2017.10.12

第62回「茨城の山探検」オープン山行は中止します(2017.10)

2017年10月14日実施予定の第62回「茨城の山探検」オープン山行(奥竜神川遡行上流部)は、コンディションが悪いようなので、10月での実施は中止とします。

中止の理由
10月13日から雨模様の天候となり、沢の岩などが濡れて滑りやすくなり、また、川の水量も増えて沢遡行の難度が格段に高くなることが予想され、また危険度も増します。
14日から10月中の延期も、これから寒さが来て冷え込みが予想されますので、しないことに致しました。

来年のコンディションの良い時期に実施することに致しますので宜しくお願いいたします。
                                          以上

2017.09.30

鍋足山(2017.9.20&9.29)

行く山の宛がない時は、鍋足山か男体山に出掛けることにしています。この時期は秋の花とキノコが観察できるかなと思い歩いてきました。自然の中に入って植物観察するのは私には楽しいのだ。

・9月20日 鍋足山の三角点峰
・9月29日 男体山山麓と鍋足山山腹

観察した花や実、キノコなどの写真をご覧ください。
今年は雑キノコをほとんど見かけません。キノコの不作の年なのでしょうか?
ハタケシメジはいつも出る場所で見かけましたが、もう古くなって腐りかけのものが沢山、その他に出始めのものもありました。時期がずれて生えたのか?
Img_2060_640x480

Img_2061_640x480

その他見たキノコ(ツチグリ、ホコリタケ)
Img_1996_640x480

Img_2072_640x480

秋の花です。トリカブト
Img_2054_640x480

ツリガネニンジン
Img_2065_640x480

ミヤマアキギリ
Img_2066_640x480

ツリフネソウ
Img_2067_640x480

キク。一言でキクと言っても野生の菊の種類は多く、私には名前が特定できない。
Img_2069_640x480

ノアザミ
Img_2070_640x480

ミヤマママコナ
Img_2004_640x480

クモキリソウの群落
Img_2017_640x480

木や草の実も見られました。
リスが食べ残したツゲの実です。
Img_1997_640x480

何の実?
Img_1993_640x480

Img_1994_640x480

Img_1995_640x480

Img_2001_640x480

鍋足山の笹原からの案内看板が一部新しくなっていました。
Img_1989_640x480

Img_1990_640x480

Img_1999_640x480

Img_2071_640x480

こんなものも見ました。何だか不気味な灰色の蛾です。何という蛾?
Img_2005_640x480

久し振りに見た北の入滝。水無しです。(終り)
Img_2022_480x640

2017.09.28

山歩きと奥久慈茶カフェ巡り(2017.9.24)

9月24日奥久慈茶カフェ巡りというイベントに参加してきました。
こういう事には日頃関心がないので全く知りませんでしたが、昨年から行われているイベントで、こういう事についてはよくご存知の鹿嶋さんたちに同行して楽しんできました。

奥久慈茶カフェ巡りイベントの内容については下記をご覧ください。
    「奥久慈茶カフェ巡り2017のご案内

大子町は日本茶の産地で、奥久慈茶と呼ばれており茶畑と茶園がたくさんありますが、奥久慈茶カフェ巡りには6軒の茶園が参加しており、¥200で各茶園自慢のお茶+お菓子をサービスして下さいます。

今回は午前中は奥久慈の山歩き、午後は3軒の茶園巡り(金沢園、吉成園、高見園・高見カフェ)でお茶とお菓子とお茶に関する色んなお話など楽しみました。このイベントの意図は、奥久慈茶を宣伝し知名度を上げ、要は奥久慈茶を買ってもらいたいということでしょう。私は地元にお金を落とすと言う事で、かぶせ茶のくき茶を買ってきました。確かに甘みのある良いお茶でした。

