2018.01.16

大文字山と太郎山(2017.12.17)

国道118を北上して大子町の街並みに入る辺りから、南の方向を注意してよく見ると、山の斜面に「大」という大きな文字型が見えます。地形図上に「大文字山」という山名はありませんが、この「大」の字の上のピークを最近「大文字山」と呼ぶようです。勿論この「大」の字は大子町の「大」を取ったものでしょう。

沓掛峠から昨年(2017.4)撮影した写真ですが「大」の字がよく見えました。(クリックで拡大) 太郎山へと続く尾根がよく見えています。
Img_8665_2_800x477

随筆「醍醐百名山」(鈴木三郎著、筑波書林)にこの「大文字山」について書かれています。それによれば「大」の字の文字型に当たる部分に桜などの木が植栽されているとのことです。植樹は平成15年(2003年)から行われ、最初は八重桜200本、その後にコナラ、ヤマザクラ、イロハモミジ等1200本、大の字の「一」が約100mあるそうです。
植栽されてから既に15年経っており、今回初めて現地へ行き見てきましたが、桜の木は既に足首よりも太い大きさに成長しており、桜に時期には大子の街から眺めると、きっと美しい「大」の文字型が見えると思われます。もちろん現地を訪れたら展望もよく楽しめるでしょう。

この「大文字山」の尾根は太郎山から派生している尾根で、稜線の東側は天然林、西側は杉の植林となっており歩いたら面白そうな所と思われましたので、この尾根を通って太郎山に登ってみようと【2017.12.17】にいつもの山歩きの仲間総勢7名で歩いてきました。途中で「大」の時にも寄り道しました。以下山行記録です。

歩いたルート図を添付します。
Img20180116_20523686_562x800

大子の道の駅の方向から出発しましたが大文字山の斜面がすぐ前に見えます。
Img_1434_2_640x480

踏切を渡ってからすぐに尾根に取り付きます。「大」の字の作業用に出来た登り道があります。
Img_1435_640x480

「大」の時の所からは木が伐採されていますので大子町方面の展望が抜群です。(クリックで拡大)
Img_1437pc_1280x370

Img_1440_640x480

大文字山のピークには石の祠が祀られていました。
Img_1442_480x640

途中西側が伐採された所があり、南山方面の展望が良い。
Img_1443p_1280x450

小さなアップダウンを繰り返しながら標高を上げ、箕輪方面からの太郎山登山道に合流する。風を避けて日溜まりで昼食してから太郎山山頂へ。
Img_1446_640x480

帰り道は大文字の尾根の谷を挟んで西側の尾根を下りましたが、こちらは植林帯ばかりで展望もなく、歩くには魅力の乏しい尾根でした。尾根末端に石祠がありました。
Img_1447_640x480

大文字山の尾根は山桜の時期(茨城の山探検です)にまた歩く予定です。(終り)

2018.01.11

筑波山(2018.1.7)

年初めには何となく筑波山へ行きたくなった。富士山を見ることと男体山・女体山山頂にある神社にお参りしたかったのである。1月7日にいつもの山のお仲間と出掛けてきました。(総勢4名)

筑波山の登山道は決められた登山道しか歩いてはいけないというのだが、昔から歩かれていた各麓集落からの参道も一部のルートは歩いてはいけないというのは、規制が行き過ぎだと思う。(例えば羽鳥道など入っていないのだ)
頻繁に筑波山に登る筑波山好きの地元の登山愛好者の立場に立って、もう少し良く考えて欲しいものである。
規制された道以外を歩いたと書いてまた神社からコメントを付けられるのは厭なことなので何処を歩いたとかいう情報は割愛します。

今回はみかん園から出発し、男体山と女体山の神社にお参りしてきました。
途中で富士山や日光連山を見ることが出来、今回の目的は達成、良い山歩きの1日でした。写真をご覧ください。

富士山と日光連山
Img_1620_2_640x479

Img_1621_2_640x480

男体山神社
Img_1624_640x480

ここから女体山までは多くの人の群れ。今までの静かな山歩きは嘘のよう。
Img_1627_640x480

女体山の神社と三角点。今三角点のある岩の頂上は柵が作られて前方へは出られません。危ない行為をする人もいるかもしれないが、これも規制し過ぎだと思います。山は普通の登山道でも転んだり、滑ったりしますので何処ででも怪我する可能性は大です。山に来る人は自分で用心し、自己責任で行動すべきものです。(終り)
Img_1628_640x480

Img_1630_640x480

Img_1629_640x480

2018.01.09

犬吠峠と西金砂神社(2018.1.8)

ボルダリングの仲間で今年の初山歩きは今年の干支の山(「犬」の付く山)を歩きたいとの希望であったが、茨城県内には生憎「犬」の付く山がないので、代わりに「犬」の付く「犬吠峠」へ行くことになった。しかしそれだけでは物足りないので、その後は近くの西金砂神社に安全祈願を兼ねてお参りし、付近を歩くという計画になり8日に10名で出掛けました。

「犬吠峠」については昨年「犬吠峠(2017.12.13)」で報告しているので内容については省略します。祠にお神酒を上げ、記念写真を撮りました。
Img_1632_640x480

Img_1634_640x480

その後西金砂神社に移動し参拝した後、約2kmの遊歩道を一周しました。
途中安龍の滝が氷結していてきれいでした。
約7000歩の軽い山歩きでした(終り)
Img_1638_480x640

Img_1642_640x480

2018.01.05

袋田の滝と生瀬富士(2018.1.2~3)

2018年のお正月は、袋田の温泉に家族集合ということで2日の夜は袋田温泉の宿に家族全員1泊しました。ついでの事に袋田の滝見物と今年の初山歩きと言う事で生瀬富士に登ってきました。

寒さが続いているので袋田の滝はもっと凍っているかと思ったのですが、旅館の人の話では朝は4割、昼間は少し融けて3割位とのこと、早速見に行きました。

2日の午後、観瀑台から正面を見る。
Img_1541px_640x483

上の観瀑台から
Img_1549_480x640

Img_1548_640x480

吊橋から
Img_1563p_2_568x640

2日の夜は小雪が舞い翌朝には薄らと積もっていました。
3日は崖の上から滝見物しようと滝本からかずま分岐へ登り、滝展望台へ。
Img_1572_640x480

全体の風景
Img_1574p_2_640x376

そこから立神山-生瀬富士と周回しました。北風が強く稜線を歩くと風に吹かれて寒いが、風のこない所は日が差して暖かい。交差した人1名、歩く人もいましたね。

外気温度はほぼ零度℃です。
Img_1567_480x640

こんな感じで歩いています。
Img_1568_640x480

岩松の看板は初めて見ました。他で見たことがないです。
Img_1569_480x640

かずま分岐に到着。このルートは久し振り。
Img_1570_640x480

途中から展望が良い。太郎山(電波塔)と特徴ある尺丈山が見えました。
Img_1581_640x480

立神山。風強し。
Img_1585_640x480

生瀬富士山頂。展望よし。
Img_1588_640x480

男体山方面の風景。無事下山しました。(終り)
Img_1589_640x480

2018.01.01

2018年も宜しく!

今年も元気に山遊びが出来ることを願っています。
昨年お世話になった皆様方に感謝するとともに、今年も一緒に遊んで下さい。

2018nengax

«高田連峰(2017.12.23)

フォト
2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

いばらきの山日記 INDEX

最近のトラックバック

カテゴリー

  • 山歩き
  • 山登り
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 登山