に残っていました。
Img_1285_640x480

Img_1286_640x480

三角点峰で休憩中の風景
Img_1287_640x480

笹原側のモミジ谷の風景。ここを直滑降で下る。下った所の日溜まりで紅葉を眺めながら昼食休憩。
Img_1288_640x480

Img_1290_640x480

Img_1291_480x640

Img_1292_640x480

その後も下ったり、登ったり…
Img_1294_640x480

今度は湯草側のモミジ谷に下りました。集合写真はここで撮りました。
Img_1296_640x480

Img_1301_640x480

Img_1302_640x480

下ったらまた急斜面を登り返す。
Img_1305_640x480

第3峰の岩棚に登ってきました。
Img_1306_640x480

ここから鍋足山本峰に行き、おしきびコースを下って笹原登山口へ戻りました。
山行報告は以上です。

朝早く来てトイレのためかかしの広場に寄りましたが、丁度かかし祭りのかかしを取りかたづける所でしたので写真を撮ってきました。色んなかかしで賑やかでした。ご覧下さい(終り)
Img_1275_640x480

Img_1276_640x480

Img_1277_640x480

Img_1278_640x480

Img_1279_640x480

Img_1280_640x480

2017.12.13

犬吠峠(2017.12.13)

今年(2017年)は「酉年」であったので干支の山として県内の鶏足山に登った。
来年(2018年)の干支は「戌」なので、茨城県内で「犬」の字の付く山を探したのだが、残念ながら見つけることができなかった。県内の干支の山登りは諦めか…?

山ではないけれども、「犬吠峠」という「犬」の字が付く峠は知っている。場所は県道29号が常陸太田市と常陸大宮市の境界を横切る近くであり、道路脇に「犬吠峠」と書かれた看板が立てられている。いつも車で通る時は横目で眺めるだけで通過していた。
看板には約400m書かれているのだが、ネットで調べてみるとその場所へ中々到達しにくいようで、普通の人は途中で挫折、山慣れた人でないと難しそうな感じがした。(ちゃんと写真出している人は少ない)
県内の来年の干支の山と言う事で行ってみるのも良いかな?と思い、どんな所か下見をしてきました。

**常陸大宮市のホームページの「常陸大宮市観光ガイド」-「学ぶ」の中に「犬吠峠」の項目があり説明があります。下記はその中の一部の記述です**

『…略…その昔、山方村の常安寺が焼失したとき、寺の飼犬が悲しみのあまり峠に登り、七日七晩吠え続けて、ついには石になったと伝えられる。
この伝説に因んで名付けられた「犬吠峠」には、小さなほこらと共に、犬の化身と伝えられる岩が、まさに山方宿に向かって叫んでいるような格好でたたずんでいる。今でも山方宿に火事があると、吠えて知らせるとも言われる。…略…』

今日の訪問の様子
★道路脇の看板。矢印の先は竹藪です。入口がよく見えない?
Img_1344_640x480

★竹藪に入るとちゃんとした道が沢沿いに続く
Img_1347_640x480

★竹藪の中、途中で竹が倒れこんでいる。普通の人はここらで退散かな?
Img_1348_640x480

Img_1349_640x480

★径の分岐が所々にあるが、地形を見ながら行けば間違いない。竹藪を抜けるとふかふか落ち葉の平坦な道が続く。
Img_1350_640x480

★峠道の最高点辺りに壊れた石仏がある。ここで諦めた人もいるようだ。
Img_1351_640x480

★径が分岐している。後は下りだがどっちかな?多分こっちでしょう。そら見えた。
Img_1353_640x480

石祠は新しくしたものか?昭和57年の文字が見えます。
Img_1354_480x640

Img_1355_480x640

石の犬は山方宿の方向を向いていました。
Img_1356_640x480

★帰り道での道草
Img_1357_640x480

★この地図見たら地図読み出来る人はすぐに行けます!(終り)
Img412_800x647

2017.12.10

第65回「茨城の山探検」オープン山行を実施します(男体山周辺)(2018.1)

2018年1月の「茨城の山探検」は「男体山周辺}とし、12月末に前倒しして実施することにいたしました。

「男体山周辺」は元々12月に実施しようかと考えていたルートですが、持方を起点にして男体山、表縦走路、裏縦走路を組合せたものです。下図をご覧ください。
Img411_738x1024

参加ご希望の方は私宛のメールか、本件のコメントで連絡ください。(私のメールアドレスは、私のHPに記載しています)

1.第65回の実施日   2017年12月27日(水)
  天候の悪い場合は中止又は延期する事があります。
  その場合は前日の正午までに「いばらきの山日記」にその旨掲載します。

2.集合場所&時間 
  集合場所は持方のトイレのある駐車場所 9時00分
  ルート図を参照ください。

3.第65回の探検場所(ルート)  ルートは変更することがあります。
  ルート図をご覧ください。
  行動時間は6時間程度を予定しています。 

4.参加者へのお願い事項
★「茨城の山探検」の山行は「探検」と付いている如く一般のハイキング道を歩く山行ではありません。しばしば地図に道のない尾根や沢などを歩きますし、薮漕ぎ、急斜面、岩崖・岩場など危険な所も通過することがあります。
★参加される方のレベルとしては、地形図を見て自力で山行が出来る方、乃至そのことを目標に訓練努力されている方を対象と考えております。ただ人に付いて歩くという方はご遠慮願いたいと思います。
★何方でも歓迎しますが、上記の事項についてよく理解し自己判断された上でご参加ください。山行については自己責任でお願いします。
★地形図を持参ください。

5.2018年2月の「茨城の山探検」について
  2018年2月25日(日)を予定しております。

2017.11.18

第63回「茨城の山探検」オープン山行(十里上峠)の山行記録(2017.11.12)

第63回「茨城の山探検」の集合場所は、県道22号の路側駐車場に決めていました。当日の早朝、鹿嶋さんから電話があり、「県道22号は通行止になっています」との連絡が入って少々慌てた。自分でも調べてみたらその通りだったので、探検場所を急遽変更して実施することにして、参加者へバタバタと連絡した。

そんなことで参加者の皆さんには大変ご迷惑をおかけしてしまいましたが、何とか無事に実施することができました。ご協力下さいました皆様には感謝です。
反省としては今回直前の下見などしておりませんでしたので分かりませんでしたが、直前の調査、または下見などきちんとしないといけないということでした。

今回探検場所を「女坂から十里上峠」と変更しましたが、この辺りの以前(2016年)の山行記録がありますので登山道の様子など記載いたしません。そちらをご覧ください。
写真を掲載します。

★登山ルート図
現地の登山道沿いに表示されていたものを写真に撮りました。この地図で「女坂登山口から入り⇒女坂分岐⇒石尊山⇒金山岳分岐⇒十里上峠⇒金山岳分岐⇒金山岳三角点⇒女坂」と歩きました。
Img_0454_2_800x586

★石尊山へ登る途中、東側(海側)の展望がよろしい。
Img_0455_640x480

★女坂分岐 男坂と合流するところです。
Img_0457_640x480

★石尊山にて集合写真(参加者 18名)
Img_0459_2_640x384

★十里上峠到着
Img_0460_640x480

★金山岳の三角点
Img_0462_640x480

この日は花貫渓谷の道が渋滞していました。紅葉の時期は要注意ですね。(終り)

«第64回「茨城の山探検」オープン山行を実施します(鍋足山)(2017.12)

フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

いばらきの山日記 INDEX

最近のトラックバック

カテゴリー

  • 山歩き
  • 山登り
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 登山