吉成園、高見園の近くの田畑の土手にはたくさんの彼岸花が咲いておりこちらも楽しめました。写真でご覧ください。

山では紅葉の先走りがありました。
Img_2024_640x480

最初に寄った金澤園です。
Img_2026_2_640x392

Img_2030_640x480

Img_2033_640x480

お茶とお菓子、お土産のくき茶の小袋
Img_2036_640x480

Img_2034_640x480

吉成園のお菓子
Img_2037_640x480

高見カフェと紅茶とお菓子(高見園は紅茶を作っています)
Img_2038_640x480

Img_2039_640x480

私が買ったくき茶です。(高見園では紅茶を買って帰りました)
Img_2032_640x480

彼岸花の風景です。(終り)
Img_2041_640x480

2017.09.27

第62回「茨城の山探検」オープン山行を実施します(奥竜神遡行上流部)(2017.10)

2017年10月の「茨城の山探検」は、第61回の「奥竜神遡行」に引き続き、今度は「奥竜神の遡行上流部」を行うことに致しました。

奥竜神は亀ヶ淵から上流の持方集落まで続いております、一気に歩くのは行程が長くなりますので上と下との2回に分けて歩くことにしましたが、今回は上流側を歩きます。

奥竜神の遡行についての主な注意点は下記の通りです。
7月23日に下見の山行を行い、計画ルートを歩いております。下記のレポートをご覧ください。
   「奥竜神の遡行(上流域)(2017.7.23)」

★沢シューズは必ずしも必要ありませんが、水の中に入りますので重い登山靴などは不適です。アプローチシューズなどで十分です。

★太もも、膝辺りまでは水に入りますので、濡れても良い服装とすること

★危険な岩場の高巻きやへつりなどが必要ですので、それなりに対応できる技量が求められます。安全のためスリングやロープがあるに越したことはありませんが、岩場に慣れた方であれば必要ありません。(今回は用意いたしません)
注)途中の難所にはアンカーボルトや古いロープなどがあります。ロープはコケが生えたりして劣化しておりますので、命を掛けないように使ってください。

★一旦入渓すると途中エスケープする所はありませんので、それに耐えられる体力、気力が必要です。

計画しているコースは下記の図の通りです。(クリックで拡大)
Img391_666x800_2

参加ご希望の方は私宛のメールか、本件のコメントで連絡ください。(私のメールアドレスは、私のHPに記載しています)

1.第62回の実施日   2017年10月14日(土) 又は 10月15日(日)
  10月14日を正とし、天候の悪い場合は15日にします。
  奥竜神沢のコンディションが悪い場合は中止又は延期します。
  14日以外となる場合は前日の正午までに「いばらきの山日記」にその旨掲載します。

2.集合場所&時間 
  集合場所は計画図に記載した集合場所です。

  持方のトイレのある駐車場  8時30分

  注記)武生林道のゴール地点近くに駐車。
      スタート地点へは何台かの車に分乗して行きますので協力ください。

3.第62回の探検場所(ルート)  ルートは変更することがあります。
  計画図を参照ください。
  
  ・計画図のコピーと地形図を持参下さい。

4.参加者へのお願い事項
★「茨城の山探検」の山行は「探検」と付いている如く一般のハイキング道を歩く山行ではありません。しばしば地図に道のない尾根や沢などを歩きますし、薮漕ぎ、急斜面、岩崖・岩場など危険な所も通過することがあります。
★参加される方のレベルとしては、地形図を見て自力で山行が出来る方、乃至そのことを目標に訓練努力されている方を対象と考えております。ただ人に付いて歩くという方はご遠慮願いたいと思います。
★何方でも歓迎しますが、上記の事項についてよく理解し自己判断された上でご参加ください。山行については自己責任でお願いします。
★地形図を持参ください。

5.2017年11月の「茨城の山探検」について
  11月の「茨城の山探検」は11月12日を予定しています。

2017.09.16

彼岸花(2017.9.17)

明日は台風が襲来して1日雨模様のようだ。今日は曇り空だったがカミサンがドライブに行こうというので、そのついでに松平の延命地蔵さんの所の彼岸花を見によってきました。

昨年は9月24日に行っていますが、それに比べるとまだ蕾がたくさんありましたがとてもきれいに咲いていました。時期的には昨年とほぼ同じかなと感じました。
機会があれば他の所にも行ってみましょう。(終り)
Img_0197_640x480

«茨城県の希少植物(続-3)(レンゲショウマ&シキンカラマツ)(2017.8)

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

いばらきの山日記 INDEX

最近のトラックバック

カテゴリー

  • 山歩き
  • 山登り
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 登山